• 関連の記事

「参入」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「参入」に関する情報が集まったページです。

産業制御システムのセキュリティ:
2年間で売上高4倍に、産業向けセイバーセキュリティ専門企業の国内向け戦略
TXOne Networksは2022年8月9日、日本市場向けの戦略について発表した。TXOne Networksは2018年11月にトレンドマイクロと台湾のMOXAが共同で設立した産業制御システム向けのセキュリティソリューションの専門企業で台湾を本社としている。2022年4月15日に日本法人を設立し、日本市場での本格参入を開始した。(2022/8/10)

自然エネルギー:
Looopが初の風力発電所を北海道に開設、将来の洋上風力参入も視野に
新電力のLooopが、北海道北部の豊富町で30MWの陸上風力発電所の建設に着手。共同で運営する中部電力、清水建設ほか建設会社が一堂に会し、「安心・安全施工宣誓書」を取り交した。Looop代表の中村創一郎氏が、同プロジェクトの意義と再エネへの取り組みについて語った。(2022/8/10)

産業動向:
矢野経済研究所が住宅リフォーム市場に関する調査を実施
矢野経済研究所は、2022年4月〜2022年6月、住宅リフォーム関連事業者などを対象に国内住宅リフォーム市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。2021年の住宅リフォーム市場規模は前年比5.7%増の6.9兆円、2022年は6.5兆円と予測した。(2022/8/8)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「スーパー玉出」運営会社も参入! セレブの住む「芦屋」で高級スーパーの競争が激化している理由
関西随一の高級住宅街がある兵庫県芦屋市に、高級スーパーが増えている。激安で有名な「スーパー玉出」の運営会社も参入しており、競争が激化している。(2022/8/6)

蓄電・発電機器:
JFEエンジが蓄電池ビジネスに本格参入、5MWh級の大型蓄電システムを運用へ
JFEエンジニアリングと同社の新電力子会社であるアーバンエナジーは2022年8月2日、共同で蓄電池ビジネスに本格参入。横浜市鶴見区にある鶴見製作所に大型蓄電池を設置し、2023年春の運用開始を目指す。(2022/8/4)

インボイスネットワークに勝機 Sansanが請求書管理Bill Oneで目指す戦略とは
各社がインボイス制度に対応した請求書受領サービスを推し進めている。そこには会計SaaSを中心としたマネーフォワードやfreeeはもちろん、新興のTOKIUMやバクラクブランドで展開するLayerXなど数多い。そして、名刺管理ソリューションを主軸としてきたSansanも、Bill Oneというサービス名で新規参入した1社だ。(2022/8/2)

福田昭のストレージ通信(224) フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表(8):
インテルによるNORフラッシュ独占を崩すAMDと富士通の参入(1992年〜1993年)
今回は、NORフラッシュの用途拡大が地道に進んだ1992年〜1993年を紹介する。PCでは、BIOSの格納用メモリにNORフラッシュを採用する動きが始まった。(2022/8/2)

クラウドデータベース「JUST.DB」:
「完全ノーコード」で現場主体の開発を加速、ジャストシステムが注目市場に参入
DX推進のツールとして注目を集めるノーコードツール市場にジャストシステムが参入。現場によるカスタマイズを可能にすることでさまざまな業務に対応できるという。(2022/8/1)

騒がしい場所でもビデオ会議できる? Google初のノイキャンイヤフォン「Pixel Buds Pro」の実力
競合ひしめくノイズキャンセリング搭載ワイヤレスイヤフォン市場に、Googleが「Pixel Buds Pro」をひっさげ参入してきた。Proで初搭載となるノイキャン機能の実力やいかに。ビデオ会議で使ってみると、通話相手からも思いの外好評だった。(2022/7/30)

福原「福山ばら寿司」(1300円):
広島・三原の老舗駅弁店が、空港と福山に「進出」した理由
2022年8月に築城400年を迎える「福山城」。三原の駅弁店が「福原」へ、そして「空弁」などにも参入した背景とは。トップに昔話を伺いました。(2022/7/30)

スマホ最適化 「縦読み漫画」急拡大 グリー参入 大手出版社も攻勢
スマートフォンで読むために最適化された縦読み漫画の流行で、漫画の制作現場が大きく変わろうとしている。ソーシャルゲームなどを手掛けるグリーが新規参入を発表。世界市場も視野に、日本で築き上げられてきた漫画文化は転換点を迎えようとしている。(2022/7/28)

大日本印刷とPwCがメタバースで協業開始 企業や自治体のメタバース参入をサポート
大日本印刷とPwCコンサルティングは協業を開始し、企業や自治体におけるバーチャル空間「メタバース」の導入や活用を支援する。メタバースへの注目が増す中で、両社の協業はメタバースに取り組みたい企業や自治体にとってどのようなメリットがあるのだろうか。(2022/7/28)

2023年1月発売も価格は未定:
中国EV大手BYD、日本上陸 SUVなど3車種を市場投入へ 各車種の仕様は?
中国EV大手「BYD」(広東省深セン)が、日本の自動車市場に本格参入すると発表した。2023年1月以降、BEV3車種を順次、日本で販売する。参入に合わせ、7月4日に国内での販売を手掛ける100%出資子会社「BYD Auto Japan」(横浜市)を設立。3車種の販売を起点に、日本でのビジネス拡大を目指す。(2022/7/24)

【どんなクルマなの?】中国EV最大手、BYDが日本市場へ参入 EV3車種発売「低価格とラインアップ」武器に
黒船到来ー!? テスラに次ぐ世界2位のシェアを持つEVメーカーが参入します。(2022/7/22)

中国EV最大手「BYD」、日本の乗用車市場に参入 3車種を投入へ EVバスはすでに国内シェア約7割
中国EV最大手「BYD」が日本の乗用車市場に参入する。2023年1月より3車種のEVを販売するとしている。(2022/7/21)

アイリスオーヤマ、小売業向けDX支援事業を開始
アイリスオーヤマは法人事業を拡大し、「ストアソリューション事業」に新規参入する。小売店舗が直面する課題の解決とDXを4つの側面から支援する。(2022/7/21)

グリー、まんが事業に参入 冬に独自のアプリ配信
グリーは、新たに設立した子会社DADANを通じて漫画事業に新規参入する。DADANでは、漫画プラットフォーム事業とマンガ制作スタジオ事業を立ち上げ、主に縦読み漫画の企画・制作を行うという。冬には総合漫画配信アプリをリリース予定。(2022/7/15)

Salesforceも波乱の参入 「NFT」ビジネス活用の今【中編】
賛否両論の「NFT」をビジネスに使いたい企業に必要な“覚悟”とは?
NFTは企業に有益なデータや新たな事業機会をもたらす可能性がある。NFT事業に参入する際は、どのようなことに気を付ければよいのか。(2022/7/15)

楽天、eスポーツに参入 イベント初開催 チケット販売など既存事業とのシナジー見込む
楽天グループが、同社初のeスポーツイベントを7月23日に開催する。公式サイトや公式YouTubeチャンネルで無料配信する予定。2回目以降の開催も検討中で、チケット販売サービスなど、楽天の既存事業を組み合わせたビジネス展開につなげる方針。(2022/7/12)

Supply Chain Dive:
Googleがラストワンマイル物流サービスをテスト中 配送分野でもプラットフォーマーになれるか
Googleが地図データを活用して、ラストワンマイル市場へ参入する。Google Mapsの知見を投入したサービスだが、専門家の評価は分かれる。(2022/7/7)

NECブランドで“久しぶり”のゲーミングPC誕生!? 「LAVIE GX」発表会レポート
NECパーソナルコンピュータがゲーミングプロジェクトを立ちあげてから約3年。ようやくその第1弾製品となる「LAIVE GX」が登場することになった。ただ、同社にとってはゲーミングPC「参入」ではなく「再参入」なのだという。一体どういうことなのか、発表会の様子を見てみることにしよう。(2022/7/6)

「Project 炎神」第1弾:
NECPCがゲーミングPCに参入 エントリー向けゲーミングデスクトップ「LAVIE GX」を7月14日発売
約3年前にゲーミングプロジェクト「Project 炎神(エンジン)」を立ちあげたNECパーソナルコンピュータが、いよいよその成果を世に打ち出す。第1弾製品は、エントリー層に的を絞ったデスクトップゲーミングPCで、ディスプレイ以外に必要なものを全て付属したことが特徴だ。(2022/7/5)

新日、スターダムとコラボ:
プロレスラーがレッスンも!? エンタメ企業がスポーツジムを経営する戦略とは
「新日本プロレス」「スターダム」の2つのプロレス団体を運営するブシロードグループがフィットネスクラブ事業に参入した。ブシロードウェルビーの大場隆志社長に話を聞いた。(2022/7/5)

あの企業が使うバックオフィスSaaS:
急成長スタートアップはどんなSaaSを使ってる?:カケハシ編
バックオフィス業務へのSaaSの導入が活発化している。外資系ベンダーだけでなく、国産ベンダーも市場に参入し、ユーザーは多くの選択肢の中から最適なものを選ぶ環境が整ってきた。こうしたSaaSを積極的に活用しているのは、しがらみの少ないスタートアップ企業だろう。今回は調剤薬局のDX化を進めるバーティカルSaaS企業、カケハシに聞いた。(2022/7/12)

CMSベンダーに独禁法違反の疑い 「独自の方がセキュリティ対策になる」と自治体に営業、他社参入を阻害
サイネックスとスマートバリューに独占禁止法の規定に違反する疑いがある。2社はWebサイトの改修を計画する自治体に、独自開発のCMS導入が情報セキュリティ対策になると営業活動を行い、他社が受注競争に参加しにくくなるよう働きかけていた。(2022/6/30)

ソニー、プロゲーマーの「勝利の女神」となるか PCゲーム機器市場に参入
ソニーが、PCゲーム向け映像・音響機器市場に参入する。新ブランド「INZONE」を立ち上げ、7月8日にはモニター、ヘッドセットの新製品を発売。新型コロナウイルス禍を契機とするゲーム需要の増加や、「eスポーツ」人口の拡大が背景にある。(2022/6/30)

ソニーが「INZONE」でPCゲーミング市場に本気攻勢! 新型ディスプレイとヘッドフォンを投入した理由
ソニーがゲーミングギア業界への参入を表明し、第ゲーミング液晶ディスプレイとヘッドセットの発表を行った。新たに立ち上げた「INZONE」ブランドの由来など、発表会の模様をお届けする。(2022/6/29)

ソニーがPCゲーミングブランド「INZONE」を立ち上げ 4Kゲーミング液晶やヘッドセットなど第1弾製品を投入
ソニーがゲーミングギア業界への参入を表明、第1弾製品となるゲーミング液晶ディスプレイとヘッドセットの発表を行った。(2022/6/29)

5Gビジネスの神髄に迫る:
スマホとは違う、ローカル5G向けデバイスに求められる“信頼性”とは アルプスアルパインに聞く
ローカル5Gの本格的な立ち上がりに向けて、端末開発が必要とされている。そこで新たに名乗りを上げたのがアルプスアルパインだ。4月27日に評価キットの提供を初めて以来、顧客ニーズを把握してローカル5G事業への本格参入を目指している。(2022/6/30)

海運業など用途も拡大:
グラフェン太陽電池、実用化に向け前進
グラフェンは、さまざまなハイテク用途向けとしての利用が推奨されてきたが、今のところ参入を果たすことができた分野は、ほんの数種類に限られている。その中の1つが、太陽電池市場だ。(2022/6/27)

「受注する限り生産継続」、長期供給で勝機をつかむ:
PR:スペックは求めず「汎用仕様」で勝負! デジタルアイソレータ市場に新規参入したMPSの狙いとは
高度な集積技術を生かしたパワー系ソリューションを展開するMPS(Monolithic Power Systems)が、2022年から新たな市場で挑戦を始めた。新たな市場とはデジタルアイソレータ市場だ。デジタルアイソレータのサプライヤーとしては後発になるにもかかわらず、突出したスペックは追求せず、あえて“汎用的な仕様”を実現している。その狙いは何か。そして、後発メーカーとしての勝機はどこにあるのだろうか。(2022/6/27)

小学館、オーディオブック市場に本格参入 文学作品の掘り起こしに注力
小学館は創立100周年を迎えるにあたり、オーディオブック市場に本格参入する。2023年には、累計1000作品の制作・配信達成を目指し、ラインアップを拡大していく。(2022/6/30)

デキるITビジネスパーソンの常識クイズ:
日本でも新規参入が相次ぐ「NFT」って何の略?
デキるITビジネスパーソンなら誰もが知っている基礎知識をクイズ化。「NFT」は何の略?(2022/6/23)

アウトドアブーム:
音響のオーディオテクニカ、アウトドア本格参入 焚火台、コーヒードリッパーなど3品発売
オーディオテクニカはアウトドアブランドを立ち上げた。第一弾として、焚火台やコーヒードリッパーなど3商品を発売する。機能性・収納性・耐久性を追求したオリジナル製品を開発し、需要の取り込みを図る。(2022/6/22)

デジタル庁、システム調達の見直しで初会合 発注先の多様化を検討
デジタル庁が政府の情報システム調達に関連し、調達方法の見直しや発注先の多様化などを目指す有識者検討会の初会合を開いた。ベンダーロックイン排除や多様な事業者に参入機会を広げる施策を検討する。(2022/6/22)

Restaurant Dive:
「猫も杓子もメタバース施策」の中で手を出したピザハットは結果を出せるか
ピザハットはメタバース業界への参入を発表した。メタバースといったデジタル体験の新奇性が薄れる中、同社はどのような戦略を展開するのか。(2022/6/17)

まるで“お皿”なデザインのIHホットプレートが便利そう! エレコムの家電参入第1弾が一般販売
ひとり飯がはかどるぞ〜。(2022/6/16)

プロセッサベンダーが競う次の分野【後編】
もはや限界のCPUに代わる「DPU」「スマートNIC」とは何か?
IntelやNVIDIAに続き、AMDが「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入することになった。各社の狙いはどこにあるのか。プロセッサは今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/16)

楽天、縦スクロール型コミック市場に参入 オリジナル作品の制作も
楽天グループは、縦スクロール型フルカラー漫画の制作/プロデュースなどを手掛けるトゥーンクラッカーと協業し、スマートフォン向けの縦スクロール型デジタルコミック事業に参入する。(2022/6/14)

トゥーンクラッカーと協業:
楽天、デジタルコミックに参入 世界共通の縦スクロール型で配信へ
楽天グループは、トゥーンクラッカー(東京都渋谷区)との協業し、スマートフォン向けの縦スクロール型デジタルコミックに関する事業に参入する。縦スクロール型・フルカラーのオリジナル作品を企画・制作する他、国内外への配信や海外作品の調達・ローカライズも実施する。(2022/6/14)

スタンドアロン5Gを展開:
Dish Networkが5Gを開始、全米カバー率20%を目指す
Dish Networkが2022年5月、米国ネバダ州ラスベガスにおいて、ようやく国内5G(第5世代移動通信)市場への参入を実現した。しかし、これはやっと最初のハードルを越えたにすぎない。発展途上の5G事業者である同社が、米国全土で5Gネットワークの実現を目指していくためには、まだクリアしなければならない障壁が数多く残っているためだ。(2022/6/14)

Podcastを制したSpotify、次はオーディオブック市場に参入
Spotifyのダニエル・エクCEOは投資家向けイベントで、オーディオブック市場への参入を宣言した。音楽とPodcastに続けて、オーディオブックでも「勝ちに行く」としている。(2022/6/13)

スマートシティー:
マンションにEV充電機器を“無償提供”する「Terra Charge」、Terra Motors 徳重会長の狙いは?
急速に電気自動車の普及が進むインドで、電動三輪車のトップシェアを獲得しているベンチャー企業「Terra Motors」。2022年4月にはEV充電インフラ事業に新規参入し、既設マンション向けの機器導入サービス「Terra Charge」がスタートした。機器の設置費用から施工、その後の管理まで、全てを無償で提供する利益度外視な新規事業によって、国内EV市場の活性化を目指す。Terra Chargeのサービスが「起爆剤になって欲しい」と、取締役会長の徳重徹氏は語る。(2022/6/13)

山根康宏の中国携帯最新事情:
今、中国でAndroidタブレットが過熱している理由 XiaomiとOPPO、そしてHuaweiも
2021年にXiaomiが高コスパのタブレットを発売して以来、HuaweiやOPPOなどの他メーカーもタブレット市場に参入している。自宅での需要が増えていることも背景にあるだろう。ノートPCより安くスマホより大きい画面が使えるため、スマホの次に買い足される製品となっているのだ。(2022/6/15)

「Galaxy M23 5G」投入のサムスン なぜオープン市場への参入に時間がかかったのか
サムスン電子が、満を持してオープンマーケットに送り出したスマートフォンが、「Galaxy M23 5G」だ。これまでサムスン電子は、キャリアとの取引をビジネスの中心に据えてきたが、なぜこのタイミングでオープンマーケット版の販売に踏み切ったのか。小林CMOいわく、「キャリアとの関係性なども含め、いろいろな方の意見を聞いてきた」という。(2022/6/10)

プロセッサベンダーが競う次の分野【前編】
CPU限界説を「DPU」「スマートNIC」がひっくり返す?
AMDはPensandoの買収によって「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入した。IntelやNVIDIAと競合することになる。プロセッサ分野は今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/10)

パナソニックが「ウイルスフリー」の車 プロデュース検討
パナソニックホールディングス(HD)は8日、快適な移動体験の提供をコンセプトに、車内空間を中心とした自動車プロデュース事業への参入を検討していることを明らかにした。車内をウイルスへの感染リスクがない「ウイルスフリー」に保つ車など、自社の技術を活用して新たな価値を提供する車を目指す。(2022/6/9)

価格は全て2178円:
ドンキが「高品質スキンケア」に参入 背景にある“消費傾向の2極化”
ドン・キホーテは6月8日、オリジナルスキンケアブランドから「贅沢をもっと身近に」をコンセプトにした新シリーズの「GENECOS(ジェネコス)」を発売すると発表した。「高品質スキンケア」に参入する背景には、“消費傾向の2極化”があるという。どういうことか。(2022/6/8)

医療機器ニュース:
大規模空間と物体表面を同時に除菌する空気清浄システムを発売
アイリスオーヤマは、エアソリューション事業への新規参入を発表し、室内空間と物体表面の菌やウイルスを1台で除菌する「PlasmaGuard PRO アイリスエディション」を発売した。(2022/6/8)

三井住友カード、GMOと“後払い決済”参入 実店舗でも利用可能に
三井住友カードとGMOペイメントゲートウェイ、GMOペイメントサービスが後払い決済サービスで提携した。(2022/6/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.