• 関連の記事

「イヤフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イヤフォン」に関する情報が集まったページです。

完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds2 Pro」登場 Bluetooth LE Audioにも対応予定
Samsung Electronicsのハイスペックワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds Pro」に新モデルが登場する。アクティブノイズキャンセル機能の強化や高音質化が図られた他、規格が確定したばかりの「Bluetooth LE Audio」にも対応する予定となっているという。(2022/8/10)

ベルキン、Amazonでワイヤレスイヤフォンやモバイルバッテリーのセール 最大30%オフ
ベルキンは、8月8日〜14日にAmazonで5製品が最大30%オフになるセールを開催する。対象製品はワイヤレスイヤフォン3製品とモバイルバッテリー2製品。(2022/8/5)

騒がしい場所でもビデオ会議できる? Google初のノイキャンイヤフォン「Pixel Buds Pro」の実力
競合ひしめくノイズキャンセリング搭載ワイヤレスイヤフォン市場に、Googleが「Pixel Buds Pro」をひっさげ参入してきた。Proで初搭載となるノイキャン機能の実力やいかに。ビデオ会議で使ってみると、通話相手からも思いの外好評だった。(2022/7/30)

「Google Pixel Buds Pro」クイックレビュー 最近のAndroidスマホならセットアップ簡単
Googleの完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds Pro」が発売された。どんな特徴を持っているのか、簡単にレビューしていこうと思う。(2022/7/29)

ソニーの「LinkBuds」が「Ingress」と音声ARで連携 音だけでポータルの位置を特定
「Pokemon GO(ポケモンGO)」で世界的なヒットを飛ばしたNianticは7月28日、同社のゲーム「Ingress」とソニーの穴あきイヤフォン「LinkBuds」「LinkBuds S」が連携したと発表した。地図情報の活用により現実世界をゲーム盤にしたIngressは、世界200以上の国や地域で、2000万以上ダウンロードされている、リアル・ワールド・ゲームを先駆けた作品。今回の連携により、音だけでポータルの位置を特定できるヘッドトラッキング機能が追加された。(2022/7/28)

オトバンク調査:
「ワイヤレスイヤフォン」人気メーカー、3位「Anker」、2位「SONY」、1位は?
オトバンクは、オーディオブックユーザーを対象に「イヤフォン利用に関する調査」を実施した。オーディオブックユーザーが選ぶワイヤレスイヤフォンメーカー1位は「Apple(アップル)」だった。(2022/7/28)

SB C&S、ROCCATブランド製ワイヤレスゲーミングイヤフォン「Syn Buds Air」を取り扱い開始
SB C&Sは、ROCCATブランド製ワイヤレスゲーミングイヤフォン「Syn Buds Air」の取り扱い開始を発表した。(2022/7/27)

ファーウェイ、LDACとノイキャン対応の完全ワイヤレスイヤフォン「FreeBuds Pro 2」
ファーウェイ・ジャパンは、ノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds Pro 2」を7月28日に発売する。業界初をうたうトリプルマイクアダプティブノイズキャンセリングに対応。マルチポイントペアリングを採用した他、LDACコーデック、ハイレゾもサポートしている。(2022/7/26)

Innovative Tech:
歯ぎしりの音をイヤフォンで拾い個人認証 米国チーム「ToothSonic」開発
米フロリダ州立大学と米ラトガース大学の研究チームは、ユーザーが歯のジェスチャーを行う際に発生する歯型による音波効果を利用したイヤフォンベースの認証システムを開発した。(2022/7/25)

OCNモバイル オンラインショップが「OPPO Reno7 A」をセット販売 MNPなら2万8300円に
NTTレゾナントは、7月22日に「OCNモバイル オンラインショップ」で「OPPO Reno7 A」と「OCN モバイル ONE」のセット販売を開始。価格は3万3800円(税込み)で、先着200人にOPPO製イヤフォン「OPPO Enco Buds」をプレゼントする。(2022/7/22)

JBL、完全ワイヤレスタイプの低遅延ゲーミングイヤフォン
ハーマンインターナショナルは、米JBLブランド製となるゲーミング用完全ワイヤレスイヤフォン「JBL Quantum TWS」を発売する。(2022/7/21)

Innovative Tech:
耳垢のたまり具合を教えてくれるイヤフォン 長時間着用による難聴の早期発見も
米国と中国による研究チームは、耳の健康をユーザーが容易にモニタリングできるイヤフォンシステムを開発した。耳垢の蓄積、中耳炎、鼓膜破裂などを日常的に検出する。(2022/7/20)

ゲオ、aptX対応のワイヤレスイヤフォンを3278円で発売
ゲオストアは、7月14日から「完全ワイヤレスイヤホンDT06 aptX対応(GRFD-TWSDT06)」を限定発売。aptXに対応し、雑音をカットしてクリアな通話が可能なQualcommのcVc 8.0を採用している。価格は3278円(税込み)。(2022/7/14)

ビデオ会議にも便利! 高コスパで多機能すぎる「JBL LIVE FREE 2 TWS」を試して分かったこと
ハーマンインターナショナルのJBLブランドに追加された完全ワイヤレスイヤフォン「JBL LIVE FREE 2 TWS」は、1万円台半ばの価格で多機能な製品に仕上がっている。試して分かったことをまとめた。(2022/7/14)

最大30dBのノイキャン対応ワイヤレスイヤフォン「EarFun Air S」発売 7月13日まで20%オフ
EarFun echnologyは、7月11日にワイヤレスイヤフォン「EarFun Air S」を発売。最大30dBのアクティブノイズキャンセリングに対応し、7月13日までAmazonで20%オフクーポンを配布する。(2022/7/11)

Innovative Tech:
「海の中に潜っているみたい」――周囲の雑音をほぼカットできるワイヤレスイヤフォン
米ワシントン大学の研究チームは、周囲のノイズをほとんど遮断し対話相手の声だけを分離できるワイヤレスイヤフォンを開発した。(2022/7/11)

USB Type-Cで充電しながらイヤフォン接続できる変換ケーブル4種、エレコムから
エレコムは、7月上旬にスマートフォンやタブレットの音声出力に対応したUSB Type-Cコネクターを3.5mmステレオミニプラグへ変換する音声変換ケーブルを発売。ハイレゾ対応など4種類を展開する。(2022/7/5)

スマホのバッテリー劣化を予測できるアプリ「スマホカルテ」、一般公開に
ニューズドテックは、7月4日に診断アプリ「スマホカルテ」の一般公開を開始。電源コネクター、カメラ、マイク、Wi-Fi、イヤフォン、液晶画面や通話/通信、ネットワークローミングなどの状態をチェックできる。(2022/7/4)

ベルキン、ノイキャン対応ワイヤレスイヤフォン3モデル発売 Amazonで台数限定13%オフ
ベルキンは、6月22日にApple Find Myやノイズキャンセリングに対応したワイヤレスイヤフォン3モデルをAmazon限定で発売。「Belkin SOUNDFORM Play完全ワイヤレスイヤフォン」は各色100個限定13%オフで販売する。(2022/6/22)

OPPO初の公式ECサイトが6月16日オープン 全品送料無料
オウガ・ジャパンは初の公式ECサイト「OPPO公式オンラインショップ」を6月16日15時にオープンする。スマートフォンをはじめ、イヤフォンやスマートウォッチといったIoT関連製品などを取りそろえる。オープンを記念してキャンペーンを実施する。(2022/6/16)

多すぎて分からない「ワイヤレスイヤフォン」 選び方のポイントを解説
完全左右独立型のイヤフォンは「TWS(True Wireless Stereo)イヤフォン」とも呼ばれ、ここ数年で多く普及していることもあり、販売される製品も数多くある。そこで今回は選ぶべきポイントを挙げながら、イヤフォン選びについて語っていきたいと思う。(2022/6/12)

Shokz、スポーツ利用にも向くBluetooth接続対応の骨伝導イヤフォン「OpenRun」に小型モデルを追加
Shokzは、ワイヤレス骨伝導イヤフォン「OpenRun」に短寸バンドを採用した小型モデル「OpenRun Mini」を追加した。(2022/5/24)

ソニーの “常時装着”イヤフォン「LinkBuds S」は2万6000円前後(米国は199.9ドル)
常時装着を前提としたイヤフォン「LinkBuds」シリーズの新作「LinkBuds S」は2万6000円前後。米国価格は199.9ドル。(2022/5/19)

ソニーが「Auto Playアプリ」発表 スマホ触れずに音楽再生を実現
ソニーは5月19日、ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」「LinkBuds S」向けに、スマートフォンを触らず自動で音楽を再生したり、情報を取得したりできるアプリ「Auto Play」を発表した。配信時期はAndroid向けが5月19日(LinkBuds S発表時)、iOS向けが6月上旬を予定。既発売のLinkBudsは5月31日に配信開始のファームウェア更新で対応する。(2022/5/19)

ソニーがノイキャンイヤフォン「LinkBuds S」発表 “穴なし”構造でLDAC対応
ソニーは、ノイズキャンセル(NC)機能と高音質コーデックLDACに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds S WF-LS900N」を6月3日に発売する。市場想定価格は2万6000円(税込み)。カラーはエクリュ、ホワイト、ブラックの3色を用意する。(2022/5/19)

Google、アクティブノイキャン搭載「Pixel Buds Pro」今夏発売へ
Googleはワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds Pro」を発表した。今夏2万3800円で発売する。待望のアクティブノイズキャンセリング機能搭載だ。(2022/5/12)

1MORE、LDAC対応の完全ワイヤレスイヤフォン「1MORE EVO」の国内販売を開始
1MORE INTERNATIONALは、同社フラグシップモデルとなるハイレゾ音源対応の完全ワイヤレスイヤフォン「1MORE EVO」の国内販売を発表した。(2022/5/10)

今、あえて「イヤフォンジャック」付きのスマホを選ぶべき理由
近年ではイヤフォンジャックのないスマートフォンが多く販売されている。一方で、XperiaやROG Phone 5など、イヤフォンジャックを備えたスマートフォンもある。有線イヤフォンを使うメリットは、高音質や長時間再生、動画やゲームなどでの音声遅延を抑えられることが挙げられる。(2022/5/3)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(21):
Z世代の心に響け、ソニーの“穴あき”イヤフォン「LinkBuds」に見る音の未来
ソニーが2022年2月に発売したイヤフォン「LinkBuds」は、中央部に穴が開いたリング型ドライバーを搭載している。あえて穴を空けることで、耳をふさがず、自然な形で外音を取り入れるという技術的工夫だ。これまで「遮音」を本流とした製品展開を進めてきたソニーだが、LinkBudsにはこれまでの一歩先を行くという、同社の未来に向けた思いが表れている。(2022/4/26)

ゼンハイザー、高音質再生を実現した完全ワイヤレスイヤフォン「MOMENTUM True Wireless 3」
ゼンハイザーは、ハイスペック仕様の完全ワイヤレスイヤフォン「MOMENTUM True Wireless 3」の発表を行った。(2022/4/26)

ゼンハイザー、シーンに応じてイヤーピースの使い分けができるスポーツ向け完全ワイヤレスイヤフォン
ゼンハイザーは、スポーツ向けをうたった完全ワイヤレスイヤフォン「SPORT True Wireless」を発表した。(2022/4/21)

Bang & OlufsenがIP57対応の完全ワイヤレスモデル「Beoplay EX」を投入
Bang & Olufsenは、同社初となるアダブティブ・アクティブノイズキャンセリング機構を搭載したBluetoothワイヤレスイヤフォンの5世代目となる新モデル「Beoplay EX」を発表した。(2022/4/15)

「有線イヤフォン使いは厄介でITリテラシーが低い」? 音楽などの聴き方巡りSNSで物議、実は“炎上商法”かも
あるユーザーがツイートした「有線イヤフォンを使っている人を見ると、ITリテラシーが低く感じられる」という旨の投稿が話題になっている。メーカーや著名人なども反応しているが「炎上商法ではないか」と指摘する声も挙がっている。(2022/4/13)

ASUS、低遅延接続を実現した完全ワイヤレスゲーミングイヤフォン
ASUS JAPANは、完全ワイヤレス設計を採用したゲーミングイヤフォン「ROG CETRA TRUE WIRELESS」を発表した。(2022/4/8)

ソニーのワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」を試す 穴あき構造は“ながら聴き”に向くのか
ソニーが2月25日に発売した「LinkBuds」を入手した。振動板の中心部がくりぬかれたドライバーユニットと「ソニー史上最小、最軽量」をうたうボディーが特徴だ。さまざまなシーンや音で聞き比べてみた。(2022/4/5)

TDK AVRF041A150MT242、AVRF061D2R4ST532:
ESD保護機能付きノッチフィルター
TDKは、ESD保護機能付きのノッチフィルター「AVRF041A150MT242」「AVRF061D2R4ST532」を開発した。ノイズ対策とESDからの保護を両立しており、無線イヤフォンやスマートスピーカーなどオーディオ回路のEMC対策に適する。(2022/4/1)

Innovative Tech:
「何かに集中していて、聞き取れなかった音声」を後から再生できるイヤフォン 京セラが開発
京セラ研究開発本部フューチャーデザインラボの研究チームが人間拡張研究の一環として、何かに集中していて聞き逃した音声を後から教えてくれるヒアラブルデバイスを開発した。(2022/3/28)

ノイキャン対応のワイヤレスイヤフォン「Xiaomi Buds 3T Pro」を発売 2万3800円
Xiaomiが完全ワイヤレスイヤフォン「Xiaomi Buds 3T Pro」を発売。最大40dBのアクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載。DLCコーティングを施した10mmデュアルマグネット・ダイナミックドライバーとLHDC4.0コーデック対応により、高い音質を実現したという。(2022/3/18)

ラディウス、5色から選べるLightning接続イヤフォン 発売 3498円
ラディウスは、3月20日からLightning接続イヤフォン「HP-NEL12」を発売。直径14.15mmのドライバーを採用し、耳を完全にふさがないインナーイヤー型のため外の音も聞こえる。価格は3498円(税込み)。(2022/3/15)

Shokz、深みのある低音再生も可能としたフラグシップ骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」の一般販売を開始
Shokz(旧AfterShokz)は、低音再生能力を高めた骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」の一般販売開始を発表した。(2022/3/1)

本田雅一の時事想々:
ソニーが放つ、異色の“穴あきイヤフォン” 「ヒアラブル機器」が再ブレイクしそうな理由
ソニーが発売した「LinkBuds」は、ヒアラブル機器が新しい世代への入り口に差し掛かったことを予感させる製品だ。LinkBudsは、ただの「快適なイヤフォン」ではないという。どういうことかというと……?(2022/3/4)

外出中でも声だけで自宅の家電を操作できる「Echo Buds」(第2世代)を試して分かったこと
群雄割拠状態の完全ワイヤレスイヤフォンだが、ついにAmazonの「Echo Buds」の最新世代が日本で発売される。実機を試して分かったこととは何か。(2022/2/28)

OPPO、45dBの騒音対応ノイキャン付き無線イヤフォン「Enco X2」4月に199ユーロで発売
OPPOは新スマートフォン「Find X5 Pro」と共に新無線イヤフォン「Enco X2」も発表した。4月中旬に欧州で発売予定。価格は199ユーロ(約2万6000円)だ。(2022/2/25)

小型軽量なのにガツンとした重低音を聞かせてくれる新生Shokzの骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」を試す
ワークアウト中やビデオ会議などで、長時間使えるイヤフォンやヘッドフォンはないものだろうか。Shokzの骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」は、新世代のチップも採用することで音質を大幅に改善させているという。早速、実機を使ってみた。(2022/2/21)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
ソニーが放つ、アナーキーな完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」 あなたの耳にもしっくりくる?
ソニーが発表して話題を呼んでいる穴開き完全ワイヤレスイヤフォンについて語り合いました。(2022/2/17)

Amazon、第2世代のスマートイヤフォン発売 ANC搭載、外音取り込みも
Amazonは16日、完全ワイヤレスイヤフォン「Echo Buds(第2世代)」の予約受付を始めた。価格はUSB-C充電ケース付きの1万2980円(税込)から。(2022/2/17)

ソニー、穴が空いたイヤフォン「LinkBuds」を国内販売 2万3000円前後
ソニーは16日、穴が空いたイヤフォン「LinkBuds」(リングバッズ)を日本でも発表した。25日から実売2万3000円前後で販売する。(2022/2/16)

米Sony、穴が空いた完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」発表 音声ARで米Nianticと協業へ
米Sony Electronicsは15日(現地時間)、環状のドライバーユニットを搭載した新コンセプトの完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」を発表した。Microsoft、Spotify、Nianticとの協業も。(2022/2/16)

運動不足を可視化! このままではマズイと思わせてくれるスマートウォッチ「Amazfit GTR 3 Pro」で迎える旧正月
スマートウォッチの選択肢も着実に増えている。スマートバンドからイヤフォンまで、豊富なバリエーションを有するAmazfitだが、ここでは最上位モデルに当たる「Amazfit GTR 3 Pro」を試した。(2022/2/4)

学習専用イヤフォン、finalが発売 九州大学と共同研究 話し声を聞き取りやすく
finalは、九州大学と共同開発した学習専用イヤフォン「STUDY 1」を2月10日に発売する。話し声が聞き取りやすく、声への集中力が高まるという。2980円(税込)。(2022/1/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.