• 関連の記事

「酸素」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「酸素」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
酸素や一酸化炭素など同時測定可能、横河電機が防爆仕様のレーザーガス分析計発売
横河電機は、防爆仕様のプローブ形レーザーガス分析計「TDLS8200」を発売する。1台でボイラーや加熱炉内の酸素や一酸化炭素、メタンの濃度の同時測定ができ、設置コストを抑えながら効率的な燃焼制御を支援する。(2022/8/10)

新型コロナ感染の広田レオナ「いつの間にか嗅覚と味覚がない」 発症から8日たち、血中酸素濃度が80%台になることも
広田さんは2021年に肺がんの手術を受けていました。(2022/8/7)

光上せあらの1歳娘が入院、呼吸荒く酸素ボンベを使用 たらい回しも経験「もう涙が出てきてる」
かかった病院では入院できなかったとのこと。(2022/7/26)

SB C&S、ダイビング機能を備えたスマートウォッチ「ScanWatch Horizon」をAmazonで先行限定販売
SB C&Sは、Withingsのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Horizon」をAmazonで先行限定販売。血中酸素の計測や100m防水に対応し、ダイバーズウォッチとしても利用できる。(2022/7/15)

FAニュース:
無酸素銅条の板厚変動を半減、パワー半導体モジュールの歩留まり向上に期待
古河電気工業は2022年6月22日、パワー半導体向け無酸素銅条「GOFC(Grain Growth Control Oxygen Free Copper)」の板厚の変動を従来比1/2に低減したと発表した。板厚は0.25〜2mmに対応する。パワー半導体の歩留まり向上が期待される。(2022/6/29)

「データはオイルではなく、水と酸素だ」 データ活用の助けになる「Tableau Cloud」は何ができる?
データ分析の重要性は年々増している。かつてデータは、その希少性から「オイル」と言われたが、現在はデータ活用は「水と酸素」のような存在に変わった。Tableauが、企業におけるデータ活用の取り組み状況と「Tableau Cloud」について紹介した。(2022/6/27)

古河電工、20年比倍増の出荷目指す:
パワー半導体の信頼性を高める厚みがより均一な銅条
古河電気工業(以下、古河電工)は2022年6月22日、パワー半導体に使用される絶縁基板の反りを低減することのできる無酸素銅条の圧延技術を開発し、同技術を適用した無酸素銅条製品の出荷を一般に開始すると発表した。(2022/6/23)

スマートウォッチ「Xiaomi Watch S1/S1 Active」発売 Alexa搭載で2万円台から
Xiaomiがスマートウォッチ「Xiaomi Watch S1」を発売した。117種類のフィットネスモードや、血中酸素レベル測定機能、Alexaを搭載。価格は2万円台から。(2022/3/18)

Garmin、アウトドアGPSウォッチ「Instinct 2」シリーズ15モデル発売
ガーミンジャパンは、アウトドアGPSウォッチ「Instinct 2」シリーズ15モデルを発売。ソーラー充電やSuica決済を備え、血中酸素トラッキングや睡眠スコアも機能も利用できる。(2022/2/10)

医療技術ニュース:
痛みやかゆみなどの感覚異常は、皮膚深部の活性酸素が原因となる可能性
ファンケルは、ヒトiPS細胞由来感覚神経を用いて、皮膚深部での発生を想定した活性酸素が感覚神経の繊維を変性することで、痛みやかゆみなどの原因になる可能性を明らかにした。(2022/1/25)

新工法:
戸田建設が水素と酸素で構造物を切断する工法を開発、山留壁の切断撤去工事に適用
戸田建設は、日酸TANAKA、岡谷酸素とともに、コンクリート構造物の解体工法である「マスカット工法」に環境負荷低減要素を追加した「マスカットH工法」を開発した。マスカット工法は、可燃性ガスとして水素系混合ガスを使用するが、マスカットH工法は水素ガスのみとすることで、燃焼時は水のみが発生し二酸化炭素が生じない。さらに、マスカット工法の適用範囲は、RC造などの(他にCFT造、SRC造などの鋼材とコンクリートで構成される)構造物だったが、新工法は、ソイルセメント柱列壁(土とセメント系懸濁液を混合攪拌して地中に造成する壁体)の山留壁に対する解体・撤去工事へも適用できる。(2022/1/6)

鬼滅グッズや酸素缶、軽石、Clubhouseの招待枠…… 転売と規制、2021年のフリマサービスを振り返る
特定の商品が人気を集めると、それらを買い占めてフリマサービスで高額転売する様子が2021年も度々見られ、ネット上でも議論を醸していた。メルカリやヤフオク!などで転売された商品や、事業者が発表した注意喚起から、2021年を振り返る。(2021/12/27)

蓄電・発電機器:
世界初の「カーボン空気二次電池」を開発、再エネ向け大容量蓄電池への応用に期待も
東京工業大学の研究グループが、二酸化炭素(CO2)の電気分解により炭素として蓄電し、その炭素と空気中の酸素を用いて発電する「カーボン空気二次電池(Carbon/air secondary battery、CASB)システム」を開発。世界初のシステムで、再エネ向けの大容量蓄電池として期待できるという。(2021/12/23)

「たべられません」デザインがかわいい 脱酸素剤エージレスのグッズがカプセルトイで発売
「たべられません」で手を拭いたり、「たべられません」の中に食品を入れたりできます。(2021/11/30)

ファーウェイの新スマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT new」登場 血中酸素の常時測定に対応
ファーウェイ・ジャパンは、スマートウォッチのリニューアルモデル「HUAWEI WATCH FIT new」を発売。前モデルに引き続き血中酸素の常時測定に対応し、新カラーとしてポメロレッドとアイルブルーを追加している。(2021/10/19)

産業動向:
ヘドロで発電する電池を備えたバイオセンサーの有効性を実験で確認、西松建設
西松建設と群馬大学大学院は、微生物燃料電池式「溶存酸素計測バイオセンサー」の実証実験を群馬県内で実施した。その結果、長期間の連続測定が難しい公定分析を補完する技術として、溶存酸素計測バイオセンサーが有効だと証明された。(2021/9/21)

新型コロナにブレークスルー感染の前三鷹市長、Apple Watch血中酸素測定が役立つ
ワクチン接種後のブレークスルー感染した前三鷹市長の清原慶子さんが、Apple Watch Series 6の血中酸素飽和度測定の有用性をブログで説明した。(2021/9/5)

酸素濃縮装置の使用中は「絶対にたばこを吸わないで」 自宅療養中に発生している火災について注意喚起
高濃度の酸素吸入中は火気厳禁。(2021/9/4)

メルカリ、犬猫療法食や血中酸素飽和度測定器などを出品禁止に 新型コロナウイルス感染拡大に伴う措置
深刻な感染状況が続いていることなどを受けての措置。(2021/9/2)

メルカリ「酸素缶」出品禁止 高額転売続出していた パルスオキシメーターやペットの療法食も
メルカリが「酸素缶」や「パルスオキシメーター」(家庭用)、「犬猫療法食」を出品禁止に。高額転売が目立っており、メディアや関係者に批判されていた。(2021/9/2)

革新的な超先端材料の開発を促進:
酸素原子のNMRスペクトルを高速・高分解能で測定
産業技術総合研究所(産総研)と先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)は、金属酸化物の固体表面上に存在する酸素原子のNMR(核磁気共鳴)スペクトルを、高い分解能で高速に測定できる技術「新型パルスプログラム(D-RINEPT-MQMAS)」を開発した。(2021/8/30)

FAニュース:
半導体製造向け、アンモニア水や特定有機溶媒に対応する新型溶存酸素計
堀場アドバンスドテクノは、半導体製造向けに、新型の溶存酸素計「HD-960LR」を発売した。センサー内部に新機構を追加することで電解液の変質を抑え、アンモニア水や特定の有機溶媒にも対応可能になった。(2021/7/21)

3Dプリンタニュース:
最大100%再利用可能な材料を使用した、3Dプリントサービスを開始
マテリアライズは、最大100%再利用できる材料を使用した3Dプリントサービス「Bluesint PA 12」を開始した。これまで廃棄物となっていた粉末を新しい部品造形に再利用できるほか、二酸化酸素の排出量も削減する。(2021/7/15)

体表温度測定機能を備えるスマートウォッチ「Huawei Watch 3」が登場 8月以降に発売
ファーウェイ・ジャパンが、スマートウォッチ「Huawei Watch」の新モデルを8月以降に発売する。体表温度測定機能を始め、転倒検知機能、手洗い検出機能などを新規に搭載した。血中酸素レベル測定機能も対応する。(2021/7/13)

さまざまな電池材料にも適用可能:
東北大ら、酸化物蓄電材料の酸素脱離現象を解明
東北大学と高輝度光科学研究センターの共同研究グループは、リチウムイオン電池に用いる酸化物正極材料から、酸素が抜ける現象を詳細に評価し、そのメカニズムを解明した。高い安全性が求められる次世代蓄電池への応用が期待される。(2021/6/29)

Xiaomiの「Mi スマートバンド 6」7月9日に発売 増加したエクササイズモードや血中酸素測定機能を搭載
Xiaomiは、7月9日にスマートバンド「Mi スマートバンド 6」を発売する。1.56型のフルスクリーンタッチディスプレイや30種類に増加したエクササイズモード、血中酸素レベルの計測機能を備えている。(2021/6/24)

応答速度は従来品に比べ約300倍:
ギャップ長20nmのナノギャップガスセンサーを開発
東京工業大学は、抵抗変化型ガスセンサーの電極間隔(ギャップ長)を20nmと狭くしたナノギャップガスセンサーを開発した。ギャップ長が12μmの一般的な酸素ガスセンサーに比べ、約300倍の応答速度を実現した。(2021/6/23)

楽天モバイルが5Gスマホ「OPPO Reno5 A」を発売 スマートバンド「OPPO Band Style」も
楽天モバイルは、5Gスマートフォン「OPPO Reno5 A」と、血中酸素レベルや心拍数などを計測できるスマートバンド「OPPO Band Style」を発売した。楽天モバイル公式サイトと楽天モバイルショップで購入可能だ(2021/6/18)

自然エネルギー:
宇宙で必要な酸素や電力を生む「循環型再エネシステム」、JAXAとホンダが検討へ
JAXAとホンダが、人が長期間にわたって宇宙で滞在・活動するための環境構築を支援する「循環型再生エネルギーシステム」の実現性検討を開始。太陽光と燃料電池などを活用し、酸素や水素、電気を有人拠点や月面向け移動用車両に供給できるシステムの開発を目指す。(2021/6/16)

肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
肺の一部を失った結果、血中酸素濃度も不十分とのこと。(2021/6/14)

医療機器ニュース:
伸縮するセンサーを応用した、呼吸数を客観的に計測する医療機器を発売
バンドー化学の伸縮性ひずみセンサー「C-STRETCH」を応用した医療機器「ResMo」を、同社連結子会社のAimedic MMTが開発した。ResMoはこれまで主観で評価していた呼吸数を数値化し、動脈血酸素飽和度や脈拍数も同時に測定できる。(2021/6/14)

医療技術ニュース:
腸への酸素供給により、重篤な呼吸不全を改善する腸換気法を開発
東京医科歯科大学は、腸に酸素を供給することで、全身の酸素化を可能とする腸換気法を開発した。呼吸不全モデル動物で検証した結果、重篤な呼吸不全に対する有効性を確認できた。(2021/5/31)

Garmin、血中酸素トラッキング機能付きのGPSスマートウォッチ2モデル発売
ガーミンジャパンは、6月1日にタッチスクリーン型GPSスマートウォッチ「VENU 2/2S」を発売。ヘルスモニタリングやフィットネス機能をはじめ、Suica対応のキャッシュレス決済機能なども備える。(2021/5/13)

NASA、火星で酸素を生成 将来は水の合成も
NASAが、火星で酸素を生成することに成功したと発表した。火星から地球に移動するための燃料を燃やしたり、水を作り出したりといった用途に活用できる可能性がある。(2021/4/22)

血中酸素酸素レベル測れるスマートウォッチ「OPPO Band Style」4480円で登場
血中酸素酸素レベル測定機能などを備えた多機能スマートウォッチ「OPPO Band Style」が登場。4480円(税込)と低価格だ。(2021/4/19)

スマートバンド「OPPO Band Style」が4月23日発売 血中酸素レベルの測定が可能
オウガ・ジャパンが、4月23日にスマートバンド「OPPO Band Style」を発売する。血中酸素レベルや心拍数を測定でき、睡眠中に常時測定することもできる。カラーはブラックとバニラの2色で展開し、どちらにもブラックのスポーツストラップが付属する。(2021/4/19)

「Galaxy Watch3」で血中酸素濃度の測定が可能に
Galaxyのスマートウォッチ「Galaxy Watch3」に、血中酸素濃度測定機能が追加された。端末搭載のセンサーを利用し、赤色LEDと赤外線で手首を照らすとフォトダイオードが反射光の量を読み取って血中酸素濃度を測定する。(2021/4/12)

お菓子の袋で見かける「たべられません」がスマホケース化 “脱酸素剤”メーカーの社用スマホに「かわいい」「ほしい」と反響
確かにたべられません。(2021/4/9)

ガーミン、GPSウォッチなど36製品に「血中酸素トラッキング」機能 4月下旬から
ガーミンジャパンが腕時計36製品に「血中酸素トラッキング」機能を追加する。4月下旬以降、順次ソフトウェアアップデートを提供する。(2021/4/6)

Garmin、4月下旬以降に「血中酸素トラッキング」機能を導入
ガーミンジャパンは、4月下旬以降に対象のウェアラブルデバイスに「血中酸素トラッキング」機能を順次導入する。各種アクティビティで血液中に取り込まれた酸素レベルを手首で測定できるようになる。(2021/4/6)

「Mi Smart Band 6」は画面が50%大きくなり、SpO2測定機能付き
Xiaomiはリストバンド型ウェアラブル端末「Mi Smart Band 6」を発表した。先代よりディスプレイが50%大きくなり、動脈血酸素飽和度(SpO2)測定機能が追加された。バンドの色は6色だ。(2021/3/30)

FAニュース:
センサー劣化診断とログ機能追加のジルコニア式酸素濃度計/高温湿度計変換器
横河電機は、ジルコニア式酸素濃度計/高温湿度計変換器「ZR802G」を発表した。従来製品「ZR402G」が持つ優れた操作性や高い信頼性を継承しつつ、センサーの劣化診断機能とデータログ機能を追加しており、3種の通信規格に準拠する。(2021/3/25)

はじめしゃちょー、腹筋10万回を完遂 見違えた体披露しバキバキ腹筋にリスペクト
食事制限なしで腹筋などの筋トレと有酸素運動で鍛えたとのこと。(2021/2/5)

酸素の電子を利用しても損失なし:
東京大、高容量蓄電池を可能にする電極材料を発見
東京大学は、酸素の電子を電力貯蔵に利用してもエネルギー損失がない電極材料を発見した。蓄電池の容量を大幅に高めることが可能となる。(2021/2/4)

製造業IoT:
ドローンでカキ養殖場の水中環境を可視化、ローカル5G通信を用いた実証実験開始
レイヤーズ・コンサルティングは2021年1月27日、カキの海面養殖場における海中の状況をローカル5Gネットワークに接続した水中ドローンで可視化する実証実験について発表。ドローンに搭載したセンサーで酸素不足が生じた養殖場内の水域を素早く把握。カキの生産数低下につながる効果が期待される。実験期間は2021年1月25日週から同年2月8日週までを予定。(2021/2/4)

最高級の酸素イオン伝導度を示す:
希土類を含まない新たな酸化物イオン伝導体を発見
東京工業大学は、新しい酸化物イオン伝導体を発見したと発表した。世界最高クラスの酸素イオン伝導度を示し、希土類を含まないため安定性や安全性にも優れている。燃料電池や酸素分離膜、触媒、センサーなどへの応用が期待される。(2021/2/2)

組み込み開発ニュース:
安価で毒性元素を含まない、近赤外線向け半導体を発見
物質・材料研究機構と東京工業大学は、毒性元素を含まない近赤外線向け半導体を発見した。カルシウム、シリコン、酸素で構成され、発光素子に適した直接遷移型であることから、赤外線用の高輝度LEDや高感度検出器への応用が期待される。(2021/1/6)

安価で毒性のない元素で構成:
NIMSら、近赤外線向け直接遷移型半導体を発見
物質・材料研究機構(NIMS)は、東京工業大学と共同で、カルシウムやシリコン、酸素という安価で毒性元素を含まない、近赤外線向けの直接遷移型半導体を発見した。(2020/12/15)

「フェデレーテッドラーニング」が医療にもたらす可能性【前編】
「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)が医療AI開発の在り方を変える?
世界20施設の医療機関が共同で、新型コロナウイルス感染症患者の酸素投与の必要性を予測するAIモデルを開発した。研究の鍵となった技術が「フェデレーテッドラーニング」(連合学習)だ。その可能性とは。(2020/11/30)

Fitbit、「Sense」と「Versa 3」のOSをVer.5.1に更新 通話機能追加や「Googleアシスタント」対応
Fitbitが8月に発売したスマートウォッチ「Sense」と「Versa 3」のOSアップデート「Fitbit 5.1」の提供を開始した。血中酸素濃度測定が改善される他、通話機能やGoogleアシスタントのサポート(日本では来年の予定)が追加になる。(2020/11/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.