• 関連の記事

「太陽電池」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Googleさん:
Googleの新キャンパスはガメラデザインで中身もすごい
Googleが2008年から構想してきた新キャンパスが公開されました。NASAの敷地にうずくまるガメラみたいです。甲羅は9万枚のソーラーパネルで、他にも工夫が盛り沢山。(2022/5/21)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
燃料電池は工場の「再エネ100%化」に不可欠か
工場のカーボンニュートラル化をどう進めるか。(2022/5/10)

法制度・規制:
再エネ普及の課題「地域との共生」、必ず知っておきたい関連法令と今後の展望
再生可能エネルギー電源の導入拡大に向けて、現在大きな課題となっている「地域社会との共生」。適切な導入や管理手法の確立に向けて、政府は「再エネ発電設備の適正な導入及び管理のあり方に関する検討会」を立ち上げた。今回はその第1回の内容を紹介する。(2022/5/2)

太陽光:
新型・次世代太陽電池の世界市場、2035年に8300億円規模に成長
調査会社の富士経済は2022年4月20日、有機薄膜太陽電池やペロブスカイト太陽電池などの新型・次世代太陽電池の世界市場に関する調査結果を発表した。2035年の市場規模は、2021年比で22.6倍の8300億円に拡大すると予測している。(2022/4/26)

電荷の蓄積を減少させ安定性向上:
三元系高分子太陽電池の劣化メカニズムを解明
筑波大学と広島大学の研究グループは、三元ブレンド系高分子太陽電池の安定性向上メカニズムを分子レベルで解明することに成功した。電子スピン共鳴と太陽電池の性能を同時に計測する手法を新たに開発することで実現した。(2022/4/22)

蓄電・発電機器:
使用済みのEV蓄電池と太陽光パネルで自家消費システム、日東工業が実証導入
日東工業は2022年4月、電気自動車(EV)の使用済みリユースバッテリーと、リユースした太陽光パネルを活用した産業用自家消費システムを開発し、実証導入すると発表した。(2022/4/20)

富士キメラ総研が世界市場を調査:
有機エレクトロニクス関連、医療分野などに注目
富士キメラ総研は、エレクトロニクス産業で需要が高まる「有機エレクトロニクス関連」の世界市場を調査した。これによると、有機エレクトロニクスデバイスの市場規模は、2035年に7兆4525億円に達すると予測した。2020年に比べ2.2倍の規模となる。(2022/4/19)

脱炭素:
燃料電池工場の電力を燃料電池でまかなう、パナソニックが「世界初」の実証施設
パナソニックは2022年4月15日、同社の草津事業所で、純水素型燃料電池などによって、工場消費電力を再生可能エネルギーで100%まかなうための実証施設「H2 KIBOU FIELD」の稼働を開始した。自家発電燃料として水素を本格的に活用し、工場の稼働電力をまかなう実証としては「世界初」(パナソニック)の試みだという。(2022/4/19)

蓄電・発電機器:
3つの電池で工場を「RE100化」、パナソニックが実証施設の運用をスタート
パナソニックが純水素型燃料電池と太陽電池を組み合わせた自家発電により、事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う実証施設の運用をスタート。本格的に水素を活用して工場で利用するエネルギーを100%再生可能エネルギー由来とする(RE100化)のは、世界初の試みになるという。(2022/4/18)

IoT&5Gソリューション展:
リコーが2種の太陽電池を披露、IoTデバイスの自立型電源に
リコーは、「第11回 IoT&5Gソリューション展 春」において、同社が開発した固体型色素増感太陽電池と、九州大学と共同開発したフレキシブル環境発電デバイスを披露した。IoTデバイスの普及を拡大させる自立型電源として提案を進める。(2022/4/11)

組み込み開発ニュース:
ペロブスカイト太陽電池を搭載した、IoT CO2センサーデバイスを開発
マクニカとエネコートテクノロジーズは、ペロブスカイト太陽電池を使用したIoT CO2センサーデバイスを開発した。屋内の低照度環境下でも、太陽電池のみで駆動できる。(2022/3/30)

福田昭のデバイス通信(353) imecが語るワイヤレス電力伝送技術(7):
電磁波で電力を伝送するという夢の続き(後編)
後編では、ウイリアム・ブラウン(William C. Brown、1916年5月22日生〜1999年2月3日没)による実験の概要を説明する。(2022/3/29)

法令違反を防ぐ太陽光発電の保安ポイント(3):
太陽光発電も「スマート保安」の時代へ、その前に理解しておきたい保全業務の種類と違い
昨今大きな課題になっている太陽光発電事業における法令順守や、適切なO&Mの実行に関するポイントを解説する本連載。今回は、今後の太陽光発電の新たな保全方法として注目されている「スマート保安」について解説します。(2022/3/29)

シャープ、被災者向けに特別修理対応スタート 福島県沖地震受け
シャープが、福島県沖で16日夜に発生した地震により被災した個人向けに、同社製品の特別修理対応を始めた。対象地域は福島県と宮城県の全市町村。(2022/3/18)

蓄電・発電機器:
容量7.0kWhの家庭用蓄電池とV2Hを新開発、東京電力とダイヤゼブラ電機が共同で
ダイヤゼブラ電機が、パワーコンディショナー、V2H(Vehicle to Home)ユニット、および蓄電池ユニットを組み合わせた「多機能パワコンシステム」を初披露。東京電力ホールディングスと共同開発した新製品で、2022年度中の販売を目指すという。(2022/3/17)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
ロシア依存からの脱却が再生可能エネルギーに与える影響
EUはロシアの天然ガスに依存してきた状況から脱却すると発表しました。これにより、長期的には再生可能エネルギーへの転換が加速すると見られます。(2022/3/17)

太陽光:
太陽光パネルのリユース判断を簡単に、アイテスが小型の計測システムを開発
アイテス(滋賀県野洲市)は、太陽光パネルの再利用(リユース)の可否を簡易的に選別できる計測器を開発。大掛かりな設備や、専門知識がなくても簡易的に太陽光パネルのリユースの可否を判断できるという。(2022/3/15)

添加剤使わず、高い変換効率を実現:
ペロブスカイト太陽電池の有機ホール輸送材料開発
産業技術総合研究所(産総研)は、ペロブスカイト太陽電池向けに、添加剤を使わず高い光電変換効率を実現できる、新たな有機ホール輸送材料を、日本精化と共同で開発した。(2022/3/14)

太陽光:
自家消費に向く軽量太陽光パネル、2.6mの積雪と風速46m/sに耐える高耐荷重版も登場
ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は、2022年3月8日、高効率単結晶太陽電池モジュール「NER120M375L-MC」「NER120M375C-MC」の軽量版および高耐荷重版にあたる新製品「NER120M375D-MCL」と「NER120M375D-MCH」の販売を開始した。(2022/3/11)

ポリマー半導体の電子移動度5倍に:
広島大ら、新たなイミド置換型π電子系骨格を開発
広島大学や東京大学などによる共同研究チームは、新たなイミド置換型π電子系骨格「NPI」を開発したと発表した。これを基盤とするポリマー半導体の電子移動度は、従来に比べ5倍以上も高く、アモルファスシリコンと同等の性能だという。(2022/3/11)

福田昭のデバイス通信(349) imecが語るワイヤレス電力伝送技術(3):
ワイヤレス電力伝送の基本原理(後編)
後編となる今回は、誘導型(非放射型)ワイヤレス電力伝送(WPT)の簡略史と、放射型WPT技術の種類を解説する。(2022/3/7)

蓄電・発電機器:
新開発の12.8kWhの蓄電池と太陽光をセット販売、ハンファと住友電工が協業
ハンファQセルズジャパン(東京都港区)と住友電気工業(大阪市中央区)は2022年3月1日、太陽電池モジュールとハイブリッド蓄電システムを一体化した、住宅向けの太陽光発電の自家消費システムを開発すると発表した。販売は2022年4月1日を予定している。(2022/3/4)

太陽光:
電力と水を自給自足、インフラに依存しない「完全オフグリッド生活」を実証へ
LIFULL(ライフル)とU3イノベーションズは2022年3月1日、電力や水道などの既存インフラに依存しない、完全オフグリッドの住環境の実現に向けた生活実証を開始したと発表した。(2022/3/2)

半導体デバイスの需要拡大を反映:
ウエハー出荷面積、販売額とも2021年は過去最高
2021年の半導体用シリコンウエハー世界市場は、出荷面積が141億6500万平方インチ、販売額が126億1700万米ドルとなり、いずれも過去最高値を記録した。SEMIが発表した。(2022/2/25)

独自のロールツーロール工法を採用:
低抵抗で高い透過率の透明導電フィルムを商品化
パナソニック インダストリー社は、独自のロールツーロール工法を用い、低抵抗で透過率の高いメタルメッシュタイプの「透明導電フィルム」を商品化した。車載や民生用途のタッチセンサー、透明アンテナ、透明ディスプレイ用基板、透明ヒーターなどの用途に向ける。(2022/2/18)

ソーラーシェアリング入門(53):
ソーラーシェアリングの普及に向けて、今後考えるべき3つの論点とは?
2022年に入り農林水産省が普及に向けた新たな有識者会議を立ち上げるなど、再エネ普及策の一つとして注目が集まるソーラーシェアリング。一方、国内での広がりに伴い、見えてきた新たな課題も。今回はこうしたソーラーシェアリングのさらなる普及に向けて解決すべき課題について解説します。(2022/2/10)

異分子間でも高い結晶性を実現:
準ホモエピタキシャル成長で有機半導体を開発
東京理科大学は、ルブレン単結晶基板(RubSC)上に、その誘電体(fmRub)をエピタキシャル成長させたところ、作製した薄膜は層間における結晶格子のずれが極めて小さい「準ホモエピタキシャル成長」していることを実証した。(2022/2/8)

IonQとHyundaiが協業:
量子コンピュータを活用しEV用電池材料の研究開発へ
IonQとHyundai Motorは、新しい変分量子固有値ソルバー法(VQE:Variational Quantum Eigensolver)を共同で開発すると発表した。バッテリー化学におけるリチウム化合物や化学的相互作用の研究に適用することができるという。(2022/2/8)

非注力事業の売却も発表:
東芝は“2分割”に、半導体デバイス事業のみ分社へ
東芝は2022年2月7日、2021年11月に発表した“3社分割案”を大幅に修正すると発表した。当初、東芝本体からデバイスとインフラサービスの事業をそれぞれ分離し、独立した3つの企業に分割する方針だったが、インフラサービス事業は本体に残してデバイス事業のみを分離する、“2社分割案”を提示した。(2022/2/7)

東芝 透過型亜酸化銅太陽電池:
発電効率8.4%の透過型亜酸化銅太陽電池を開発
東芝は、タンデム型太陽電池向けに、発電効率8.4%の透過型亜酸化銅太陽電池を開発した。同電池をトップセルにしたタンデム型太陽電池をEVに搭載した場合の試算では、充電なしで1日当たり約35km走行できる。(2022/1/27)

法制度・規制:
国内初の「太陽光パネル税」は成立するのか――法的な観点で今後の動向を推察
2021年12月に岡山県美作市の市議会で可決された「美作市事業用発電パネル税条例」。太陽光パネルの面積に応じて課税を行うという、国内でも初めての税制として、その動向は大きな注目を集めている。エネルギー関連の法制度に詳しいオリック東京法律事務所に、この条例の概要とその適法性、そして今度の動向について解説してもらった。(2022/1/26)

医療機器ニュース:
接着剤なしの超柔軟導電接合法を開発、柔軟なウェアラブルデバイスに期待
理化学研究所は、水蒸気プラズマを利用して、接着剤を使用せずに高分子フィルム上で成膜した金同士を電気的に接続する技術「水蒸気プラズマ接合」を開発した。同技術で接合した各基板上の金電極は、境界線が消失し、強固に直接接合する。(2022/1/20)

蓄電・発電機器:
ニチコンが住宅用蓄電池の新製品、容量の増設やEVの充放電制御も可能に
ニチコンが住宅用蓄電システムの新製品を発表。太陽電池、蓄電池、EV(電気自動車)搭載電池の3つの電池を統合制御し、エネルギーの効率的な自家消費を行える「トライブリッド蓄電システム」だ。(2022/1/19)

色が変わる車や最新のQD-OLED TVなど:
「CES 2022」から未来を見通す
CESの製品デモンストレーションは、必ずテレビ映えするだけでなく、さまざまなソーシャルメディアでシェアされるというのも、納得がいくのではないだろうか。しかしその多くは、市場参入を実現することができない。また、市場参入までに時間を要するものもある。(2022/1/17)

パナソニック、CO2排出ゼロへ照明・空調を省エネ
パナソニックの楠見社長は、投資家向け説明会で、年間約1.1億トンに上る自社製品使用などでのCO2排出量の削減に向け、照明の消費電力を最大約30%、空調・換気の消費エネルギーを約40%削減することを目指すと明らかにした。(2022/1/7)

太陽光:
太陽光の「第三者所有モデル」は2500億円規模に、一方で国内パネル市場は4割縮小か
調査会社の富士経済は2021年12月、太陽光発電システムの市場予測結果を公表。国内で太陽光発電の導入手法として広がっている「第三者所有モデル」の市場規模は、2035年度までに2020年度比で15.9倍の2553億円にまで拡大すると予測している。(2022/1/6)

太陽光:
太陽光で走る“無充電EV”への期待も、東芝が透過型太陽電池で世界最高効率
東芝が透過型亜酸化銅(Cu▽▽2▽▽O)太陽電池において、世界最高効率を達成。2つの太陽電池セルを重ね合わせ、既存の太陽電池より高い効率を得られる低コストなタンデム型太陽電池の実用化を後押しする成果だという。(2021/12/23)

太陽光で動くおもちゃと一緒に男の子がダンシング 動きをマネしてくねくね踊る姿がとっても愛らしい
ダンスに目覚めちゃったかも?(2021/12/23)

Innovative Tech:
ポリ袋と同じ薄さの太陽電池、米スタンフォード大が開発 人間の皮膚にも装着可能
米スタンフォード大学の研究チームは、軽量で薄く曲げられる太陽電池を開発した。これまでのパネル式と比べ、 厚さが6マイクロメートル未満(ポリ袋程度の厚さ)の薄さを持ち、高いエネルギー変換効率を達成した。(2021/12/20)

発電するヘッドフォンが登場 ソーラーパネルで常時充電、80時間以上動作
エム・エス・シーは26日、ソーラーパネル搭載ワイヤレスヘッドフォン「urbanista LOS ANGELES」を発売した。価格は2万9480円(税込)。(2021/11/26)

太陽光パネルの大量廃棄時代に備え 岡山・新見ソーラー、再生率95%に高める装置開発
製品寿命が25〜30年といわれるパネルの大量廃棄に備えるとともに、資源の有効利用につなげる。(2021/11/25)

蓄電・発電機器:
ペロブスカイト太陽電池の実用化を後押し、20年の屋外耐久性の獲得に成功
兵庫県立大学と紀州技研工業らの研究グループが、次世代の太陽光パネルとして期待されるペロブスカイト太陽電池において、世界最長となる屋外環境20年相当の寿命を得ることに成功したと発表。同電池の実用化を大きく後押しする成果だという。(2021/11/17)

HPCやビッグデータアプリに特化:
Xilinx、アクセラレーター「Alveo U55C」を発表
Xilinxは、HPCやビッグデータワークロードの用途で、優れたワット当たりの性能を可能にするアクセラレーターカード「Alveo U55C」を発表した。同時に発表したAPI駆動型クラスタリングソリューションを活用することで、FPGAの大規模運用が容易に可能となる。(2021/11/18)

本当に住めそうなミニチュアドールハウスに夢が広がる 蛇口をひねると水が! スイッチを入れるとライトが!
小さくなって住みたい……。(2021/11/14)

「脱炭素社会実現の鍵に」:
積水化学、ペロブスカイト太陽電池を2025年事業化へ
積水化学工業は2021年11月11日、同社の製品/技術を通じた社会課題解決についてのオンライン説明会を開催した。説明会では「脱炭素社会実現の鍵になる」技術の1つとして同社が開発する「ペロブスカイト太陽電池」を紹介。同社社長の加藤敬太氏「非常に期待値の高い電池だ。実証実験を経て、2025年に事業化したい」と語った。(2021/11/12)

脱炭素:
積水化学がペロブスカイト太陽電池を2025年に事業化へ、資源循環でも大きな進展
積水化学工業が、同社グループの製品・技術を通じた社会課題解決の取り組みについて説明。経営方針「Vision 2030」においてESG経営を中核に置く同社は、戦略的な環境取り組みとして資源循環と脱炭素の両立を重視しており、その中で重要な役割を果たすバイオリファイナリーやペロブスカイト太陽電池、CCU技術などの開発進捗状況を紹介した。(2021/11/12)

太陽光:
太陽光パネルメーカーで初、ネクストエナジーが環境省の「広域認定制度」を取得
ネクストエナジー・アンド・リソースが環境省から広域認定制度の認定を受けたと発表。自社の太陽光パネル製品などの広域的な回収やリサイクルを自ら実施し、資源循環の実現を目指すという。(2021/11/10)

太陽光:
ソーラーフロンティアが住宅太陽光の新製品、OEM調達の単結晶シリコン系
ソーラーフロンティアが住宅向け単結晶シリコン太陽電池の新製品を発表。同年11月1日から受注を開始する。(2021/10/29)

筑波大ら、「ホウ素」と「硫黄」から新たな半導体 電子デバイスへの応用に期待
筑波大学などの研究チームが、ホウ素と硫黄から構成される物質「硫化ホウ素シート」という新しい半導体物質の生成に成功した。今後、電子デバイスの半導体部品としての利用など、幅広い分野への展開が期待できるという。(2021/10/28)

化学構造をわずかに組み替え:
ポリマー半導体の電荷移動度が20倍以上に向上
広島大学や京都大学らによる共同研究チームは、ポリマー半導体の化学構造をわずかに組み替えるだけで、電荷移動度をこれまでより20倍以上も向上させることに成功した。(2021/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.