「動画配信」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!動画サービス→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で動画サービス関連の質問をチェック
ニコ生、Ustreamの厳選動画番組表/ITmedia ライブガイド

関連キーワード

Disneyの有料配信会員数がNetflix超え Disney+は米国で値上げ
The Walt Disney Companyの5〜7月木の決算は大幅な増収増益。だが動画配信では営業損失が出ており、「Disney+」は12月に米国で値上げし、広告付き低価格プランを追加する。(2022/8/11)

動画配信ツール「OBS Studio」に新バージョン Apple SiliconやHDR配信などに対応 β版公開
動画配信/録画ツール「OBS Studio」を開発するOBS Projectが、「OBS Studio 28.0 Beta 1」をプレリリースした。バージョン28では、AV1/HEVCでの10bitエンコード、HDRエンコードをサポートしたほか、「Apple Silicon」のネイティブ化を実現している。(2022/8/4)

GEM Partners調べ:
動画配信ランキング、「バチェロレッテ」「キングダム」を抑えトップになったのは?
デジタルマーケティングなどを手掛けるGEM Partners(東京都港区)は7月29日、定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング(7月16〜22日)を発表した。13週連続でトップになったのは『SPY×FAMILY』だった。(2022/7/29)

2022年「dTV」上半期視聴ランキング 総合3位『ハニーレモンソーダ』、2位『SPY×FAMILY』、1位は?
映像配信サービスの「dTV」は、22年の上半期視聴ランキングを発表した。1位はテレビアニメ「鬼滅の刃 遊郭編」が選ばれた。(2022/7/28)

マストドンつまみ食い日記:
ガーシーSNS、新ドメインに移行 連合機能を廃止、広告も導入
動画サービスFC2創業者と暴露系YouTuberが立ち上げたマストドンベースのSNSが新ロゴ、新ドメインに変更された。(2022/7/27)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Netflixの満足度が急降下 サブスク動画戦国時代の米国最新事情は?
SVOD(定額制動画配信)市場で激しい戦いが繰り広げられています。サービス加入者の満足度調査から見えてきたものとは……?(2022/7/25)

7月第2週:
動画配信ランキング、2位は『バチェロレッテ・ジャパン』 1位は?
7月第2週の動画配信ランキングの結果を発表した。2位は『バチェロレッテ・ジャパン』だった。1位は12週連続で首位を獲得したあの作品。(2022/7/23)

「バンドリ!」新バンドの“中の人”募集 声優やライブ、動画配信などで活動 「演奏できなくて大丈夫」
ブシロードは、アニメやゲームで展開している「BanG Dream!」(バンドリ!)で、新キャラクター5人の声優を募集する「バンドリ!バーチャル系新バンドオーディション」を開催すると発表した。(2022/7/22)

DAZNは窮地に?:
「ABEMA」がサッカー英プレミアリーグの放映権を獲得できたワケ
サイバーエージェント(CA)が運営する動画配信サービス「ABEMA」(アベマ)で、サッカーのイングリッシュ・プレミアリーグ(EPL)の配信が決定した。同社がEPLの放映権の一部を取得したためだ。ABEMAが放映権をなぜ獲得できたのか。要因を取材した。(2022/7/23)

冨安所属のアーセナル戦は全試合生配信:
「ABEMA」、英プレミアリーグ114試合生配信 DAZNは放映権獲得できず
サイバーエージェントは同社が運営する動画配信サービス「ABEMA」(アベマ)で、サッカーのイングリッシュ・プレミアリーグ(EPL)の放映権の一部を取得したと発表した。注目試合や日本人選手が所属するクラブの試合を中心に、114試合を配信する。(2022/7/21)

京アニ、18日に追悼動画を配信 放火事件からまもなく3年
京都アニメーションは、2019年7月18日に起きた第1スタジオの放火事件から丸3年になるとしてYouTube公式チャンネル「KyoaniChannel」で追悼のための映像を18日に配信すると発表した。(2022/7/7)

どうなるネットフリックス? リストラ後の決算の見どころ
米動画配信サービス大手のネットフリックスは2022年第2四半期(4-6月)決算を米国現地7月19日に発表する。4月19日に第1四半期(1-3月)決算を発表後、株価が大きく値下がりしたことは記憶に新しい。次の決算発表の注目点をまとめた。(2022/6/29)

ランキング:
定額制動画配信サービス 満足度の1位は「Netflix」、2位は?
ナイルは運営するスマホ情報サイトにて、 動画配信サービスに関するアンケート調査を実施。その結果、最も利用者が多いサービスは……。(2022/6/22)

今日のリサーチ:
「テレビCMよりも動画配信サービスの広告を好む」 日本の消費者の74%――IAS調査
動画配信と広告に関する消費者の意識調査です。(2022/6/20)

ドラマ本編にAIが広告をさりげなく合成する技術、フジテレビが運用 「ゆくゆくは広告で途切れない動画配信に」
フジテレビは17日、AIを用いてドラマ本編に交通広告やポスターといった形で広告を合成するシステムを本格運用すると発表した。ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」から導入する。(2022/6/17)

GEM Partners調べ:
動画配信ランキング 『SPY×FAMILY』『井上 vs ドネア』は何位にランクインした?
デジタルマーケティングなどを提供するGEM Partners(東京都港区)が「配信サービス視聴者数ランキング」(6月4〜10日)を発表した。1位はアニメ『SPY×FAMILY』(238ポイント)で、7週連続で首位を獲得した(2022/6/16)

YouTubeは古くなる? Web3時代の動画配信プラットフォームとは
「Roadstead」は2022年8月下旬リリース予定の動画配信プラットフォームだ。動画の視聴だけでなく、NFTとして動画を購入し、自分だけのオンラインシアターが作れる。従来の動画配信プラットフォームからの変化を解説する。(2022/6/15)

「アグレッシブ烈子」に続き、第2弾:
サンリオの人気キャラ「ぐでたま」、CGで“実写化” ネットフリックスで全世界配信、狙いは?
サンリオの人気キャラ「ぐでたま」を主人公としたCG作品を、米ネットフリックスが制作することが決まった。サンリオは2022年中に全世界配信するとしており、6月12日からはYouTubeで予告動画の配信が始まった。(2022/6/14)

Xiaomiのスマホブランド「POCO」が日本上陸へ 6月23日に発表
POCO Japanが、6月23日に日本でスマートフォンを発表することを予告している。23日19時からTwitterやXiaomiのWebサイトで映像配信を行う。POCOはXiaomiのサブブランド。(2022/6/13)

Netflixが正式発表:
「イカゲーム」続編の制作決定 言葉一切なしの広告ビジュアルに注目集まる
アメリカの動画配信大手、ネットフリックスは6月13日、韓国の人気ドラマ「イカゲーム」のシーズン2を制作すると正式発表した。キービジュアルも同時に公開。言葉を介さずとも不気味さが伝わる広告手法に、SNS上では期待の声があがる。(2022/6/13)

動画配信ツール「OBS」の偽物に注意 検索上位に詐欺広告が表示される可能性
動画配信ツール「OBS Studio」を提供するOBS Projectが、検索サイトでOBS Studioを検索すると、上位に偽のページが表示される可能性があるとして注意喚起した。(2022/6/8)

GEM Partners調べ:
動画配信ランキング 5週連続で1位を獲得したアニメは?
デジタルマーケティングなどを手掛けるGEM Partners(東京都港区)は、「定額制動画配信サービスのコンテンツ別ランキング」(5月21〜27日)を発表した。1位は「SPY×FAMILY」(1256ポイント)となり、5週連続で1位を獲得した。(2022/6/6)

Huluが実質3カ月無料に 楽天モバイルがトライアルキャンペーン実施
楽天モバイルは6月6日、動画配信サービス「Hulu」が実質3カ月無料になるトライアルキャンペーンを始めた。対象は6月6日から9月7日までに、初めてHuluを申し込む「Rakuten UN-LIMIT VI」または「Rakuten UN-LIMIT VII」の契約者。Huluの2カ月分の月額利用料(2052円)に相当する楽天ポイントを還元する。(2022/6/6)

NTTドコモモバイル社会研究所が分析:
動画サービスの王者はYouTube 認知度・利用率で次に続くのは?
NTTドコモのモバイル社会研究所は、動画サービス利用とYouTube利用動向について調査を実施した。YouTubeは認知率96.2%、利用率65.2%と無料動画サービスの中で最も高く、どの世代にも浸透していることが分かった。(2022/5/24)

【全文】「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動 ドワンゴは会見の質疑応答で何を語った? 一問一答
動画サービス「ニコニコ動画」などで親しまれてきた「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された問題で、ドワンゴが緊急記者会見を開いた。会見内の報道陣からの質疑応答に、ドワンゴはどう回答したのか。一問一答形式で紹介する。(2022/5/24)

YouTubeの認知率は10代〜70代で9割以上、利用率は?
NTTドコモのモバイル社会研究所が2022年1月の「動画サービス/YouTube利用動向」の調査結果を発表。YouTubeの認知率は96.2%、利用率は65.2%と高く、投稿率は男性の方が女性よりも高くなっている。(2022/5/23)

昨年からどう変わったか:
「Netflix」と「Amazonプライム・ビデオ」の違い 認知度・利用率が高いのは?
スパコロは、「動画配信サービス利用率の調査 2022年版」の結果を発表した。認知度・利用率が高いサービスは?(2022/5/21)

700人に聞いたドラマ視聴スタイル:
ドラマ鑑賞「週1本以上」が6割 テレビが動画配信サービスを上回る
ナイルは、15〜69歳の男女約700人を対象に、ドラマ視聴に関するアンケート調査を実施した。テレビの連続ドラマをどのくらい視聴しているか聞いたところ、約6割が「週1本以上」と回答した。(2022/5/18)

アニメ映画「プロメア」24日にYouTubeで無料配信 公開3周年イベントで 全国で復活上映も
アニメ映画「プロメア」の公開3周年を記念して「XFLAG ANIME」公式YouTubeチャンネルで24日にイベント動画を配信。この中で本編も公開する。(2022/5/18)

「チャージマン研!」配信の公式YouTubeチャンネル、収益化はく奪解除、プレミア動画配信再開へ
5月12日に動画の収益化をはく奪されたことを公表していました。(2022/5/17)

CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とは何か【第4回】
動画配信に欠かせない「CDN」が近年提供する意外な機能
企業がCDNを使う理由として、まずユーザー体験の向上を挙げることができる。機能が多様化する中、CDNのメリットはそれにとどまらなくなってきた。CDNについて他に何を知っておくべきなのか。(2022/5/16)

認知は上昇傾向に:
サブスク、20〜30代の5割弱が利用 人気は映像・動画配信サービス
ネットリサーチ事業を展開するテスティー(東京都渋谷区)は、20〜30代の男女約1200人に、サブスクリプションサービスに関する調査を実施。サブスクを実際に利用している人は、5割近くに上ることが明らかになった。(2022/5/15)

Hulu、ライブ配信に「追っかけ再生」実装 MLBとB.LEAGUEの試合で
動画配信サービス「Hulu」がライブ配信番組の「追っかけ再生」機能を実装。「MLB」と「B.LEAGUE」の試合が対応している。(2022/5/12)

GEM Partners調べ:
動画配信ランキング 4月第4週の1位は「SPY×FAMILY」 初の首位獲得
デジタルマーケティングなどを手掛けるGEM Partners(東京都港区)は、「定額制動画配信サービスのコンテンツ別ランキング」(4月23〜29日)を発表し、1位は「SPY×FAMILY」(162ポイント)となった。(2022/5/7)

ニンテンドースイッチで「Hulu」の視聴が可能に
動画配信サービス「Hulu」を運営するHJホールディングスは27日、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」に対応すると発表した。「ニンテンドーeショップ」で「Huluアプリ」を公開する。(2022/4/27)

動画配信ランキング 初登場の「SPY×FAMILY」をおさえ、1位になったのは?
定額制動画配信サービスのコンテンツ別ランキング(4月9〜15日)。1位は「名探偵コナン」だった。(2022/4/21)

アニメの製作委員会方式に、みずほが警鐘 動画配信時代に「交渉力低下のリスク」 コンテンツ産業の分析レポート公開
みずほ銀行は、Webサイトにて「コンテンツ産業の展望 2022 〜日本企業の勝ち筋〜」と題した調査レポートを公開している。出版や映画、アニメ、音楽、ゲームなどのコンテンツ産業の市場について解説したレポートで、アニメの製作委員会方式に潜むリスクなどを指摘している。(2022/4/21)

検閲員の過労死で見えた、中国ネット検閲のリアル クラウドとAIでは足りない理由
大手動画サイトで1人のスタッフが過労により亡くなった。彼の担当は動画検閲だったという。(2022/4/20)

Marketing Dive:
Netflixにも広告? そして…… 「動画配信戦国時代」は次の局面へ
Disney+が広告付きの利用枠開始を発表。Netflixも将来的な広告モデル導入の可能性を否定していない。そして、HBO MaxとDiscovery+が統合されて……。(2022/4/20)

ParaviがiOS 14以降のピクチャ・イン・ピクチャに対応 “ながら見”を強化
プレミアム・プラットフォーム・ジャパンは4月18日、スマートフォン・タブレット向けの動画配信アプリ「Paravi」を大幅にリニューアルし、最新バージョンを公開した。聴履歴をもとにおすすめ作品のリストを日替わりで提案する「パーソナライズレコメンド」機能を実装した。iOS 14以降の端末でParaviの動画を視聴しながら別のアプリを操作できる「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能などにも対応した。(2022/4/19)

DAZN、英プレミアリーグの放映権失う可能性 権利獲得の韓国企業「交渉の意思ある」
スポーツ動画配信サービス「DAZN」で、来季以降、イングランド・プレミアリーグ(EPL)の試合を視聴できない可能性が出てきた。運営元が「現時点においては来シーズンの放映権を保有していない」とするコメントを発表したためだ。ネット上では同社に対し、厳しい意見が出ている。(2022/4/15)

韓国資本の動画配信サービス「SPOTV NOW」、2022-2023シーズンの英プレミアリーグの放映権獲得
動画配信サービス「SPOTV NOW」を手掛ける韓国ECLAT MEDIA GROUPの日本法人LIVE SPORTS MEDIAが2022-23シーズンのイングランド・プレミアリーグ(EPL)の放映権を獲得したと正式発表した。8月以降、日韓両国で3季にわたって、EPLの全試合を配信する。(2022/4/15)

「現時点で来シーズンの放映権を保有していない」 DAZN、イングランド・プレミアリーグの放映権で公式声明
イングランド・プレミアリーグ(EPL)の2022-2023シーズン以降の放映権を巡り、韓国企業が運営する動画配信サービスが日本での放映権を獲得したとする一部報道に関して、「DAZN」を運営するDAZN Japan Investment(東京都港区)が「現時点においては来シーズンの放映権を保有していない」とするコメントを発表した。(2022/4/15)

「DAZN for docomo」、初期ユーザーも一律値上げ 7月から月額1078円→1925円に
NTTドコモはスポーツ動画配信サービス「DAZN」を視聴できる「DAZN for docomo」の初期ユーザー向けの月額料金を、7月1日から月額1078円から1925円に改定すると発表した。(2022/4/14)

「DAZN for docomo」、既存ユーザーも値上げに 月額1078円→1925円に調整 7月から
NTTドコモは、スポーツ動画配信サービス「DAZN for docomo」について、既存ユーザーの利用料金を値上げする。現在月額1078円で利用しているユーザー料金を月額1925円に改定する。新料金は7月1日から適用する。(2022/4/14)

DAZNで不具合発生、一部ユーザーがログインできず 「野球中継が見れない」と怒りの声【復旧済み】
スポーツ動画配信サービス「DAZN」で不具合が発生し、一部ユーザーがログイン状態になっている。(2022/4/13)

6月まではログイン不要:
「NHKプラス」がスマートテレビ対応を試行 Android TVやFire TVで“見逃し視聴”が可能に
NHKのオンライン動画配信サービス「NHKプラス(NHK+)」が、スマートテレビやセットトップボックス(STB)における見逃し視聴の試行を開始した。Android TVまたはFire OS(Fire TV)を搭載するスマートテレビやSTBにアプリをインストールすれば誰でも試行に参加できる。IDの取得は6月30日まで不要である。(2022/4/1)

ミクシィの事業を支える富士通のローカル5G:
PR:スポーツを5Gでアップデート ミクシィが取り組む「これまでにない映像配信」の舞台裏
スマホゲームだけでなく、昨今ではスポーツビジネスにも精力的に取り組むミクシィ。2021年10月にローカル5Gの免許を取得し、基地局の整備などを経て22年1月にスポーツ領域における商用利用を開始した。事業部門の「これまでにない映像配信をしたい」、かつ短いスケジュール、というオーダーから始まったプロジェクトだが、どのように商用利用開始にこぎつけたのか。また、富士通のサポートはどのようなものだったのか。その全貌に迫る。(2022/3/18)

アウェイ戦はDAZNが独占配信中:
W杯予選「豪州vs日本」のライブ視聴者数、過去最多を更新 DAZNが発表、歴代ランキングTOP10は?
スポーツ動画配信サービス「DAZN」の運営元が、サッカーW杯アジア最終予選「オーストラリア vs 日本」のライブ視聴者数が過去最高を記録したと発表した。24日の同試合で日本代表が7大会連続のW杯出場を決めたことから視聴者数が伸びたとみられる。(2022/3/25)

GEM Partners調べ:
動画配信ランキング 「鬼滅の刃」を抑え、2週連続1位になったのは?
定額制動画配信サービスのコンテンツ別ランキング」(3月12〜18日)。視聴率1位は「進撃の巨人」(95ポイント)だった。(2022/3/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.