「サーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

FAニュース:
サーバなど向け、高風量かつ高静圧ながら連続運転10万時間の長寿命な冷却ファン
山洋電気は、高風量、高静圧ながら長寿命の冷却ファン「San Ace 60L 9CRLBタイプ」を発売した。従来品と比較して、最大風量が14%、最大静圧は7%向上し、消費電力は13%低減している。(2024/4/18)

アナリストの見解:
中国政府の「Intel/AMD禁止令」、中国企業への強い追い風に
中国政府は2024年3月、政府機関向けのPCやサーバにIntelとAMDのCPUを使用することを使用することを禁じるガイドラインを発表したという。この措置は、Intel/AMDの競合にあたるHygon Information Technologyのような中国企業の売り上げ拡大を後押しするとアナリストらは指摘している。(2024/4/17)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第4回】
“年収1500万円”の高収入エンジニアになれる「サーバの必須スキル」はこれだ
サーバエンジニアとして高収入を得るには、サーバ分野のどのような知識やスキルを持っておく必要があるのか。基本となる必須項目を押さえておこう。(2024/4/15)

米Dell、GPUサーバ「PowerEdge XE9680」にGaudi 3 AIアクセラレーター搭載モデル
米Dell Technoligiesは、Intel製AIアクセラレーターのGaudi 3を搭載したGPUサーバ「PowerEdge XE9680」の発表を行った。(2024/4/12)

医療機器ニュース:
内視鏡システムのクラウド化に関する実証実験を開始
日本電信電話とオリンパスは、「IOWN APN」技術を活用し、クラウド上でリアルタイムに内視鏡の映像を処理するクラウド内視鏡システムの実証実験を開始した。内視鏡とGPUサーバをIOWN APNで接続した実験環境を構築し、3つの検証を実施する。(2024/4/11)

人工知能ニュース:
インテルがNVIDIA対抗のAIアクセラレータ「Gaudi 3」を発表、「Xeon 6」も投入
インテルは、顧客とパートナー向けのイベント「Intel Vision 2024」において、クラウド/データセンター向けAIアクセラレータ「Gaudi」の最新モデル「Gaudi 3」と、ワークステーション/サーバ向けプロセッサ「Xeon」の最新モデルとなる「Xeon 6」を発表した。(2024/4/10)

Tech TIPS:
Azure Database for MySQLをARMテンプレートからデプロイする手順とコツ
Azure上でMySQLサーバが必要な場合、出来合いのサービスである「Azure Database for MySQL」を利用するのが最も簡単な方法だろう。ただ、そのデプロイには幾つか注意すべき点もある。ARMテンプレート(Bicep)に焦点を当てて、その手順とコツを説明する。(2024/4/10)

「クラウドネイティブソリューションは重要な要素であり続ける」:
エッジサーバ総支出、2027年までに190億ドルに達するとの予測 ABI Research
ABI Researchはエッジサーバに関するレポートを発表した。レポートでは、エッジサーバの総支出は2027年までに190億ドルに達すると予測されている。その他レポートで取り上げられたエッジサーバに関する予測を紹介する。(2024/4/8)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第3回】
年収1500万円も夢じゃない 有能エンジニアが持っている“クラウドの必須知識”
サーバエンジニアが活躍するにはクラウドサービスの知識が求められるようになった。具体的にはどのような知識やスキルを持っていることが望ましいのか。要点をまとめた。(2024/4/8)

スマートコンストラクション:
スマホで使える土木現場用の「配筋自動検査システム」を開発、東急建設など4社
東急建設、北野建設、佐藤工業、ピーエス三菱は共同で、スマートフォンなどの汎用機で撮影ができる土木現場用の配筋自動検査システムを開発し、2024年度から現場での試行導入を開始する。撮影した写真は公衆回線を使用してサーバに送信し、遠隔での立会時には、配筋の自動検査と同時に計測結果帳票の共有も可能になる。(2024/4/2)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第2回】
“年収1500万円エンジニア”が備える資格並みに大事な「スキル」はこれだ
サーバエンジニアの需要は引き続き旺盛なため、頑張り次第では年収を上げていくことも可能だ。そのために必要なのは認定資格だけではない。必要なスキルをまとめた。(2024/4/1)

クラウドからオンプレへ回帰した理由は? クラウドとの通信費用の高さなどが課題に ノークリサーチが700社を調査
調査会社のノークリサーチが、700社を対象にした調査「2024年 中堅・中小企業のサーバ環境におけるクラウド移行とオンプレ回帰の実態」を発表。“オンプレ回帰”をする企業は、社内とクラウドの間の通信費用や通信品質を課題として挙げるケースが多いことが分かった。(2024/3/28)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
「サーバは3年で更新」が最適解? 新製品のメリットを旧製品と比較・検証
あるレポートによると、データセンターのサーバは3年で更新するのがベストであると指摘されている。実際、新しいサーバへの更新でどれ程のメリットが得られるのか、レガシーサーバとの比較を通じて検証した。(2024/4/3)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
最新鋭のサーバに組み込まれたネイティブセキュリティ機能、その優位性とは?
インフラの拡張や分散に歩調を合わせるかのように、サイバー脅威も高度化と巧妙化を続けている。こうした状況で注目されているのがハードウェアレベルで組み込まれたセキュリティでインフラとライフサイクル全体をカバーする新鋭サーバだ。(2024/4/3)

株式会社ネットワールド、株式会社ブロードバンドタワー提供Webキャスト:
5分で分かる、ファイルサーバへのランサムウェア攻撃から確実に回復する方法
スケールアウトNASやファイルサーバには、多層的なデータ保護機能が実装されているものもあるが、巧妙化するランサムウェア攻撃への対策としては十分といえない。このギャップを埋めるランサムウェア対策ソリューションが登場した。(2024/3/26)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「ファイルサーバ/文書管理」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/3/26)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第1回】
エンジニアで“年収1500万円プレーヤー”になれる「資格」はこれだ
サーバ分野のエンジニアの需要は引き続き旺盛だ。「できるサーバエンジニア」として評価され、キャリアを築き、年収を上げていくには何が必要なのか。認定資格を含めて整理した。(2024/3/25)

株式会社ネットワールド、株式会社ブロードバンドタワー提供Webキャスト:
独自検証で見えてきた、大容量ファイルサーバのセキュリティを強化する方法とは
大容量ファイルサーバやNASはランサムウェアによる攻撃のターゲットとなりやすい。それでは、有事の際のセキュリティをどう確保すべきなのか。定番のスケールアウトNASとランサムウェア対策ツールによる検証結果に基づき、解説する。(2024/3/25)

Windowsファイルサーバ移行の方法【前編】
サポート切れ「Windows Server 2012」放置はNG サーバ移行に使えるあの方法
Windows Serverのサポート終了後はパッチの提供がなくなるので、使い続けることにリスクが伴う。「Windows Server 2012」でファイルサーバを運用してきた場合、どのような選択が求められるのか。(2024/3/21)

セキュリティニュースアラート:
Microsoft、2048bit未満のRSA鍵使用を非推奨に
MicrosoftはWindowsでTLSサーバ認証に使用される全てのRSA証明書について、鍵の長さが2048bit以上であることを必須にすると発表した。(2024/3/20)

システムのクラウド移行に伴う不安を一掃
SPARCサーバ資産を無駄にせず、クラウド化を成功させるための“最適解”を探る
2000年代から幅広い業種/業態のミッションクリティカルなシステムで利用されてきたSPARCサーバ。だが、システム老朽化や開発/運用人材不足などで早期のモダナイゼーションが求められている。その“最適解”はあるのだろうか。(2024/3/18)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「外部サーバルーム/データセンターサービス」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/3/18)

「2024年以降も投資意欲は旺盛」:
生成AI向けインフラとして「アクセラレーテッドAIサーバ」の需要が高まる IDC
IDC Japanは、国内AIインフラ市場の予測を発表した。それによると、2023年の支出額は対2022年比で46.1%増の1094億8900万円になる見込みだ。(2024/3/13)

サーバ不正操作で殺害予告メール配信疑い 兵庫・芦屋の中3書類送検「ナイフでめった刺しに」 警視庁
学術団体のサーバを不正に操作し、「恒心教」と呼ばれるインターネット上の集団から攻撃されている特定の弁護士を「殺す」などと記したメールを送信したとして、警視庁捜査1課は3月12日、電子計算機損壊等業務妨害と威力業務妨害の疑いで、兵庫県芦屋市の中学3年の男子生徒(15)を書類送検した。(2024/3/12)

セキュリティニュースアラート:
Fortinetの脆弱性を放置している約15万台のサーバが見つかる
The Shadowserver Foundationはリモートコード実行可能な脆弱性を抱えたまま運用されているサーバの調査結果を発表した。放置されたままになっている脆弱性が明らかになった。(2024/3/12)

AWSのサーバレスで節約する【後編】
クラウドでまさかの「高額請求」を招く意外な“設定ミス”の正体
サーバレスコンピューティングはアプリケーション開発を効率化する手法として人気を集めている。しかし、設定を間違えると思わぬコストを生み出すことになる。(2024/3/12)

ゲームで海外サーバーにログインしたら…… 鳥山明さんを追悼する光景に「泣いてしまいます」「ありがとう」
オンラインゲーム「ファイナルファンタジー14」で目撃された、目頭が熱くなる光景。(2024/3/9)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「失敗しないCPUの選び方/サーバの利用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/3/7)

AWSの多様な機能群を活用:
AWSを使ったローコード開発の支援サービス サーバーワークスが提供開始
サーバーワークスは、ローコード開発の導入、運用支援サービスを提供すると発表した。ローコードアプリ構築プラットフォームのRetoolを用いて、AWSの機能群を活用した独自アプリの開発や、その内製化を支援する。(2024/3/7)

AWSのサーバレスで節約する【前編】
クラウド“高額請求”の謎「サーバレス」が一瞬にして高くなる原因とは
クラウドサービスでは、サーバレスコンピューティングを使うことで開発を効率化できる可能性がある。ただし、サーバレスコンピューティングは思わぬコスト増につながる可能性もある。(2024/3/5)

シャープが4ベイNAS(ファイルサーバ)を3月中旬に発売 スマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」対応で容量は3種類
シャープは、同社提供のスマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」に対応したCOCORO OFFICEサーバ「BP-X2ST」シリーズを発表した。(2024/3/4)

「世界サーバ投げ選手権」ドイツで開催 最大40人が参加
サーバを投げたことはあるだろうか。トラブルがあった際の匙(さじ)ではなく、サーバそのものだ。(2024/3/4)

Tech TIPS:
巨大化してしまったPDFファイルを安全、効率的に圧縮する
PDFファイルをWebサーバに置くような場合、なるべくファイルサイズを小さくして、ダウンロードに時間がかからないようにしたいのではないだろうか。特に印刷用に作成したPDFファイルの場合、PDF内の画像品質が高いため、ファイルサイズが大きくなりがちだ。このような場合、PDFファイルを圧縮してファイルサイズを小さくすればよい。その方法を解説しよう。(2024/3/4)

抽選でQUOカードPayが当たる
「サーバOSの現状と今後」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2024/2/22)

「サーバーラック」のカプセルトイ、第2弾登場 ネットワーク機器メーカーが監修、第1弾は累計10万個以上を販売する人気
「手のひらネットワーク機器」第1弾の再々販売も決定。(2024/2/27)

さくらインターネット、ヌーラボと提携 「Backlog」などサーバ顧客に紹介
さくらインターネットが「Backlog」などを展開するヌーラボと業務提携。「さくらのレンタルサーバ」顧客向けに、「Backlog」や「Cacoo」を紹介する。(2024/2/26)

「手のひらネットワーク機器」に第2弾、デルのラックサーバもミニチュア化 6月発売 第1弾も再販
ネットワーク機器をミニチュア化したカプセルトイの第2弾「手のひらネットワーク機器2」が6月に発売。シスコシステムズなどの製品を12分の1サイズでミニチュア化した第1弾に続き、今度はデル・テクノロジーズや米Fortinetの製品をミニチュア化する。(2024/2/26)

コスト削減にも強み:
「IBM LinuxONE」の新モデル「IBM LinuxONE 4 Express」が登場 幅広いAIニーズに対応
IBMはLinuxサーバ「IBM LinuxONE」の新モデル「IBM LinuxONE 4 Express」を発表した。IBM LinuxONE 4 Expressは、ハイブリッドクラウド環境にサイバーセキュリティ、レジリエンス、拡張性、AI推論を提供できるよう設計されている。(2024/2/26)

Bluesky、フェデレーション開始 Mastodonと異なるプロトコルの長所を説明
分散型SNS「Bluesky」で「フェデレーション」機能の早期アクセスが開始された。ユーザーは「AT Protokol」により、Blueskyのネットワークに接続する独自サーバを立ち上げられるようになる。(2024/2/25)

ソフトバンクとエリクソン、基地局外部から5Gネットワークの制御に成功 トラフィックの変動を高速検知
ソフトバンクとエリクソン・ジャパンは、基地局外部にある制御装置(サーバー)から5Gネットワークを高速かつ自動で最適化する機能の実証に成功。トラフィックの変動検知から最適化まで5分以内で実施できることを確認したという。(2024/2/22)

組み込み開発ニュース:
Armがサーバ向けプロセッサコア「Neoverse」の第3世代品を投入、シェアも急拡大
Armがクラウド/サーバ向けプロセッサコア「Neoverse」の第3世代プロダクトを発表。また、Neoverseを採用したIC設計のコストとリスクを低減し市場投入期間を短縮するためのサブシステムIP「Arm Neoverse Compute Subsystems(CSS)」の適用範囲を拡大する。(2024/2/22)

「さくらのレンタルサーバ」値上げ 「昨今の各種原価の高騰により」
さくらインターネットが、レンタルサーバサービス「さくらのレンタルサーバ」を全プラン値上げすると発表した。(2024/2/19)

排気温度からAIで消費電力を推定:
AIを活用したデータセンター運用高度化ソリューション NTTコムウェアと日本IBMが“共創”開始
NTTコムウェアと日本IBMは、IT機器ごとの消費電力とCO2可視化の実証実験の結果を発表した。「サーバ機器の排気温度から消費電力をAIで推定し、CO2排出量を算出できること確認した」という。(2024/2/14)

AI、エッジ向け、中小オフィス向けのラインアップも HPEの新サーバ
日本ヒューレット・パッカードはHPE ProLiant Gen11サーバー6機種の出荷を開始した。これらは第5世代インテルXeonスケーラブルプロセッサーを搭載し、パフォーマンス21%向上、メモリー速度とキャッシュ容量を大幅に強化している。(2024/2/14)

生成AIで絶好調のサーバベンダー【後編】
LenovoとDellに追い風 生成AI時代に躍動するサーバベンダー
生成AIへの関心の高まりから、サーバベンダーの業績が好調だ。HPEは生成AIに注力する方針を示した。LenovoとDell Technologiesはどうか。(2024/2/14)

GMOインターネット、GPUサーバ調達に100億円 経産省の支援を前提に
GMOインターネットグループが、GPUサーバやその周辺設備の調達に100億円を投資する方針を発表した。2023年12月にパートナー契約を結んだ米NVIDIAから調達する。経済産業省による今後の支援を見据えた動きという。(2024/2/13)

第一三共、IT基盤刷新で1億円のTCO削減へ 営業基盤システムの高速化で
第一三共が、80台のサーバで16のシステムを動かしていた営業支援システムの基盤を刷新し、約1億円のTCO削減を実現した。何を変えたのだろうか。(2024/2/14)

2025年前半にも製造開始:
「Intel 18A」でArm Neoverseベース 64コアプロセッサ製造へ、Faraday
台湾の半導体受託開発/設計メーカーである Faraday Technology(以下、Faraday)が、Intel 18Aプロセス技術を使用し、Intel Foundry Services(IFS)でArmの「Neoverse」ベースの64コアサーバプロセッサを製造するという。(2024/2/8)

ツイキャスにDDoS攻撃、1週間継続中 ライブ配信視聴しづらいなど障害
ツイキャスのサーバに大規模なDDoS攻撃が断続的に行われており、ライブ配信を視聴しづらくなるといったシステム障害が起きている。(2024/2/7)

生成AIで絶好調のサーバベンダー【前編】
高まる「クラウド不信」でサーバベンダーが“独り勝ち”の理由
生成AIに関心が集まる一方で、クラウドベンダーに自社のデータを渡すことを警戒している企業は珍しくない。生成AIの需要増から、サーバ業界に変化が起きている。(2024/2/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.