• 関連の記事

「工作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「工作」に関する情報が集まったページです。

1400万再生、6歳女の子が工作した“超有名菓子”にだまされる人続出 「本当に天才」「近くで見るまで本物かとw」
観察力も再現力もすごいです。(2024/2/14)

小6息子の工作「スーパーマリオ」風ゲームに「なにこれ最高!」「すごすぎて言葉出ない」 取り合い待ったなしの作品が290万再生
マリオ風の筐体もかわいい。(2024/2/4)

新聞紙を折って工作中の飼い主→子猫登場で案の定…… アアァ〜!と思わず絶叫の“猫飼いあるある”が976万再生!
見つかったが最後。(2024/1/27)

6歳の女の子が作った「iPhone」と「AirPods」がリアルなクオリティ 「工作上手」「天才!」と称賛の声集まる
振る舞いもかわいいな!(2024/1/20)

工作機械:
マザックが高機能複合素材を内製、工作機械の構造体への採用拡大へ
ヤマザキマザックは高機能複合素材であるミネラルキャストを内製し、自社製工作機械への採用を拡大していく。(2023/12/27)

「進撃の巨人」エレンの最終形態の工作がアイデアの勝利 身体の大半を“ある便利グッズ”だけで再現
目の付けどころがすごい。(2023/12/15)

工作機械:
工作機械の間をAMRが行き交う無人ライン、シチズンが見せた未来のモノづくり
シチズンマシナリーはプライベートイベント「CFA2023」を軽井沢本社で開催し、新しい精密加工工場や2024年発売予定の新機種などを公開した。(2023/11/20)

金属3Dプリンタ:
工作機械の部品を金属3Dプリンタで内製、リードタイム減と工程集約が可能に
DMG森精機はAMに関する展示会「フォームネクストフォーラム 東京」において、金属3Dプリンタを活用して製作したドローバーなど実製品を展示した。(2023/10/2)

製造マネジメントニュース:
ニデックがTAKISAWAのTOB開始、TAKISAWA経営陣も買収に賛同
ニデックは、工作機械メーカーであるTAKISAWAの株式公開買い付け(TOB)を開始することを発表した。TAKISAWAも同日、経営陣がこの買収に賛同し、公開買付けへの応募を推奨することを発表している。(2023/9/14)

小6息子の「夏休みの自由工作」が320万再生突破 「天才か!?」と話題のアイデア装置、制作秘話を聞いてみた
斬新な発想がお見事!(2023/9/15)

工作機械:
DMG森精機が埋めるミッシングピース、クラボウ傘下の工作機械メーカーを子会社化
DMG森精機は「KURAKI(クラキ)」のブランド名で横中ぐりフライス盤などを製造、販売する倉敷機械をグループに加える。(2023/9/7)

メイドインジャパンの現場力:
“現場の負担を削る”新工場で工作機械の作り方を進化、AGVも活用で生産性35%向上
工作機械メーカーの中村留精密工業は2023年8月23〜25日までプライベートショー2023「負担を削る展」を本社工場で開催し、新たに完成した第13工場のMAGIを公開した。(2023/9/4)

FAニュース:
アマダが国内工作機械業界初のRE100加盟、既に国内は100%再生可能エネルギ―化
アマダは2023年8月30日、全拠点(グループ会社含む)の事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す国際的な環境イニシアチブ「RE100」に加盟したことを発表した。RE100への加盟は工作機械業界では国内初だという。(2023/9/1)

タミヤの「アヒル工作セット」でビールをキンキンに!? 大人の夏休みの工作が「天才の発想」と話題
実用的だしかわいい……!(2023/8/16)

JIMTOF2024:
来場者回復見込むJIMTOF2024、前回に続き積層造形の特別展を実施
日本工作機械工業会と東京ビッグサイトは「JIMTOF2024(第32回日本国際工作機械見本市)」の開催概要を発表した。(2023/8/3)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
工作機械業界で再編進むか、渦の中心となるニデック
「世界一の工作機械メーカーグループ」の端緒に付いたばかりです。(2023/7/24)

製造マネジメントニュース:
ニデックがTAKISAWAをTOBで買収へ、完全子会社化で工作機械事業を強化
ニデックは、工作機械メーカーのTAKISAWAをTOBにより買収すると発表した。この取引提案についてはTAKISAWAの取締役会に提示されているが、TAKISAWAの取締役会の判断によらず、2023年9月中旬をめどに公開買い付けを開始する意向だとしている。(2023/7/14)

EMOハノーバー 2023:
コロナ禍後のEMO Hannoverは工作機械の接続性など焦点、現地会見に各国報道陣参加
VDW(ドイツ工作機械工業会)は2023年9月に開かれる国際金属加工見本市「EMO Hannover 2023」に向けた記者会見をフランクフルトで開催した。(2023/7/10)

FAニュース:
工作機械と周辺機器をワンストップでネットワークに接続、DMG森精機が新DXサービス
DMG森精機は2023年7月5日、工場内の工作機械や周辺機器をネットワークに接続する「DMG MORI GATEWAY」の提供を開始した。(2023/7/7)

段ボール工作のモビルスーツ「着て遊べるズゴック」がすごい 腕に水鉄砲まで仕込んだジオン驚異のメカニズム
ジムをやっつけて遊べます。(2023/6/29)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
蒸れないヘッドフォン/ペン筆圧測定装置/快適VR……プロ絵師が“ダサい工作”で身の回り機材を快適カスタムしてみた
イラストレーターのrefeiaさんが、ちょっとした一工夫で身近なデバイスや器具を便利に使うすべを紹介します!(2023/6/28)

Innovative Tech:
割り箸工作のような“木のトランジスタ” スウェーデンの研究者らが開発
スウェーデンのリンショーピング大学とスウェーデン王立工科大学に所属する研究者らは、木材から動作するトランジスタが作れることを実証した研究報告を発表した。(2023/5/18)

タミヤの新製品「歩いて泳ぐアヒル工作セット」に注目 パタパタ進む姿がかわいくて癒やされる
水陸両用アヒルちゃん模型。(2023/5/12)

Wired, Weird:
ウオッチドッグタイマーのエラーが出る工作機械の制御パネルを修理
ウオッチドッグタイマーのエラーが発生するという工作機械の操作パネルを修理した様子を紹介する。(2023/4/18)

工作機械:
独自技術で高い生産性と省エネルギーを実現、工作機械に新制御技術展開
牧野フライス製作所は独自技術で高い生産性と省エネルギーを実現した製品を2023年4月12日より販売すると発表した。(2023/4/12)

Social Media Today:
Googleが中国の影響力工作に徹底抗戦 6000のYouTubeチャンネル削除の理由は?
中国の影響力工作が猛威を振るっている。Googleがまとめた脅威分析レポートによると2023年1月の1カ月だけでも数千件に上る影響力工作を阻止したということだ。(2023/4/7)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第34回):
Webブラウザ上で“紙細工” 折ったり切ったり本格派 「飛び出す絵本」風に作った仕上がりは?
Webブラウザ上で立体的な紙細工ができるWebアプリ「3D Pop Up Card」を使ってみた。線で折ったり切ったりと本格的に工作できる。「飛び出す絵本」風の立体工作をしてみた。出来栄えは?(2023/4/1)

電子ブックレット(FA):
各国で進む半導体関連投資、インドや中国で工作機械生産強化の動きも
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2022年10〜2023年2月に公開した工場関係のニュースをぎゅっとまとめた「工場ニュースまとめーー2022年10月〜2023年2月」をお送りします。(2023/3/27)

『進撃の巨人』の立体機動装置をダンボールで!? 発射ギミックまで完全再現した工作作品に「ロマンの塊」「スゴすぎる!」と反響
ギミックもすごい!(2023/3/25)

ランサムウェアとバックアップの攻防史【第4回】
ランサムウェアの“裏工作”「権限掌握」と「横展開」とは? 何に警戒すべきなのか
ランサムウェアは企業に身代金を支払わせるために、システム内部でひそかに準備を進めることがあります。特に注意が必要なのは「権限掌握」と「横展開」です。これによって引き起こされるリスクを解説します。(2023/3/21)

工場ニュース:
ブラザー工業がインドに工作機械の生産工場を建設、2024年9月に完成予定
ブラザー工業は、インド南部のベンガルール市近郊に工作機械の生産工場を建設する。インドに新たな生産拠点を据えることで、経済成長が続く同国の顧客に短納期で工作機械を納品できる体制を構築する。(2023/2/21)

工作機械:
欧州工作機械展「EMO」がベンチャーのデジタル出展に対応、「umati」のデモも実施
International Linkageとドイツメッセ日本代表は2023年2月16日、ドイツのハノーバーで開催される国際金属加工見本市「EMO Hannover 2023」(2023年9月18〜23日)の概要を発表し、日本からの出展や来場者の拡大を呼びかけた。(2023/2/17)

習字の筆を洗っても洗面台が汚れない! 後片付けに役立つペットボトル工作がすてき
墨が飛び散らなくていい感じ!(2023/2/12)

工作好きの10歳息子が「ピノ」でガチャマシンを作ってみた! アイスが次々飛び出す幸せの光景が42万回再生
作ってみたい!(2023/2/10)

回路規模を従来装置の10分の1に:
5Gマルチセクターアンテナ屋内基地局装置を開発
横浜国立大学とNTTドコモ、日本電業工作および富士通は、マルチセクターアンテナを実装した5Gマルチセクターアンテナ屋内基地局装置を共同開発し、28GHz帯の電波を用いた通信の実証実験に成功した。従来装置に比べ回路規模を約10分の1に小型化している。(2023/2/2)

IIJの「技術工作室」が面白い ITエンジニアと業務部門が一緒に試行錯誤、困りごと解決しつつ技術力向上
ITエンジニアと業務部門が一緒に試行錯誤し、社内課題に取り組む──IIJの「技術工作室」では、こんな取り組みを行っている。技術力の向上などを見込む技術工作室の裏側をキーパーソンに聞く(2023/1/31)

電子工作で「ラピュタ」の光る石板を再現 飛行石で文字を光らせムスカ大佐ごっこができる
ラズパイPicoとLEDを使用。(2023/1/29)

電子ブックレット(FA):
金属3Dプリンタが製造業にもたらす影響、最新動向と今後の展望
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022」での金属3Dプリンタにまつわる講演や会場のリポートを中心にまとめた「JIMTOF2022会場リポートまとめ」をお送りします。(2023/1/16)

環デザインとリープサイクル(6):
サーキュラーデザイン「元年」を迎えて
「メイカームーブメント」から10年。3Dプリンタをはじめとする「デジタル工作機械」の黎明期から、新たな設計技術、創造性、価値創出の実践を積み重ねてきたデザイン工学者が、蓄積してきたその方法論を、次に「循環型社会の実現」へと接続する、大きな構想とその道筋を紹介する。「環デザイン」と名付けられた新概念は果たして、欧米がけん引する「サーキュラーデザイン」の単なる輸入を超える、日本発の新たな概念になり得るか――。連載第6回では筆者が提唱する“より良い循環”を目指していくための新たなコンセプト「環デザインとリープサイクル」のうち、“環デザイン”について取り上げる。(2022/12/26)

折り紙で作る“雪の結晶”が美しい クリスマス飾りにもぴったりの紙工作動画が「美しい」「作ってみたい」と話題に
クリスマスの飾り付けとして家族で作るのも楽しそうです。(2022/12/17)

工作機械:
“今再びの現場革命を”マザックが提案する製造現場のデジタル活用
ヤマザキマザックは2022年12月7〜9日まで、美濃加茂製作所 第一工場 ワールドテクノロジーセンタ(岐阜県美濃加茂市)などでJIMTOF2022アンコールフェア(以下、アンコールフェア)を開催し、最新のソリューションや新機種7台を含む計28台の工作機械を展示した。期間中は事前登録した約1700人が来場した。(2022/12/13)

JIMTOF2022:
金属3Dプリンタが日本製造業にもたらす影響とは、最新動向と今後の展望
2022年11月8〜13日まで東京ビッグサイトで開催された「第31回 日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2022)」において、近畿大学次世代基盤技術研究所 技術研究組合 次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)の京極秀樹氏が「金属積層造形技術の最新動向と今後の展開」をテーマに講演を行った。(2022/12/5)

Twitterで「北京」「上海」などを「最新」で検索すると妖しい投稿だらけに
Twitterで「北京」などを検索すると成人向けサービスへのリンクを含む投稿が大量に表示される。中国で「ゼロコロナ」政策への抗議運動が広がる中、関連情報を減らす工作とみられる。Twitterの元従業員はこうした工作には手動で対処してきたと語った。(2022/11/28)

環デザインとリープサイクル(5):
鎌倉市を舞台とした資源循環のカタチ、3つの新たな取り組みの成果とこれから
「メイカームーブメント」から10年。3Dプリンタをはじめとする「デジタル工作機械」の黎明期から、新たな設計技術、創造性、価値創出の実践を積み重ねてきたデザイン工学者が、蓄積してきたその方法論を、次に「循環型社会の実現」へと接続する、大きな構想とその道筋を紹介する。「環デザイン」と名付けられた新概念は果たして、欧米がけん引する「サーキュラーデザイン」の単なる輸入を超える、日本発の新たな概念になり得るか――。連載第5回では「鎌倉市を舞台とした『デジタル駆動超資源循環参加型社会共創拠点』プロジェクトのこれまでの成果」について取り上げる。(2022/11/28)

工作機械:
DMG森精機が最新機種で工程集約を提案、金属3Dプリンタの受託加工を東京でも開始
DMG森精機は2022年11月8〜13日まで、東京グローバルヘッドクォータ(東京都江東区)においてオープンハウスを開催し、工程集約をキーワードとして最新の工作機械を多数披露した。同月9日にはメディアにもその模様を公開した。(2022/11/25)

JIMTOF2022:
最新金属3Dプリンタが出そろったJIMTOF2022、海外のノウハウ先行に警鐘鳴らす声も
「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)では特別企画として、AM(Additive Manufacturing、積層造形)エリアが設けられ、多くの企業が金属3Dプリンタの最新機種を出展した一方で、日本の現状に危機感を訴える声もあった。(2022/11/24)

JIMTOF2022:
航空機で導入進む金属3Dプリンタ、自動車の量産採用も時間の問題か
GEアディティブは「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)において、同社の金属3Dプリンタを用いた航空機部品などを多数展示した。(2022/11/22)

JIMTOF2022:
機能安全対応でマルチコア化が進む産業機器、タスクの詳細な見える化が鍵に
Green Hills Software(GHS)は、「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」において、制御システムの中核を担うマイコンのタスクをマルチスレッドで詳細に見える化できるツール「MULTI History」の新機能を披露した。(2022/11/22)

JIMTOF2022:
長時間の無人運転で稼働率向上、松浦機械が金属3Dプリンタの従来機をアップグレード
松浦機械製作所は「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)のAM(Additive Manufacturing、積層造形)エリアで、従来機に改良を加えたハイブリッド金属3Dプリンタ「LUMEX Avance-25」を展示した。(2022/11/21)

JIMTOF2022:
圧倒的生産性/抜群の品質/こだわりの操作性を実現する新機種群、感触が伝わるハンドルも
ジェイテクトは「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)において、CNC円筒研削盤「G3P100L」など最新の5機種を出展した。いずれの機種も「圧倒的生産性」「抜群の品質」「こだわりの操作性」を訴求している。(2022/11/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.