「教育」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「教育」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

世界で戦えるマーケティング知識をグループ全体に:
シンフォニーマーケティングが日立グループに「ABM研修特別編」を提供
シンフォニーマーケティングが日立アカデミーと教育プログラムを共同で設計・開発。世界の大手・中堅B2B企業が積極的に取り組んでいるマーケティング戦略の一つである「ABM(Account Based Marketing)」を体系的に1日で学べる内容になっている。(2024/7/18)

小寺信良のIT大作戦:
AIは“学ぶ友”になれるのか? 学校でのAI活用、先生を育てる教育学部の先生に聞いてみた
AIを活用した子供向けの教育としては、すでに学習塾や通信教育を中心に展開が始まっている。同じ事を何度聞いても腹を立てない、学習の進捗を個別具体的に把握してくれるなど、人間の先生ではカバーできない部分を担うものとして、注目が集まっている。(2024/7/19)

セキュリティニュースアラート:
セキュリティ担当者がいま学びたいプログラミング言語とは?
Linux FoundationとOpenSSFが安全なソフトウェア開発教育に関するレポート「Secure Software Development Education 2024 Survey」を公開した。調査から、多くのセキュリティ担当者が積極的に学びたいと考えているプログラミング言語が判明した。(2024/7/18)

福田昭のデバイス通信(466)ECTC現地レポート(4):
日本の20倍もの学生が毎年卒業する中国の大学教育
「ECTC 2024」のプレナリーセッションの最終日(2024年5月31日)には、半導体業界の人材育成に関するパネル討論が行われた。その中から中国Central South University(中南大学)と米国Texas Instrumentsの講演を紹介する。(2024/7/12)

PR:ファンレスで頑丈! Intel N100搭載の教育向け2in1ノートPC「MousePro T1-DAU01BK-A」を試す
マウスコンピューターの「MousePro T1-DAU01BK-A」は、Intel N100搭載の2in1ノートPCだ。教育向けに、頑丈かつファンレス仕様に仕上げたモデルをチェックした。(2024/7/10)

大型掲示装置やSTEAM教材の展示も充実――「NEW EDUCATION EXPO 2024」で見た教育の未来
6月6日からの3日間、東京都江東区で教育関係者向けイベント「NEW EDUCATION EXPO 2024 TOKYO」が開催された。この記事では、電子黒板を始めとする「大型提示装置」と、STEAM教育に関する注目すべき展示を紹介する。(2024/7/9)

5歳児が車を見て「変えた?」 愛車の“ある変化”に気づいた息子に「将来有望」「英才教育バッチリ」
かわいい専属カメラマン……!(2024/7/5)

設計者CAE教育のリデザイン(再設計)(5):
設計者CAEの取り組みで“再定義”すべき3つの項目
連載「設計者CAE教育のリデザイン(再設計)」では、“設計者CAEの教育”に焦点を当て、40年以上CAEに携わってきた筆者の経験に基づく考え方や意見を述べるとともに、改善につながる道筋を提案する。最終回となる連載第5回では「設計者CAEの取り組みで“再定義”すべき3つの項目」について取り上げる。(2024/7/4)

「考えた人すごい」 3歳娘が作った“歯磨き教育ツール”が秀逸すぎる 天才的アイデアに「良い!!」「作ってみよ」
これはよく考えられている……!(2024/7/5)

「イオンリテール」接客教育にAIを導入、実証実験の結果は?
イオンリテールは「イオン」「イオンスタイル」約240店舗で、従業員接客教育にInstaVR(東京都港区)が提供する笑顔・発声トレーニングAI端末「スマイルくん」を導入する。(2024/7/2)

Z世代が考えるなりたい自分 2位「プライベートと仕事の両立・充実」、1位は?
教育事業などを展開するヒューマンホールディングスは、企業や団体に勤める20〜28歳の男女を対象に「仕事観と自分らしさに関する調査」を実施した。なりたい自分の姿を思い描けている人は全体の3割にとどまり、なりたい自分の1位は「信頼される、したわれる」だった。(2024/6/28)

小寺信良のIT大作戦:
不足する「AI人材」 社会は変わる、学生はどうする?
AWSが、AIスキルの人材育成に対して新たなプログラムを発表した。同社は技術への投資はもちろん、人材育成として社会人への教育プログラムにも力を入れてきたが、それは当然これまでのAWSのビジネスに直結するクラウドスキルに関するものが多かった。その教育プログラムに、AIを学べるものが加わった格好だ。(2024/6/27)

電子黒板からカラー電子ペーパーまで、次の教育ICTには何が採用される? 最先端が分かる「EDIX 東京 2024」で各社のブースを見てきた
EDIX 東京 2024は教育関連のICTに直接触れられる貴重な展示会だ。注目の展示を記事で紹介する。(2024/6/27)

オンプレミスインフラを刷新
生徒1万7000人の教育機関が「クラウド」ではなく「HPE GreenLake」を選んだ理由
ITインフラ刷新に当たって「HPE GreenLake」を採用した米国の教育機関。クラウドサービスではなく、なぜ“オンプレミスインフラのマネージドサービス化”を選んだのか。その理由と、導入後に得られたメリットとは。(2024/6/27)

ICT建機:
建設業向け「ICT施工トレーニングパッケージ」をアクティオが提供
アクティオとペーパレススタジオジャパンは、全国の建設会社向けにBIM/CIM実益化ワンストップサービス「ICT施工トレーニングパッケージ」の提供を開始した。福井コンピュータのICT施工ソフトウェアを教育用ライセンスで使い、NTTPCコミュニケーションズのNTTPCコミュニケーションズの仮想デスクトップを介して遠隔学習する。(2024/6/24)

中国を除く世界市場は2.6%成長:
2024年の世界PC市場、AI PCの登場やWindows 10サポート終了などで緩やかに成長 IDC予測
IDCは、世界のPC市場に関する調査分析と予測のレポートを公開した。世界全体の従来型PC市場は、AI PCの登場や、教育市場での更新サイクル、Windows 10のサポート終了などの要因から世界全体で緩やかな成長が見込まれる。(2024/6/24)

忙しい教職員をサポートするソリューションにも熱い展示が見られた「NEW EDUCATION EXPO 2024」レポート
6月6〜8日にTFTビル(東京・有明)で「NEW EDUCATION EXPO 2024」が開催された。本イベントは1996年から内田洋行主催で毎年この時期に開かれているもので、今回が29回目となる。教育DXを実現するさまざまなソリューションが展示されていた(2024/6/20)

レイオフではなく「破壊的変化」をもたらす?
「未経験エンジニア」はもう要らない 生成AIによって壊れゆく採用市場
企業は生成AIを業務に活用し始めている。この動きは、単純な業務を国外に委託するオフショアアウトソーシングと共通する部分がある。採用市場、ひいては教育現場にどのような影響をもたらし得るのか。(2024/6/19)

AWS、生成AIスタートアップに360億円投資 支援プログラム第2弾も
米Amazon Web Servicesが、生成AIスタートアップに2億3000万ドル(約360億円)を投資すると発表した。スタートアップに対し、AWSの支払いに使えるクレジットや教育を提供するために使う。生成AIスタートアップ支援プログラム「AWS Generative AI Accelerator」の第2期も開始した。(2024/6/17)

研究開発の最前線:
海藻によるブルーカーボンの活用に向けたコア技術の委託事業に採択
東北大学が代表機関を務めるコンソーシアムが、福島国際研究教育機構の委託事業「ネガティブエミッションのコア技術の研究開発・実証」に採択された。同大学のほか、鹿島建設と日本エヌ・ユー・エスが参画している。(2024/6/13)

「もう限界です」──国立大学協会が声明、財務悪化の現状を訴える 「教育・研究の質の低下が危惧される」
「もう限界です」──国立大学協会は、日本の国立大学の財務状況に関する声明を発表した。物価高騰や円安などの影響で、国立大学の財務状況は悪化が続いているという。(2024/6/7)

設計者CAE教育のリデザイン(再設計)(4):
ビジョンなき教育に効果なし……CAE活用のグランドデザインの必要性
連載「設計者CAE教育のリデザイン(再設計)」では、“設計者CAEの教育”に焦点を当て、40年以上CAEに携わってきた筆者の経験に基づく考え方や意見を述べるとともに、改善につながる道筋を提案する。連載第4回では「CAE活用のグランドデザインの必要性」について解説する。(2024/6/6)

Z世代が考える自分らしい働き方 将来の目標年収はどのくらい?
教育事業などを展開するヒューマンホールディングスは、企業や団体に勤める20〜28歳の男女を対象に「仕事観と自分らしさに関する調査」を実施。自分らしい働き方で多かったのは「ワークライフバランスを保つ」「仕事とプライベートをきっちり分ける」、将来の目標年収で多かったのは「400万〜500万円」という回答だった。(2024/6/5)

OpenAI、大学向け「ChatGPT Edu」を“手頃な価格で”提供開始
OpenAIは、大学などの教育機関向けの「ChatGPT Edu」を発表した。企業向けの有料版よりも手頃な価格で、「GPT-4o」などの最新機能を利用できる。非営利団体向け「ChatGPT Nonprofits」も発表した。(2024/5/31)

パパにも遊ばせて……! 子どもたちに乗っ取られた“ガチすぎるゲーム環境”が話題 「英才教育すぎる」「うらやましい」
パパは見てるだけ。(2024/5/30)

これ、再起動していいのかな……:
授業参観でPCがフリーズ! 先生パニック!――小学生の親が見た「IT公教育」のリアル
息子がプログラミング会社の社員になりました。(2024/5/30)

教育機関に広がる「VMware買収」の影響【後編】
「VMwareライセンス」は何が変わった? 教育現場を悩ませる“コスト増”の原因
BroadcomのVMware買収の影響が教育機関に及んでいる。ベルギーのルーベンカトリック大学も影響を受けた機関の一つだ。どのような変更があり、教育現場をどう苦しませているのか。(2024/5/30)

PR:ベネッセ、アジャイル開発の舞台裏 教育現場の“激変”にどう対応した?
(2024/5/30)

「東芝未来科学館」が一般公開を終了へ 63年にわたり親しまれた科学教育施設
東芝は5月23日、同社の科学教育施設「東芝未来科学館」の一般公開を、6月29日をもって終了すると発表した。公開終了について「当社グループの事業ポートフォリオがBtoCからBtoBへ移行していることに伴い」としている。(2024/5/25)

教育機関に広がる「VMware買収」の影響【前編】
「VMwareライセンス費用の増加」に悲鳴 “買収の余波”が教育現場にも
BroadcomによるVMware買収に伴い、教育機関がVMware製品の実質的な値上げに直面している。VMware製品の代替製品を検討する余裕がない非営利団体の事例を紹介する。(2024/5/23)

STEAM教育ってどうなの? マイクラで金融教育?「EDIX 東京 2024」で見た最新事情
東京と大阪で毎年開催されるEDIX(教育総合展)では、年々STEAM教育に関連した展示が増加し、内容も充実してきている。2024年はどうだったのか、筆者が気になるブースの様子をお伝えする。(2024/5/22)

猫たちによる「おやつくれくれ団」に子猫が新加入! 先輩の教育もばっちりで見事な“シンクロ”を見せつける姿がかわいい
元気いっぱいの新人。(2024/5/18)

パパの車の前でピースしていた女の子が成長して…… 「父親譲りの車好きになりました」に「父さんええなぁ」「英才教育」
ポージングにも「車好き」としての成長が。(2024/5/16)

仕事に役立つ「AI」資格10選【中編】
「AI」のエキスパートになるなら、どの知識とスキルを極めるべき?
ビジネスにおけるAI技術活用が進む中で、ますます重要になっているのがAI技術関連の知識やスキルだ。大学などの教育機関が提供する5つのAIコースを紹介する。(2024/5/14)

日本最大の教育展示会「EDIX 東京」に大盛りランチパック!? GIGAスクール構想のその先を見てきた
5月8日から10日にかけて、東京ビッグサイトで開催されている日本最大級の教育向け展示会「EDIX 東京」。NEXT GIGA(GIGAスクール構想第2フェーズ)に向け、さまざまなソリューションが展示されていた。ここでは先生の業務効率化、児童生徒の学校生活の質を上げるであろうソリューションを紹介する。(2024/5/10)

デル、教育現場での利用に適したIntel N100搭載11型2in1 Chromebook
デル・テクノロジーズは、Intel N100を採用した11型2in1 Chromebook「Chromebook 3120 2-in-1」を発表した。(2024/5/10)

製造IT導入事例:
拠点横断で計画的な人材育成を 大手環境試験器メーカーがスキル管理システム導入
Skillnoteのクラウド型スキルマネジメントシステム「Skillnote」を、大手環境試験器メーカーのエスペックが導入した。拠点横断型の人材育成や教育課程の可視化に活用する。(2024/5/10)

設計者CAE教育のリデザイン(再設計)(3):
設計者のためのCAEとは? 「逆算のCAE」の必要性と実践に向けて
連載「設計者CAE教育のリデザイン(再設計)」では、“設計者CAEの教育”に焦点を当て、40年以上CAEに携わってきた筆者の経験に基づく考え方や意見を述べるとともに、改善につながる道筋を提案する。連載第3回では、設計に必要な解析技術を開発し、設計者が使用できる環境を構築する「逆算のCAE」のアプローチについて解説する。(2024/5/10)

“NEXT GIGA”に向けた各社の取り組みやいかに?──日本最大の教育関連展示会「EDIX 東京」に出展していたPCメーカーのブースレポート
GIGAスクール構想スタートから4年目となる2024年、文部科学省ではその第2段階「NEXT GIGA」に向けて動いている。NEXT GIGAでは早くもリプレース時期を迎えた自治体の端末選定など課題も多い。PCメーカー各社はどのようなアプローチをしているのだろうか。「EDIX 東京」でその取り組みを見てきた。(2024/5/9)

グッドパッチとUXの話をしようか:
AI時代の「生き残りスキル」 子どもの教育にまで影響?
AI時代における「生き残りスキル」については、さまざまな分野で語られています。その影響は、小中学生の教育にまで及んでいるように感じます。一緒に考えてみましょう。(2024/4/26)

大阪市教委、学校端末の契約金で未払い発覚 NECに7億円支払わず 「事務業務が煩雑化、対応できなかった」
大阪市教育委員会は、NECに委託していた学校向けネットワークの運用保守業務に関して、約2年間契約金が未払いだったと発表した。未払い金の総計は7億1321万3000円。(2024/4/25)

小中高校の通信環境、約8割が不十分 大規模校ほど脆弱、教育デジタル化にハードル 文科省調査
全国の公立小中高校のインターネット通信環境について、規模に見合った通信速度を確保できていない学校が8割近くに上ることが4月24日、文部科学省の調査で分かった。(2024/4/24)

不登校児童生徒をメタバースで救えるか? レノボが大阪教育大学とタッグを組んだ理由
レノボ・ジャパンと大阪教育大学が、教育と研究などの分野で協力し、教育課題の解決等を目的とする包括提携協定を結んだ。調印式は、開設されたばかりの大阪教育大学天王寺キャンパスにある「みらい教育共創館」で実施され、「1人も取り残すことのない教育」支援の方法が提示された。(2024/4/18)

Dynabook、教育機関向けのキーボード着脱式2in1 Chromebookを発表
Dynabookは、教育機関向けとなる2in1 Chromebook「Dynabook Chromebook C70」の発表を行った。(2024/4/17)

ライドシェア初日の利用は? エムケイHD社長は「中途半端な時間設定」
日本版ライドシェアの運行が京都府内でも始まった。府内第1号となったのはタクシー大手の「エムケイ」。このほかのタクシー会社も今月中の運行を目指し、乗務員の採用や教育・研修などの準備を進めている。(2024/4/9)

駿台、教育AIベンチャーatama plusと資本業務提携 株式35.5%取得
駿台が、AIを活用した学習塾向け教材サービスを提供するatama plus(東京都港区)と資本業務提携を結んだと発表した。駿台はatama plusの株式の35.5%を取得。2社は今後、オンライン塾サービスを共同で展開する。駿台による出資額は非公開。(2024/4/8)

設計者CAE教育のリデザイン(再設計)(2):
「設計者はなぜCAEを煙たがるのか」を考察し、広がりを阻害する壁を取り除く
連載「設計者CAE教育のリデザイン(再設計)」では、“設計者CAEの教育”に焦点を当て、40年以上CAEに携わってきた筆者の経験に基づく考え方や意見を述べるとともに、改善につながる道筋を提案する。連載第2回では、マーケティング手法のチカラを借りて、CAEが広まらない理由を考察する。(2024/4/8)

MicrosoftがWindows 10の法人/教育機関向け「ESU(拡張セキュリティ更新)」の詳細を発表 個人向けは後日発表
「Windows 10」のサポート終了後にセキュリティ更新の期間を延長する「ESU(拡張セキュリティ更新)」について、Microsoftが法人/教育機関向けサービスの詳細を発表した。個人向けESUについては、後日改めて詳細を発表するという。(2024/4/5)

本当に活躍する人材を育てるには?:
従業員教育の課題を解決 “新時代”の業務習得ツールとは
人材不足が深刻化する中で、企業にとって重要なのは高いパフォーマンスを発揮できる活躍人材の育成だ。育成にかかる現場の負荷を軽減しつつ、質の高い教育プログラムを従業員に提供するにはどうすべきか。そのノウハウを紹介したい。(2024/4/17)

徳島県“学校タブレット大量故障”問題、「学校の保存方法が原因では」と納入元 「製品不良認められず」
タブレット端末の故障原因は、学校の保管環境にあるのではないか──徳島県教育委員会が手配した学校用タブレット3500台以上が故障した問題について、端末の調達を行った四電工が、そんな調査結果を発表した。(2024/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.