• 関連の記事

「ノイズキャンセリング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ノイズキャンセリング」に関する情報が集まったページです。

ファーウェイ、ANC性能&駆動力を大幅向上させたワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 6i」 約1.5万円で発売
ファーウェイ・ジャパンが、新しいワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 6i」を発売。市場想定価格は1万4800円(税込み)で、前モデルよりアクティブノイズキャンセリング性能を100%、駆動力を50%向上させたという。(2024/6/18)

サンワ、長時間通話をサポートした両耳タイプのBluetoothヘッドセット
サンワサプライは、ノイズキャンセリング機構を備えた両耳タイプのBluetoothヘッドセット「400-BTSH026BK」の販売を開始した。(2024/6/10)

JBL、スマートディスプレイ搭載充電ケースを備えた完全ワイヤレスイヤフォン
ハーマンインターナショナルは、ノイズキャンセリングを備える完全ワイヤレスイヤフォン「JBL LIVE BEAM 3」を発表した。(2024/5/30)

人とくるまのテクノロジー展2024:
TDKが車室内のノイズキャンセルを提案、ヘッドレスト組み込みで15dBの消音効果
TDKは、「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」において、車室シートのヘッドレスト部の周辺に組み込める「消音空間ソリューション」を参考展示した。(2024/5/24)

ノイキャン性能向上も、1.5万円を切るコスパ ファーウェイ、ANCイヤフォン「FreeBuds 6i」を6月18日に発売
ファーウェイ・ジャパンは完全ワイヤレスイヤフォンの新製品として、「HUAWEI FreeBuds 6i」を6月18日に発売する。アクティブノイズキャンセリング性能を持ち、ハイレゾオーディオワイヤレス認証を取得している。市場想定価格は1万4800円(税込み)だ。(2024/5/15)

ソースネクスト、ノイズキャンセリングマイクを備えたオープンイヤー型ヘッドセット
ソースネクストは、Bluetooth接続に対応したオープンイヤー型ヘッドセット「Open Air Wearable Stereo Headphone」の販売を開始する。(2024/4/25)

デル、双方向型ノイズキャンセリング機能を備えたワイヤレスヘッドセット
デル・テクノロジーズは、AIベースの双方向ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドセット「Dell PremierワイヤレスANCヘッドセット - WL7024」を発売した。(2024/4/22)

小寺信良のIT大作戦:
耳をふさがなくても「普通に聴ける」 動向が変わりつつある“ながら聴き”の世界
従来のイヤフォやヘッドフォンは、音質もさることながらその遮音性もまた重視されてきた。音楽に集中できるということももちろんだが、電車内などでも快適にリスニングできるという機能性から、ノイズキャンセリング機能搭載のイヤフォン・ヘッドフォンはいまだ人気が高い。(2024/4/11)

ノイキャン対応で最大60時間再生のワイヤレスイヤフォン「Soundcore P40i」発売 アンカーから
アンカー・ジャパンは独自技術「ウルトラノイズキャンセリング 2.0」を搭載し、最大60時間の長時間再生も可能なワイヤレスイヤフォン「Soundcore P40i」を発売。4カラーで展開し、価格は7990円(税込み)。(2024/4/9)

サンワ、ノイキャン+指向性マイク搭載のBluetooth骨伝導ヘッドセット発売
サンワサプライは、Bluetooth骨伝導ヘッドセットを発売。耳をふさがず周りの環境音を遮断せずに利用でき、ノイズキャンセル機能+単一指向性マイク搭載でスムーズな通話を可能とする。価格は2万900円(税込み)。(2024/1/25)

ソニーのノイキャンイヤフォン「WF-1000XM4」、Amazonで2万円台に 型落ちモデルがお買い得
ソニーは、Amazon.co.jpにおいてノイズキャンセリング機能付きの完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM4」を2万円台で販売している。通常価格は3万3000円だ。セール中はブラックが36%オフの2万1000円、プラチナシルバーが30%オフの2万3250円となっている。(2023/12/21)

デル、AIノイズキャンセリング機能を備えた有線/無線ヘッドセット2製品
デル・テクノロジーズは、AIベースのノイズキャンセリングに対応したヘッドセット2製品「WH3024」「WL3024」を発売する。(2023/12/12)

アナログ・デバイセズ株式会社提供Webキャスト:
PR:動画で学ぶ電源回路のEMI対策、スイッチング電源のノイズを多面的に考察する
スイッチング電源は、EMIの原因となり得る。この問題の解消には、設計プロセス全体を通した多面的な対策が必要だ。本動画では、IC自体のノイズキャンセリング技術や、回路設計の各プロセスにおけるEMI対策のポイントと解決策を解説する。(2023/10/30)

JBL、装着感を重視したノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドフォン
ハーマンインターナショナルは、ノイズキャンセリング機能を搭載するBluetoothワイヤレスヘッドフォン「JBL LIVE770NC」を発表した。(2023/10/4)

キングジム、騒音をカットして人の声だけ聞き取れる「デジタル耳せん」の新モデル ノイズキャンセリング強度の切り替えが可能に
キングジムは、周囲の騒音だけをカットできる「デジタル耳せん」の新モデルを発表した。(2023/10/3)

「デジタル耳せん」にノイキャン強度を変えられる新モデル キングジムが27日発売
キングジムは3日、アクティブノイズキャンセリング機能の強度を選べるようにした新しい「デジタル耳せん」(MM4000)を発表した。(2023/10/3)

驚くほど安い「AIノイズキャンセリング」付き完全ワイヤレスイヤフォンの秘密を探る
Amazonの販売ページには「AIノイズキャンセリング付き」と書いてあって、しかも価格は1990円です。ええ?(2023/9/20)

組み込み開発ニュース:
複数の音声処理技術を1つのICチップに統合したサウンドソリューション
CRI・ミドルウェアは、複数の信号処理ICチップの機能を統合した、サウンド1チップソリューション「CRI SOLIDAS(仮)」の提供を開始する。多チャンネル出力やノイズキャンセルなど、音声処理技術を1チップにまとめる技術をIP化して提供する。(2023/8/10)

ソニー、完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM5」発売 低域のノイズ減衰効果を高め「世界最高のNC性能」うたう
ソニーは25日、ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM5」を発表した。9月1日に発売予定で、実売4万2000円前後になる見込み。(2023/7/25)

ソニーの完全無線イヤフォン「WF-1000XM5」9月1日発売 ノイキャン強化+小型軽量化で約4.2万円
ソニーが9月1日に完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM5」を発売する。市場想定価格は4万2000円(税込み)前後となっている。ノイズキャンセリング性能を強化しつつ、小型かつ軽量化を果たしたのが先代からの主な進化点だ。(2023/7/25)

VAIO株式会社提供Webキャスト:
動画で解説:Web会議の「聞き取りにくい」を解消、最適なPCを選ぶ3つのポイント
Web会議やWeb商談を快適なものにするには、コミュニケーションの質を高められるPCの採用が不可欠だ。最適なPCを見極めるポイントを、「カメラ機能」「ノイズキャンセリング機能」「パフォーマンス」の3つのポイントで詳しく解説する。(2023/7/12)

Anker、高機能ノイズキャンセリング機能を備えた完全ワイヤレスイヤフォン
アンカー・ジャパンは、高機能ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤフォン「Soundcore Liberty 4 NC」を発表した。(2023/7/7)

インナーイヤー型ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 5」発売 ノイキャン対応で2万1800円
ファーウェイ・ジャパンは、インナーイヤー型ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 5」発売。トリプルマイクを搭載したアクティブノイズキャンセリングに対応し、ハイレゾ認証も取得している。価格は2万1800円(税込み)。(2023/5/24)

ダイソンが初のオーディオ機器を発売 空気清浄機能を搭載したヘッドフォン「Dyson Zone」
空気清浄機能に加え、ノイズキャンセル機能やマイク機能も搭載しています。(2023/5/24)

Beats、ワイヤレスイヤフォンに“透明”な新作 ノイキャン性能1.6倍 2万4800円
米Apple傘下のBeatsが、ノイズキャンセリングに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「Beats Studio Buds +」を発表した。価格は2万4800円。Apple Online Storeで6月12日午後4時、13日よりApple Storeや正規販売店にて発売する。(2023/5/18)

ソニー、ノイキャン搭載の軽量&小型ワイヤレスヘッドフォン「WF-C700N」発売
ソニーは、4月21日からワイヤレスヘッドフォン「WF-C700N」を発売。ノイズキャンセリング機能や自社開発ドライバーユニットを搭載し、IPX4相当の防滴性能や急速充電にも対応する。(2023/4/6)

ソニー、1万8000円のNC機能付き完全ワイヤレスイヤフォン発売 「ノイズキャンセリングをもっと身近に」
ソニーは6日、ノイズキャンセリング機能を搭載しつつ価格を抑えた完全ワイヤレスイヤフォンのエントリーモデル「WF-C700N」を発表した。(2023/4/6)

「HUAWEI FreeBuds 5i」発売 ハイレゾ再生可能で最大42dBのノイズキャンセリング搭載
Huaweiは3月16日、ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 5i」を発売した。価格は1万1800円(税込み)。最大42dBのノイズキャンセリング機能を搭載し、外耳道の形状を検知して音質を調整する。(2023/3/16)

Mobile World Congress 2023:
Google、AndroidとWear OSの多数の新機能を紹介 ToDoウィジェットやMeetのノイキャンなど
Googleは、AndroidおよびWear OS端末に今後追加していく新機能を紹介した。Google Keepのリストやノートをホーム画面に置くウィジェットや、Google Meetでのノイズキャンセリング機能などだ。(2023/2/28)

ダイソン、「ノイキャン付き空気清浄ヘッドフォン」を2023年に発売 外でもキレイな空気が吸える
ダイソンは12月8日、ノイズキャンセリング付き空気清浄ヘッドフォン「Dyson Zone ノイズキャンセリングヘッドホン」の全仕様を公開した。2022年初頭に発表されたもので、2023年1月の中国を皮切りに、3月には米国、英国、香港、シンガポールで発売予定としている。(2022/12/8)

イヤフォン内蔵のスマートウォッチ「Aipower Wearbuds W20 Lite」、クラウドファンディングで登場
LEAGUEは、イヤフォン内蔵型スマートウォッチ「Aipower Wearbuds W20 Lite」をクラウドファンディングで発売。ノイズキャンセリング機能も搭載し、11種のスポーツモニタリングにも対応する。(2022/12/7)

約4万円の「AirPods Pro(第2世代)」は買いなのか? 1カ月使って分かった結論
Appleが9月23日に発売した「AirPods Pro(第2世代)」を1カ月ほど使ってみた。同製品は従来モデルと比べると充電ケースが刷新されたほか、アクティブノイズキャンセリング(ANC)の改良や、内部設計の見直し、タッチ操作での音量調整対応など、改良されたポイントは多い。(2022/10/26)

ビデオ会議もゲームも音楽鑑賞も楽しめるヘッドセット「ROG Fusion II 500」を試す
ASUS JAPANのゲーミングヘッドセットで上位モデルとなる「ROG Fusion II 500」。ブームマイクを省いたヘッドフォンのような外観に、高性能なDACやノイズキャンセリング機能付きを備えることで、さまざまな用途に対応が可能な1台だ。(2022/9/26)

新「AirPods Pro」や「Apple Watch Ultra」の実機レポート 試して分かった“新しさ”
Appleのスペシャルイベントでは、iPhone 14シリーズに加え、「AirPods Pro(第2世代)」や「Apple Watch」の新モデル3機種が発表された。AirPods Proは、約3年ぶりに発表されたアクティブノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤフォン。Apple Watchには、シリーズ初となる過酷な環境での使用を想定した「Apple Watch Ultra」が加わった。(2022/9/9)

AirPods Pro(第2世代)発表、ノイキャン性能2倍強化の最上位モデル 3万9800円
Appleは8日、AirPods Pro(第2世代)を発表した。9月23日発売で価格は3万9800円(税込み)。ノイズキャンセリング性能が大きく向上したほか、充電ケースも改良されている(2022/9/8)

ワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco Air2 Pro」8月26日発売 2つのノイキャン機能を搭載
OPPOは、完全ワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco Air2 Pro」を8月26日に発売。周囲の雑音を抑えるアクティブノイズキャンセリングと、通話の音声だけを強調するAIノイズキャンセリング機能を備える。価格は8480円(税込み)。(2022/8/22)

騒がしい場所でもビデオ会議できる? Google初のノイキャンイヤフォン「Pixel Buds Pro」の実力
競合ひしめくノイズキャンセリング搭載ワイヤレスイヤフォン市場に、Googleが「Pixel Buds Pro」をひっさげ参入してきた。Proで初搭載となるノイキャン機能の実力やいかに。ビデオ会議で使ってみると、通話相手からも思いの外好評だった。(2022/7/30)

AMDの新Radeon用ドライバでノイズキャンセリングが可能に 4K画質でのマイクラ性能が最大92%向上
AMDがRadeon向けのドライバソフト「AMD Software: Adrenalin Edition v22.7.1」をリリースした。多数の機能追加や改善が行われた。(2022/7/29)

ファーウェイ、LDACとノイキャン対応の完全ワイヤレスイヤフォン「FreeBuds Pro 2」
ファーウェイ・ジャパンは、ノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds Pro 2」を7月28日に発売する。業界初をうたうトリプルマイクアダプティブノイズキャンセリングに対応。マルチポイントペアリングを採用した他、LDACコーデック、ハイレゾもサポートしている。(2022/7/26)

ベルキン、ノイキャン対応ワイヤレスイヤフォン3モデル発売 Amazonで台数限定13%オフ
ベルキンは、6月22日にApple Find Myやノイズキャンセリングに対応したワイヤレスイヤフォン3モデルをAmazon限定で発売。「Belkin SOUNDFORM Play完全ワイヤレスイヤフォン」は各色100個限定13%オフで販売する。(2022/6/22)

ソニー、「LinkBuds S」を海外発表 ノイキャンに低遅延「LE Audio」サポート 199.99ドル
ソニーは、アクティブノイズキャンセリング(ANC)対応の新型ワイヤレスイヤホン「LinkBuds S」を海外発表した。国内価格は不明だが、米国法人は199ドルでアナウンスしている。(2022/5/19)

ソニーがノイキャンイヤフォン「LinkBuds S」発表 “穴なし”構造でLDAC対応
ソニーは、ノイズキャンセル(NC)機能と高音質コーデックLDACに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds S WF-LS900N」を6月3日に発売する。市場想定価格は2万6000円(税込み)。カラーはエクリュ、ホワイト、ブラックの3色を用意する。(2022/5/19)

ソニー、ノイキャン性能を引き上げた「WH-1000XM5」 独自チップ2基とマイク8個 通話性能も向上
ソニーは、アクティブノイズキャンセリングに対応した新型ワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を発表した。ソニーストアでは4万9500円で販売。5月27日に発売予定だ。(2022/5/13)

ソニー、ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」発表 タップだけでSpotify再生
ソニーはノイズキャンセル(NC)機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を5月27日に発売する。市場想定価格は5万円(税込み)。カラーはブラックとプラチナシルバーの2色を用意する。(2022/5/13)

Bang & OlufsenがIP57対応の完全ワイヤレスモデル「Beoplay EX」を投入
Bang & Olufsenは、同社初となるアダブティブ・アクティブノイズキャンセリング機構を搭載したBluetoothワイヤレスイヤフォンの5世代目となる新モデル「Beoplay EX」を発表した。(2022/4/15)

ダイソン、ノイズキャンセリング+空気清浄機能付きヘッドフォン ウェアラブルデバイスは初
家電メーカーのダイソンは、同社初のウェアラブルデバイスであるノイズキャンセリング機能付き空気清浄ヘッドフォン「Dyson Zone」を発表した。空気中の汚染物質を除去する機能と、アクティブノイズキャンセリング機能を備える。(2022/3/30)

デル、AIノイズキャンセリング機能を備えたUSB接続スピーカーフォン
デル・テクノロジーズは、ノイズキャンセリング機能を標準搭載したスピーカーフォン「Dell AIノイズ キャンセリング スピーカーフォン - SP3022」を発表した。(2022/3/10)

JBL、ノイズキャンセリング機能も備えた軽量設計のBluetoothワイヤレスヘッドフォン
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドよりノイズキャンセリング機能搭載の軽量Bluetoothワイヤレスヘッドフォン「JBL TUNE 760NC」を発売する。(2022/3/10)

iOS 15の“ある機能”が「これはすごい」「超便利」と話題に ドライヤーを使いながら通話しても気付かない驚異のノイズキャンセル性能
めちゃくちゃ使える機能。(2022/2/11)

エレコム、高性能ノイズキャンセリング機能を備えたUSB有線ヘッドセット
エレコムは、ノイズキャンセリング機能を標準搭載したUSB有線接続対応のヘッドセット計2製品を発表した。(2021/12/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.