• 関連の記事

「マツダ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マツダ」に関する情報が集まったページです。

中日・根尾昂外野手がついに投手デビュー! マツダスタジアム全体からざわめきが起こる
8回裏を打者4人に対して1安打15球無失点。9回表には「4番・投手」として打席に立ちました。(2022/5/21)

太陽光:
太陽光100%でEVをシェアリング、可搬型バッテリーも活用する中国電力の新実証
中国電力が2022年4月から「完全自立型EVシェアリングステーション」の実証事業を開始。太陽光パネル搭載のカーポートを活用し、再生可能エネルギーのみでシェアリングEVを運用するという新たな取り組みだ。実証の背景や詳しい概要を取材した。(2022/5/19)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
いまだに新車でボディーコーティングしてるの!? 現場のプロに聞くペイントプロテクションフィルム最新動向
西川善司さんによる国産高級スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」連載、今回は前回に続き、車体の保護について。(2022/5/18)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ディーゼルはオワコンなのか? 輸入車の現状とハイブリッドとの戦い
電動化が注目されるほどに存在感が薄くなっていくものがあります。それがディーゼル・エンジンです。「ディーゼル・エンジンは消えてなくなる」……と思いきや、世の中は単純ではなかったようです。(2022/5/16)

自動車業界の1週間を振り返る:
体質改善を進める自動車メーカーの前に、資材価格のかつてない高騰が立ちはだかる
土曜日ですね。1週間おつかれさまでした。昨日(5月13日)から、高齢ドライバー向けの実車試験の運用がスタートしました。運転免許を更新する75歳以上の人で、直近の3年間に信号無視や速度超過など一定の違反があった人に、実車試験が義務付けられます。免許の有効期間が終わるまでの6カ月の間に、実車試験を受けなければなりません。(2022/5/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
全固体電池やLiDAR……自動車メーカーがコストよりも「足りない性能」に言及するとき
土曜日ですね。昨日からお休みの方、5月8日まで休みで10連休だという方、「みんなが休みのときこそ仕事」という方、皆さまおつかれさまです。連休直前や連休明けに稼働停止という自動車メーカーがあり、気をもんでいる方も多いかもしれません。(2022/4/30)

「bZ4X」プロトタイプを試乗して分かったトヨタの本気度
2022年5月に発売するトヨタの電動シリーズ「bZ」第一弾SUV。千葉・袖ヶ浦フォレストレースウェイで乗り味をチェックしてきました!(2022/4/29)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの世界生産が8カ月ぶりに前年超え、本格回復はまだ遠い
日系乗用車メーカーが発表した2022年2月の生産台数では前年実績を上回る結果となったが、前年2月が半導体不足の本格化や福島沖地震の発生などにより低水準だったことが要因だ。(2022/4/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの世界戦略車 CX-60全方位分析(3)
いったいマツダは新たなFRシャシーで何をしようとしたのだろうか? 存在を感じない道具を作るのはそれはそれでもの凄く大変なことで、それこそ値千金なのは理屈としてよく分かる。正しいのか正しくないのかといえば正しい。間違い無く正しいのだが、大衆に理解されるかは何ともいえない。(2022/4/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの世界戦略車 CX-60全方位分析(2)
前回はCX-60を題材にマツダのラージプラットフォーム戦略の内、6気筒FRというレイアウトの狙いと、多種多様に及ぶ車種群をどうやってフレキシブルかつ、効率的に生産するのかについて解説した。今回はそのシステムの発展性について解説するところから始めよう。(2022/4/26)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
フィアットの新型EV「500e」 が有望な理由 デザインにポイント
フィアット初のEVである「500e(チンクエチェント・イー)」が6月25日より日本で発売となります。確信しました。これはヒットすると。なぜ、そう思ったのか。それはデザインがいいから。(2022/4/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの世界戦略車 CX-60全方位分析(1)
前回の予告通り、今回からはCX-60の詳細な解説に入っていく。まずはマツダはなぜラージプラットフォームを開発したのか。その狙いはどこにあるのかが最初のテーマである。(2022/4/25)

創業から現在、そして未来へ 歴史がぎっしり詰まった「マツダミュージアム」5月23日から一般公開
オンラインマツダミュージアムも開設。ドローンの迫力ある映像などが見どころ。(2022/4/22)

マツダ本社内:
マツダミュージアムが5月23日に一般公開を開始 全面リニューアルでブランド発信拠点としての機能を強化
マツダミュージアムが5月23日に一般公開を開始する。施設全体の空間デザインや展示内容を刷新し、ブランド発信拠点としての機能を強化する。歴史とマツダのコンセプトを体感できる、ストーリー性のある展示にした。(2022/4/21)

電気自動車:
次世代高容量高入出力リチウムイオン電池の開発へ、マツダがNEDO事業で
マツダは2022年4月19日、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公募する「グリーンイノベーション基金事業/次世代蓄電池・次世代モーターの開発」で、マツダが提案した「次世代高容量高入出力リチウムイオン電池の開発」が採択されたと発表した。(2022/4/20)

インフルエンサーパワーランキング、新規開設1位はダントツで「ガーシーch」 総再生数1位は?
45万人以上のインフルエンサーデータを保有する独自の分析ツールのデータに基づき、各ランキングを作成した。(2022/4/19)

マッスル顔でキマってる! 4ローター1200馬力仕様FD マツダ「RX-7」カスタムカーがかっこよすぎる
アメ車っぽいフロントいいなぁ。(2022/4/19)

工場ニュース:
マツダが4月下旬に4日間の操業停止、中国での新型コロナ拡大で
マツダは2022年4月15日、広島本社工場(広島市南区)と防府工場(山口県防府市)の操業停止予定を発表した。(2022/4/18)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
アリアで知った、日産の走り味とは
先日、日産の新型EVである「アリア」のメディア向け試乗会に参加しました。試乗の後には、アリアの開発者の話を聞く機会も得ました。そこで気づいた「日産の走り」を紹介します。(2022/4/18)

千葉で見本市:
ランボルギーニや初代シビック スーパーカーブームを牽引した名車が集結
往年の名車を中心にした自動車の見本市「オートモービル カウンシル2022」が17日までの3日間、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された。(2022/4/17)

うぉぉ、700万円(!)の「NAロードスター」にびっくり まさかロードスターにもこんな値が付く日が来るとはー!
もちろん理由を聞けば納得、一見の価値大ありの感動モノです。(2022/4/15)

希少な名車が幕張に集結! ヘリテージカーの祭典「オートモビル カウンシル2022」が開幕、F1マシンや最新EVも登場
学生さんは大幅割引の当日券もありますよ〜!(2022/4/15)

熱いぜ! あの「マツダスピード」再来か 「スピードを楽しむ」新ブランド、マツダが開始
また、マツダスピードアクセラみたいなクルマ出してほしいなー♪ 謎の「マツダ製スポーツ自転車」も爆誕、な、何これー!(2022/4/15)

太陽光:
太陽光だけで稼働するEVステーション、「カーポート+蓄電池」で実現へ
中国電力は太陽光発電のみの電力で運用する「完全自立型EVシェアリングステーション」の実証事業を開始すると発表した。太陽光発電の電力のみで運用するEV(電気自動車)の充電ステーションに、カーシェアリングサービスを組み合わせた世界初の取り組みになるという。(2022/4/15)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜ高級車はFRレイアウトなのか? その独特の乗り味とは
マツダがFRの新しいラージ群プラットフォームを採用したSUV、CX-60を発表した。「時代に逆行している」という意見と共に、登場を歓迎するコメントも少なくなく、セダンに対する期待も溢れている。では、今回のポイントの1つであるFRとはいったい何なのだろうか?(2022/4/12)

残念だけど憎めない迷車 『ざんねんなクルマ図鑑』を手にしたAZ-1オーナーの写真が話題
「時代が追い付いていなかった」「当時は迷車でも今は名車」など高く評価する声も。(2022/4/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダのラージPF、CX-60プロトタイプに乗る
長らく話題になってきたマツダのラージプラットフォームの頭出しとして、CX-60が発表になった。さらに、それに先駆けて、山口県美祢のマツダのテストコースで、プロトタイプモデルの試乗会が行われた。諸般の都合で、大事なことをいろいろ置き去りにしつつ、まずはインプレッションから書き始めなければならない。(2022/4/11)

「えっ溶接で!?」「正気の沙汰じゃない」 薄板を溶接して作った“極小サイズの1ミリサイコロ”にTwitterで衝撃の声
一度転がしたら見失うやつ……!(2022/4/10)

「CX-5」の代替えを狙う:
マツダ、新しいミッドサイズSUV「CX-60」の日本仕様を公開 今秋に発売予定
マツダは新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を公開した。コンセプトは「ドライビングエンターテインメントSUV」。走りやすさと安全性を両立していく。(2022/4/8)

バイオ燃料使用のレーシングカーを初公開 マツダが「オートモビル カウンシル2022」に出展
楽しみすぎる〜!(2022/4/8)

結構でけぇぇ! マツダ、新型SUV「CX-60」日本仕様を公開 直6エンジン搭載のごっつい顔
直6縦置きFRレイアウトだと……!(2022/4/8)

電動化:
大排気量の新開発ディーゼルエンジンで、マツダは「電動化の移行期」に打って出る
マツダは2022年4月7日、新世代ラージ商品群の第1弾となるクロスオーバーSUV「CX-60」の日本仕様を公開した。日本では2022年秋に発売予定だ。価格や販売目標について現時点では公開しなかったが、パワートレインは4種類設定し、既存モデルの「CX-5」の乗り換えから上質さを志向する新規ユーザーまで幅広くカバーする。(2022/4/8)

自動車メーカー生産動向:
オミクロン株が新車生産に与えた影響を振り返る
日系乗用車メーカー8社合計の2022年1月のグローバル生産台数は、前年同月比9.8%減の191万6510台と7カ月連続で前年実績を下回った。東南アジアに端を発した世界的なサプライチェーンの混乱が一段落し、10月、11月と回復基調を示していたものの、年明けからオミクロン株の感染が急速に広まったことで部品調達に支障をきたし、1月は再度マイナス幅が拡大した。(2022/3/28)

木下ほうか、スズキの「ロータリーエンジン」激珍バイクにびっくり 「すごく個性的な音ですね」「初めて見ました」
へぇぇぇー、ロータリーエンジンのバイクなんてのがあったのです。しかもスズキから。(2022/3/25)

電気自動車:
三菱自とDeNAで商用EVのコネクテッドサービス、メーカーや車種の違いを吸収
三菱自とDeNAで商用EVのコネクテッドサービス、メーカーや車種の違いを吸収(2022/3/24)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
EVは電力不足の敵か救世主か
日本の電力供給体制の脆弱性を明らかにした昨日の電力ひっ迫。ここで気になるのがEVという存在です。電気で走るEVはどのような存在になるのでしょうか。ポジティブなのか、はたまたネガティブなのか?(2022/3/24)

オフロード向けスーパーカー「プロドライブ ハンター」登場 ダカールラリーで活躍した競技車両をベースに開発
35インチの特注ホイールを装備しています。(2022/3/21)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
クルマにあふれかえるスイッチ問題。最新メルセデスはどう対処した?
機能が増加するたびに、それを操るためのスイッチが必要になります。数は多く、その理解と操作は煩雑で困難になる一方。そんな操作系の試行錯誤が続く中、「近頃、乗った中で、最も洗練されている」と感じたのがメルセデス・ベンツの最新モデル、「Cクラス」です。(2022/3/21)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ロシアからの石油や天然ガスが途絶えても、米国のシェールオイルがカバーできる?
ロシアによるウクライナ侵攻が続いていることで、原油価格が急上昇している。中東の産油国が集うOPECは、今回のウクライナ危機によって原油の増産を検討し始めているが、それ以外にも原油の供給を増強させようという動きがある。それは米国のシェールオイル業界だ。(2022/3/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ロードスター990S 7年越しの回答
マツダのアイコンともいえるロードスター。マツダにとってはもちろんのこと、世界中のファンにとっても特別なクルマだ。2015年にデビューしたそのNDロードスターが大きく進化した。すでに評判はお聞き及びのことと思う。もはやちょっとしたお祭り騒ぎと言っても良い高評価である。一体何がどう変わったのか?(2022/3/14)

小寺信良のIT大作戦:
世界にあふれ出す戦争 ITは武力にどう対抗できるのか
止まらない戦争は、ITの世界にも広がっている。われわれはどう動くべきだろうか。(2022/3/10)

電気自動車:
マツダのラージ商品群がスタート、初のPHEVは「マツダ史上最もパワフル」に
マツダは2022年3月9日、マツダ・モーター・ヨーロッパが2列シートのクロスオーバーSUVの新モデル「CX-60」を披露したと発表した。欧州では3月8日にCX-60の受注を開始し、2022年夏に発売する。日本向けモデルは4月上旬に公開する予定だ。防府第2工場(山口県防府市)で3月11日から生産する。(2022/3/10)

2023年までにラージ商品4車種を投入:
マツダ 新型SUV「MAZDA CX-60」を欧州で初公開
マツダは、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」を欧州で初公開した。(2022/3/9)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
軽自動車EVに再挑戦する日産・三菱の勝算
近々、日産と三菱自動車から、軽自動車のEVが発売される予定です。ただし、軽自動車規格のEVは、なにも今回が世界初というわけではありません。(2022/3/7)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタがEVメーカーになることを待望するヒトに欠けている視点と残念な思想
トヨタのバッテリーEV戦略に関する説明会では、トヨタの底力を見せたのは間違いない。しかし、あれを見て「トヨタもBEVに注力するのか」と思った人は多かったようだ。そう思わせるのが目的だとはいえ、この見方はあまりにも単純すぎる。(2022/3/1)

自動車メーカー生産動向:
2021年のグローバル生産を足止め、半導体不足、部品供給や物流の混乱
2021年の自動車産業は、経済回復による旺盛な自動車需要に対して、半導体不足や東南アジアからの部品供給難、物流の混乱などが足止めする格好となった。このため、2021年の日系乗用車メーカー8社合計の世界生産は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で相次いで生産停止を余儀なくされた2020年と比べてもわずかなプラスにとどまる結果となった。(2022/2/24)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
マツダ・ロードスターが玄人受けする理由 マイナーチェンジで大絶賛
改良された「ロードスター」が、びっくりするほど好評です。試乗会を実施しました。そのレポートを見てみれば、どれもこれも好評、というか、ほぼ絶賛の嵐といった具合。いったい、そこにはどんな理由があるのでしょうか?(2022/2/21)

事前商談、既に開始 2022年ミニバン大注目モデル「新型ステップワゴン」商談レポート
5月に正式発表、発売予定の2022年の注目ミニバン「新型ステップワゴン」。実は事前商談がもう始まっています。ホンダ販売店を訪問して分かった気になる価格は……?(2022/2/20)

古畑星夏、人生初の愛車「CX-30」ではじめての遠出ドライブ 冷や汗ドラテクを見せつけるも「おじさん解説とお喋りがかわいい」
クルマがある生活、ホント楽しそう〜!(2022/2/14)

車大手3社が増益 4〜12月期 通期は原材料高に懸念
自動車大手7社の令和3年4〜12月期連結決算が10日、出そろった。(2022/2/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.