• 関連の記事

「ニュースリリース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

PR:LINEで直接“神さま”と話せる「神さま電話相談室」爆誕 これが本当の神サービスか……
「神さまのお告げ」がまさかのプレスリリースで届きました。(2024/4/23)

B2Bマーケターのための広報入門【第7回】:
「エイプリルフールだからプレスリリース出そう」はなぜダメなのか?
企業のPR活動に利用されることも多い「エイプリルフール」という風習。しかし、B2B企業が取り組む必要があるかというと、筆者は懐疑的です。その理由を説明します。(2024/4/11)

「闇の株式を取得」「闇への継続的な支援」 MBSメディアホールディングス「闇の子会社化」プレスリリースが「字面が面白すぎる」と話題に
闇の事業拡大に期待されています。(2024/3/4)

ZTE、折りたたみスマホ「nubia Flip 5G」をMWCで発表 価格は599米ドル(約9万円)
ZTEは2024年2月26日、折りたたみスマートフォン「nubia Flip 5G」を発表した。同日、実機画像とともにニュースリリースを掲載。その中で「若年層向けに設計した」ことを明らかにした。(2024/2/27)

TVer、2023年12月の月間ユニークブラウザ数(MUB)が3129万になったと発表
民放公式テレビ配信サービスのTVerは、2023年12月における月間ユニークブラウザ数(以下、MUB)が3129万MUBと初の3100万台超えとなり、前の年の同じ月と比べて約124%を達成したことを発表。月間再生数も3.98億回を突破したことも明らかにした。TVerは1月17日のニュースリリースで利用率増加に取り組む考えを示している。(2024/1/22)

プレスリリースからニュース記事を自動執筆するAI、ユーザーローカルが公開
プレスリリースを基に、ニュース記事を自動執筆する生成AIサービスをユーザーローカルが無料公開した。(2023/12/5)

「QUICPayモバイル」が2024年3月末で終了 Apple Pay/Google Pay経由なら継続利用が可能
ジェーシービー(JCB)は「QUICPayモバイル」の提供を2024年3月末で終了する。同社が2023年12月4日に発表した。ニュースリリースの発出はないが、公式サイトで案内している。(2023/12/4)

IridiumとQualcommが提携解消 Androidスマホで“衛星”を使うメッセージング、実現ならず
衛星携帯電話を手掛ける米Iridium Communicationsは11月9日(現地時間)、米Qualcommとの提携を解消すると発表した。解消日は12月3日。Iridiumが契約解消に至った経緯をニュースリリースで説明した。(2023/11/13)

ピーアップ、テンキー付きのAndroid端末「Mode1 RETRO II」を予告 発売は10月下旬
モーターバイク事業のMoto-UP、携帯電話販売店「テルル」運営元のピーアップなどを傘下に持つP-UP World(ピーアップワールド)は、折りたたみ型かつテンキー付きの携帯電話端末「Mode1 RETRO II」の発売を予告している。Mode1のサイトを開くと現れる広告には「型はガラケー、中身はスマホ」というキャッチコピーに加え、発売時期が10月下旬であることも予告されている。10月9日時点においてニュースリリースの発出は確認できず、スペックなどの詳細は後日明らかになると思われる。(2023/10/9)

B2Bマーケターのための「広報」入門【第2回】:
広報&マーケ担当者が知らないと大恥をかく「プレスリリース」と「メルマガ」の違い
「セミナー集客のためにプレスリリースを出したのに全く反応がない」は、広報業務を兼任するB2Bマーケターがこぼしがちな愚痴の一つだが、言っていること自体のおかしさに気付かないだろうか。そもそもプレスリリースの役割とは……。(2023/9/25)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
なぜ、新型センチュリーは“SUV”と名乗らないのか 副社長が語った「その先」の戦略
9月6日、ついに新しいトヨタの「センチュリー」が初公開されました。ところが、トヨタのニュースリリースには、どこにも「SUV」「クロスオーバー」との文言はありませんでした。これは一体、どういうことなのでしょうか?(2023/9/7)

Appleの日本法人が40周年を迎え記念ロゴを公開
Appleの日本法人(現在はApple Japan合同会社)が、1983年の設立から2023年で40周年を迎える。それに伴ってAppleがプレスリリースを出し、独自のロゴを公開した。(2023/8/8)

「ChatGPT」に関する報道発表、5カ月で32倍に 「AI」の月間発表数は12位→3位に
PR TIMESは、2023年に入ってから、「AI」「ChatGPT」をキーワードとする企業の発表が急増していると発表した。月間キーワードランキングでは「AI」が徐々に順位を上げ、月間プレスリリース数では、「ChatGPT」が1月から5月で約32倍に増加した。(2023/6/21)

「たまごっちユニ」、AWS採用の公表は「親御さんの安心のため」とバンダイ
Wi-Fiを内蔵してメタバースに遊びに行ける新機軸のたまごっち「Tamagotchi Uni」。発表時のニュースリリースに米Amazon Web Services(AWS)が登場したのも異色だった。(2023/6/10)

自販機で15種類以上のQRコード決済が利用可能に コカ・コーラ ボトラーズジャパンが「QR de決済」を開始
コカ・コーラ ボトラーズジャパンは6月7日、1都2府35県に設置の自動販売機に新サービス「QR de決済」を導入。PayPayなどを含む15種類以上のQRコード決済が使えるようになった。ニュースリリースで使い方を説明している。(2023/6/8)

頭脳放談:
第276回 何が「世界初」なの? NEDOのRISC-V向け包括的なソフト開発環境って
国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」が「世界初、RISC-V向けの包括的なソフト開発環境の実現に成功」というプレスリリースを出した。何が「世界初」で「包括的」なのか? この発表が国内のRISC-V開発に与える影響は? 筆者が考察してみた。(2023/5/19)

金融庁に無登録の業者:
PR TIMES、「FX」関連のプレスリリース16件削除 3年間で7社、金融商品取引法に抵触の恐れ
PR TIMESは自社が運営するプレスリリースの掲載プラットフォーム「PR TIMES」から、金融商品商品取引法(金商法)に抵触する恐れがあるとして、外国為替証拠金(FX)取引関連のプレスリリース計16件を掲載停止にしたと発表した。(2023/3/8)

IIJが30周年、過去全ての“企業のお知らせ”公開 「昔の話を振り返ってみませんか?」
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、1992年から30年分の企業からのお知らせである「プレスリリース」を特設サイト上で公開した。12月3日に創業30周年を迎えることを記念した取り組みの一環という。(2022/11/21)

水曜日に「へえ」な話:
ボートを製造しているヤマハが、「カプセルホテル」をつくれたワケ
ヤマハ発動機のニュースリリースを見ていたら、ちょっと気になるネタがあった。同社のFRP技術を使って、カプセルホテルのベッドの部分を開発したのだ。なぜ気になったのかというと……。(2022/11/2)

日産、昭和36年以降の報道資料を電子化 “ハコスカ”発表時のリリースなども
日産自動車は26日、報道関係者向けサイトに掲載しているニュースリリースのアーカイブを大幅に拡充した。1961年(昭和36年)以降のニュースリリースを電子データ化し、誰でも見られるようにした。(2022/9/26)

頭脳放談:
第268回 ArmがQualcommをライセンス契約違反で訴えたのはなぜか?
Armがライセンス契約違反と商標権侵害でQualcommを提訴した。プレスリリースだけでは、詳細をうかがい知ることはできないが、筆者の過去の経験などから妄想たくましく、この提訴の行く末を考えてみた。(2022/9/20)

編集部コラム:
サイボウズ「インフレ特別手当」緊急決定の裏側を読んでみた
さまざまな社会問題や事件、自然災害が起こるたびに「有事に企業がどう動くか」は注目を集めます。1つのプレスリリースに注目してみました。(2022/7/22)

Apple、次世代のCarPlayを公開 対応車は2023年後半に発表
WWDC22での隠れた目玉、次世代CarPlayはAppleのプレスリリースにもその情報が含まれている。(2022/6/8)

JR東海、リニア工事で静岡県に具体案 大井川に水を戻す
JR東海は、プレスリリース「中央新幹線南アルプストンネル工事における県外流出量を大井川に戻す方策などについて」を発表した。(2022/4/27)

製造マネジメントニュース:
三菱電機が液晶テレビ事業を縮小し京都製作所も再編、空調冷熱システム事業に注力
三菱電機が液晶テレビ事業を大幅に縮小すると発表。「市場環境やニーズの急激な変化に伴い、製品競争力の維持が困難な状況となった」(ニュースリリースより抜粋)ためだという。(2021/11/2)

カスペルスキー、第三者に偽のプレスリリースを配信されたと発表 配信会社は「ノーコメント」
カスペルスキーを名乗る偽のプレスリリースが、何らかの理由で配信された。JCNが運営するリリース配信サイト「JCN Newswire」などに掲載された9月27日付の文書に対し、文中に登場する各社は関係を否定している。(2021/9/30)

企業向け広報サービス「PR TIMES」で新たな情報漏えい明らかに 発表前の情報含む699件
企業のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」で発表前の画像ファイルなどを誤って公開してしまった問題で、新たに699件のファイルが取得されていたと判明した。インサイダー情報の流出は確認していないという。(2021/9/22)

プレスリリース100万件超をAIで分析、データを基に広報支援 PR TIMESが企業向け新サービス
PR TIMES社が、会員企業の発表を配信するWebサイト「PR TIMES」で過去に掲載したプレスリリース(報道向け資料)100万件以上をAIで分析し、得られたデータを活用して企業の広報活動を支援するサービスを始めた。PR TIMESの会員企業の利用を見込むという。(2021/8/23)

企業のお知らせ配信サイト「PR TIMES」で漏えい 発表前の情報258件にダウンロードの痕跡
企業のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」が発表前の画像ファイルなど258件を誤って公開してしまったと発表した。7月9日時点でインサイダー情報の流出は確認していないという。(2021/7/9)

200mmの供給は限界間近か:
半導体不足、解消の鍵は「300mmウエハーへの移行」
8インチ(200mm)ウエハーのサプライチェーンは、控えめに言っても、かなり厳しい状況にある。これは、決して新しい問題ではない。台湾の市場調査会社TrendForceが2020年11月に発表したプレスリリースでは、「8インチウエハーの生産能力に関しては、2019年後半から深刻な不足状態が続いている」と述べている。(2021/5/25)

SK hynixも生産能力増強を発表:
韓国、半導体への投資を加速
韓国の報道によれば、SK hynixが、ファウンドリー事業用の生産能力を2倍に拡大する予定だという。同社はプレスリリースで、「実行可能な計画によって、ファウンドリーの生産能力を2倍に増強すべく検討しているところだ」としている。(2021/5/18)

「エポスカード」デザイン変更で視覚障害者向けの識別マークが消えた? 発行元「発表時に記載が漏れていた」 マークは継続
識別マーク入りカードももともと発行予定だったものの、発表時にプレスリリースから記載が漏れていたと丸井グループは説明しています。(2021/4/14)

「楽天モバイルの通話アプリが使えない」 福井のケーブルテレビ局が技術サポートを求め異例の発表
インターネット回線サービスを提供する福井ケーブルテレビ(FCTV、福井県福井市)とさかいケーブルテレビ(福井県坂井市)が、楽天モバイルに技術サポートを求めて異例のプレスリリースを出した。(2021/3/8)

Apple、日本でのApple Watch「心電図」機能を正式予告 Series 3以降で「不規則な心拍リズム」検出も
Appleからも正式なプレスリリースが出た。(2021/1/22)

ニュースリリースを自動配信、SNSの反響など自動集計 「広報の支援」に特化したSaaS登場
プラップノードが企業の広報部門を支援するSaaSをリリース。ニュースリリースの作成の一部を自動化する他、配信先のリスト化やSNSでの反響チェックができる。価格は年額36万円からで、1年間で100社への導入を目指す。(2020/9/1)

朝日新聞のAI経済記者がデビュー トレンドワード抽出、商品紹介記事を自動生成
朝日新聞は、自社のAI経済記者「みつけーた」が3月23日にデビューしたことを発表した。企業のプレスリリースから商品紹介記事を自動生成し、人間との共同作業でトレンドの一歩先を読んでいく。より付加価値の高いコンテンツを発信し、記者の働き方改革にもつなげる狙い。(2020/4/2)

参加企業の募集を開始:
脱エイプリルフール PR TIMESが4月1日のプレスリリースで企業の「夢」を発信するプロジェクトを始動
4月1日に企業や個人がかなえたい「夢」を発信する「April Dream」を開始。(2020/3/18)

Google、病院グループ大手Ascensionの数千万人の患者データに合法的にアクセス
Googleが米医療グループ大手のAscensionと提携し、数千万人の患者データに合法的にアクセスしているとWall Street Journalが報じた。報道後、両社はプレスリリースで、提携について発表した。(2019/11/12)

頭脳放談:
第233回 Armの「先行投資」の中身に見るIPビジネスの限界?
Armが同社の技術開発を披露する「Arm TechCon 2019」を開催した。このプレスリリースからArmの方向性を考察してみる。(2019/10/21)

Huawei、「米政府がサイバー攻撃を仕掛け、従業員を脅した」と主張
Huaweiが、米連邦政府が同社のイントラネットにサイバー攻撃を仕掛けたり、従業員に情報提供を強要したりしたとプレスリリースで主張した。(2019/9/4)

考えたい「言葉のセキュリティ」:
PR:“お手製”の用語集で組織を守れるか? テキストコンテンツに潜む怖いリスク
業務文書や契約書、申請書、プレスリリースなど、企業活動には多くの文書が伴う。だが、事業の拡大にばかり目を向け、こうした基本的なものをおろそかにすると足をすくわれる可能性がある。(2019/6/25)

考えたい「言葉のセキュリティ」
“お手製”の用語集で組織を守れるか? テキストコンテンツに潜む怖いリスク
業務文書や契約書、申請書、プレスリリースなど、企業活動には多くの文書が伴う。だが、事業の拡大にばかり目を向け、こうした基本的なものをおろそかにすると足をすくわれる可能性がある。(2019/6/25)

今日のリサーチ:
「平成最後」「令和」他、改元関連プレスリリース数がハロウィーン関連の2.7倍に――PR TIMES調査
「平成最後」「令和記念」など改元関連のプレスリリースは1カ月間で1168本に到達しました(2019年5月1日正午時点)。(2019/5/1)

「池袋暴走、加害者の息子はクボタ執行役員」デマ拡散 クボタ「親戚関係等はない」
池袋の暴走事故で、車を運転していた飯塚幸三さんの息子がクボタの役員だといううわさがネットで拡散。クボタはプレスリリースでうわさを否定し、息子と名指しされた同社役員について「親戚関係等はない」と説明した。(2019/4/23)

ITはみ出しコラム:
AmazonとGoogleの動画サービス締め出し合戦が終結 そして新たな競争が始まる?
ユーザー不在の動画サービス締め出し合戦を続けてきたAmazonとGoogleが、ついに終戦宣言ともいえるプレスリリースを出しました。新たなライバル台頭の予兆もあり、ケンカどころじゃなくなったのかもしれません。(2019/4/21)

コンテンツ作成から配信まで広報担当者がセルフサービスでできる:
RICOH THETAを活用して360度カメラの画像をプレスリリースに リコーとPR TIMESが提携
「RICOH THETA」で撮影した360度の画像をプレスリリースに埋め込んで誰もが配信できるサービスを提供。(2019/3/26)

頭脳放談:
第226回 5G時代にArmが狙うサーバ市場
Armが自らサーバ向けプロセッサのプラットフォームを発表した。なぜ今、サーバ向けプロセッサなのか、その背景をプレスリリースから筆者が読み解く。(2019/3/26)

RPAロボがプレスリリース記事を自動作成 工数を8割削減――AI専門メディア「AINOW」、記事掲載プロセスにRPAを導入
ディップが運営するAI専門のキュレーションメディア「AINOW」は、プレスリリース掲載プロセスにRPAを導入。記事内容をフォームに入力すると、RPAロボットが掲載用の記事を自動作成する。下書き記事の作成から公開まで、従来は1記事につき30分程度かかっていたが、5分程度に短縮できたという。(2019/1/17)

ファーウェイが声明 「製品に余計なものが見つかった」報道は「事実無根」と否定
ファーウェイ・ジャパンが12月14日、「製品のセキュリティ上の懸念に関する根拠のない報道について」と題したプレスリリースを発表した。「製品に余計なものが見つかった」とする報道は「事実無根」と否定。日本の製品は厳格な試験に合格していると反論した。(2018/12/15)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
“見せ球”の製品に引っ掛からないために知っておきたいこと
メーカーが用意する製品ラインアップの末席には、ニュースリリースなどで見出しとなるためだけに追加された、実用性無視・価格重視のローエンドモデルが存在することがある。こうした「見せ球」を見抜けずに買ってしまう人は、実は少なくない。どのようにすればこれらを見抜き、回避できるのだろうか。(2018/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.