• 関連の記事

「ロケット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ロケット」に関する情報が集まったページです。

宇宙船みたいでカッコイイ! パガーニ「ウアイラ コーダルンガ」発売 ロングテール仕様で価格は約10億円
生産台数は5台限定で、販売済みだそうです。(2022/6/22)

SUGEEEカタチ! あの旭化成が近未来のクルマ「AKXY2」発表 上半分は透明キャノピー、まるでSF世界の宇宙船
近未来感すごい!(2022/5/25)

Innovative Tech:
30m以上ジャンプする小型ロボット Disney含む米国チームが開発
米University of California, Santa Barbara、米Disney Research、米California Institute of Technologyの研究チームは、素材を曲げて蓄積した力を使い、ロケットのように上方向へ30m以上ジャンプする小型ロボットを開発した。(2022/5/2)

ホリエモン×夏野剛(2):
ホリエモンが訴える国内サプライチェーンの重要性 脱ロシア化で起こる宇宙ビジネスの課題
今や米国では、民間企業しかロケットを打ち上げられない可能性もある。一方の日本では比較的、国内でのサプライチェーンの機能が保たれている。インターステラテクノロジズでも他国の部品に依存しない形で、ロケットの打ち上げに何度も成功している。(2022/4/26)

パトカーにロケット、新幹線もあるよ! 乗り物好きな息子のために作った手作りクッキーが「スゴい」「超かわいい」と話題
「独学でこんなにも素敵なクッキーが作れるなんて」と驚きの声も。(2022/4/23)

伝説のふろく付き科学書籍『学研の科学』が復活! 第1号は「水素エネルギーロケット」がふろく
休刊から10年以上を経て、2022年夏についに復刊……!(2022/4/2)

夜道雪、“コーナーロケット”「KTM 390 DUKE」で春の快走ピクニックツーリング 山林でお弁当もぐもぐ
バイクで気ままにピクニックってめっちゃ楽しそう〜。(2022/3/30)

推定出力5000馬力のエンジン音スゲぇ! 最大時速418キロの超ハイパワーカーが爆誕
もはやロケットだ……!(2022/3/30)

SpaceX、ロシアRoscosmosが拒否した英OneWebの衛星打ち上げを請け負い
低軌道衛星通信も手掛けるSpaceXが、競合する英OneWebの衛星を年内に打ち上げる。OneWebはこれまで、ロシアRoscosmosのロケットで衛星を打ち上げてきたが、Roscosmosが新たな打ち上げを拒否したため。(2022/3/22)

北海道の商業宇宙港、ロケット開発がテーマの「スマホで読むマンガ」プロジェクト発表
SPACE COTANなどは、ロケット開発がテーマのWEBTOONプロジェクトに取り組むことを発表した。(2022/3/17)

エンジニアが舞台裏語る:
ホリエモン自ら会社説明 宇宙ベンチャーISTが求める人材と新時代の働き方
北海道大樹町に本社を置く宇宙開発ベンチャー、インターステラテクノロジズは、人材を集めるべく、三大都市圏で会社説明会を開いた。稲川貴大社長や、ファウンダーの堀江貴文氏をはじめ、同社の主要開発スタッフ5人が登壇。2021年7月の2回連続ロケット打ち上げ成功の舞台裏が明かされた。(2022/3/8)

MONOist 2022年展望:
2022年こそ世界初の民間月面着陸が実現? 日本では新たな宇宙港の誕生も
2022年もさまざまな話題がある宇宙開発。今回は、「月面探査」「新型ロケット」「深宇宙探査」の3つをテーマに、2022年の動向を見ていきたい。(2022/2/9)

3年でメンバーは4倍に:
宇宙ベンチャーISTが直面した組織における「50人の壁」 ロケット打ち上げ2回連続成功を支えたマネジメントとは?
ロケットの開発から打ち上げまでを一貫して自社で担い、大樹町のまちづくりにも関わるインターステラテクノロジズは22年も大きく成長しようとしている。稲川社長にISTのロケット打ち上げ成功の背後にあった「50人の壁」と、それをどんなマネジメントによって乗り越えているか、そして今後の展望を聞いた。(2022/2/4)

「ロマンが具現化してる」「泣くほど美しい」 H-IIAロケット45号機を海岸から撮影した一枚に感動の声
神秘的にさえ感じる光景。(2021/12/27)

何百兆円の産業が眠っている:
ホリエモンが明かす「民間ロケットとLinuxの共通点」 宇宙開発で今、切実に足りていない人材とは
ホリエモンこと堀江貴文氏に単独インタビューを実施。なぜ今、ロケットの民間開発が必要なのか、そして何が一番の課題なのか。その問題点を聞いた。(2021/12/16)

NASAの宇宙探査機が太陽コロナに到達 史上初
米航空宇宙局(NASA)は宇宙探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が太陽の上層大気であるコロナに到達したと発表した。NASAは「歴史上初めて、宇宙船が太陽に触れた」とコメントしており、コロナで粒子や磁場のサンプリングを行っているという。(2021/12/15)

30000系以来12年ぶり:
大阪メトロ、万博に向け中央線に新型車両 外観デザインは“宇宙船”をイメージ
Osaka Metro(大阪メトロ)が、中央線に新型車両400系(6両×23編成)と新造車両30000A系(6両×10編成)を導入すると発表した。(2021/12/10)

前澤友作、宇宙旅行を実現! ロケット打ち上げの瞬間を生中継「一生忘れないと思う」「感動しました」と絶賛
12日間滞在。(2021/12/9)

前澤さん搭乗の宇宙船、打ち上げ成功 ISS到着は午後11時ごろ予定
実業家の前澤友作さんが乗るロシアの宇宙船「ソユーズ」の打ち上げが成功した。日本の民間人がISSに滞在するのはこれが初。前澤さんは満面の笑みで宇宙に旅立った。(2021/12/8)

今後は採用を強化:
インターステラテクノロジズ稲川貴大社長が語る「小型の人工衛星で起こるパラダイムシフト」
民間企業で商用ロケット開発を目指す宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズの稲川貴大社長が、「これからの宇宙ビジネス」と題して日本記者クラブで講演した。(2021/12/3)

雲の宇宙船:
ニチガス流「100点を目指さない、70点のDX」 社内システムのデジタル化が、“社外で売れる”DXにつながる
ニチガスは、エネルギー業界向けにクラウドによる業務・物流効率化システム「雲の宇宙船」を提供している。このサービスにより、同社はSaaS事業を新たに開拓。ガス会社の領域を超えて、数々のデジタルサービスをローンチした。その裏側を、事業責任者に聞いた。(2021/12/13)

遠心力でロケットを飛ばす宇宙ベンチャー現る 音速の数倍で回転 エンジンなしで高さ数万フィートに到達
遠心力を使って軌道上にロケットを飛ばそうとしている宇宙ベンチャーが存在する。米SpinLaunchは米ニューメキシコ州に設置した飛行試験施設で打ち上げテストを実施。ロケットの射出に成功した。(2021/11/11)

AI技術:
PR:ロッキード・マーティンが宇宙船オリオン開発に採用、製造現場で要求される説明可能なAI技術
近年のAI技術といえば機械学習や深層学習が当たり前のようになっている。しかし「現場での使いやすさ」という観点で一線を画しているのが、NECが製造業を中心に展開している「NEC Advanced Analytics - インバリアント分析」である。ロッキード・マーティンの宇宙船「オリオン」の開発にも採用された説明可能なAI技術はどのような特徴を備えているのだろうか。(2021/11/9)

ロケットモバイル、200kbpsでデータ無制限「神プラン」を月額490円に値下げ
格安SIM「ロケットモバイル」は、11月1日に「ロケットモバイル Dプラン 通話プラン」の利用料金を値下げ。データ容量無制限、通信速度200kbpsを490円(税込み)で利用できる。(2021/11/2)

Amazon、衛星ネットサービスの小型衛星を2022年に2基打ち上げへ
Amazonは小型衛星によるインターネット接続構想「Project Kuiper」の初の衛星を2022年第4四半期に打ち上げると発表した。打ち上げには新興企業ABLのロケット「RS1」を使う。向こう10年間で最大3236基の小型衛星を打ち上げる計画だ。(2021/11/2)

宇宙開発:
低毒性燃料採用の超小型衛星用スラスター開発はリアル下町ロケットだった!?
低毒性燃料を採用した超小型衛星用スラスターを開発した由紀精密と高砂電気工業。両社とも老舗の中小企業で宇宙分野への参入が比較的新しいこともあり、小説やテレビドラマで話題になった「下町ロケット」をほうふつとさせるところもある。では実際の開発は、どのようなものだったのだろうか。両社の関係者に話を聞いた。(2021/10/7)

無重力だとどう変わる? 大人の7割が間違える「宇宙船内で紙飛行機を飛ばすとどうなるか?」【意外と知らない理系な雑学】
というか、考えたことあります?(2021/9/24)

SpaceX、初の民間人宇宙旅行Inspiration4 無事地球に帰還
民間人だけでは初の宇宙旅行「Inpiration4」の4人が無事に地球に帰還した。9月15日に打ち上げられた宇宙船「Crew Dragon」は3日間の軌道周回後、18日午後7時6分にケネディスペースセンター沖に着水した。(2021/9/19)

SpaceX、初の「民間人だけの宇宙旅行」打ち上げ成功 地球を3日間周回予定
SpaceXが、民間人4人を乗せた宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げに成功した。世界初の民間人だけの宇宙旅行ミッションで、3日間地球を周回する予定。(2021/9/16)

もし日本に“宇宙船の港”ができたら――各地域の宇宙開発の構想を地図状イラストで紹介
もし日本に“宇宙船の港”ができたらどんな宇宙ビジネスが発展するか――各地域で進む宇宙開発を基に今後の都市構想を紹介した地図状のイラストを、宇宙港の開港を目指すスペースポートジャパンが公開した。(2021/9/3)

宇宙開発:
観測ロケット「MOMO」を用いた情報理論的に安全な実用無線通信に成功
インターステラテクノロジズ、情報通信研究機構サイバーセキュリティ研究所、法政大学は、観測ロケット「MOMO」を用いた情報理論的に安全な実用無線通信に成功した。(2021/8/31)

宇宙開発:
乾坤一擲の賭けに勝った観測ロケット「MOMO」、2年ぶり打ち上げ成功にみる実力
ロケットベンチャーのインターステラテクノロジズは2021年7月、観測ロケット「MOMO」の打ち上げを約1年ぶりに実施した。7月3日の7号機、同月31日の6号機と2機連続での打ち上げ成功という成果は、同社にとって乾坤一擲の賭けともいえる機体の全面改良という決断によるところが大きい。(2021/8/24)

ペイロード放出と回収成功は国内初:
堀江貴文氏「積み重ねが結果に結びついた」 インターステラテクノロジズ「TENGAロケット」が宇宙空間に到達
ホリエモンこと堀江貴文氏が出資する宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズは7月31日午後5時、観測ロケット「MOMO(モモ)」6号機である「TENGAロケット」を打ち上げた。同機は高度92キロに到達。ISTにとって今月3日のロケット打ち上げと合わせて、2回連続での宇宙空間到達となった。(2021/8/1)

「宇宙で使えるTENGA」既に開発に着手 「TENGAロケット」打ち上げ会見で松本光一社長が明らかに
宇宙で1人になっても寂しくない。(2021/7/31)

TENGA、無事宇宙に放たれる―― ホリエモンさんらインターステラテクノロジズとの協同プロジェクト「TENGAロケット」の発射成功
放出の規模がデカい。(2021/7/31)

NASA、エウロパ探査はSpaceXの「Falcon Heavy」で
NASAが木星の衛星エウロパ探索ミッションでイーロン・マスク氏率いるSpaceXを選定した。同社のロケットFalcon Heavyを2024年10月に木星に向けて打ち上げる計画。契約金は約200億円だ。(2021/7/26)

ジェフ・ベゾス氏ら、初宇宙飛行から無事帰還
Blue Originの宇宙船「New Shepard」による初の有人飛行は無事成功。ジェフ・ベゾスCEOらは数分の無重力を経験し、帰還した。このフライトで、宇宙飛行の最年長と最年少の記録が更新された。(2021/7/21)

宇宙開発:
環境試験をクリア、ispaceの月面着陸ミッションはフライトモデルの組立段階へ
ispaceは2021年7月14日、実現すれば国内初となる民間企業による月面探査プログラム「HAKUTO-R」の進捗状況について報告した。月面着陸ミッションに向けたロケット打ち上げは2022年末を予定する。(2021/7/16)

ジェフ・ベゾス氏の初宇宙飛行、7月20日にライブ配信
ジェフ・ベゾス氏設立の宇宙企業Blue Originは、7月20日の宇宙船「New Shepard」による初の有人飛行をライブ配信する。このフライトにはジェフ・ベゾス氏も搭乗する。ライブは日本時間の20日午後8時半から。(2021/7/14)

MOMOシリーズ量産化に弾み:
堀江貴文氏「正直、機体の動作はパーフェクト」 インターステラテクノロジズ「ねじのロケット」が同社2度目となる宇宙空間の到達に成功
インターステラテクノロジズは7月3日、観測ロケットMOMO7号機である「ねじのロケット」を打ち上げた。同機は午後5時45分ころに打ち上げられ、高度約100キロの宇宙空間に到達した。(2021/7/3)

リチャード・ブランソン氏、ベゾス氏より9日早く宇宙へ
Vergin Galacticの創業者、サー・リチャード・ブランソン氏が、7月11日の同社宇宙船のテストフライトに参加すると発表した。Blue Originのジェフ・ベゾスCEOのフライトは7月20日の予定。ブランソン氏が世界で初の宇宙飛行億万長者になる。(2021/7/2)

TENGAロケット、ついに機体が完成 1000人の思いを載せて今夏いよいよ宇宙へ
宇宙用TENGA開発のためのデータ収集も行われる予定とのこと。(2021/6/30)

「TENGAロケット」真っ赤な機体が初公開 「宇宙用TENGA」開発のデータ収集に活用 ホリエモンも協力
TENGA社と堀江貴文氏が立ち上げた宇宙ベンチャー・ISTが「TENGAロケット」の機体を初公開。「宇宙用TENGA」開発に向けてデータを集める。打ち上げは今夏を予定。(2021/6/30)

TENGAロケット、無観客の打ち上げ決定に「さすが感染対策は万全」の声
TENGAとインターステラテクノロジズが「TENGAロケット」の機体を公表。同時に「大樹町内からロケットの打ち上げを直接観覧できる場所はない」と明らかにした。(2021/6/30)

ベゾス兄弟との宇宙旅行オークション、2800万ドルで落札
宇宙企業Blue Originがオークションにかけた宇宙船「Blue Shepard」による初有人飛行の座席権は2800万ドル(約31億円)で落札された。開始価格は480万ドルだった。宇宙旅行実施はアポロ11号月面着陸記念日の7月20日だ。(2021/6/13)

ジェフ・ベゾス氏、Blue Originの初有人宇宙飛行に弟と搭乗へ
米宇宙企業Blue Originは、7月20日に予定している同社としての初の有人宇宙旅行に、ジェフ・ベゾスCEOと同氏の弟、マーク・ベゾス氏が搭乗すると発表した。同社の宇宙船「New Shepard」は6人乗りで、1座席は現在オークション中だ。(2021/6/7)

宇宙開発:
エンジンシステムなど全面アップデートしたMOMO7号機、2021年夏打ち上げへ
インターステラテクノロジズは2021年6月1日、観測ロケット「MOMO7号機(「ねじのロケット」)」の機体が完成し、同年夏の打ち上げを目指すと発表した。既存のMOMOシリーズの打ち上げ実績を踏まえて、エンジンシステムなどを全面的にアップデートした。(2021/6/2)

安田顕、ドラマ「ドラゴン桜」に特別講師“大宰府治”役として出演 阿部寛と「下町ロケット」コンビでおなじみ
くせ強。(2021/5/29)

宇宙開発:
小型人工衛星打ち上げロケットの推進剤タンクを実機サイズで試作
インターステラテクノロジズは、小型人工衛星打ち上げロケット「ZERO」のタンクを対象に、実際の使用環境条件に合わせた実機サイズの推進剤タンクを試作した。ZEROは、2023年度の打ち上げを目標としている。(2021/5/27)

トヨタに続き2社目:
インターステラ、古河電工から出向社員を受け入れ 「助っ人エンジニア制度」でロケット開発の加速目指す
インターステラテクノロジズ(北海道大樹町)は、企業や大学、研究機関からエンジニアを受け入れる「助っ人エンジニア制度」を活用し、古河電気工業から新たに1人のエンジニアを受け入れたと発表した。(2021/5/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.