• 関連の記事

「買収」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「買収」に関する情報が集まったページです。

UiPathがRe:inferを買収 自動化に自然言語処理を統合し、「コミュニケーション向上」を図る
UiPathは、非構造化ドキュメントやコミュニケーションの自然言語処理を手掛けるRe:inferを買収した。ソフトウェアロボットが電子メールや音声会話などの文脈と意味を理解できるようにして顧客サービスにおけるコミュニケーションの向上を図る。(2022/8/12)

イーロン・マスク氏、Tesla株69億ドル相当を売却 「Twitterに強引に取引完了させられた場合に備えて」
Twitterの440億ドルでの買収を巡って同社と係争中のイーロン・マスク氏が、経営するTeslaの株式69億ドル相当を売却する。4月に84億ドル相当分売却の際、「もう株は売却しない」とツイートしたのだが。(2022/8/10)

製造マネジメントニュース:
苦境のアイロボットをアマゾンが救う、17億ドルで買収へ
米国のアマゾン(Amazon.com)と掃除ロボット「ルンバ(Roomba)」などを手掛けるアイロボット(iRobot)は、アマゾンがアイロボットを買収することを発表した。買収金額は約17億米ドル(約2300億円)で、今後アイロボットの株主や規制当局の承認などを経て買収を完了する計画だ。(2022/8/9)

アマゾン、「ルンバ」の米アイロボットを買収
アマゾンは8月5日(米国現地)、ロボット掃除機「ルンバ」の米iRobotを約17億ドルで買収することで同社と合意した。iRobotのCEOは、コリン・アングル氏がそのままとどまる。Amazonは7月にサブスクでオンライン医療サービスを展開するワン・メディカルを34.9億ドルで買収する発表をしたばかりだ。(2022/8/8)

Googleさん特別編「Amazonさん」:
Amazonがルンバ買収で手に入れるご家庭の情報は大丈夫? FTCとの戦いが始まるか
Amazonがお掃除ロボット「ルンバ」のiRobotを買収すると発表しました。欲しいのはロボットではなくルンバが集める間取り情報かも? Amazonの天敵、リナ・カーンFTC委員長はどう出るでしょう。(2022/8/7)

米Amazon、「ルンバ」のiRobotを買収
米Amazonは5日(米国時間)、ロボット掃除機の「ルンバ」で知られる米iRobotを買収すると発表した。買収総額はiRobotの負債を含め約17億ドル。(2022/8/5)

Social Media Today:
Twitter vs. イーロン・マスク氏 買収撤回を巡る訴訟合戦で最後に笑うのは誰?
Twitterを440億ドルで買収することで合意していたイーロン・マスク氏が契約の白紙撤回を主張。このことを巡り、両者間で訴訟合戦が勃発している。争いの行方はどうなるのか。(2022/8/5)

Cernerを買収したOracleの「全米カルテ構想」とは【前編】
OracleがCerner買収で目指す「全米EHR」とは?
Oracleは電子カルテ(EHR)ベンダーのCernerを約283億ドルで買収し、ヘルスケア戦略発表の場で「全米EHR構想」を掲げた。電子カルテの相互運用性は長年の間解決困難だったこともあり、アナリストは悲観的だ。(2022/8/5)

Broadcomによる買収がVMwareに及ぼす影響【第4回】
ブロードコムによる買収でヴイエムウェア製品のサブスク化が一気に進む?
Broadcomの買収によって、VMware製品のサブスクリプションモデルへの転換が進む可能性がある。ただし従来の買い切り型ライセンスを完全になくすことは難しい事情もある。(2022/8/5)

急速に成長するRISC-V市場:
SiFiveが日本支社設立へ、いずれは開発も視野に
RISC-VプロセッサコアIP(Intellectual Property)を手掛ける米SiFiveが、日本法人設立の準備を進めている。早ければ今後1〜2週間以内にも設立が完了する見込みだ。SiFiveジャパンの代表取締役社長は、Xilinx(AMDが買収)の日本法人ザイリンクスジャパンの代表取締役社長を務めていたSam Rogan氏である。(2022/8/2)

Broadcomによる買収の影響はいかに? “新生”シマンテックはどこに向かうのか
Broadcomは2019年にSymantecのエンタープライズ事業を買収したが、これによって製品ポートフォリオにはどのような変化が生まれたのか。BroadcomとSB C&Sが製品ポートフォリオの詳細と日本の顧客に対する支援体制を説明した。(2022/8/2)

イーロン・マスクのTwitter買収を米右派はなぜ歓迎したのか そしてなぜ、私たちも歓迎できる可能性があるのか
小林啓倫さんに、イーロン・マスクによるTwitter買収の一連の動きを題材に、政治とSNSの関係を論じてもらいました。(2022/8/1)

3Dプリンタニュース:
Markforged、Digital Metalを買収し金属AMパーツの高速生産能力を獲得
Markforgedは、Digital Metalを買収する。主要なバインダージェッティングソリューションの開発元であるDigital Metalを買収することで、金属AMパーツを高速に生産する能力を得ることができる。(2022/7/29)

Broadcomによる買収がVMwareに及ぼす影響【第3回】
「Microsoft 365」の大人気がブロードコムのヴイエムウェア買収の遠因か?
VMwareが単独での事業継続ではなく、Broadcomによる買収を選択した背景には、企業のIT利用に生じた“ある変化”があるという。それは何なのか。(2022/7/29)

ツイッターとマスク氏の法廷闘争へ 買収関連費用3300万ドルも業績の重し
ツイッター(TWTR)は7月22日(米国現地)に2022年4−6月決算を発表した。収益対象になる1日当たりアクティブユーザー数(mDAU)は2億3780万人(前年同期比16.6%増)であったが、広告業界の逆風にマスク氏の買収保留が重なり減収減益となった。マスク氏と見解が異なる偽アカウントやスパムの比率はmDAUの5%未満と発表。ツイッターとマスク氏の法廷闘争が始まる。(2022/7/25)

製造マネジメントニュース:
日立産機が米国レーザーマーカー企業を買収、北米のマーキング事業を拡大へ
日立産機システムは、米国でレーザーマーカーの製造と販売を手掛けるテレシス・テクノロジーズを買収した。インクジェットプリンタを中核に展開してきたマーキング事業に、テレシスのレーザーマーカーなどを加えてポートフォリオを拡充するとともに、テレシスの販売チャネルを通じて北米の自動車、航空、重工業分野への事業拡大を目指す。(2022/7/25)

Twitterの4〜6月期決算は減収で赤字 「マスク氏による買収保留の不確実性を反映」
Twitterの4〜6月期決算は、売上高は1%減、2億7000万ドルの純損失だった。同社は広告業界への逆風と、マスク氏による買収保留に関連する不確実性を不調の理由として挙げた。不確実なため、第3四半期の予想はせず、電話会見もしなかった。(2022/7/23)

Amazon、医療企業One Medicalを約39億ドルで買収 ヘルスケア事業拡充へ
Amazonは、米プライマリケア企業One Medicalを買収すると発表した。買収総額は約39億ドル。同社は2018年ごろからヘルスケア事業の注力しており、独自の医療サービス「Amazon Care」を全米で提供している。(2022/7/22)

Marketing Dive:
Netflixの加入者が減少 巻き返しのために買収画策? で、勝算は……
第1四半期に約10年ぶりの加入者減少となったNetflixが、ストリーミングプラットフォームと専用端末を提供するRokuを買収するかもしれないと報じられた。実現すればCTV広告市場に与える影響は小さくないが……。(2022/7/21)

ソニー、「Destiny」のBungie買収完了 総額約37億ドル
ソニーは、1月末に発表したゲーム企業Bungieの買収を完了したと発表した。買収総額は当初36億ドルとしていたが、約37億ドル。同社はこれで「マルチプラットフォーム開発と、ライブゲームサービスにおける世界クラスの専門知識」を獲得した。(2022/7/16)

製造マネジメントニュース:
NECがAspire Technologyを買収、5G Open RANシステムの設計力を強化
NECは、通信事業者向けに5G Open RANシステムの構築事業を手掛ける、Aspire Technologyの全株式を取得する株式売買契約を締結した。買収により、NECの5G Open RANシステムの設計、構築力を強化する。(2022/7/15)

Broadcomによる買収がVMwareに及ぼす影響【第2回】
ヴイエムウェアはCAやシマンテックの二の舞? ブロードコム買収と破壊の歴史
VMwareの買収を発表したBroadcomは、過去にCA TechnologiesやSymantecなどのベンダーを買収し、買収先の一部の事業を売却している。Broadcomが買収先の企業で実施した事業転換を振り返る。(2022/7/21)

Broadcomによる買収がVMwareに及ぼす影響【第1回】
ヴイエムウェア従業員がブロードコムによる買収に抱く“ある不安”とは?
Broadcomは買収するVMwareのブランドを維持する計画だ。ただしVMwareの従業員やユーザー企業の間には、“ある不安”がくすぶっているという。それは何なのか。(2022/7/15)

任天堂、CGアニメスタジオ買収へ 「ニンテンドーピクチャーズ」10月設立
任天堂はCGアニメーションスタジオであるダイナモピクチャーズを買収し、子会社化すると発表した。任天堂グループ内の映像コンテンツの企画・制作体制を強化することが目的という。ダイナモピクチャーズは10月に「ニンテンドーピクチャーズ」へ社名を変える。(2022/7/14)

ゲームエンジンのUnity、アプリ収益化企業ironSourceを40億ドルで買収
ゲームエンジン「Unity」を手掛けるUnity Softwareは、イスラエルのアプリ収益化企業ironSourceを約40億ドルで買収すると発表した。UnityのCEOは「RT3D(リアルタイム3D)の旅路でクリエイターを支援するプラットフォーム構築というビジョンを実現するための一歩」としている。(2022/7/14)

Spotify、“音楽版Wordle”のゲーム「Heardle」を買収、サービスに統合
Spotifyは、“音楽版Wordle”のようなゲーム「Heardle」を買収し、サービスに統合した。日替わりのイントロ当てクイズで、正解するとSpotify上の完全版楽曲へのリンクが表示される。間もなくグローバルで展開するとしている。(2022/7/13)

Twitterがイーロン・マスクの買収撤回を契約違反として提訴 イーロンは「皮肉だな」とツイート
Twitterとイーロン・マスクはbot比率の開示や幹部の解雇などの問題で対立していました。(2022/7/13)

Twitter、イーロン・マスク氏を提訴 買収契約の「責任を追わせるための訴訟」
Twitterは予告通りイーロン・マスク氏を提訴した。マスク氏が約440億ドルでの同社買収の契約を取りやめようとしているのは契約違反だとしている。(2022/7/13)

セキュリティ分野でのAI技術のROI【中編】
Googleも推す「セキュリティのためのAI技術」の“キープレイヤー”は?
AI技術を自社製品に生かそうと、セキュリティベンダーの間で技術開発や買収が進んでいる。実際に何が起こっているのか。セキュリティベンダーの動向を追う。(2022/7/13)

BroadcomのVMware買収がクラウド市場に与える影響【中編】
ブロードコムによる買収でヴイエムウェアのクラウド管理製品はどうなるのか?
VMwareは複数のクラウドインフラを一元管理するための製品群を拡充させている。同社のクラウド関連製品群は、Broadcomの買収でどのように変化するのか。(2022/7/13)

Twitter、マスク氏の買収取りやめ通知に「その一方的な終了は無効」という書簡
Twitterは、同社の買収を取りやめると通知したイーロン・マスク氏に対し取りやめは無効だとするメールを送った。マスク氏はTwitterがスパムアカウント数を明示しなかったのは違反だと主張する。Twitterは契約に基づく義務に違反していないと主張する。(2022/7/12)

イーロン・マスク氏、ツイッター買収撤回 狂ったシナリオ
イーロン・マスク氏は7月8日、ツイッターに対する総額440億ドルの買収合意を撤回すると発表した。マスク氏がツイッターに求めたmDAUに占める偽アカウントやスパムの量の正しい情報提供に応じなかったことが背景にある。買収合意を撤回するマスク氏、合意を履行させるツイッターは、法廷闘争に発展する可能性となった。(2022/7/11)

イーロン・マスク氏、Twitterとの買収合意を破棄 Twitter社は法的措置に踏み切る考え
重大な契約違反があるとしています。(2022/7/9)

イーロン・マスク氏、Twitter買収取りやめ通知 Twitterは提訴の構え
Twitter買収で一旦は合意したイーロン・マスク氏が、買収取りやめるとTwitter側に通知した。Twitterが契約に違反したと主張している。Twitterはマスク氏を提訴する構えだ。(2022/7/9)

BroadcomのVMware買収がクラウド市場に与える影響【前編】
ブロードコムが買収のうまみを感じる“あのヴイエムウェア製品”とは?
BroadcomはVMwareの買収によって、クラウド市場で力を増す可能性がある。VMwareのマルチクラウド戦略と、その戦略が買収元のBroadcomに与える影響とは。(2022/7/6)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
Sigfox社買収の裏にあった驚きのエピソード
この買収、当初はフランス政府より却下されたのですが、他国の企業に売り渡すわけにはいかないという理由だったそうです。(2022/7/6)

LPWAの相互運用性の実現も視野に:
Sigfoxは次世代へ、新たなオーナーUnaBizの戦略
フランスSigfox社を買収し、IoT業界を驚かせたシンガポールのスタートアップUnaBiz。同社は、Sigfoxネットワークの新たなオーナーとして、次世代のSigfox構築を目指している。(2022/6/30)

「第4のメガバンク」構想の行方は:
“限界地銀“を食い物に? SBI「地方創生トライアングル戦略」の中身の薄さ
SBIホールディングスの北尾吉孝社長が5月の決算発表の席上、新生買収の大きな目的でもある“限界地銀”再生策としての「地方創生トライアングル戦略」を公表した。内容とともに、浮き彫りになったSBIの思惑を考察する。(2022/6/25)

BroadcomによるVMware買収 その影響は【後編】
“宝石のようなヴイエムウェア”はブロードコムに買収されて本当に幸せか?
BroadcomによるVMware買収は、VMwareにとって、またVMware製品のユーザーにとって幸せなことなのか。もしそうではないとすれば、それは誰のため、何のための買収なのか。アナリストの見解は。(2022/6/24)

Reddit、機械学習のSpell買収
Redditは、SaaSベースの機械学習プラットフォームを手掛けるSpellを買収した。製品や広告に機械学習機能を統合していく計画だ。(2022/6/17)

リコー、PFUの株式取得を延期 「公取委の審査が終わり次第」
リコーは、PFUの買収について、7月1日だった予定を延期する。「公正取引委員会における企業結合審査に要する時間を考慮した結果」という。(2022/6/17)

イーロン・マスク氏、Twitterで初のオンライン全社会議で「ユーザーを10億人に」
Twitterの買収に合意したイーロン・マスク氏が、オンライン全社ミーティングに参加した。約1時間、用意された従業員からの質問に答えた。(2022/6/17)

公取委、Microsoftの米ゲーム大手買収について意見募集 結合審査に際し情報求める
公正取引委員会が、米Microsoftと米ゲーム大手のActivision Blizzardが統合を計画している件について意見募集を始めた。同委員会は同件が競争に与える影響について審査中。郵送とメールで統合に関する情報や意見の提供を求めている。(2022/6/16)

製造マネジメントニュース:
脱炭素化などエネルギー変革が追い風、大型買収でさらなる成長を図る
日立製作所(以下、日立)は2022年6月13日、オンラインで開催した投資家向け説明会「Hitachi Investor Day 2022」において、新たに発足した「グリーンエナジー&モビリティセクター」の事業戦略を説明した。(2022/6/16)

Marketing Dive:
イーロン・マスク氏のTwitter買収は広告にとって「吉」か「大凶」か
TeslaのCEOは「言論の自由」を守ることを使命とし、有害だと不評を買っているTwitterのコンテンツモデレーションポリシーを緩和すると述べている。(2022/6/15)

TechTarget発 世界のITニュース
GoogleがセキュリティベンダーMandiantを巨額買収 その狙いは?
GoogleはセキュリティベンダーのMandiant買収を発表した。MandiantがFireEyeと分離してから、1年も経たないうちの買収となる。GoogleとMandiantの狙いは何か。(2022/6/13)

プロセッサベンダーが競う次の分野【前編】
CPU限界説を「DPU」「スマートNIC」がひっくり返す?
AMDはPensandoの買収によって「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入した。IntelやNVIDIAと競合することになる。プロセッサ分野は今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/10)

AIoTソリューションを強化:
ルネサス、組み込みAI技術企業Reality AIを買収
ルネサス エレクトロニクスは2022年6月9日、組み込みAIソリューションを提供するReality Analytics, Inc.(以下、Reality AI)を買収すると発表した。買収は現金で行い、2022年中に買収を完了させる予定。(2022/6/9)

Twitter、イーロン・マスク氏に“firehose”(全公開ツイートデータ)提供か──Washington Post報道
Twitterはイーロン・マスク氏にfirehoseへのアクセスを提供すると報じられた。マスク氏は「botの正確な割合を調べるデータを提供しなければ買収を中止するかもしれない」とTwitterに警告した。firehoseは膨大なツイートのデータだ。(2022/6/9)

IBMが“ハッカー企業”の買収計画を発表 ポートフォリオはどう強化されるか
IBMは、攻撃対象領域の調査に強みを持つRandoriの買収計画を発表した。企業におけるIT環境が複雑化し、攻撃対象領域が拡大していることから、これを支援するポートフォリオを拡充する予定だ。(2022/6/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.