• 関連の記事

「基準」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「基準」に関する情報が集まったページです。

役員の改革が始まった:
「専務・常務の違いは?」 場を凍らせた社外取締役の問いかけの教訓
日本を代表するある大手企業で、社外取締役から「当社の執行役員には専務や常務がいるが、どう違うのか? 何か区別する基準があるのか?」と聞かれて、担当者が困ったという話がありました。この話の教訓とは……?(2022/5/17)

中計売上高目標は1年前倒し達成へ:
売上高、営業益で過去最高を更新、TDK22年3月期決算
TDKは2022年5月11日、2022年3月期通期業績(米国会計基準)を発表した。売上高は前年比28.6%増の1兆9021億2400万円、営業利益は同49.4%増の1666億6500万円と、前年に続いて売上高、営業利益ともに過去最高を更新した。(2022/5/11)

製造マネジメントニュース:
ソニーGが営業利益1兆円突破、イメージセンサーでは新たに2000億円の設備投資
ソニーグループは2022年5月10日、2022年3月期(2021年度)の連結業績を発表。会計基準を、2021年度から米国会計基準から国際財務報告基準(IFRS)に変更したため厳密な比較はできないが、売上高、営業利益ともに過去最高を記録する好業績となった。(2022/5/11)

売上高10兆円が目前:
ソニーG、営業利益が初の1兆円超え 映画・音楽が好調
ソニーグループは5月10日、2022年3月期通期の連結決算(国際会計基準)を発表。売上高は9兆9215億円(前期比10%増)、本業のもうけを示す営業利益は1兆2023億円(26%増)となり、いずれも過去最高を更新した。(2022/5/10)

アウトソースされたSOC:
仮想セキュリティオペレーションセンター(vSOC)とは何か
比較サイトComparitech.comは、仮想セキュリティオペレーションセンター(vSOC)の特徴、セキュリティ構成、契約、評価基準、主要プロバイダーについて概説した記事を公開した。(2022/4/27)

BIM:
建築確認で用いたBIMデータなどを生かしたリモート中間検査システムを開発、清水建設
清水建設は、建築確認で利用したBIMデータやAR技術、リアルタイム映像伝送技術を生かしたリモート中間検査システムを、積木製作の協力を得て開発した。システム開発では、日本建築センターと推進している、BIMデータを活用した建築確認申請業務の効率化を目指すとともに、建築基準法で定められている現場での目視検査や工事監理状況といった書類検査の効率化と確実化を目標に掲げた。(2022/4/26)

8年ぶり現役復帰のG.G.佐藤、「野球経験はちょっとあります!」と自己紹介 ファンからは期待の声とツッコミ
「ちょっと」の基準がとても高いような……。(2022/4/25)

品質不正問題:
三菱電機の「骨太の方針」に暗雲、変圧器でも品質不正が判明し全社調査も延長
三菱電機は、系統変電システム製作所の赤穂工場が製造する特別高圧以上の一部の変圧器において、顧客から求められた規格に準拠しない受入試験の実施や試験成績書へ不適切な記載、一部製品での社内基準などと異なる設計を行っていたことが判明したと発表。22製作所などにおける品質不正の全社調査も、当初目標としていた2022年4月からさらに時間を要することも明らかになった。(2022/4/22)

マルチクラウド運用を最適化して情シスの負担を減らすには? 日立が支援サービスを提供
マルチクラウドを活用する中で、クラウドベンダー間の運用基準やセキュリティポリシーの違いが発生し、情報システム部門における業務負担の増大を招いている。日立はこの解消に向けて「マルチクラウド運用管理サービス」を提供開始した。(2022/4/20)

横浜DeNA、ファンクラブ特典のスマートウォッチを回収 “技適”未取得のため
横浜DeNAベイスターズが、ファンクラブの会員特典グッズであるスマートウォッチを自主回収する。スマートウォッチの技術基準適合証明の認証(いわゆる技適マーク)が得られていなかった。(2022/4/4)

防衛産業のサイバー基準強化 5年度以降の受注契約
防衛装備庁は1日、防衛産業に求めるサイバーセキュリティー基準を大幅に強化すると発表した。サイバー攻撃から防衛産業を守るため、米国並みに基準を強化する。(2022/4/4)

自動運転技術:
PR:高解像度、広視野角とコスト低減を同時実現する「自動車用イメージングレーダー」
インキャビンセンシングと先進運転支援システム(ADAS)の両方の用途に対応する次世代型イメージングレーダーは、信頼性と経済性に優れたテクノロジーです。しかし、選定に当たってはコスト効率や実用性、信頼性が重要な基準となります。この最優先の基準に加えて、導入時に必要となる隠れたコストや労力、リソースについても考慮する必要があります。(2022/4/1)

キャリアニュース:
「パワハラ対策」実態調査、対策上の課題は「管理職や経営層の理解の低さ」
人事向け総合情報サイト「人事のミカタ」が、「パワハラ対策」についての調査結果を発表した。「パワハラ防止法」の認知度が前回調査から上昇しており、パワハラ対策上の課題として「管理職や経営層の理解の低さ」「基準が曖昧」が挙がった。(2022/3/31)

RTK-GNSSで現場の生産性向上を後押し:
PR:3300カ所以上に独自基準点を有する高精度測位サービスで建設現場はどう変革するか?
ここ数年は、国土交通省が推進する「i-Construction」で制度面での整備が進むなかで発注工事数が増え、土工を中心にICT化の波が浸透しつつある。建設現場でICTを導入する際に不可欠となるのが“高精度な位置情報”の利活用だ。(2022/3/30)

面積だけじゃないデータセンターの「サイズ」選び【前編】
レガシーシステムなら「小規模」が正解? データセンターの“理想的な大きさ”とは
企業はデータセンターのサイズをどのように決めればよいのか。その際に基準とすべきなのは物理的な面積だけではない。もう一つ重要な要素とは何か。(2022/3/25)

多様な顧客接点を一元管理し、市場の変化に合わせた戦略を立てる
マーケティングツール選定の新基準「コンポーザブル」とは
消費行動のデジタル化に伴い顧客接点の多様化が進みつつある。より良い顧客体験を最適なタイミングで届けることはマーケターの最重要課題。そのために理解すべきキーワードが「コンポーザブル」だ。(2022/3/16)

組み込み開発ニュース:
BLE対応の小面積、低消費電力RFトランシーバー技術を開発
ルネサス エレクトロニクスは、Bluetooth Low Energyに対応した、2.4GHzのRFトランシーバー技術を発表した。広範囲にインピーダンスを変更できる整合回路技術と、キャリブレーション回路を不要にした基準信号自己補正回路技術を開発している。(2022/3/15)

パンデミック後のCX【前編】
“待てない消費者”をどう満足させるか 「CX」の勝ち組企業になる条件
顧客エンゲージメントを高めるためには、消費者が企業に何を求めているのかを知ることが近道だ。調査結果からは、消費者の厳しい評価基準が見えてきた。(2022/3/4)

eスポーツ先進都市目指せ 中学での部活も推奨 大阪・大東市が本腰
大阪府大東市がeスポーツの拠点都市を目指している。活動拠点となるジムを公民連携で開設・運営し、中学校でのeスポーツ部設立も視野に入れる。市は「eスポーツを通して子供たちが世界基準に触れ、市民が恩恵を受けられるデジタル先進都市を目指したい」としている。(2022/3/2)

昇格、降格人事を考える:
昇格はどんなプロセスで決まるのか 将来性をどう判定するのか
昇格はどのようなプロセスで決まるのでしょうか。昇格にあたって最低限満たしていなくてはならない要件(昇格エントリー基準)は2つあります。(2022/3/2)

製品動向:
NEXCOの剥落防止性能の基準を満たした有機系剥落防止材を開発、宇部興産
宇部興産は、東日本高速道路や中日本高速道路、西日本高速道路が推奨する構造物施工管理要領における剥落防止性能の基準を満たしたコンクリート構造物用の有機系剥落防止材「U-レジストクリアガード Y仕様」を開発した。U-レジストクリアガード Y仕様は、同社グループにおける建材事業の中核会社で、土木・建築用材料を販売する宇部興産建材が2022年1月に発売した。(2022/2/24)

ロボット開発ニュース:
8社参加のロボットデリバリー協会が発足、自動配送ロボットの公道走行基準策定へ
川崎重工業、ZMP、TIS、ティアフォー、日本郵便、パナソニック、ホンダ、楽天グループの8社は「一般社団法人ロボットデリバリー協会」を発足したと発表した。(2022/2/21)

価格やスペック以外で重要なポイントとは
テレワークで困らない、絶対に失敗しないための新たなノートPC選定基準を探る
テレワーク環境の整備が叫ばれる昨今、PCを調達する際「テレワークにも対応できるノートPC」という基準で選ぶことも増えている。テレワークに適したPCを選ぶ際には価格やスペック以外に、どのような点を考慮すべきなのだろうか。(2022/2/18)

PR:ハイブリッドワーク時代にマッチしたモバイルPC「HP Elite Dragonfly G2」のアドバンテージとは何か
法人向けPCの選定基準が大きく変わっている。ハイブリッドワークの環境に適合するのはもちろんだが、PCの選定が実は企業の採用にまで影響を及ぼすようになっている。そのようにデバイス選定の重要性が増している中で、注目の1台をピックアップした。(2022/2/17)

管理会計Q&A:
本社共通費の配賦基準に「納得がいかない!」 経理の答えは……?
本社共通費の配賦基準に納得がいきません。経理からは「ずっと使い続けている基準なので、変える理由はない」といわれました。納得ができる説明がほしいです──。不満に対し、プロの回答は?(2022/2/21)

基準への準拠を確認する作業負荷を軽減:
NTTデータ、無償で「『AWS FISC安全対策基準対応リファレンス』参考文書」を公開
NTTデータは、「『AWS FISC安全対策基準対応リファレンス』参考文書」を無償で公開した。AWSに構築したシステムが、FISC安全対策基準に準拠していることを判断するための参考情報。金融機関が実施すべき対策を具体的に示した。(2022/2/15)

モビリティー新時代 EV推進、「日本版LCA」着手が必要
トヨタ自動車がEV強化を表明して以降、EVの話題が一気に増えてきた。そこでよく問われるのがライフサイクルアセスメント(LCA)である。日本におけるEVビジネスの基準を示すためにも、「日本版LCA」の着手時期に来ているのではないだろうか。(2022/2/14)

連載・2021年、役員改革が始まった:
押し寄せる「執行役員」削減の波 裏側に「3つの課題」
執行役員とはいったい何なのか──。明確に定義している企業は少なく、基準や線引きが曖昧になっているケースも珍しくありません。執行役員を廃止・削減する企業も出てきています。(2022/2/14)

まとめ買いが多い:
毎月の「家飲み用」酒代 2位は「1万〜2万円」、1位は?
カクヤスは、同社のメールマガジンに登録しているユーザーを対象に、「毎月の家飲み代や贅沢なお酒の基準」について調査を行った。毎月の家飲み用の酒代を聞いたところ、最も多かったのは「5000円〜1万円」だった。(2022/2/10)

メールは暗号化、VPNは非推奨:
米国政府がゼロトラスト採用へ
米国行政管理予算局(OMB)は、「米国政府のゼロトラストサイバーセキュリティ原則への移行」と題する覚書を発表した。米国政府のゼロトラストアーキテクチャ(ZTA)戦略を説明したもので、各省庁に2024年度末までに、特定のサイバーセキュリティ基準と目標の達成を求めている。(2022/2/9)

子育てサポート企業:
「くるみん認定」とは? メリットや認定基準は? 22年4月の改正ポイントを解説
「くるみん認定」は、次世代法に基づき、一定の要件を満たした企業を「子育てサポート企業」として認定する制度です。認定基準が改正されるのを機に、あらためて制度の内容と目的を確認しましょう。(2022/2/8)

「どの資格があれば『専門性を満たしている』といえるか」など具体的な例示も:
経済産業省が「セキュリティサービス品質の判断基準」の第2版を公開
経済産業省は「情報セキュリティサービス基準」と「情報セキュリティサービスに関する審査登録機関基準」を改訂した。これまで「附則」としていた7項目を「情報セキュリティサービスにおける技術及び品質の確保に資する取組の例示」として独立させた。(2022/2/3)

価格だけで選んではいけないローコードツール
「ノーコード/ローコード開発」ツール 失敗しない選択の基準は?
ビジネスニーズの変化に対応するには、アプリケーションの素早い開発、改修が鍵を握る。アプリケーション内製化の手段として浮上している「ノーコード/ローコード開発」ツールは、どのような機能を備えるべきだろうか。(2022/2/3)

ICT施工:
既製杭などの出来形管理技術、国のICT施工の基準化へ検討具体化
国土交通省の「産学官連携によるICT施工の基準類作成」の取り組みで、矢板工、既製杭工においてICTで取得した施工履歴データによる出来形管理要領の作成が検討されている。技研製作所が国に提案し、2022年度からの基準化に向けて作業が進む。(2022/1/31)

人工知能ニュース:
複雑で分かりにくいAIを判断基準が明確なAIに変換する単純化技術を開発
日立製作所は、従来のブラックボックス型AIを判断基準が明確なAIに変換する「AI単純化技術」を開発した。経験や知識に基づいてユーザー自身で予測式を調整可能とし、信頼できるAIの構築を容易にする。(2022/1/26)

昇格、降格人事を考える:
昇格・降格は、何を基準に決めるべきか 制度設計と運用を解説
これまで2回にわたって、昇格・降格の基本的な考え方と、昇格・降格の前提にある人事等級制度について概要を解説してきました。今回から昇格・降格の制度設計と運用について述べていきます。(2022/1/25)

購入方法も聞いた:
バレンタインチョコを選ぶときの基準 3位は「パッケージがおしゃれなもの」、上位2つは?
Cake.jpは、10〜70代のCake.jp会員を対象に「バレンタインに関する意識調査」を行った。2022年のバレンタインでチョコやギフトを「贈る予定」と答えた人は、6割以上だった。バレンタインチョコを贈る理由や、選ぶ際の基準は何か聞いた。(2022/1/23)

Makuakeが“品質基準”を策定 「法令の順守」「表示と実物に差異が無いこと」など求める
マクアケが取扱商品の品質について定めた「Makuake品質基準」を公開した。品質試験の結果、基準に適合しないと判断された商品やサービスは取り扱いを断る可能性がある。(2022/1/21)

新工法:
ドーム型構造体を在来工法に比べ短工期で施工可能な工法を開発、鹿島建設
鹿島建設は、米国に本社を構えるドーム・テクノロジーとの技術提携で、多様なドーム型構造体の構築が可能な「KTドーム」工法を開発した。その後、建築基準法に基づき、KTドーム工法で、吹付けコンクリート(特殊な建築材料)を用いた構造の大臣認定を取得し、2020年3月に鹿島建設が神奈川県小田原市で保有するドーム型事務所棟の建設に適用した。(2022/1/21)

ZEH:
積水ハウス、分譲マンション「グランドメゾン」を100%ZEH仕様に
積水ハウスは2023年以降に販売する分譲マンション「グランドメゾン」の全住戸を ZEHに、全棟をZEH-Mにすると発表した。既に2021年度の新規着工案件は据えてZEH、ZEH-M基準をクリアする。(2022/1/20)

日本の金融セキュリティを世界の先行事例で支援:
PR:世界基準の安全性と利便性を両立 ポーランド生まれの金融ソリューション企業が日本進出
金融機関を狙うサイバー攻撃を防ぐには、ユーザーへの周知と技術的な対策の強化が必要だ。しかし既存のシステムでは検出精度や運用コストに課題がある。それらを解決する、金融分野に長(た)けたポーランドの企業が日本市場に進出している。(2022/2/2)

PR:Windows 11登場! 働き方の多様化に多彩なラインアップと情報発信で応えるレノボ・ジャパン
新OSとなる「 Windows 11 」が登場した。働き方が流動的になっていく中で、PC選びの基準も必然的に変化が見られる。その最新事情をレノボ・ジャパンに聞いた。(2022/1/18)

ファストリ、1Q決算の純利益は33%増 国内苦戦も海外事業が好調
ファーストリテイリングは1月13日、2021年9月〜11月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。(2022/1/14)

施工:
「後施工部分スリットによる柱の耐震補強工法」が適用範囲拡大、2方向スリットを追加
長谷工コーポレーションは、ロンビックジャパンとともに、完全スリットと同等の耐震補強効果が得られる「後施工部分スリットによる柱の耐震補強工法」で適用範囲の拡大を行い、日本建築防災協会の技術評価を更新した。後施工部分スリットによる柱の耐震補強工法は、2011年3月〜2020年9月の期間で、集合住宅や学校などで145件の採用実績がある。今回の技術評価更新を考慮し、長谷工コーポレーションは、同工法の特徴である住まいながら耐震補強が可能な点を引き続きアピールしつつ、長谷工リフォームを通じて、新耐震基準以前に施工されたマンションの管理組合に提案していく。(2022/1/13)

東証プライム、経過措置で「骨抜き」懸念も
東京証券取引所は4月に控えた市場再編に向け全銘柄の移行先を11日発表し、1部上場企業(約2200社)の8割超が最上位の「プライム」市場を選んだ。投資家が優良企業に投資しやすくするため上位市場の企業数を絞り込もうと図ったが、顔ぶれはほぼ変化がみられない。1割強の300社程度が基準を満たしていなくても経過措置でプライムに残留し、当初の狙いが骨抜きになる懸念が残る。(2022/1/12)

「スタンダード」あえて選択 関西企業でも
東京証券取引所が11日発表した、4月4日の市場再編で発足する新市場の上場企業リストでは、最上位の「プライム」にパナソニックのほかシャープ、京セラ、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングなど、関西を代表する大手企業が名を連ねた。一方、安定的な収益基盤の確保などプライム基準の厳しさもあり、現在東証1部に上場しながら、中堅企業を想定する「スタンダード」をあえて選択した関西企業もみられた。(2022/1/11)

PR:Windows 11時代はサステナビリティーでリーダーシップをとる――デル・テクノロジーズ
新OSの「 Windows 11 」が登場し、PC選びの基準が変わりつつある。その最新事情をPCベンダー各社に聞いた。まずはデル・テクノロジーズからだ。(2022/1/11)

「いつもより、小さなじゃがポックル」:
カルビー、「じゃがポックル」の長さ改定 天候不良が影響
カルビーが、従来よりもやや短い長さの「じゃがポックル」も封入するようにする。内容量や価格は変更しない。従来の基準では使用できないジャガイモも使えるようにする。(2021/12/30)

ZEB:
大成建設が袖ケ浦市庁舎整備事業でZEB Ready認証を取得、エネルギー消費量を54%削減
大成建設は、現在工事を進める「袖ケ浦市庁舎整備事業」で、「建築物省エネルギー性能表示制度」の最高ランクを獲得するとともに、「ZEB Ready」認証を取得した。今回の事業は、政府が2021年10月に公表した「第6次エネルギー基本計画」で掲げた「ストック平均でZEH・ZEB基準の水準の省エネ性能が確保されていることを目指す」の項目に資する取り組みとなる。(2021/12/27)

データ基盤の見直しも「イノベーティブ」に:
PR:クラウド活用を考える企業が知っておくべき「DB選定の基準」とは何か
クラウド活用を検討する企業にとって課題になるのは「ITインフラの移行方法」だ。有識者は「将来のクラウド活用を前提にするのであれば、既存のITインフラを“クラウドに適したものに切り替える”ことが重要だ」と言う。その理由は何か。(2021/12/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.