• 関連の記事

「スクーター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スクーター」に関する情報が集まったページです。

時速20キロ未満:
セグウェイ、公道を走行できる「電動キックボード」を発売 特徴は?
セグウェイジャパンは、公道走行可能な電動キックボード「Max Plus 公道仕様版」の販売を開始する。時速20キロ未満の原動機付自電車として取り扱い可能な保安器具を備え、シェアリング事業用の機材として日本で独自に開発した。(2022/5/14)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:スクーター部門【フルモデルチェンジのPCXが4連覇】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」スクーター部門の結果発表。(2022/4/27)

電動キックボード、最高速度20km以下なら免許不要に Luupはサービスエリア拡大や販売事業参入へ
衆議院本会議で、電動キックボードの車両区分について定める道路交通法改正案が賛成多数により可決された。これにより、最高速度が時速20km以下の電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」と区分される。(2022/4/19)

ひえぇぇ速すぎ! 電動キックスクーター「セグウェイ GT」シリーズ登場 ハイエンドモデルは時速70キロ
えげつない加速力。(2022/4/15)

かっこよ! 超クールな原付二種「モンディアル」125軍団参上 日本限定の250もあるぞ
うそ、こんなかっこいいのー? イタリア名門発、「原付」という区分が不似合いなほどに立派なフルサイズ125! モンディアルの日本上陸各モデル、要チェックです。(2022/4/10)

電動モーターで時速10キロ スクーターみたいに乗れるスーツケース「GeeRidecase」登場
ハンドルもついててスクーターみたい。(2022/4/2)

チュート徳井、かわいいイタリアのスクーター「ランブレッタ」に興味津々 わくわく少年みたいな1日を過ごす
ランブレッタに乗ってニッコニコです。(2022/3/29)

コスパ最高クラスの原付二種スクーター! ヤマハの125cc通勤快速「アクシスZ」に新型登場
125ccトップクラスという燃費性能と高い実用性で刷新された“隠れベストセラー”な原付二種スクーター。新年度の通勤快速車にいかがですか?(2022/3/26)

な、何これ〜! 見た目そのままスクーターっぽいのに普通免許で乗れちゃう電動トライク「海神」登場
二輪免許がなくても乗れちゃう、メカメカしい機構にグッと来るリーントライクです。(2022/2/17)

中川翔子、「原付ライダー」になる!? 「ピンクのバイク買っちゃうよ」教習所でドキドキライダー初体験
「バイクって、補助輪ないんですか?」……えぇ?(2022/2/16)

ホンダ「リード125」がモデルチェンジ! 利便性を追求した通勤快速原付二種スクーター、そのできは?
原付二種スクーター「リード125」がモデルチェンジ。PCX系の新エンジンで進化した「通勤快速スクーター」気になる変更点は……?(2022/2/5)

目の前にもう1台あるのに……! おもちゃのスクーターをめぐってバトルする双子ちゃんに思わず笑ってしまう【米】
彼らにしかわからないこだわりがある。(2022/1/4)

【ホンダ フォルツァ】試乗インプレッション 優秀な操縦安定性を継承、これぞ正常進化の極み
2021年に刷新した250ccの快走スクーター、ホンダ フォルツァ。快適性と利便性はどれだけ向上したのか、便利に使えそうか、詳細をチェックします。(2022/1/2)

千原ジュニア、所さんから「ランブレッタ」もらう 「こんなピカピカなスクーター初めて見た」「これはカワイイ!」
「ジュニアくんにあげるよ」。まさかプレゼントにびっくり!(2022/1/1)

17万円台のチョイ乗り電動バイク「スーパーソコ シーユーミニプラス」試乗インプレッション
フル電動で17万円台から! 通勤通学や買い物などで気軽にチョイ乗りできる電動スクーター、気になる乗り味と使い勝手をチェックします。(2021/12/26)

ホンダ、50cc原付スクーター「タクト」をリニューアル
まだまだ元気! 原付スクーター。(2021/11/9)

令和の原付二種HY戦争勃発!? ヤマハNMAX vs. ホンダPCX「試乗インプレッション比較」編
快走快適125ccスクーターの王者「ホンダ PCX」、新型投入で攻める「ヤマハ NMAX」。令和の原付二種HY戦争、勝つのはどっちだ……?(2021/11/6)

電気自動車:
ホンダに3車種目の電動バイク、交換式の新型バッテリーで走行距離1.2倍
ホンダは2021年10月28日、ビジネス向けの電動三輪スクーター「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピー イー)」を同月29日に発売すると発表した。(2021/10/29)

モンスターエンジン西森、ボロ原付に「カセットボンベ」の謎チャンバー付ける魔改造でニッコリ「めっちゃええやん」
めっちゃ楽しそうだな〜。(2021/10/26)

スクーターで見事なトリックをみせる小さな男の子 大会に向けて練習する姿を応援したくなる
がんばれー!(2021/10/14)

「なんと66歳の私が」村上ショージ、原付免許を取得 過去の不合格のリベンジを果たす
「ドゥドゥドゥドゥ〜ン」が新ネタになるか?(2021/9/27)

乗って楽しい業務用電動3輪スクーター「ホンダ ジャイロe:」試乗インプレッション
ホンダの「ジャイロ」といえば、配達などでも人気のある、原付3輪スクーターの代表的な存在だ。すでに日本ではビジネス用“電動”3輪スクーターが走っており、ホンダは後発になってしまったが、いよいよ電動版ジャイロが発売された!(2021/8/30)

木下ほうか、かわいすぎる謎の原付「チャピィ」を入手 ボロボロ旧車、これホントに動くの……?
子犬のようなかわいいバイク〜。(2021/8/22)

高根英幸 「クルマのミライ」:
電動キックボードは日本の交通に馴染むのか
電動キックボードの実証実験が、全国の何カ所かの都市で始まっている。電動キックボード自体は、保安部品を装備して登録しヘルメットを被れば、原付きバイクと同じように最高速度時速30キロで車道の左側を走行することができるものだ。(2021/7/19)

19万8000円:
バイクと自転車を両立した「こがない自転車」発表 手軽な移動手段目指す
電動モビリティを開発、販売するEVスタートアップのAmpereは、「こがない自転車」をコンセプトにした電動原付「KOGUNA(コグナ)」を発表した。価格は19万8000円。(2021/7/10)

おぉぉ! ペダル付き電動自転車、法解釈変更で「車両区分チェンジ」可能に ペダル走行するときは原付→自転車へ
何がすごいの? これまでと何が違うの?(2021/7/6)

“好きな場所で借り、好きな場所で返せる”カーシェアサービス「LOMACA」、福岡エリアで開始
「折りたたみ電動スクーター」も活用して展開。(2021/6/21)

セグウェイから「ちゃんと日本仕様」の電動キックスクーター「J-MAX」登場、航続距離65キロ
立ち乗り→イス付きスクーターにも変身しちゃいます。(2021/6/18)

クイズDEドラマ:
ドラマ「ゆるキャン△2」“水どう”ファンもざわざわ、桜とリンが「原付の旅」トーク なでしこ「ここをキャンプ地とする」
さすが公式にコラボしているだけある。(2021/6/6)

デジタルネイティブのためのUIとデザイン(モビリティ編):
シェアリングで乗れる三輪スクーターのUIとデザイン EVではない“現実解”
今一番注目のモビリティの新サービスを体験してレポートする企画。今回は三輪スクーターだ。(2021/5/31)

たぶん想像以上に高機能 ヤマハ、スマホとつながる大人の快適スクーター「NMAX125」新モデル
昨今の最新スクーターは驚くほど高機能、「アイドリングストップ」まで搭載するのか〜。(2021/5/21)

スマホとつながるスクーター、ヤマハ発動機が発売 メーターに着信通知、アプリで燃費確認も
ヤマハ発動機は、原付二種スクーター「NMAX ABS」の2021年モデルを6月28日に発売する。国内モデルとして初めてスマートフォンアプリとの連携機能を備えた。(2021/5/21)

車載情報機器:
バイクもコネクテッド、ヤマハ発動機が「Y-Connect」を日本初導入
ヤマハ発動機は2021年5月20日、原付2種スクーター「NMAX ABS」の新モデルを6月28日に発売すると発表した。同社の日本国内モデルでは初めてスマートフォンアプリとの連携機能「YAMAHA Motorcycle Connect(Y-Connect)」に対応した。また、エンジン始動時の静粛性を向上するモータージェネレーターや、燃費改善に貢献するアイドリングストップシステム、濡れた路面でのなめらかな発進と走行を実現するトラクションコントロールシステムなどを採用した。消費税込みメーカー希望小売価格は36万8500円。(2021/5/21)

快適エリアは片道3km圏内 ついに始めた電動キックスクーターのある生活
和歌山発のベンチャーglafit(グラフィット)の電動キックボード「LOM」をついに手に入れた。(2021/4/30)

ビッグスクーターかとおもいきや 道路を走れるように魔改造した「水上バイク」がおもしろい
意外と乗り心地は良さそう。(2021/3/8)

ハンドルを回すと女の子が走り出す! からくり紙工作「田んぼ道の原付少女」の作り込みがすごい
遠景のゆっくり流れる様子が、ゲームの多重スクロールみたい。(2021/1/21)

いま、リセールバリューが最も高いバイクは何? バイク王がTOP10発表
大型二輪は「Z900RS」、原付二種は「CT125ハンターカブ」、総合トップは……?(2021/1/15)

これバイク? 自転車? デザインおしゃれなお手軽電動バイク「COSWHEEL SMART EV」登場、22万円台・航続距離約50キロ
原付スクーター新車くらいのお値段なのがよさそう〜。(2021/1/12)

ソフトバンク・ビジョン・ファンド2、独電動スクーターシェアサービスのTIERに大規模投資
ソフトバンク・ビジョン・ファンド2がドイツの電動スクーターシェアサービス企業TIER Mobilityの2億5000万ドルのCラウンド資金調達をリードした。(2020/11/11)

迅速で快適、3密も回避:
電動キックボードで公道走行 三菱地所ら、丸の内で実証実験
Luupと、大手町・丸の内・有楽町 地区まちづくり協議会、三菱地所などは10月27日に、千代田区の一部エリアを中心に電動キックボードの公道走行の実証実験を開始。電動キックボードは原動機付き自転車に該当するが、国の新事業特例制度を利用し、車道のほか自転車レーンでの走行も可能となった。(2020/10/28)

「おいこれムーミンだよね?」「いやウサビッチだ」 ヤマハが新型のびっくり顔スクーター発表「たぶん何か宿ってる」
何に見えましたか……?(画像22枚)(2020/10/19)

三井住友海上とUber Eatsが連携 配達パートナーの事故防止支援など
三井住友海上は、Uber Eatsと包括的な連携協定を結んだ。自転車や原付バイク、軽自動車を使う配達パートナーの交通事故防止の支援などに取り組む。(2020/9/1)

西武池袋本店で「としまえん」の思い出を振り返るパネル展 貴重な昔の映像や「オートスクーター」の実車も
懐かしい記憶が甦りそうな写真の数々。(2020/8/8)

「リカちゃんイーツ」「リカペイ」でごっこ遊び リカちゃん人形がニューノーマル対応
タカラトミーが、着せ替え人形「リカちゃん人形」用の小物セット「リカペイでピッ! おかいものパーク」「リカちゃんイーツ おとどけスクーター」を発売。キャッシュレス決済やフードデリバリーサービスなど、新しい生活様式をごっこ遊びで体験できる。(2020/6/18)

お仕事はかどるカッコよさ……! イタリアンデザインの屋根付き3輪商用電動スクーター「aidea AAカーゴ」発売
イタリアンデザインですもん。月1万7700円からのリースプランも。(2020/6/18)

最高速度は約35キロ:
公道でも走行できる電動キックスクーター登場、価格は3万9800円
FUGU INNOVATIONS JAPANは6月上旬より、公道でも走行できる電動キックスクーターを、ドン・キホーテ系列店舗で発売している。価格は3万9800円(税別)。(2020/6/17)

横から見ると生き物みたい! スペインのEVスクーター「URBET EGO」がカワイイ
最高速度は90キロとスペックもなかなか。(2020/6/12)

うぉぉぉこれはぁぁ〜!! ナンバー“ちゃんと”取れる立ち乗り電動スクーター「X-SCOOTER LOM」キター
超早割ならばお値段10万円ほどですよぉぉー。(2020/5/28)

あの会社のこの商品:
電動スクーター「ブレイズスマートEV」は、なぜ3000台以上も売れているのか
名古屋市に本社を置く自動車ディーラーのブレイズが開発した電動スクーター「ブレイズスマートEV」が注目を集めており、売れ行きも好調だ。人気の秘密を取材したところ……。(2020/5/22)

エヴァ×ココイチのコラボキャンペーンが豪快 本当に乗れる初号機風スクーターが当たる!
Tシャツやフィギュアなども用意。(2020/4/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.