• 関連の記事

「開発支援」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「開発支援」に関する情報が集まったページです。

CAEニュース:
CAE解析結果や撮影データを比較、計測できる開発支援ビュワーを発売
フォトロンは、開発支援ビュワー「TimeSpaceView」を発表した。2D動画と3Dモデル、3Dモデル同士を重ね合わせて比較でき、比較後の差分を計測できる。(2024/2/7)

人工知能ニュース:
リコーが130億パラメーターの日英対応LLM開発 AWSジャパンの支援プログラム活用
AWSジャパンは2024年1月31日、国内に拠点を持つ企業や団体を対象に、大規模言語モデル開発を支援する「AWS LLM 開発支援プログラム」の成果発表会を開催した。同プログラム参加者のうち、NTTとリコー、ストックマートが登壇し、成果を紹介した。3者の発表内容を順に紹介する。(2024/2/6)

Unity、「visionOS」正式サポート 「Apple Vision Pro」向けアプリ・ゲーム開発を支援
Apple Vision Proの米国発売を目前に控え、米Unityが「visionOS」の公式サポートを開始したと発表した。Unityのサポートを受けながらUnityで空間コンピューティング向けアプリやゲームを作れるようになる。(2024/2/2)

経産省が生成AI開発支援 東大やSakana.aiなど採択 GoogleもGPU搭載スパコン提供
経済産業省とNEDOが、生成AIの開発支援事業に東大やSakana.aiなど採択。対象組織には、計算資源の利用料を補助するといった支援を行う。(2024/2/2)

NTTがAWSのLLM開発支援プログラムに参加 「H100」96基の提供受ける
AWSジャパンが、大規模言語モデル(LLM)の開発支援プログラム「AWS LLM開発支援プログラム」の成果報告会を開催した。これまでは非公開だったが、NTTがプログラムに参加していたことも明らかになった。(2024/1/31)

製造マネジメント インタビュー:
ソフトウェア開発支援強化で「モノづくり大国」復活へ PTCジャパン神谷氏の戦略
2023年11月、PTCの日本法人であるPTCジャパンの社長執行役員に神谷知信氏が就任した。神谷氏はAdobeの日本法人で代表取締役社長を務め、事業のクラウド化などを推進してきた経歴を持つ。「デジタル技術を通じて『モノづくり大国』の復活に貢献したい」と熱く語る同氏に、今後のPTCの国内市場戦略を聞いた。(2024/1/23)

車載ソフトウェア:
自動運転車のSDVに必須のE/Eアーキテクチャの参照設計を提供
ティアフォーは、自動運転車両の開発に必要なE/Eアーキテクチャの設計と開発を支援するソリューション「A.D.E.E.A」を提供する。自動運転車両のためのSDV(ソフトウェア定義型自動車)の開発に必須となる、E/Eアーキテクチャの参照設計を提供する。(2023/12/25)

信頼と安全性につながるツールと評価基準、方法を提供:
Meta、生成AIモデルを使った責任ある開発を支援する「Purple Llama」プロジェクトを発表
Metaは、オープンな生成AIモデルを使った責任ある開発を支援する包括的プロジェクト「Purple Llama」を立ち上げた。(2023/12/12)

製造ITニュース:
「S/4HANA」のデータ活用した生成AI開発にも対応、SAPが新ツール提供開始
SAPジャパンは2023年11月28日、生成AI(人工知能)アプリケーションの開発者を支援するツールなどを新たに発表した。アプリケーションの統合開発環境に、生成AIアシスタントによるアプリケーションの開発支援機能を搭載するなどした。(2023/12/11)

経産省・NEDOが生成AIの「基盤モデル」開発支援へ GoogleもGPU搭載スパコン提供
経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、さまざまなタスクに適応可能な大規模AIモデル「基盤モデル」の開発支援事業を始めた。(2023/11/16)

「好みのIDEで良い体験をしてほしい」:
Oracle、Visual Studio CodeでJava開発環境を構築できる拡張機能を提供開始
Oracleは、Visual Studio CodeでJava開発を支援する拡張機能「Oracle Java Platform Extension for Visual Studio Code」の一般提供を開始した。(2023/11/7)

車載システムの開発を支援:
Microchip、「デトロイト車載技術センター」を拡張
Microchip Technologyは、車載機器メーカーのシステム開発を支援する施設「デトロイト車載技術センター」(米国ミシガン州ノバイ)を拡張したと発表した。(2023/10/20)

FM:
キンドリル、大成建設が進めるBIMと建物IoTデータを統合管理する次期「LifeCycleOS」の開発支援
キンドリルジャパンは、大成建設のBIMと建物のIoTデータを統合管理するシステム「LifeCycleOS」のアップデート開発で、アジャイルやユーザーエクスペリエンスの構築などで支援する。(2023/10/6)

車載ソフトウェア:
Over The Air技術を用いた自動車開発支援ソリューションを開発
ISIDは、エクスモーションと業務提携契約を締結した。Over The Air技術を用いて、次世代の自動車開発支援ソリューションの共同開発と提供を目指す。(2023/9/21)

セキュリティニュースアラート:
OWASPが生成AIツール「Open CRE」を発表 セキュアなソフトウェア開発を支援
OWASPはセキュアなソフトウェア開発に必要となる関連情報への迅速なアクセスを提供するプラットフォーム「Open CRE」を公開した。ユーザーの質問に対して「PALM2」を使用して回答を生成する。(2023/9/15)

ミリ波センサー「Milweb」を搭載:
SMK、非接触検知システム向け評価キットを開発
SMKは、ミリ波センサー「Milweb」を用いた非接触検知システムの開発を支援する評価キット「MAK」を開発、販売を始めた。利用シーンに合わせて、24GHz/60GHz/79GHzと3種類の周波数帯に対応するキットを用意した。(2023/9/7)

AWSのLLM開発支援、採択企業が明らかに サイバーエージェント、マネフォ、PFN、rinna、リコーなど
AWSジャパンが、大規模言語モデル(LLM)開発支援プログラムの参加企業を発表した。応募があった約60社のうち、サイバーエージェント、rinna、Preferred Networks、リコー、マネーフォワード、松尾研究所など17社を採択した。(2023/9/4)

日立が提供する「アセット活用開発支援ソリューション」 4つの特徴
市場ニーズや外部環境の変化に対応するために柔軟なIT施策が求められている。各部署に蓄積された知見をどう共有するか、悩む企業も多い。日立が提供を開始した、社内のアセット(資産)を組織横断で利用可能にするためのソリューションの特徴とは。(2023/8/30)

まずはインフォテインメント向け:
ラティス、車載向けソリューションスタックを発表
ラティスセミコンダクターは、FPGA「Nexus」や「Avant」を用いた車載システムの開発を支援する「Lattice Driveソリューションスタック」を発表した。その第1弾は「インフォテインメントディスプレイのブリッジングと処理」に向けたソリューションとなる。(2023/7/21)

オフライン、オンプレミスでの独自LLM開発を1ケタ安く ELYZAがLLM開発支援プログラムを開始
言語生成AIのスタートアップが企業独自のLLM開発支援プログラムを立ち上げた。AI専門チームならではの精度向上のノウハウや開発基盤を提供するとしている。(2023/7/19)

CAEニュース:
材料データ管理ソフトを活用し、航空機エンジン材料のデータベースを構築
Ansysの材料データ管理ソリューション「Ansys Granta MI」が、物質・材料研究機構に採用された。同機構はAnsys Granta MIを活用し、次世代ジェットエンジン向け耐熱材料の開発を支援する材料データベースを構築する。(2023/7/12)

IPAが「デジタル基盤センター」を設立 企業のデータ活用およびサービス開発を支援
IPAは「Society 5.0」の実現に向けて「デジタル基盤センター」を設立した。ビジネスやマーケティング、サプライチェーンの形成、イノベーション創出をサポートし、データ交換と共有を促進する。(2023/7/6)

AWS、日本企業のLLM開発支援プログラム 600万ドル規模のクレジット提供、技術サポートも
AWSを使って大規模言語モデルを開発する日本の企業・団体を、コストや技術面で支援する「AWS LLM開発支援プログラム」の応募受付がスタート。(2023/7/4)

意思決定者も積極的に関与:
多い? 少ない? 57%の開発者がソフト開発に生成AIの利用を検討 SlashData調査
SlashDataは開発者動向を調査した「24th edition of State of Developer Nation」を発表した。AIを開発支援に活用する開発者は63%、生成AIを積極的に活用する意向を持つ開発者は57%に上った。(2023/6/23)

「ユースケースを大規模言語モデル(LLM)で対応」:
Google、リアルタイムのコード提案などをする開発者向けAI機能「Duet AI for Google Cloud」を発表
GoogleはGoogle Cloudの開発者向けにAIを活用した開発支援の機能「Duet AI for Google Cloud」を発表した。Duet AIは開発者に対してリアルタイムのコード提案やチャット支援などに役立つという。(2023/6/14)

人工知能ニュース:
AI運転診断システムでドライブレコーダーの動画解析AI技術の開発を支援
モルフォは、デンソーのAI運転診断システムにおいて、ドライブレコーダーの動画解析AI技術の開発を支援した。危険運転行為などの結果をユーザーにフィードバックし、危険な運転特性の改善や事故の抑制に働きかける。(2023/6/9)

デバッガーの利便性を向上:
「Visual Studio Code」のJava開発者向け拡張機能を改善、Microsoft
Microsoftは「Visual Studio Code」でJavaアプリケーションの開発を支援する機能をまとめた拡張機能集「Extension Pack for Java」の更新情報を公開した。(2023/5/26)

AI開発とデプロイを加速 NVIDIA AI EnterpriseがAzure MLに統合
NVIDIAはMicrosoftのAzure Machine Learningに自社のAIプラットフォームのソフトウェアレイヤー「NVIDIA AI Enterprise」を統合すると発表した。企業におけるAI開発を支援する。(2023/5/26)

顕在化していない課題も:
「レガシーコードの解析」「単体テストの生成」はAIにお任せ KPMGがジェネレーティブAI活用に関する提言を発表
KPMGは、ジェネレーティブAIに関する提言を発表した。それによると、ジェネレーティブAIを開発支援ツールとして採用しようとしている開発者は多く、「課題やリスクはあるものの今すぐにでも検証を開始すべきだ」としている。(2023/4/26)

「GPT-4」を含むOpenAIと「Azure OpenAI Service」のAIモデルをサポート:
Microsoft、大規模言語モデル(LLM)を用いたAIアプリ開発を支援するVS Code拡張機能を公開
Microsoftは、Visual Studio Codeの拡張機能「Semantic Kernel Tools」を公開した。大規模言語モデルを用いたAIアプリケーションをVisual Studio Codeで素早く簡単に開発できる。(2023/4/20)

メカ設計ニュース:
産業向けリアルタイム3Dコンテンツ制作用プラットフォームを発表
Unity Technologiesは、産業向けのリアルタイム3Dコンテンツ制作用プラットフォーム「Unity Industry」を発表した。広範な業界向けに、最適化した開発ツールとサポートを提供し、没入感のあるリアルタイム3Dアプリケーションの開発を支援する。(2023/4/14)

組み込み開発ニュース:
MATLAB/Simulinkに動的テストの開発を支援する新製品を追加
MathWorksは、モデルべース開発環境「MATLAB/Simulink」製品ファミリーの最新版「Release 2023a(R2023a)」を発表した。(2023/4/13)

3Dプリンタニュース:
廃棄された畳のイ草と生分解性樹脂で3Dプリント家具を製作、畳の魅力を次世代へ
ExtraBoldは、デザインラボ「HONOKA」が手掛ける“廃棄された畳のイ草と生分解性樹脂”を用いた3Dプリント製家具の製作および材料開発を支援したことを発表した。(2023/4/12)

GoとRustを比較する【第1回】
CでもC++でもなくプログラミング言語「Go」を使いたくなる“あの良さ”とは?
プログラミング言語「Go」はマイクロサービスだけではなく、さまざまなプログラムの開発を支援する特徴を備える。開発者にとって、Goの何がうれしいのか。(2023/4/8)

Google、GPT競合のLLM「PaLM」のAPIを提供へ 生成系AIアプリ開発を支援
Googleは、大規模言語モデル(LLM)「PaLM」のAPIを発表した。PaLMのトレーニングツール「MakerSuite」と生成系AIアプリ開発プラットフォーム「Generative AI App Builder」も発表。まずはプライベートプレビューで提供を開始する。(2023/3/15)

CAEニュース:
シミュレーションソフトの最新版を発表、性能向上と高速化で開発を支援
Ansysは、シミュレーションソフトウェアの最新版「Ansys 2023 R1」を発表した。クラウド関連の新オプションとマルチGPUの最適利用により、これまで以上に複雑な製品のシミュレーションを高速で実行できる。(2023/2/21)

メタバースの時代は本当にやってくるのか:
Linux Foundationが設立したメタバース開発支援団体「Open Metaverse Foundation」の狙いは?
Linux Foundationは、Open Metaverse Foundationを設立した。「メタバースのためのオープンソースソフトウェアとコラボレーションスペースを提供する」としている。(2023/1/23)

Googleが考える「Go」の未来【第1回】
プログラミング言語「Go」のなぜか話題にならない“あの機能”とは?
Googleはプログラミング言語「Go」をどのように進化させようとしているのか。主な計画の一つが、安全なプログラム開発を支援する“ある機能”の改良だ。それは何なのか。(2023/1/12)

開発支援ツール「CircleCI」でセキュリティに問題発生 ユーザーに迅速な対応呼び掛け
米CircleCI社でセキュリティインシデントが発生。同社ツールユーザーのデータが侵害される可能性があるとして、データを守るための予防措置を取るよう呼び掛けた。(2023/1/5)

ガバナンスとは「縛ること」ではない:
PR:従業員1万人超え企業のローコードツール活用戦略 事業部門によるアプリ内製化を促進させる仕組みづくり
ノーコード/ローコード開発ツールの普及によってアプリ内製化に取り組む事業部門も増えてきた。ただし、これを成功させるためには従業員のアプリ開発を支援する適切なガバナンスを敷くことが重要になる。ジヤトコの事例から3つのポイントが明らかになった。(2022/12/14)

トヨタ自動車が「市民開発」力を強化してDX推進
トヨタ自動車が社内DX推進の柱の一つとする「市民開発」を拡大する。CoE(センターオブエクセレンス)を立ち上げ、市民開発支援教育やガバナンス体制も確立する。(2022/12/12)

材料技術:
CNFの応用開発と普及を後押し、NEDOと産総研が安全性評価書を公開
NEDOと産総研は、2020年から進めてきた「炭素循環社会に貢献するセルロースナノファイバー関連技術開発」の一環として、セルロースナノファイバー(CNF)を取り扱う事業者の自主安全管理や用途開発の支援を目的とする文書「セルロースナノファイバーの安全性評価書」を公開した。(2022/12/7)

組み込み開発ニュース:
GUI付き産業機器の開発を容易にする、エッジAI処理向けNPU搭載CPUボード
アットマークテクノは、エッジAI処理向けのNPUを搭載したCPUボード「Armadillo-X2」を開発した。クロスプラットフォームのソフトウェア開発環境「Flutter」に対応し、GUI付き産業機器の開発を支援する。(2022/12/1)

キヤノンITS、内製アプリ開発支援プラットフォーム「WebPerformer-NX」を発表
キヤノンITソリューションズは、内製システム開発を支援するクラウド型ローコード開発プラットフォーム「WebPerformer-NX」を発表した。(2022/11/25)

税込み9万9880円の小型PC:
Arm搭載「Windows Dev Kit 2023」は何ができる? MicrosoftがArm版Windowsアプリ開発支援を本格化
Microsoftは、Arm版Windowsアプリを簡単かつ効率的に作成できるように設計された開発者向けArmデバイス「Windows Dev Kit 2023」(Windows 開発キット 2023)を発売した。(2022/10/27)

カインズ、くら寿司、三菱自動車などが利用:
「内製開発への第一歩を支援」、グーグル・クラウド・ジャパンが日本独自のプログラムを提供開始
グーグル・クラウド・ジャパンが、企業におけるクラウドアプリケーションの内製開発を支援する無償のプログラムを提供開始した。日本独自のサービスで、既にカインズ、くら寿司、三菱自動車、カカクコムなどが利用したという。(2022/9/29)

CAEニュース:
AIを活用した形状評価ソリューションの提供開始、データドリブン開発を支援
SCSKは、AIを活用した形状評価ソリューション「Neural Concept Shape」の取り扱いを開始する。既存のシミュレーションデータからAIが代理モデルを構築し、繰り返し評価検討できるため、開発期間の短縮や解析業務の標準化に貢献する。(2022/9/22)

Intel Pathfinder for RISC-V:
Intel、無償のRISC-V開発支援プログラムを始動
Intelは、RISC-Vコアの幅広い採用を支持する上で重要な意味を持つ新たな一歩を踏み出した。より具体的には、IP(Intellectual Property)プロバイダーの他、オペレーティングシステムやツールチェーン、ソフトウェア関連のパートナーから成るエコシステムと共に、新たな製品開発を支援するために一元化された統合開発環境(IDE)「Intel Pathfinder for RISC-V」を立ち上げた。(2022/9/21)

協働ロボット:
“考える手”で協働ロボットに革新、近接覚センサー搭載ハンド展開の新会社設立
大阪大学 基礎工学研究科 システム創成専攻 助教の小山佳祐氏は2022年8月12日、開発した「近接覚センサー」技術の産業利用を拡大するため、ベンチャー企業を立ち上げた。新たに立ち上げた「株式会社Thinker」を通じて、ソリューション提案や開発支援、プロダクト開発、販売などを行う。(2022/8/22)

バイデン米大統領、国内での半導体製造・開発支援法案に署名 対象企業に520億ドル(約7兆円)
ジョー・バイデン米大統領は、米国内での半導体製造開発を支援する法案に署名した。新法「CHIPS and Science Act」の下、IntelやMicronなど対象企業に約7兆円を投じる。(2022/8/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.