• 関連の記事

「ブルーライト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブルーライト」に関する情報が集まったページです。

かければ目の前に広がる巨大画面 スマートグラス「Nreal Air」を使ってみて分かったこと
スマートグラス「Nreal Air(エンリアルエアー)」(3万9800円)を入手した。NrealLightとの違いを簡単にチェックした。どんな使い道があるのか、あるいはどんな人に向いた製品なのかを探ってみた。(2022/5/11)

アンカー、耳をふさがないオーディオグラス2種を発売
アンカー・ジャパンは、オーディオブランド「Soundcore」から2種類のオーディオグラスを発売。PCメガネタイプの「Soundcore Frames Cafe」、サングラスタイプの「Soundcore Frames Landmark」を用意する。(2022/4/14)

Anker、「スピーカー付きメガネ」を国内販売へ 1万9990円 マイクも内蔵
アンカー・ジャパンは、同社のオーディオブランド「Soundcore」初のオーディオグラスを国内販売すると発表した。(2022/4/13)

ミドル世代にちょうどいい! iiyamaの湾曲ディスプレイ「G-MASTER GB2766HSU-1A」を満喫した
マウスコンピューターのiiyamaブランドから発売された「G-MASTER GB2766HSU-1A」は、フルHD表示に対応した27型の湾曲ディスプレイだ。165Hzのリフレッシュレートに対応しながら、同タイプとしては手頃な価格を実現した本機を試した。(2022/4/12)

iPhone Tips:
iPhoneの画面が「明るすぎ」「暗すぎ」のときにすべきこと
iPhoneを使っていると、周囲は暗いのにiPhoneのディスプレイが明るくてまぶしかったり、正しい色で表示されているのか気になったりするときがある。改めて、iPhoneのディスプレイ明度や色味を調整する方法をおさらいしてみよう。(2022/4/4)

MSI、165Hz駆動に対応した湾曲31.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、湾曲デザイン筐体を採用する31.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「Optix G321C」を発売する。(2022/3/3)

MWC Barcelona 2022:
ThinkPad Tシリーズに2022年モデル 16:10ディスプレイの新ボディーを採用 新色もあり
ThinkPadで14型以上を担う「ThinkPad Tシリーズ」が2022年モデルに移行する。他シリーズで採用されたアスペクト比16:10ディスプレイを取り入れた他、新色として「Storm Grey(ストームグレー)」を投入する。(2022/3/2)

VR/AR/MRニュース:
KDDIとNTTドコモがARメガネ「Nreal Air」の予約受付開始
KDDIとNTTドコモが、NrealのARメガネ「Nreal Air」を日本で発売する。最大201インチで映像を視聴可能で、TUV Rheinland(テュフ・ラインランド)から低ブルーライト、フリッカーフリーの認証を取得している。(2022/3/1)

PR:“軽さ、速さ、強さ、使いやすさ”でハイブリッドワークを支える「dynabook RJ74」
Microsoftから新OSの「 Windows 11 」が登場し、話題を集めている。Windows 11時代に合わせて登場した14型モバイルノート「dynabook RJ74」の特徴をDynabookの担当者に聞いた。(2022/2/28)

デル、165Hz駆動に対応した23.8型/27型ゲーミング液晶ディスプレイ
デル・テクノロジーズは、高リフレッシュレート駆動を実現した23.8型/27型ゲーミング液晶ディスプレイ計2製品の販売を開始する。(2022/1/24)

在宅ワークの強い味方となる新型「Zenbook Pro 15 OLED」の魅力に迫る
ASUS JAPANの「Zenbook Pro 15 OLED」は、大画面の有機ELディスプレイを搭載したスタンダードなノートPCだ。ハイパフォーマンスな最上位モデルをチェックした。(2022/1/19)

プロユースにも耐える性能と機能を備えたクリエイター向けPC「ProArt Studiobook 16 OLED」を試す
ASUS JAPANの「ProArt Studiobook 16 OLED」シリーズは、8コアのRyzenプロセッサとGeForce RTX 3070/3060を備えたクリエイター向けのハイエンドノートPCだ。シリーズ最上位モデルをテストした。(2022/1/12)

PR:Windows 11時代はサステナビリティーでリーダーシップをとる――デル・テクノロジーズ
新OSの「 Windows 11 」が登場し、PC選びの基準が変わりつつある。その最新事情をPCベンダー各社に聞いた。まずはデル・テクノロジーズからだ。(2022/1/11)

CES 2022:
キーボード横にタブレットのようなサブ画面 Lenovoが21:10の横長ノートPC「ThinkBook Plus Gen3」公開
中国Lenovoが、タブレットサイズのサブディスプレイをキーボード横に内蔵したノートPC「ThinkBook Plus Gen3」を公開した。(2022/1/6)

CES 2022:
よりパワフルになった「XPS 13 Plus」が登場 Z世代にフォーカスしてミニマルデザインに
DellのプレミアムノートPC「XPS」に新モデルが登場する。従来の13型モデルと比べてパワフルなCPUを採用した他、Z世代を意識したミニマルデザインを取り入れたことが特徴だ。(2022/1/5)

強烈な高機能! 日本HPのゲーミングノート「OMEN 17」上位モデル先行レビュー
日本HPが9月に発表したゲーミングノートPC「OMEN 17」は、第11世代Core H45プロセッサとGeForce RTX 30 Laptopを搭載する最新かつ高性能なモデルである。2022年3月までに発売される予定だが、上位モデルを先行してレビューする機会を得たので実力をチェックしてみよう。(2021/12/24)

PR:有機EL搭載の2in1 PC「ASUS Vivobook 13 Slate OLED」で日々の生活を快適に!
ASUS JAPANから、有機ELディスプレイを搭載しながら実売10万円を切る「ASUS Vivobook 13 Slate OLED」が発売された。オン/オフを問わず、さまざまな利用シーンで活躍できるWindows 11搭載PCとして要注目のモデルをチェックした。(2021/12/20)

4K/144Hzで色鮮やかな画面! ASUSの32型「ROG Swift PG32UQ」は長く使える相棒になれるか試してみた
一度買うと、長く付き合う周辺機器の筆頭格が液晶ディスプレイだ。最近のキーワードであるHDMI 2.1/4K表示/高リフレッシュレート/HDR対応といったポイントを網羅している、ASUS JAPANの「ROG Swift PG32UQ」をチェックした。(2021/12/15)

ふとんでのスマホいじりはもっての外! SNSの「イイネ」が「いい眠り」を阻害
日本人はおそらく世界一、眠っていない。寝不足は個人の健康や幸福感を下げるばかりか、日本経済にまで悪影響を及ぼす。「眠りたいのに眠れない悩み」を解消するにはどうすればよいのか。岩本麻奈先生に、今日から実践できるノウハウを聞いた。(2021/12/6)

16型の大画面有機EL搭載ながら2kg切り! 厚さ約19.5mmの「Vivobook Pro 16X OLED」を試す
ASUS JAPANの有機ELディスプレイ搭載ノートPC「Vivobook Pro 16X OLED」は、クリエイター向けPCらしい見た目で固めたユニークなモデルだ。実機をチェックした。(2021/12/2)

【Amazonブラックフライデー】LGのウルトラワイドモニターが年内最安値でセールに登場
没入感あふれる映像体験を。(2021/11/26)

あふれるパワーに目の覚める美しい画面!:
ASUS「Vivobook Pro 14 OLED」はぜいたくすぎる入門機だ!
ASUS JAPANが、9シリーズ全27モデルのWindows 11搭載ノートPCを一気に発表した。いずれもパワフルなCPUを搭載し、有機ELディスプレイを採用しているのがポイントだ。入門機ながら入門機とは思えないスペックを備えた「Vivobook Pro 14 OLED」を見ていこう。(2021/11/24)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
寝る子は育つ?――リーダーこそストレス回復効果が圧倒的に高い「睡眠」を改善すべきだ
自身の睡眠をよいものにすることに関心があるかと聞くと約9割が「関心がある」と答える。睡眠を通じてメンタルを改善することで、生産性の向上も期待できる。(2021/11/24)

シンプルで安価! 165Hz対応の27型液晶ディスプレイ「PX273 Prime」で遊ぶ
Pixioの27型ゲーミングディスプレイ「PX273 Prime」は、フルHD表示ながら実売3万2000円前後と手頃な価格ながら、165Hzのリフレッシュレートをサポートする1台だ。実際の使い心地をレポートする。(2021/11/17)

PR:在宅も出社も効率アップ! モバイルディスプレイを使った「Hybrid デュアルディスプレイ」をお勧めする理由
テレワークとオフィスワークを組み合わせた働き方が普及する中、どこで作業しても高いパフォーマンスを維持したいが、現状はなかなか難しいという悩みを抱える人が増えている。その悩みを解決するには、ノートPCと一緒に「モバイルディスプレイ」を持ち歩く使い方をお勧めしたい。この記事では、特にイチオシのデル・テクノロジーズの14型モバイルディスプレイ「C1422H」の魅力を紹介する。――重要なキーワードは「軽量約590g」「奥行き約9.33cm」「本体のみで自立可能」だ――。(2021/11/12)

ベンキュー、テレワークなどにも向くノイズキャンセリングマイク搭載23.8型/27型液晶ディスプレイ
ベンキュージャパンは、フルHD表示に対応した23.8型/27型液晶ディスプレイ2製品「GW2485TC」「GW2785TC」を発売する。(2021/11/1)

PR:リモートワークとセキュリティ対策に便利な機能を多数搭載 ペンも内蔵できる「ThinkPad X1 Yoga Gen 6」
(2021/9/29)

PR:IPS方式で240Hz対応! ゲームにピッタリ! テレワークとも相性良しなiiyamaのゲーミング液晶を試す
マウスコンピューターの液晶ディスプレイブランド「iiyama」シリーズに、待望の240Hz対応ゲーミングモデルが加わった。ゲームだけでなく、実はテレワークなど普段使いでも役立つ機能を備えた「iiyama G-MASTER GB2590HSU-2」をチェックした。(2021/9/21)

PR:在宅エンタメやテレワークも快適! ファーウェイが本気で作った34型ウルトラワイド「HUAWEI MateView GT」の魅力に迫る!
2021年夏、ファーウェイがPC向けディスプレイを3機種投入した。その中でも、34型ウルトラワイドカーブディスプレイ「HUAWEI MateView GT」は、ゲーミングはもちろん、映像コンテンツの視聴やデスクワークにも便利な、コストパフォーマンスに優れたお勧めモデルである。その魅力をチェックしていこう。(2021/9/16)

PR:PC選びに迷ったら安定のレノボ! 性能とコスパが抜群の鉄板PC「IdeaPad Slim 360」「IdeaPad Duet 350i」を体験してみた
これさえ選んでおけば間違いない! そんなPCを紹介します。(2021/9/9)

本当に液体が出るウォーターサーバーのミニチュア登場 レバーをひねって注ぐギミック付き
ビニール袋を開けるときや切手を貼るときに便利かも。(2021/8/30)

クリエイター向けフラグシップ「ThinkPad X1 Extreme Gen 4」が日本上陸 直販価格は約39万円(クーポン適用で約27万円)から
LenovoがMWC Barcelona 2021に合わせて発表したパフォーマンス重視のフラグシップThinkPadの新モデルが、日本でも発売された。直販価格は、クーポン適用で約27万円からとなる。(2021/8/2)

2560×1080ピクセル/75Hzの34型ウルトラワイド液晶「34WP550-B」でビデオ会議や日々の作業が快適に
在宅ワークでの生産性向上手段として、デュアルディスプレイの導入が注目を集めている。その効果をさらに高める手段の1つが、ウルトラワイドディスプレイだ。LGの「34WP550-B」を試した。(2021/7/30)

モバイルディスプレイの道:
2基のUSB Type-Cポートでパススルー給電にも対応! レノボの「ThinkVision M15」を試して分かったこと
レノボ・ジャパンの15.6型モバイルディスプレイ「ThinkVision M15」は、2基のUSB Type-Cポートによるパススルー給電に対応するなど多機能なモデルだ。(2021/7/29)

4K? ウルトラワイド?:
テレワークに効く! 大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを勧めるワケ
在宅ワークを中心としたテレワークで、会社にいるときと同じような生産性を維持するのには、環境整備が欠かせない。真っ先にお勧めしたいのがデュアルディスプレイの導入だが、そこに一工夫をかけるとさらに効果を高めることができる。(2021/7/15)

TechTarget発 世界のITニュース
三つ折りやスライド式で使い道広く Samsung製の次世代ディスプレイとは
Samsung Displayは、スマートフォンからタブレットの形に変えたり、スライドさせて画面を大きくしたりできる次世代ディスプレイのモデルを発表した。見た目の奇抜さだけではなく、便利さも特徴だという。(2021/6/28)

フルHDで165Hz! “光らない”ゲーミングディスプレイ「TUF Gaming VG259QR」に感じた魅力
PlayStation 5やXbox Series Xなどが120Hz表示をサポートするなど、ゲームでは高リフレッシュレートへの対応が欠かせない。かといって予算を割くのは難し……。そのような人にASUS JAPANの新モデルはどうだろうか。(2021/6/23)

デルがCore H45搭載ゲーミングノートPCを発売 厚さ約15.9mmのスリムモデルも!
デル・テクノロジーズが、Core H45プロセッサを搭載するゲーミングノートPCを発売した。6月28日まで、デスクトップ製品を含むゲーミングPC本体を2割引きで購入できるクーポンも配布している。(2021/6/22)

タッチ操作と144Hz表示対応! プリンストンのモバイルディスプレイ「UP-M156THD」を試す
続々と新モデルが登場するモバイルディスプレイだが、高リフレッシュレートをサポートしたゲーミングモデルは数少ない。プリンストンの144Hz対応モデル「UP-M156THD」を試用した。(2021/6/16)

液晶一体型PCの今:
Office付きのオールラウンダー「ASUS Zen AiO 24」を試す
ASUS JAPANの液晶一体型デスクトップPCに、新モデル「ASUS Zen AiO 24」が加わった。新デザインのボディーやRyzen搭載モデルの追加など、見どころが多い実機をチェックした。(2021/5/14)

PR:みんなが悩むテレワークの“困りごと” デル・テクノロジーズの「ビデオ会議用モニター」で一挙に解決!
テレワークが広く広まる中、特に在宅でのWeb会議における悩みは尽きない。デル・テクノロジーズが実施した在宅勤務に関するアンケート結果で明らかになった、“リアルの悩み”を的確に解決してくれるデバイスを紹介しよう。(2021/5/18)

モバイルディスプレイの道:
わずか590g! USB Type-C接続限定で驚きの軽さを実現したASUSの14型モバイルディスプレイを試す
さまざまなモバイルディスプレイを投入しているASUS JAPANから、同社初となる14型モデルが登場した。軽量ボディーとユニークな特徴を備えた本製品を試した。(2021/4/21)

小児へのブルーライトカット眼鏡「悪影響を与えかねず」 日本眼科学会など6団体が慎重意見を発表
眼精疲労を防ぐ効果も認められていないとのこと。(2021/4/15)

Tiger Lakeに有機ELディスプレイ搭載のプレミアム2in1モバイルPC「ZenBook Flip S UX371EA」を試す
ASUS JAPANの2in1PC「ZenBook Flip S」が最新仕様になって生まれ変わった。4K対応の有機ELや最新CPUを搭載した最上位モデルをチェックする。(2021/4/13)

Intel Evo Platformにも対応!:
3.3Kの高解像度液晶を搭載した先進プレミアムモバイル「ZenBook S UX393EA」を試す
ASUS JAPANのノートPCでメインストリームとなる「ZenBook」シリーズに、初の画面アスペクト比が3:2の「ZenBook S UX393EA」が登場した。見た目も性能も充実の1台を細かくチェックしてみよう。(2021/4/2)

え、ワークステーションって持ち運べるの?:
PR:デルの新型ワークステーション「Dell Precision 3560」で快適なテレワークを実現しよう
テレワークでワークステーションレベルの作業を行うのは、現状難しいと思っている人は多いだろう。しかし、今ではパフォーマンスとサイズ/重量の両面で満足の行くモバイルワークステーションも増えてきた。ここでは、デル・テクノロジーズの最新モデル「Dell Precision 3560」と、テレワークを快適にしてくれる周辺デバイスを取り上げる。(2021/3/31)

「ThinkPad X/Tシリーズ」の2021年モデルが登場 第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)を搭載 Web会議ニーズを反映した機能強化も
ThinkPadのメインストリームを担う「Xシリーズ」と「Tシリーズ」の2021年モデルが登場する。Web会議ニーズを踏まえて、一部のモデルでは1080p(フルHD/1920×1080ピクセル)撮影に対応するWebカメラを搭載できるようにした。(2021/3/23)

PR:会社から「テレワーク支援金」が出たら何を買うべき? その道のプロに聞いてみたところ……
先日、PC USER編集部に「5万円のテレワーク支援金をどう生かすべき?」という問い合わせが寄せられた。悩んだ編集部員Iは、その道の専門家であるライターAさんの門をたたいた。そこで得られたアドバイスとは……?(2021/3/1)

夜になると自動でブルーライトをカットする液晶テレビ、東芝が発売
東芝映像ソリューションが夜になるとブルーライトを最大で約40%カットする液晶テレビを発売する。(2021/2/18)

3Dスキャナーニュース:
幅広い用途で使用可能なハンディー型3Dスキャナー2機種を同時リリース
APPLE TREEは、SCANTECHが開発するハンディー型3Dスキャナー「IREAL 2E」と「IREAL 2S」の取り扱いを開始した。両製品ともに毎秒150万点のスキャンデータを取得でき、高精度でスピーディーな3Dスキャンを実現する。また、標準で24ビットカラーカメラを搭載しており、高解像度のカラーデータを取得できる。(2021/2/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.