• 関連の記事

「豊田章男」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「豊田章男」に関する情報が集まったページです。

品質不正問題:
日野の不正と環境規制対応、「技術力の有無ではなくマネジメントの問題」
日野自動車は2022年8月2日、排ガス/燃費試験での不正行為について調査結果を国土交通省に届け出た。今後、国土交通省から日野自動車に対して調査を実施し、不正行為の事実確認や再発防止策の実施状況を調べる。(2022/8/3)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
ダイヤモンドに、あるいは「クラウン」に求めるものは
ある程度の予算をもって「自分は何が欲しいのか」と考えてみるのは楽しい思考実験でした。(2022/7/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
なぜ、そうまでしてクラウンを残したいのか?(3)
それほどの大仕掛けをしてまで、果たしてクラウンを残す意味があるのかと思う人もいるだろう。今回のクロスオーバーを否定的に捉える人の中には、「伝統的なセダン、クラウンらしいクラウンが売れないのなら、潔く打ち切ればいい。クラウンとは思えないクルマに無理矢理クラウンを名乗らせて延命する意味はない」という声も少なからずあった。(2022/7/20)

ベールに包まれたトヨタ新型旗艦「クラウン」、EVや水素モデルは? 同社に聞いてみた
トヨタ自動車が発表した新型クラウン。長らく国内専用車種として展開したが、16代目はトヨタのフラグシップモデルとしてグローバル車種として開発。40の国と地域で展開する。最初のクロスオーバーはハイブリッドを動力源に採用するが、EVや燃料電池を採用する可能性はあるのだろうか。(2022/7/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日本のクラウンから世界のクラウンに その戦略を解剖する(2)
1955年のデビュー以来67年15世代に渡って、クラウンは日本国内専用モデルであり続けた。しかし国内のセダンマーケットはシュリンクの一途をたどっている。早晩「車種を開発生産していくコスト」を、国内販売だけで回収することは不可能になる。どうしてもクラウンを存続させていこうとすれば、もっと大きな世界のマーケットで売るしか出口がない。(2022/7/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
セダンの再発明に挑むクラウン(1)
クルマの業界ではいま、クラウンの話題で持ちきりである。何でこんなにクラウンが注目されているのかだ。やっぱり一番デカいのは「ついにクラウンがセダンを止める」という点だろう。(2022/7/18)

自動車業界の1週間を振り返る:
「旦那さんのクルマ?」「お父さんから借りたの?」と思われないクラウンへ
さて、今週はトヨタ自動車の「クラウン」がフルモデルチェンジし、新モデルが世界初公開されました。以前から、「セダンではなくSUVになるらしい」「海外でも販売するらしい」と報じられてきましたね。(2022/7/16)

日本のクラウン、ここにあり:
「型破り」新型クラウン 豊田社長のダメ出しから始まった「革新と挑戦」
「15代続く中で磨かれてきたクラウンの“型”を、16代目が“型”破りしたといえるかもしれない」──7月15日に行われた新型クラウンのワールドプレミアで、豊田章男社長はそう語った。(2022/7/15)

まさかの4タイプ展開! トヨタ、新型「クラウン」を世界初公開 まずはクロスオーバーSUVを2022年秋に発売
【画像72枚】クラウンの全幅が1800ミリ超えに!(2022/7/15)

4つのバリエーション:
新型「クラウン」世界初披露、SUVとセダン融合 「まさしく明治維新」と豊田社長
トヨタ自動車は7月15日、新型クラウンを世界初披露した。SUVとセダンを融合した「クロスオーバー」のほか、SUVタイプの「スポーツ」「セダン」、SUVとワゴンを組み合わせたような「エステート」の4車種。4車種を全て統一して「クラウン」と総称する。(2022/7/15)

初披露まで4日:
トヨタ、新型「クラウン」の横顔公開 「新しいクラウン、はじまる」とのメッセージも
 トヨタ自動車は7月12日、特設サイトで新型「クラウン」の一部デザインを公開した。「DISCOVER YOUR CROWN.」「新しいクラウン、はじまる」といったメッセージも表示されている。15日には新型「クラウン」を世界初披露を予定しており、イベントの模様は同日午後1時30分からオンライン配信する。(2022/7/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
すごいGRMNヤリス、素人同然な販売政策(前編)
GRMNヤリスに乗せていただいてきた。のっけから何だと思う読者諸氏も多いだろうが、思わずそう言いたいくらい良かったのだ。本当にこの試乗会くらい、呼ばれて良かったと思う試乗会もなかった。これに関してはもうホントにトヨタに感謝する。筆者の自動車人生の中で特筆に値する経験だった。(2022/7/4)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
わずか5日で売り切れ!「コペン20周年記念車」が示したスポーツカーの価値
ダイハツが発表したデビュー20周年記念の1000台限定のコペン特別仕様車。するとどうでしょう、あっという間に受注が1000台に達し、24日には受注終了となってしまいました。なんと発表から終了まで、たったの5日間。驚きの人気です。(2022/6/30)

「新型フェアレディZのセーフティカーができるまで」の裏側がかっこいい! 回転灯ギラリ、中も想像以上にガチチューン
「お願いだから納車も頑張ってくれー」「パトカー制式採用も」の声も♪(2022/6/21)

カーボンニュートラルを見据え:
トヨタが仕掛ける 次世代パワートレインの「全方位」戦略
トヨタ自動車は現在、プリウスに代表されるハイブリッド車などを販売している。これから本格化するカーボンニュートラル(CN)の時代を見据え、BEVのみならず、水素エンジン車などを全方位で準備している。CNという山の登り方はさまざまだ。(2022/6/16)

ドリキン土屋、ちっちゃいトヨタのスポーツカー「谷口ヨタハチ」で爆走大興奮 「これレーシングカーの音だよ」「いや〜谷口はまじ変態だ」
かわいすぎるヨタハチ大活躍、「次は章男社長に乗ってもらってみては?」との声も上がっていますよ。(2022/6/14)

「世界はなぜEV一択なのか」 トヨタ社長に“直球質問”してみた 【回答全文あり】
国内外でガソリン車から電気自動車(バッテリー式電気自動車、BEV)にシフトする動きが進む中、人々に「次世代自動車=EV」という認識が浸透しつつあるように感じる。豊田章男社長に「世界はなぜEV一択なのか」と直球質問した。(2022/6/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタは10年越しの改革で何を実現したのか? 「もっといいクルマ」の本質
素晴らしい決算を出した裏で、一体トヨタは何をやってきたのか。サプライチェーンの混乱というアクシデントをカバーする守りの戦い、そして台数を減らしても利益を確保できる攻めの戦い。そこにあるのが「もっといいクルマ」だ。(2022/6/6)

何これヤバい トヨタ、社長サイン入りのガチラリー仕様「GRカローラ モリゾウエディション」発売へ
いろいろ頭おかしい(褒め言葉)。(2022/6/2)

2022年秋ごろから:
トヨタ、新型「GRカローラ RZ」世界初公開 「コモディティ化したくない」と豊田社長
「GRカローラ RZ」「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開した。「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」を実践。ずっと走っていたくなる走り心地を実現した。(2022/6/2)

2023年の東京モーターショーは全産業体制! 「JAPANオールインダストリーショー」に改名して開催決定
2023年に開催予定の東京モーターショーは「JAPANオールインダストリーショー」に改名。(2022/5/30)

連載「情報戦を制す人事」:
「10年で3部署」は本当に“時代遅れ”なのか? ジョブローテーションについて、今こそ考える
「10年で3部署」のように、定期的な配置転換を実施し、従業員にさまざまな職務を経験させる「ジョブローテーション」。時代遅れと見る向きもあるようですが、本当にそうなのでしょうか。日本企業の現状を紐ときます。(2022/5/23)

電動化:
円安、資材コスト、ロシア、エネルギー問題、脱炭素……自工会はどう見ているのか
日本自動車工業会(自工会)は2022年5月19日、会見を開き、新たな役員体制を発表した。スズキ 代表取締役社長の鈴木俊宏氏と、日産自動車 取締役代表執行役社長兼最高経営責任者の内田誠氏が自工会 副会長に就任した。(2022/5/20)

ウクライナ侵攻で:
EV大国の中国に変化? 専門家「日本が勝者になる可能性は十分」
世界的な電気自動車(EV)シフトが進む自動車業界だが、ロシアのウクライナ侵攻で構図が一変するかもしれない。EV大国として知られる中国が、水素ステーションの設置を急速に進めるなど燃料電池車(FCV)化を急いでいるのだ。(2022/5/9)

意外と難しい「業務提携」だが……:
勃発・EV戦国時代 勝つのは「提携」のソニー・ホンダか 「ケイレツ+買収」のトヨタか 「水平分業」のアップルか
EV市場を巡りさまざまなプレイヤーが出ている中、話題となったソニーとホンダの提携。自動車メーカーとしては巨人ともいえるトヨタ、そしてEV化によって重要度が高まるIT企業の雄としてアップなどがいる中、勝ち抜くのはどこなのか。(2022/4/4)

ルーキーに送った言葉:
新入社員だけではもったいない 入社式で社長が語った深イイ“人生訓”
多くの企業で1日、入社式が開かれた。未来に希望を抱き、目を輝かせる新入社員に、各社のトップは思い思いのメッセージを寄せた。人生の大先輩が、将来を担うルーキーに送った人生訓とは。(2022/4/2)

自動車業界の1週間を振り返る:
「クルマを好きになって」「おかしいと思ったら声を上げて」、入社式のメッセージ
新年度がスタートしました。環境に大きな変化があった方も、変わりのない方も、1週間おつかれさまでした。4月1日には多くの企業で入社式が開かれたかと思います。新卒の新入社員のキラキラした様子をまぶしく感じた方も多いのではないでしょうか。(2022/4/2)

「前例第一主義」になるな:
22年度新入社員に向けた、経営者の熱い言葉──トヨタ、ソフトバンク、ファミマなど
4月1日、多くの企業が入社式を行った。コロナ禍で迎える3回目の春。新入社員に向けて、各社の経営者は何を伝えたのか。(2022/4/2)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタがEVメーカーになることを待望するヒトに欠けている視点と残念な思想
トヨタのバッテリーEV戦略に関する説明会では、トヨタの底力を見せたのは間違いない。しかし、あれを見て「トヨタもBEVに注力するのか」と思った人は多かったようだ。そう思わせるのが目的だとはいえ、この見方はあまりにも単純すぎる。(2022/3/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田章男研究 春闘編
春闘は、これまで豊田社長が戦ってきたさまざまな問題の中で最も手強いのではないか? そこで豊田社長がやったことが面白い。トヨタイムズを使って、労使交渉を公衆の面前に引っ張り出した。「全員ひとりも欠かさず○%のベースアップをお願いします」。それをサプライヤーもユーザーも見られる動画で公開したのだ。それでも言えるのか? 「言うな!」ではない。世の中のオープンな場で言えるのならいくらでも言っていい。(2022/2/28)

連載・2021年、役員改革が始まった:
なぜ、トヨタは執行役員を“半分以下”にしたのか 大企業に迫る「2つの波」
リーマンショック後に起こった執行役員の廃止や削減の動きは、2010年代に入ってからは大企業にも広がっていきました。その一例が、日本を代表する企業の一つであるトヨタです。なぜ、トヨタは改革に踏み切ったのでしょうか。(2022/2/15)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
EV都市とEV離島ってどうなの? 走るガジェット「Tesla」とEVの未来を考えた
Teslaに関する連載を執筆している山崎潤一郎さんをゲストに、Teslaに限らずEV、移動手段の未来について語りました。(2022/2/10)

「テスラ一強」も今のうち?:
ソニーも参入を発表した群雄割拠のEV市場 勝つのは古豪か、新参者か、よそ者か
CESでEV市場への本格参入を発表したソニー。同市場には「古豪」の自動車メーカー、「新参者」のEV専業メーカー、そして「よそ者」とも呼べるIT企業が入り乱れ、昨今の「テスラ一強」もそう長くは続かない可能性がある。果たして勝つのはどこなのか(2022/1/31)

ソニーEV参入から考えた「10年先のEV」
ソニーのEV担当者らを取材した西田宗千佳さんは、さらにその先を予想する。(2022/1/29)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「情報は上司のものではなく、会社のもの」
社内の情報戦をやめる。(2022/1/20)

日産、新型「フェアレディZ」オートサロンでドカンと発表 モリゾウ社長も視察「負けませんよ!」
初期限定モデルは約700万円から。た、高い……? いや、この仕様ならば安い!?(2022/1/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
プレミアムって何だ? レクサスブランドについて考える
すでに昨年のことになるが、レクサスの新型NXに試乗してきた。レクサスは言うまでもなく、トヨタのプレミアムブランドである。そもそもプレミアムとは何か? 非常に聞こえが悪いのだが「中身以上の値段で売る」ことこそがプレミアムである。(2022/1/17)

「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
スーパーGTの日産系チーム総監督を務めた柿元邦彦さんもTwitterで反応。(2022/1/16)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「BEV」君、きみって昔「EV」だったよね? 電動カーに略語が多いので整理してみた
ハイブリッドカーやPHEV、FCVなんて言葉がたくさん存在するクルマ業界。そこに新たに「BEV」が加わった。もともとはEVと言われていたはずなのに……。モーターを使ったクルマの略語が多いので一通り整理してみた。(2021/12/22)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
「トヨタの本気」全力攻勢のEVに、Teslaオーナーが期待すること
衝撃のトヨタのEV(BEV)展開をTesla乗りは面白くない? いやいやそんなことはないです。(2021/12/22)

小寺信良のIT大作戦:
電子・IT産業で存在感が出せない日本 コロナ特需落ち着く2022年に伸びる分野、細る分野
JEITAが発表した電子情報産業の世界生産見通しを基に、日本のポジションがどのように変化したかを分析した。(2021/12/20)

初めてトップ10入りしたのは:
「社長が選ぶ 今年の社長」 最も支持を集めたのは?
産業能率大学は「社長が選ぶ 今年の社長 2021」の調査を実施した。その結果、1位だったのは……?(2021/12/19)

自動車業界の1週間を振り返る:
モータースポーツでのあなたの応援が、エンジンを生き残らせる?
土曜日です。1週間お疲れさまでした。今週は、ホンダがF1(フォーミュラ・ワン)で有終の美を飾ったというニュースから始まりました。F1最終戦であるアブダビグランプリにおいて、ホンダがパワーユニットを提供するRed Bull Racing Honda(レッドブル・レーシング・ホンダ)のマックス・フェルスタッペン選手が優勝し、ドライバーズチャンピオンを獲得したのです。(2021/12/18)

トヨタもEV投資に本腰:
猪瀬直樹が日本の自動車産業に警鐘 「テスラとではガラケーとスマホくらい違う」
2050年までのエネルギー革命について「もはや選択の余地はない」と語るのは、作家であり元東京都知事である猪瀬直樹氏だ。「今の日本の自動車と、テスラとではガラケーとスマホくらい違う」と話す同氏に、EV(電気自動車)を巡る日本の自動車産業の構造的課題と、エネルギー政策の展望を聞いた。(2021/12/16)

EVの本気度を見せつけたトヨタ 8兆円かけてでもEV・水素・PHEVを全部やるワケ
トヨタ自動車がEVに本腰だ。同社は14日に新発表の15車種を含むバッテリーEV(BEV)16車種を披露した。しかし、EVだけでなく水素、PHEVへの投資も続ける。なぜトヨタは「全方位戦略」を続けるのだろうか。(2021/12/15)

トヨタ、バッテリーEVに本腰 15車種を一斉披露、2030年までに30車種展開へ
トヨタ自動車は2022年発売予定のBEV「bZ4X」以外に、開発を進めているトヨタ・レクサスブランドのバッテリーEV15車種を披露した。SUVタイプからセダン、スポーツカーなどを複数のモデルを2025年ごろまでに順次投入するとしている。(2021/12/14)

トヨタ、2030年までに30車種のバッテリーEVを投入 フルラインアップで提供
トヨタは12月14日、2030年までに30車種のバッテリーEV(BEV)を投入する計画を明らかにした。BEV専用プラットフォームを開発し、乗用、商用それぞれにおいて、フルラインアップで提供する。30年には、BEVのグローバル販売台数350万台を目指す。(2021/12/14)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
今年一番売れたクルマは? ビッグヒットの裏にあるカラクリ
2021年がもうすぐ終わりになろうとしています。この原稿を手掛ける12月上旬では、まだ1年間の集計は出ていませんが、今年のベストセラーカーは、ぼぼ決まりでしょう。それは、トヨタの「ヤリス」です。しかし、今回のヤリスのビッグヒットには、あるカラクリがありました。(2021/12/9)

PR:激化する人材獲得競争に企業はどう対応するべきか 1200万件を超える社員クチコミを公開するOpenWorkに聞く「採用活動の成功法則」とは
(2021/12/6)

高根英幸 「クルマのミライ」:
全固体電池は、なにが次世代なのか? トヨタ、日産が賭ける巻き返し策
全固体電池とは、電解質を固形の物質とすることで、熱に強い特性を得ることができる電池のことだ。以前は理論上では考えられていただけであったが、固体電解質でリチウムが素早く移動できる物質が見つかったことで、開発は加速している。(2021/12/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.