「サーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

セキュリティニュースアラート:
regreSSHionに続き、OpenSSHに新たな脆弱性 リモートコード実行のリスクあり
セキュリティ研究者はOpenSSHサーバに深刻な脆弱性があると伝えた。この脆弱性はCVE-2024-6409と特定され、CVSSスコア値7.0と評価されている。(2024/7/12)

製造IT導入事例:
日立建機、大規模基幹業務システム基盤を「Oracle Cloud」に移行
日本オラクルの「Oracle Cloud Infrastructure」が、日立建機の基幹業務システム基盤に採用された。オンプレミスのアプリケーションサーバ、データベースをクラウドに移行する。(2024/7/11)

AI需要で変わるプロセッサ市場【後編】
Intel、AMD、NVIDIAだけではない「混戦のプロセッサ市場」の行方
プロセッサ市場では、サーバ向けでもクライアントPC向けでも単に処理性能を上げるだけではない多様な進化が見られる。IntelやAMD、NVIDIAをはじめとしたベンダーからどのような新製品ができているのか。(2024/7/10)

サーバ統合を進める2つの方法【後編】
「サーバ仮想化」を成功させる4つのポイントとは?
サーバ仮想化はサーバ統合の方法の一つだ。サーバ仮想化とアプリケーションの移行を成功させるには、どのように計画を立てればよいのか。(2024/7/10)

1Uサーバ用PCBに実装できる:
48Vでダイレクト駆動が可能なモータードライバーIC
ヌヴォトンテクノロジージャパンは2024年7月8日、産業用サーバ向け48Vダイレクト駆動モータードライバーIC「KA44370A」を量産開始した。パッケージは4×4mmのHQFN32を採用していて、1Uサイズの40×40mmファンモーターのプリント基板にも実装できる。(2024/7/9)

サーバレスコンピューティングの基礎解説【第3回】
サーバ管理不要だけじゃない「サーバレスの利点」とは? 3つの例で解説
サーバレスコンピューティングのメリットは、単にインフラの運用管理が楽になるだけではない。そのメリットを、3つの活用例で解説する。(2024/7/8)

重大な脆弱性だが、悪用は困難:
「OpenSSH」サーバにリモートコード実行の脆弱性、「OpenSSH 9.8p1」で修正
セキュリティベンダーのQualysは、glibcベースのLinuxシステム上の「OpenSSH」サーバ(sshd)に影響する重大な脆弱性(CVE-2024-6387)を発見した。この脆弱性が悪用されると、リモートから認証なしで、root権限で任意のコードを実行される恐れがある。(2024/7/5)

KADOKAWAへのサイバー攻撃「情報二次拡散」の危険性 専門家の声
6月に出版大手KADOKAWAがサーバー攻撃を受け、保有する個人情報が漏洩した問題で、同社は2日、攻撃を行ったとされる組織が「情報をさらに流出させたと主張していることを確認した」と発表した。(2024/7/3)

セキュリティニュースアラート:
OpenSSHにリモートコード実行の致命的な脆弱性 広範囲に影響が及ぶ可能性あり
QualysはOpenSSHサーバに重大な脆弱性があると発表した。この脆弱性は「regreSSHion」と名付けられ「CVE-2024-6387」として特定されている。悪用されるとリモートコード実行の危険性があるため迅速なアップデートが求められる。(2024/7/3)

AI需要で変わるプロセッサ市場【前編】
Intelは混戦の「サーバ向けプロセッサ」市場でどんな進化を提案できるのか?
プロセッサベンダー各社が提案するサーバ向けプロセッサは、多様な方向性で進化している。Intelが新たに提供する「Xeon 6」にはどのような特徴があるのか。競合ベンダーの状況も踏まえて見てみよう。(2024/7/3)

サーバ統合を進める2つの方法【前編】
いまさら聞けない「物理サーバ集約」と「サーバ仮想化」の違いとは?
物理サーバの利用効率を高めて運用負荷軽減やコスト削減をするための方法に、サーバ統合がある。サーバ統合のための主な2つの方法と、それぞれのメリット、デメリットを説明する。(2024/7/3)

認証なしでリモートコード実行 OpenSSHに“回帰”した脆弱性「regreSSHion」発覚
セキュリティベンダーの米Qualysは7月1日(現地時間)、SSHソフトウェア「OpenSSH」に重大な脆弱性を発見したと発表した。脆弱性は「regreSSHion」(CVE-2024-6387)と名付けられ、ルート権限で認証なしに任意のコードをリモートで実行できてしまうという。同社によると世界中の1400万台以上のサーバーに影響があるとする。(2024/7/2)

サーバレスコンピューティングの基礎解説【第2回】
「サーバレス」で見落としがちな“5つのデメリット”とは?
サーバレスアーキテクチャの導入を検討する組織は、その欠点を理解しておく必要がある。主なデメリットと、導入前に考えるべきポイントを紹介する。(2024/7/1)

「クボタクレジット」顧客情報約6万人分漏えい 委託先がランサム被害
クボタクレジットの顧客約6万人分の個人情報が漏えい。利用明細印刷を委託している企業のサーバがランサムウエア被害にあったことが原因。(2024/7/1)

基幹システムのクラウド移行を4カ月、自前で 日立建機
日立建機が自前で基幹システムをクラウドに移行した。約500の仮想サーバと100のデータベースを含む大規模なシステムにもかかわらず、4カ月で作業は完了したという。(2024/7/1)

リブランドした「Intel Xeon 6」はどんなCPU? Intelの解説から分かったことを改めてチェック
クライアント向けCPUのリブランドに合わせて、ワークステーション/サーバ/データセンター/HPC向けCPU「Xeonプロセッサ」もリブランドされた。それは、第6世代Xeonプロセッサ改め「Xeon 6プロセッサ」の成り立ちが、従来から変わった面があるからだという。本稿ではそんなXeon 6の基本情報と、その“大きな変化”に着目して解説する。(2024/7/2)

ネットワーク帯域幅だけでは性能は出せない:
PR:AI開発を支えるGPUの性能をフルに生かせるネットワーク構築の重要ポイントとは
AI開発に不可欠となった「GPU」。GPUの性能をフルに活用し、膨大なデータを高速に処理するためにはGPUサーバ同士を結ぶ「ネットワーク技術」が重要になるという。では、どうすれば“GPUを生かせるネットワーク”を構築できるのか。そのポイントはどこにあるのか。(2024/6/28)

Cybersecurity Dive:
Sunburstの悪夢再び? SolarWindsのファイル転送サービスに深刻な脆弱性
SolarWindsのファイル転送サービス「Serv-U」に脆弱性が見つかった。CVSSスコア8.6と評価されているこの脆弱性は認証されていない攻撃者がサーバの機密ファイルを読み取ることを可能にする。(2024/6/26)

生成AI活用で見直されるデータセンターの形
生成AI基盤の「消費電力と発熱量」問題 解決の鍵は“置き場所”にあった
企業のAI活用で課題になるのは「活用のための基盤」の構築だ。GPUや高性能なサーバを使う場合、コストや設置場所、電力供給、冷却設備など課題は多い。そこで注目されているのがデータセンターの新たな形「コンテナ型データセンター」だ。(2024/6/28)

アプリケーションのスナップショットを作成し、高速起動に利用:
Wasmer、サーバレスプラットフォーム「Wasmer Edge」のコールドスタート高速化機能を発表
Wasmerは、Wasmer EdgeのInstaboot機能(β版)を発表した。サーバレスのクラウドプラットフォームで大きな問題となる場合があるコールドスタート時間を大幅に短縮する機能だ。(2024/6/25)

「冷蔵庫の中で使えるドリンクサーバー」が便利そう! 山崎実業の新商品に「天…才…?」「これほしい」
冷水筒を取り出す手間がなくなる!(2024/6/24)

サーバレスコンピューティングの基礎解説【第1回】
いまさら聞けない「サーバレスの5大メリット」とは?
アプリケーション開発の効率化に役立つ「サーバレスコンピューティング」が、幅広い業界から注目されている。その基本的な5つのメリットをおさらいする。(2024/6/25)

COMPUTEX TAIPEI 2024:
サーバも大人気だった「GIGABYTE(ギガバイト)」ブース AI時代に向けて全方位体制
COMPUTEX TAIPEI 2024において、GIGABYTEはプライベート会場に加えて、メイン会場でもブース展示を行った。B2B向けの製品/ソリューションの展示が主だったが、その様子をチェックしてみよう。(2024/6/21)

森永製菓、職員など4882件の情報漏えいの可能性 社内システムのIDやハッシュ化パスワードなど
森永製菓、同社のサーバ機器が外部からの不正アクセスを受け、同社とグループ会社の役職員などの4882件の個人情報が外部へ流出したおそれがあると発表した。(2024/6/19)

米Uber、1エクサバイト超のデータ量を持つシステムをオンプレミスからGoogle Cloudへ移行
米Uberは、オンプレミス上に構築した数万台ものサーバによる1エクサバイト超のデータ容量を持つ世界最大級のHadoopエコシステムを、Google Cloudへ移行すると発表しました。(2024/6/19)

NEC、企業向けPCサーバ「Express5800」シリーズに可用性を重視したエントリー/ミッドレンジ向け新モデルを追加
NECは、企業向けPCサーバ「Express5800」シリーズのラインアップにエントリー/ミッドレンジ向け新モデルを追加した。(2024/6/19)

意図的に壊れている環境を再現する理由とは:
「意図的に壊れている権威DNSサーバ」を再現する「IBDNS」をオープンソースで公開 AFNIC
AFNICは意図的に壊れている権威DNSサーバを再現する「IBDNS」をOSSとして公開した。DNSクライアントやDNSリゾルバがDNS権威サーバからの不正確なメッセージや異常動作にどう対処するかをテストできるという。(2024/6/19)

AWSで学ぶクラウド時代のサーバ&ストレージ基礎知識(1):
サーバなんて触ったことないから分からない――クラウド世代のための「サーバ」超入門
これまであまり物理的なサーバとストレージに触れてこなかった方を対象に、AWSを用いてサーバとストレージの基礎知識を解説する連載。初回は、サーバと仮想化について基本から解説し、Amazon EC2の操作手順を示す。(2024/6/18)

AMDのEPYCやGPUも採用、多様化するサーバ
Lenovoサーバが「AMDプロセッサ」も使う理由 なぜNVIDIAだけではない?
LenovoがNVIDIAやIntelだけではなくAMDとの提携を拡大し、AI技術向けのサーバとHCIの選択肢を拡充している。プロセッサの選択肢が増えることはサーバの選択において何を意味するのか。Lenovoの狙いは。(2024/6/18)

心はバグだらけだにゃあ:
お悩みその30 私のコードを他人が理解できない(28歳 男性 サーバサイドエンジニア)
「Command-R+」対「GPT-4o」対「Gemini 1.5 pro」の、お悩みデバッグ頂上決戦ファイッ!(2024/6/17)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「サーバの導入・利用状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/6/11)

「信じられない……」 魚谷侑未&東城りお、Mリーグ「セガサミーフェニックス」退団発表でファン衝撃 公式サイトもサーバーダウン
人気2選手の退団にファン衝撃(2024/6/10)

Googleマップの「タイムライン」機能、ブラウザ版が廃止に 「不便になる」などの声も
米Googleは、Googleマップの「タイムライン」機能のデータ保存先をGoogleのサーバから各端末に移動する仕様変更に伴い、Webブラウザ版Googleマップの「タイムライン」機能を廃止する。変更はGoogleマップアプリの全てのユーザーに段階的にリリースする。(2024/6/7)

印刷会社が突然の事業閉鎖 韓国支社が管理システムやサーバを乗っ取り→日本本社は何もできず
名刺印刷などを手掛ける印刷会社のスーパープリントが事業継続困難になったと発表し、Xなどで話題になっている。原因は日本本社と韓国支社の対立で、現在日本本社は生産システムやサーバなど全システムから締め出されてしまっているという。(2024/6/6)

産業用ロボット:
産業用ネットワーク機能をソフト化し、サーバ上でのロボット制御に成功
NTTと千歳科学技術大学は、産業用ネットワーク機能をソフト化する技術を用いて、産業用ロボットをサーバ上で制御する実証実験をした。さらに、産業用ネットワーク機能の入れ替えができることも確認した。(2024/6/4)

カーディフ大学がLenovoサーバを導入
「HPCクラスタ」をLenovo製品で構築 “宇宙の起源”に迫る研究機関の選択とは
カーディフ大学がLenovoのサーバを導入し、宇宙の起源や星の成り立ちの研究に活用しているHPCシステムの性能を向上させた。Lenovoサーバを利用し、どのようにHPCクラスタを構築したのか。(2024/6/4)

一般的なCPUを搭載したエッジサーバでAIを活用:
PR:有識者が語る「GPUを使わず、狭い環境でも稼働するAIソリューション」の構築方法
企業でのAI活用で課題なのは「AIのための環境構築」だ。通常なら高性能GPUを調達し、大規模な環境を構築する必要がある。だが、その常識を覆し「CPU」と「エッジサーバ」で優れたAI環境を構築した事例がある。関係者に詳しい話を聞いた。(2024/6/4)

サーバレスプラットフォーム「Wasmer Edge」でも利用可能に:
WebAssemblyランタイム「Wasmer」がPHPに対応 Wasmerで「WordPressを3倍高速に動かす」手法とは
Wasmerは、同社のWebAssemblyランタイム「Wasmer」とサーバレスアプリケーションプラットフォーム「Wasmer Edge」で、PHPを完全に実行できるようになったと発表した。(2024/5/30)

JR東や西武、京急など8社、磁気乗車券廃止→QR乗車券に 共同サーバで管理
JR東日本と京成、西武、東武など8社は、磁気乗車券を廃止し、QRコードを使った乗車券に置き換えると発表した。(2024/5/29)

「Windows Server」次期バージョンの違い【後編】
Hyper-Vはどう進化する? 新サーバOS「Windows Server 2025」の主な変更点
サーバOS「Windows Server」の次期バージョン「Windows Server 2025」には、幾つかの重要な変更が加えられる。ハードウェア仮想化ソフトウェア「Hyper-V」に関しては、少なくとも3つの変更点がある。何が変わるのか。(2024/5/28)

抽選でQUOカードPayが当たる
「生成AI開発基盤/GPUサーバの利用状況」に関するアンケート 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2024/5/29)

セキュリティニュースアラート:
マルウェアKinsing、Apache Tomcatサーバに新たな手法を使って潜伏
TenableはマルウェアKinsingが新しい高度なステルステクニックを使ってApache Tomcatサーバに潜伏していると報じた。KinsingはLinuxクラウドインフラを標的とし、バックドアや暗号資産のマイニング機能を仕掛けることで知られている。(2024/5/27)

抽選でQUOカードPayが当たる
「サーバOSの現状と今後」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2024/5/23)

製品の競争力強化や差別化のポイント:
PR:産業機器向けサーバで採用が増える汎用OS、コストの問題はどう解決する?
産業用装置や医療機器には長期間利用のニーズが高く、装置に組み込まれるWindows Server製品にも長期利用が求められている。だが数年ごとのOS更新はアプリケーションの検証が必要になり、コスト負担も大きい。この問題を解決するには?(2024/5/21)

PayPay、5月15日発生の障害は「データチェックの高負荷」が原因 サイバー攻撃は否定
PayPayは、2024年5月15日に発生した障害に関して報告。ユーザーのアプリと決済システムの間にある中継サーバーでのデータチェックが高負荷となり、アプリの機能処理に影響が発生したため一部ユーザーが利用できなくなったという。(2024/5/22)

「Windows Server」次期バージョンの違い【前編】
新サーバOS「Windows Server 2025」に加わる“3大変更点”はこれだ
MicrosoftのサーバOSの次期バージョン「Windows Server 2025」には、複数の新機能が加えられる。特に関心が集まっている3つの変更点をまとめた。(2024/5/22)

3人の業界エキスパートに聞く:
PR:サーバ仮想化基盤を今後どうする? Nutanixは移行先として頼れる存在か
仮想化基盤の新たな選択肢が求められている。次のインフラ更改までに最適なものを見つけるため、あれこれ調査している企業もある。選択肢として名前が挙がるNutanixの仮想化基盤は移行先として安心できる存在なのか。関係者3人に聞いた。(2024/5/29)

15日のPayPay大規模障害は「サイバー攻撃によるものではない」 原因は?
PayPayは5月15日昼に起きた大規模障害について、原因の調査結果を発表した。サイバー攻撃によるものではなく「ユーザーのアプリと決済システムの間にある、中継サーバでのデータチェックが高負荷となり、アプリの機能処理に影響が発生した」(同社)ことによる障害だったという。(2024/5/21)

AMDが中小規模サーバ向けCPU「EPYC 4004シリーズ」を発表 Socket AM5採用でコストを抑制
AMDが、中小規模のサーバやエッジコンピューティング用途向けに、Socket AM5採用の新型EPYCを投入する。価格当たりの消費電力効率やコア数の多さが特徴だという。(2024/5/21)

約20万アカウントの情報漏えいか 平文パスワードも ペットベンチャーに不正アクセス
ペットフード事業を手掛けるバイオフィリア(東京都新宿区)は5月13日、自社のクラウドサーバに不正アクセスを受け、最大で約20万アカウント分の情報が漏えいした可能性があると発表した。(2024/5/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.