• 関連の記事

「ハイエンド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイエンド」に関する情報が集まったページです。

Razer、240Hz駆動対応の有機ELディスプレイを備えたハイスペック16型ゲーミングノート「Razer Blade 16」
Razerは、第14世代Core i9を採用したハイエンド仕様の16型ゲーミングノート「Razer Blade 16」を発表した。(2024/2/16)

歩留まり改善は「想定通り進捗」:
ソニーのイメージセンサー事業、23年3Qは売上高と営業利益が過去最高
ソニーグループのイメージング&センシングソリューション分野の2023年度第3四半期(10〜12月)業績は、売上高が前年同期比21%増の5052億円、営業利益は同18%増の997億円で、いずれも過去最高を更新した。スマートフォン市場の回復およびハイエンド商品への大判センサー導入が進展したことなどから、大幅な増収となった。(2024/2/15)

MSI、14世代Core i9+RTX 4090を搭載した超ハイエンド仕様の18型ゲーミングノートPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、第14世代Core i9プロセッサを採用した18型ゲーミングノートPC「Titan 18 HX A14V」を発表した。(2024/1/29)

アスク、Lenovo製デスクトップWS「ThinkStation PX/P7」をベースにしたAI向けハイエンド構成モデルを発売
アスクは、Lenovo製デスクトップWS「ThinkStation PX」「ThinkStation P7」にNVIDIA A800 40GB Activeを搭載したAI向けハイエンド構成モデルを発売する。(2024/1/22)

Apple Watchのハイエンドモデル、米国で販売継続へ ただし「血中酸素センサー」は無効に
米Masimoと米Appleとの特許紛争に関連し、Apple Watch Series 9とUltra 2が米国内で販売停止措置を受けた件について、米9to5Macなどが、同製品の血中酸素濃度センサーを無効にすることで、販売を継続できると伝えている。(2024/1/17)

「Xiaomi 13T Pro」をじっくりと試す 10万円前後で他社ハイエンド並みの“優等生”スマホだ
Xiaomiは2023年12月より、日本向け仕様の最新ハイエンドモデル「Xiaomi 13T Pro」の販売を開始した。このモデルは、台湾MediaTekの最新ハイエンドチップ「Dimensity 9200+」を搭載し、日本では多くのハイエンドAndroidが採用するクアルコム製「Snapdragon 8 Gen2」に真っ向から対抗するモデルとなっている。(2024/1/17)

Xiaomi、「Redmi Note 13」シリーズをグローバル展開へ ハイエンドはIP68で400ドルから
Xiaomiはグローバルに「Redmi Note 13」シリーズを発表した。5モデルあり、エントリーモデルは179ドルから、ハイエンドは400ドルからという価格設定。ハイエンドモデル「Pro+ 5G」は2億画素を含むトリプルカメラでIP68だ。(2024/1/16)

Intelがデスクトップ/ハイエンドモバイル向け「Coreプロセッサ(第14世代)」発表 モバイル向けには「Core U(シリーズ1)」を投入
Intelが新型CPUを一気に発表した。今回発表されたものは、いずれも第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)のリフレッシュ製品で、Core Ultraプロセッサではリーチできないニーズに応える。【訂正】(2024/1/9)

GIGABYTE、14世代Core i9を搭載したハイエンド17.3型ゲーミングノートPC
台湾GIGABYTE Technologyは、第14世代Core i9プロセッサを採用した17.3型ゲーミングノートPC「AORUS 17X」シリーズ2製品を発表した。(2024/1/9)

バッファロー、Wi-Fi 7認証を取得したハイエンド無線LANルーター「WXR18000BE10P」を予告
バッファローは、国内メーカーでは初となる「Wi-Fi CERTIFIED 7」取得モデルとなる無線LANルーター「WXR18000BE10P」の告知を行った。(2024/1/9)

「Galaxy Tab A9+」や「Galaxy Tab S6 Lite」が8%〜23%オフに:Amazon初売り
Amazon.co.jpが1月7日23時59分まで開催している初売りにて、サムスンのタブレットがセール価格で販売されている。「Galaxy Tab A9+」や「Galaxy Tab S6」が対象。ハイエンドタブレットも現在割引されている。(2024/1/4)

CES 2024:
DellがThunderbolt 4ハブ機能付き湾曲液晶ディスプレイを発売 2.5Gbps有線LAN対応で1099ドルから
Dell Technologiesが、プロフェッショナル向けハイエンド湾曲液晶ディスプレイを発表した。Thunderbolt 4(USB4)ハブの機能を統合しており、2.5GBASE-T有線LANポートも備えている。(2024/1/4)

ついに発表! 2023年を代表するスマートフォンは?
ITmedia Mobileでは、2023年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2023」を開催しました。2023年1月1日から2023年12月中旬までに発売したスマートフォンからノミネートした主要機種の中から、2023年のベストスマホを決定します。ノミネート数は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」のそれぞれの部門で5機種ずつ。(2023/12/31)

石野純也のMobile Eye:
Pixelの大躍進、折りたたみスマホの民主化、安ハイエンドの台頭――2023年のスマホ動向を振り返る
2023年のスマートフォンは出荷台数が大きく低下。その反面、フォルダブルスマホのラインアップが広がったことに加え、より手に取りやすい価格帯のハイエンドモデルのラインアップが徐々に増えた。機能面では、IT業界のトレンドともいえる生成AIをデバイス上の処理で実現する動きも健在化している。(2023/12/30)

達人が選ぶ「2023年を代表するスマホ5機種」:スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2023
ITmedia Mobileでは、2023年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2023」を開催。2023年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で5機種ずつ(計10機種)、最終的に各部門で1機種(計2機種)を選定します。今回は、審査員が推薦した5機種とその理由を紹介します。(2023/12/28)

ハイエンド「Apple Watch」の米国での販売禁止措置、控訴裁が一時差し止めの決定
「Apple Watch Series 9」と「Apple Watch Ultra 2」の米国での輸入販売を禁止する米国際貿易委員会の決定に対し、控訴裁が一時差し止める決定を下した。(2023/12/28)

ハイエンド「Apple Watch」の米国での販売禁止措置にAppleが控訴
米ITCによる「Apple Watch Series 9」と「Apple Watch Ultra 2」の輸入禁止措置は、バイデン大統領が拒否権を発動しなかったため、12月26日に発効した。Appleはこの措置を停止するよう求めて控訴した。(2023/12/27)

古田雄介の週末アキバ速報:
DeepCoolから空冷ハイエンドCPUクーラー「ASSASSIN IV」のホワイトがデビュー
年の瀬が近づき、大型の新製品が複数登場している。CPUクーラーでは、物理的にも大物な「ASSASSIN IV WH」が売り場に並んだ。(2023/12/23)

「Apple Watch」のハイエンドモデル、米Apple.comで「現在お取り扱いできません」に
Appleの米国版公式サイトで、「Apple Watch Series 9」と「Apple Watch Ultra 2」が「Currently Unavailable」になり、購入できなくなった。24日から実店舗でも販売停止になる見込みだ。(2023/12/22)

「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2023」開催 ハイエンド/ミッドレンジで10機種を選定
ITmedia Mobileでは、2023年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2023」を開催します。「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で5機種ずつ(計10機種)、最終的に各部門で1機種(計2機種)を選定。参集選考に残った10機種を発表する。(2023/12/21)

ITC、米国での「Apple Watch」販売禁止措置停止を求めるAppleの申立を却下
米国際貿易委員会(ITC)は、ハイエンド「Apple Watch」輸入禁止命令に対するAppleからの停止申し立てを却下したと発表した。禁止命令は12月26日に発効する可能性が高い。(2023/12/21)

エイサー、有機ELパネル採用+175Hz駆動対応のウルトラワイド湾曲34型ゲーミングディスプレイ
日本エイサーは、ハイエンド仕様のウルトラワイド湾曲34型ゲーミングディスプレイ「X34Vbmiiphuzx」を発表した。(2023/12/19)

現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2023年12月編】 ハイエンドが実質24円、ミッドレンジで1円も
NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアに加え、MVNOやメーカーがオープンマーケット向けにもスマートフォンを投入している。2022年1月以降に発売されたAndroidスマートフォンの価格をまとめる。記事内の価格は全て税込み。(2023/12/13)

デル、Ryzen Threadripper PROの搭載に対応したハイエンドデスクトップWSを発売
デル・テクノロジーズは、生成AIなどの利用に向くハイエンド構成のデスクトップワークステーション「Dell Precision 7875 タワー」を発表した。(2023/12/5)

ST STSPIN9シリーズ:
高い柔軟性と拡張性を実現する大電流モータードライバー
STマイクロエレクトロニクスはハイエンドの産業機器や、業務用および生活家電向けの大電流モータードライバー「STSPIN9シリーズ」として、出力電流4.5Aの「STSPIN948」と5.0Aの「STSPIN958」を発表した。(2023/12/5)

石野純也のMobile Eye:
「Xiaomi 13T Pro」を“実質24円”で販売できるカラクリ 実は転売ヤー対策として有効も、今後は規制に?
ソフトバンクは、Xiaomiのハイエンドモデル「Xiaomi 13T Pro」を12月8日に発売する。このモデルは発売直後から“実質24円”で販売されることが明かされ、衝撃を与えた。端末購入補助が2万2000円に規制される中、なぜこのような売り方が可能なのか。(2023/12/2)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「AQUOS sense8」のカメラを試す ミッドレンジ機らしからぬ基本性能の高さが魅力
ハイエンド端末は高いし大きくて、手に余りそう。そんな人におすすめなのが「AQUOS sense8」だ。普及価格で光学式手ブレ補正、メインカメラの画素数は5030万画素。突出した特徴はないものの、基本性能がしっかりしているところが魅力だ。(2023/11/30)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(78):
「S9」のベースは「A16 Bionic」!? Appleの自在過ぎるスケーラブル戦略
Appleのプロセッサ開発力は、スピードを含め確実に上がっている。さらにAppleは、コア数を自由自在に増減し、ローエンドからスーパーハイエンドまでのプロセッサファミリーをそろえる「スケーラブル戦略」を加速している。発売されたばかりの「Apple Watch Series 9」を分解すると、それがよく分かる。(2023/11/29)

Varjo、デュアル4Kパネルを搭載した産業用ハイエンドMR HMD「XR-4」シリーズを発表
Varjoは、広視野角/高解像度ディスプレイを採用した産業用ハイエンドMR HMD「XR-4」シリーズの発表を行った。(2023/11/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
バッグのように持てる横折りスマホ、HONOR「V Purse」は中国で約12.5万円 ハイエンドである必要なし
2023年9月1月にHONORがドイツで発表した「HONOR V Purse」は、ファッション性を高めた折りたたみスマートフォンのコンセプトモデルでした。ところが、9月19日には中国で実製品を発売。コンセプトではなく、しっかりと動作する製品として開発されていたのです。(2023/11/27)

GIGABYTE、Core i9搭載17.3型ゲーミングノート「AORUS 17X」に新構成モデルを追加
台湾GIGABYTE Technologyは、第13世代Core i9を搭載したハイエンド仕様の17.3型ゲーミングノートPC「AORUS 17X AXF-B4JP664JP」を発売する。(2023/11/24)

PR:最新CPUと超高性能GPUが想像力を加速する! 「DAIV FX-I9G90」の突き抜けたパフォーマンスを試す
数々のクリエイター向けPCを用意しているマウスコンピューターから、最新プロセッサーであるインテル® Core™ i9-14900KF プロセッサーを備えたデスクトップPC「DAIV FX-I9G90」が登場した。ハイエンドなGPUも搭載した本機を、さまざまな角度から見ていこう。(2023/11/24)

マウス、Threadripper PRO 7995WXを搭載したデスクトップWSを販売開始
マウスコンピューターは、クリエイターPCブランド「DAIV」シリーズからThreadripper PRO 7995WXを標準搭載したハイエンドデスクトップWS「DAIV FW-P9ATX」を発売する。(2023/11/22)

AI活用で多機能なロボット掃除機「DreameBot L20 Ultra Complete」を試して分かったこと
AI機能を生かしたハイエンド仕様のロボット掃除機が増えている。標準価格で20万超えというDreameのフラッグシップモデル「DreameBot L20 Ultra Complete」をチェックした。(2023/11/22)

現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2023年11月編】 型落ちしたハイエンドモデルがお得に
NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアに加え、MVNOやメーカーがオープンマーケット向けにもスマートフォンを投入している。2022年1月以降に発売されたAndroidスマートフォンの価格をまとめる。記事内の価格は全て税込み。(2023/11/19)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
移動を伴う3D CAD導入支援の現場で、モバイルワークステーションが活躍する理由
3D CADなどのハイエンド業務は、オフィスのデスクトップマシンでしかこなせないというイメージは、もはや過去のものになった。優れた性能と可搬性を兼備する最新モバイルワークステーションの登場によって、現場は大きく変わり始めている。(2023/11/6)

xAIのAIボット「Grok」、Xプレミアムのハイエンドプランで提供へ
Xのイーロン・マスクCTOは、xAIの新AIチャットボット「Grok」を発表。Xのリアルタイムのパブリックデータにアクセスするという。まずはXのハイエンドサブスクプラン「Xプレミアムプラス」会員に提供する。(2023/11/5)

古田雄介の週末アキバ速報:
135mm&120mmファンで冷やす実売2.3万円のCPUクーラーがデビュー
クーラーマスターやCPEから、ハイエンド級CPUクーラーが続々と登場している。一方、DeepCoolはドスパラコラボの新色モデルを売り場に並べた。(2023/11/4)

Mobile Weekly Top10:
1年4カ月で6.6万円引き ハイエンドスマホを買うなら「待ち」がいいのか?
NTTドコモが約1年4カ月前に発売した「Xperia 1 IV SO-51C」が6万6000円引きで販売されています。スペック的には今でも十分ハイエンドであることを考えると、結構“アリ”な選択肢のようにも思えます。(2023/10/28)

Xプレミアム(旧Twitter Blue)に2つの新プラン、ハイエンドは月額2倍
X(旧Twitter)は、サブスクサービス「Xプレミアム」に新たな2つのプラン「プレミアムプラス」と「ベーシック」を追加した。プレミアムプラスはプレミアムの2倍で、広告が完全に非表示になる。(2023/10/28)

搭載モデルは2024年中盤に登場:
QualcommがPC向けハイエンドSoC「Snapdragon X Elite」を発表 CPUもGPUもNPUも高速なのに省電力
Qualcommが、ノートPC向けの新型SoCを発表した。従来モデルから大幅にパフォーマンスを引き上げ、x86ベースのノートPC向けCPUにも劣らないどころか上回るパフォーマンスを手に入れたという。(2023/10/25)

Mobile Weekly Top10:
高騰したハイエンドスマホ 「型落ちスマホ」への注目が集まる
ハイエンドモデルを中心に、スマートフォン本体の販売価格が段々高くなってきました。そのせいか、ミドルレンジモデルに関する記事だけでなく、本体のセールを告知する記事も結構読まれるようになりました。やっぱり、少しでも安くスマホを買いたいという気持ちが高まっているんでしょうね……。(2023/10/21)

Xのサブスクに2プラン追加とマスクCTO ハイエンドは完全広告非表示に
Xのイーロン・マスクCTOは、サブスクリプションサービス「X Premium」に2つのプランを追加するとポストした。最安プランは広告が100%表示され、最高プランは広告が完全に非表示になるとしている。(2023/10/20)

Zen 4アーキテクチャ:
最大96コア192スレッドのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper PRO 7000WX」登場 AMD PRO非対応の「Ryzen Threadripper 7000X」も
AMDが、デスクトップワークステーションやハイエンドデスクトップPC向けのCPUを刷新する。最新の「Zen 4アーキテクチャ」を採用し、最大で96コア192スレッド構成を選べる。各種入出力ポートも充実しており、通常のRyzenプロセッサではポートが足りないというエンスージアストのニーズもカバーしている。(2023/10/20)

AMD、RDNA 3アーキテクチャを採用したノートPC向け最上位GPU「Radeon RX 7900M」を発表
米AMDは、ノートPC向けとなるハイエンドGPU「Radeon RX 7900M」の発表を行った。(2023/10/20)

Xiaomi、“人、車、スマートホームのための新OS”「HyperOS」発表
Xiaomiのレイ・ジュンCEOは公式Weiboアカウントで、全く新しいOS「Xiaomi HyperOS」を発表した。次期ハイエンド端末「Xiaomi 14」から搭載する。従来のOS「MIUI」から移行する計画だ。(2023/10/17)

2023年前半のスマホ市場動向【前編】
普通のスマホが売れなくても“高級スマホ”は売れまくり
世界的な景気低迷が続く中で、スマートフォン市場も厳しい状態が続いている。その中において、ハイエンドモデルの販売が伸びる傾向にある。(2023/10/17)

約11.6型のハイエンドタブレット「OPPO Pad 2」10月20日に正式販売 約9万円
OPPOは、10月20日からフラッグシップタブレット「OPPO Pad 2」を正式販売開始。アスペクト比7:5、リフレッシュレート最大144Hzの約11.6型ディスプレイやハイレゾ対応クアッドスピーカーを搭載する。価格は8万9800円(税込み)。(2023/10/13)

「Pixel 8/8 Pro」を試して分かった、カメラ×AIの驚くべき進化 値上げでもハイエンドの有力候補に
10月12日に発売される「Pixel 8/8 Pro」を一足早く試した。Pixel 8は小型化を進め、Pixel 8 Proは大画面を行かす方向に進化した。Tensor G3で実現した画像の新編集機能にも注目したい。(2023/10/12)

サードウェーブ、NVIDIA RTX Ada世代の搭載にも対応したデスクトップWS「raytrek Workstation X4630」
サードウェーブは、ハイエンドグラフィックスカードの装着も可能なデスクトップワークステーション「raytrek Workstation X4630」など計5製品を発表した。(2023/10/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.