• 関連の記事

「Micro USB」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Micro USB」に関する情報が集まったページです。

スマホの充電端子、なぜ「USB Type-C」に統一? iPhoneはどうなる?
欧州議会と欧州理事会は6月7日(現地時間)、あらゆる電子機器に充電用ポートとしてUSB Type-Cの搭載を義務付けるという無線機器法の改正案について暫定合意に達したと発表しました。早ければ2024年秋以降にEU圏内で発売されるスマートフォンやタブレットはUSB Type-Cの搭載が必須となります。Appleは反発していますが、既にUSB Type-Cを搭載したiPhoneをテストしているといううわさもあります。(2022/6/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
屋外設置に対応 Echo Showからも見られるネットワークカメラ「Ring Stick Up Cam Battery」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は屋内から屋外までオールマイティーに使えるネットワークカメラ「Ring Stick Up Cam Battery」をチェックした。(2022/6/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマホから映像を確認できるドアベル「Ring Video Doorbell 4」を導入してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。Amazonの日本初投入となるドアベルを設置した。(2022/5/26)

スマホで長文を入力したい! 外付けキーボードとの接続にチャレンジしてみよう
最近のスマホはかなり高性能になり、スマホで仕事をする人も増えた。「スマホのフリック入力で論文の大半を書いた」という人もいる。だが、物理キーボードがあるとさらに便利になる。今回はスマホとキーボードを接続する方法やキーボードの種類を紹介する。(2022/4/29)

ノートPCはもちろんデスクトップPCとの組み合わせも:
新生活にぴったり! 15.6型のモバイルディスプレイおすすめ5選
モバイルディスプレイが1台あると、出先や在宅ワークで簡単にデュアルディスプレイ環境を構築できて便利だ。サイズや重量、価格や付属品など多種多様なモデルがある中で、サイズ別におすすめのモデルをピックアップする。まずは15型クラスだ。(2022/4/26)

「Ring」のスマートドアベルは何ができる? サクッと試してみた
Amazonが「Ring」ブランドのスマートドアベルとスマートカメラの販売を開始した。果たして便利なものかどうか、新製品の1つであるスマートドアベル「Ring Video Doorbell 4」を試してみることにしよう。(2022/4/20)

Amazonが「Ring」ブランドのスマートドアベルとスマートカメラを日本に投入 4月20日発売
Amazon傘下の「Ring(リング)」が、日本でもAmazonの日本法人(アマゾンジャパン)を介してスマートドアベルとスマートカメラを販売することになった。Amazon.co.jpの他、ヤマダデンキを始めとする家電量販店でも取り扱われる予定だ。(2022/4/13)

非対面で海外用Wi-Fiルーターをレンタル 1日770円〜でデータ使い放題の「WiFiBOX」
テレコムスクエアが、4月1日から海外向けモバイルWi-Fiルーターの自動レンタルサービス「WiFiBOX」を提供する。ルーターのレンタルから返却までを非対面で行える。1台で複数回線に接続できるバーチャルSIMを採用しており、世界130の国と地域に対応している。(2022/3/30)

モバイルディスプレイの道:
11.6型と小型で据え置き用スタンド付属! VGA接続もサポートしたモバイルディスプレイ「LCD11HCR-IPS」を試す
アイティプロテックの「LCD11HCR-IPS」は、モバイルディスプレイで希少な選択肢となる、11.6型モデルだ。どのような特徴があるのか、実機をテストしてみた。(2022/3/24)

ChargeSPOT、福島と宮城でモバイルバッテリーを48時間無料に 「安全確保の上、ご利用ください」
INFORICHは17日、福島県と宮城県の全域を対象にレンタル用バッテリーを48時間無料で開放すると発表した。16日の地震を受けた措置。(2022/3/17)

モバイルディスプレイの道:
VGA表示も対応! 据え置きスタンドも付属した15.6型モバイルディスプレイ「LCD15HCR-IPS」を試す
モバイルディスプレイにおいて、スタンダードなサイズの15.6型モデルはラインアップが豊富でどれを選ぶのか悩ましい。アイティプロテックの新モデルは、どのような特徴があるのだろうか。実機を試してみた。(2022/3/16)

Spigen、iPhone/iPad/Macアクセサリーの最大40%オフセール開催
Spigenは、3月12日〜17日にiPhone SE(第3世代)予約開始を記念したiPhone/iPad/Macアクセサリーの最大40%オフセールを開催。Amazonでの購入時にクーポンを発行し、数量限定のため早期終了する場合がある。(2022/3/14)

自転車に楽々「ドラレコ」後付け 4980円のフロント/バックライト機能付きドラレコ登場、サンコーから
自転車にも備えあれば憂いなし……!(2022/3/10)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
Appleの「最高峰を解禁」ってどんな製品が出るの? 3月9日の発表会予想をまとめてみた
日本時間3月9日午前3時から開催予定のApple「Peek performance.」イベント。長年Appleユーザーの記者2人が発表内容についていろいろ語りました。(2022/3/4)

重さわずか200g! 5K対応の軽量VRヘッドセット「arpara Gamer 5K」を体験してきた
ARPARA GLOBAL TECHNOLOGYが、クラウドファンディングで展開している5K解像度の新型VRヘッドセット「arpara VR」シリーズ。日本での正式販売を前に、先行体験で「arpara Gamer 5K」を体験してきた。(2022/2/16)

2月25日発売:
シャープ、Amazon Alexa対応のウェアラブルAIスピーカー「AN-SC1」を発売
シャープは、クラウドファンディングで目標金額800%を超えた音声アシスタント機能搭載のAIスピーカー「AQUOS サウンドパートナー AN-SC1」を2月25日に一般発売する。(2022/2/16)

「ツイ廃」専用の縦長ディスプレイ、サンコーが発売 縦置きスタンド別売
サンコーは4日、Twitterを常時表示するのに特化した縦長の小型モニター「ツイ廃しか勝たん!『TL縦長ディスプレイ』」を発売した。1万200円(税込)。(2022/2/4)

USB Type-Cなのに充電が遅い? ケーブルと充電速度の知っておくべき関係
「USB Type-Cは充電速度が速い」というが、実際には仕様の違いで充電速度が変わる。さらには充電する製品が仕様に対応しているかでも違う。その仕様を確認する。(2022/1/21)

ワンセグ非搭載のスマホでテレビを見るには? 外付けチューナーと視聴アプリを紹介
かつて国内メーカーでは多くのスマホがワンセグを搭載していたが、2021年に発売されたスマートフォンではどの端末も搭載しなかった「ワンセグ」。では今、スマホでテレビを見たいときはどんな手段があるのか。「外付けテレビチューナー」「番組視聴アプリ」の2つを調べた。(2022/1/17)

とっても複雑なUSB Type-Cの世界 ケーブルのトラブルを防ぐには?
従来Micro USB端子を搭載したAndroid端末が多かったが、近年はUSB Type-C端子を搭載した端末が主流だ。新しくUSB Type-C端子搭載端末を購入した人が迷うであろう、ケーブルの価格差と準拠している規格の違いを説明する。(2022/1/17)

自転車にもドラレコ 後付け簡単「バックカム」、サンコーから発売
おぉぉー、テールライトに「ドラレコ」内蔵しちゃいました。(2022/1/6)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ソニー「α7IV」は次世代のスタンダードになり得るか? 進化したところ、足したいところ
ソニーの「α7III」の実機を試用した。「α7III」から4年弱の間にどれだけカメラとして進化したのか、そしてα7IVが目指した次世代のスタンダードは何か?(2021/12/30)

「SpotCam Solo 2」で屋外用セキュリティカメラのハードルの高さを解決する
ビデオ会議の急速な普及を受け、Webカメラの選択肢は広がった。その一方、屋外用のセキュリティカメラもさまざまなモデルが登場している。「SpotCam Solo 2」と別売のソーラーパネルを試した。(2021/12/29)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(番外編):
マルチスレッド性能5倍をうたう新「Raspberry Pi Zero 2 W」 その性能をいち早くチェック
ベンチマークテストを通じて新製品「Raspberry Pi Zero 2 W」の実力をチェック!(2021/11/10)

フタの隙間から蒸気を出す「カップヌードル加湿器」誕生 本の付録として12月13日発売
無味無臭だけどおいしそう。(2021/11/9)

センサー搭載メガネを掛けて2週間、肩こりが減った仕組みは 「JINS MEME」を2週間使って考えたこと
西田宗千佳さんがJINSのセルフケアメガネ「JINS MEME」最新モデルを買って使ってみた。その仕組みを解き明かす。(2021/11/5)

PaSoRiがMacに初対応 ソニー、非接触ICカードリーダー/ライター「RC-S300」発売
e-Taxやマイナポータルなどに対応する、Macで動くPaSoRiついに登場。(2021/11/1)

小型ラズパイに「Raspberry Pi Zero 2 W」追加 マルチスレッド性能5倍 2200円
小型コンピュータ「Raspberry Pi Zero 2 W」が登場。旧モデルに比べマルチスレッド性能が5倍に上がり、無線接続では電力消費の少ないBluetooth Low Energyに対応。日本ではスイッチサイエンスが取り扱う予定。価格は2200円。(2021/10/29)

新登場の「Fire TV Stick 4K Max」 4Kの視聴環境がない人でも選ぶべき理由
Amazonが新たに発売した「Fire TV Stick 4K Max」は、Fire TVシリーズとしては初めてWi-Fi 6接続に対応し、メモリ増量で処理パフォーマンスアップ、リモコンも最新版に改められた。実際の使い勝手をチェックしよう。(2021/10/27)

東京ディズニーリゾートで待望の「モバイルバッテリーレンタルサービス」がスタート 実際に利用してみた
これは便利。(2021/10/26)

石川温のスマホ業界新聞:
欧州委員会がスマホ充電端子を「USB Type-C」に統一へ――アップルはLightningを辞めるのか。それともMagsafeにシフト?
欧州委員会が、スマートフォンの充電端子をUSB Type-Cに統一する法案を上程した。この法案が成立すると、ヨーロッパ連合(EU)加盟国で販売されるスマホの充電端子は全てUSB Type-Cとすることが義務付けられる。この法案に対して、独自のLightning端子を採用するAppleが反発している。(2021/10/1)

Amazon、「Kindle Paperwhite」新機種3モデル USB-Cになり画面も大きく
Amazonが電子書籍リーダー「Kindle」の新モデルを数年ぶりに発表した。充電ポートがUSB Type-Cになって充電速度が上がる。画面が明るくなるなど多数の改善がある。(2021/9/22)

アクセサリーみたいにおしゃれな木製ボディーのトイカメラ「THINKK & SHOOT」 台湾発の新作を一足先に使ってみた
お出かけのお供にぴったりです。(2021年9月22日追記)(2021/9/15)

デジタル・イエスタデイワンスモア計画:
AirDropの先駆的技術だった「TransferJet」の現在と未来 超高速近距離通信の変遷
TransferJetって終わった技術だと思っていたら、後継技術も出ているのでした。(2021/8/25)

完全ワイヤレスで利用できる屋外用監視カメラ「SpotCam Solo 2」
SpotCamは、屋外に設置できる完全無線の監視カメラの最新モデル「SpotCam Solo 2」を発売した。価格は1万3900円(税込み)。(2021/8/11)

スマホを猛暑の熱から守る! Amazonで買える冷却グッズまとめ
8月に入り、全国的に30度以上の真夏日、猛暑日が増えてくる。屋外や車内でスマホを使用することもあるが、直射日光などでスマホが熱を持つと機能が制限されたり、部品が劣化することもある。スマホの温度を一定以下に保つための冷却グッズを、Amazon.co.jpで購入できるものに厳選して紹介する。(2021/8/4)

約40gのケーブル一体型モバイルバッテリー「TAU」が日本上陸 Makuakeで「応援購入」を募集中
ヤベツジャパンが、スイスに拠点を構えるメーカーの小型モバイルバッテリーを取り扱うことになった。約40gという軽量モデルで、USB Type-C端子、USB Micro-B端子やLightning端子を備えるスマートフォンに対応しており、クラウドファンディングサイト「Makuake」で応援購入を募っている。(2021/7/26)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第44回):
550円の「Raspberry Pi Pico」でIoT その1:気温と湿度、気圧を測定する
独自開発のチップ「RP2040」を搭載したマイコンボード「Raspberry Pi Pico」でセンサーデバイスをテスト。(2021/7/23)

実売約7千円で24時間のサーバ録画に対応:
フルHD/30fpsのネットワークカメラ「SpotCam Eva 2」の実力をチェックした
SpotCamの新型ネットワークカメラ「SpotCam Eva 2」は、従来モデルから大幅にプライスダウンして機能をブラッシュアップした注目の1台だ。スマートディスプレイとの連携機能を含めてチェックしよう。(2021/7/9)

モバイルディスプレイの道:
5年保証で実売2万円台! マウスの15.6型モバイルディスプレイ「ProLite X1670HC」を試す
マウスコンピューターのモバイルディスプレイ「ProLite X1670HC」は、15.6型のスタンダードなモデルだ。別途ユーザー登録を行うと、保証期間が5年間に延びるのも魅力の1つである。(2021/7/2)

新連載「謎の規格USB」:
「USBってスマホの充電に使うやつだよね」の誤解を解く 仕様がこれほどこんがらがったワケ
普段からすごく使っているけど、「え、そんなTipsがあるの?」と驚くことの多い規格「USB」。この連載ではそんな知識を少しずつお届けしよう。(2021/6/30)

スマホ充電器レンタルの「ChargeSPOT」がセブン-イレブンに進出 10月末までに全国約7000店舗へ設置
これまでローソンやファミマ、駅や空港にあったサービスが、より便利に。(2021/6/29)

realme、容量2万mAhのモバイルバッテリー発売 IoTデバイス専用の低電流モードを搭載
realmeは、モバイルバッテリー「realme 20000mAh Power Bank 2」を発売。IoTデバイス専用の低流モードを搭載し、2つのUSB Type-Aポートと、USB Type-Cポートで3台同時充電も行える。(2021/6/23)

nRF52/nRF53シリーズ向け:
Nordic、同社初のパワーマネジメントICを発売
Nordic Semiconductorは、パワーマネジメントIC(PMIC)「nPM1100」を発表した。同社の無線通信向けSoC「nRF52/nRF53シリーズ」などに対して、安定した電源を供給できるという。(2021/6/1)

液晶一体型PCの今:
Office付きのオールラウンダー「ASUS Zen AiO 24」を試す
ASUS JAPANの液晶一体型デスクトップPCに、新モデル「ASUS Zen AiO 24」が加わった。新デザインのボディーやRyzen搭載モデルの追加など、見どころが多い実機をチェックした。(2021/5/14)

ワーケーション生活の達人夫婦に聞く「ワーケーションのはじめかた」:
第3回 ワーケーションに必要な「モノ」、後悔しないワーケーション生活のコツ
何を用意しておけばいいの……? ワーケーションを快適にする「モノ」は何か、達人に聞きました。(2021/5/1)

Lightningケーブルで充電できるモバイルバッテリー リンクスから
リンクスインターナショナルは、Lightningケーブルで充電できるモバイルバッテリー「enerpad Q-910」のクラウドファンディングを開始。1万mAhの大容量と1%刻みの正確な残量表示でバッテリー切れを防ぐ。(2021/4/14)

もっと情報量が欲しい? 4K対応のモバイルディスプレイで予想以上に在宅ワークがはかどった
在宅ワークやモバイルワークで重宝するモバイルディスプレイ。主流は15.6型でフルHD表示に対応したモデルだが、4K表示に対応したモデルも存在する。ここでは、タッチ操作に対応した「Sculptor MU140LA」を使ってみよう。(2021/4/7)

家電メーカー進化論:
日本進出7年で売上200億突破のアンカー・ジャパン、“成功の裏側”と多ブランド戦略の意図
Ankerグループは2011年創業。13年設立の日本法人は初年度売り上げ約9億円、18年には200億円超と急成長を遂げ、今やモバイルバッテリーの代名詞ブランドとなった。また家電、オーディオデバイス、モバイルプロジェクターなど、次々と新ブランドを展開。急成長の秘密と多ブランド展開の戦略と展望を、猿渡歩COOに聞いた。(2021/3/31)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
反応速度は改善された? ラトックシステムのスマートリモコン「RS-WFIREX4」を試した
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はラトックシステムのスマートリモコンを細かくチェックした。(2021/3/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.