• 関連の記事

「USB Type-C」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「USB Type-C」に関する情報が集まったページです。

USB Type-Cなのに充電が遅い? ケーブルと充電速度の知っておくべき関係
「USB Type-Cは充電速度が速い」というが、実際には仕様の違いで充電速度が変わる。さらには充電する製品が仕様に対応しているかでも違う。その仕様を確認する。(2022/1/21)

ゲオ、Qi対応1万mAhモバイルバッテリーを4378円で発売
ゲオがQi対応、AC充電器としても利用できるモバイルバッテリーを発売した。容量は1万mAhで、通常のモバイルバッテリーとしても利用可能だ。(2022/1/20)

goo Simsellerで「moto g31」発売 割引最大適用で1円に
NTTレゾナントがgoo Simsellerにて、モトローラ製6.4型スマートフォン「moto g31」を発売する。約5000万画素のメインカメラを搭載し、128GBのストレージ、指紋認証と顔認証機能を備える。(2022/1/20)

Armだからできるデザインと機能:
5G標準対応のArm版Windows 10搭載2in1 PC「HP Elite Folio」を使って分かったこと
日本HPの「HP Elite Folio」は、5Gに標準対応しながら20時間以上のバッテリー駆動時間を備えつつ、ヴィーガンレザーのカバーで覆われた異色の1台だ。気になる実機をチェックした。(2022/1/20)

エイサー、第11世代Core i5を搭載した14型スリムノート「Swift 3/5」新モデルを発売
日本エイサーは、14型フルHD液晶を内蔵したスリムノートPC「Swift 3/5」シリーズの新モデル3機種を発売する。(2022/1/19)

アイ・オー、重量約700gのUSB Type-C対応15.6型モバイル液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、USB Type-C接続にも対応した15.6型フルHDモバイル液晶ディスプレイ「LCD-CF162XAB-M」を発売する。(2022/1/19)

在宅ワークの強い味方となる新型「Zenbook Pro 15 OLED」の魅力に迫る
ASUS JAPANの「Zenbook Pro 15 OLED」は、大画面の有機ELディスプレイを搭載したスタンダードなノートPCだ。ハイパフォーマンスな最上位モデルをチェックした。(2022/1/19)

なぞった文字もしゃべった言葉もデータ化・翻訳 ボイスレコーダー付きペン型スキャナーが便利そう
文字は57言語、音声は114言語を翻訳可能。(2022/1/19)

京ハヤ、5色から選べるUSB Type-C/Lightningケーブル「CONNECT GEAR FABRIC」を発売
京ハヤは、ケーブル部分にファブリック(編み込み)素材をあしらったUSB Type-C/Lightningケーブルを発売する。5色のカラフルなバリエーションをラインアップし、「Home Pod mini」や「iMac」といったApple製品の一部で用いられているファブリックケーブルと高い親和性を発揮できるという。(2022/1/18)

エイサー、RTX 3050/Tiを搭載したスタンダード15.6型ゲーミングノート
日本エイサーは、15.6型フルHD液晶と第11世代Coreプロセッサを採用した15.6型ゲーミングノートPC計2製品を発表した。(2022/1/18)

8型2in1ミニノートPC「GPD Pocket 3」の国内販売を発表 Core i7モデルとPentiumモデルを用意
リンクスインターナショナルは、GPD Technology製となる8型2i1ミニノートPC「GPD Pocket 3」の国内取り扱いを発表した。(2022/1/18)

「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第6回】
「HP Pro c645 Chromebook Enterprise」の特徴は? 「盗撮防止」「B&Oサウンド」で差異化
PC開発で実績のあるHPの「HP Pro c645 Chromebook Enterprise」は、仕事用の「Chromebook」としてどの程度“使える”のか。それを判断するために、主な特徴を見ていこう。(2022/1/16)

スマホリングとスタンド機能を備えたワイヤレス充電器「MagPal」登場
PEは、片手で持てるマグネット式ワイヤレス充電器「MagPal」をクラウンドファンディングで先行販売開始。ワイヤレス充電、スマホリング、スタンドを一体化し、同時に発売する「Magステッカー」を装着すればマグネット充電を利用できる。(2022/1/14)

Ryzen 7 5700Uを搭載した8.4型ゲーミングUMPC「ONEXPLAYER AMD版」の出荷が開始
テックワンは、One-Netbook Technology製となる8.4型ゲーミングUMPC「ONEXPLAYER AMD版」の取り扱いを開始した。(2022/1/14)

17.3型の大画面で迫力あるプレイを満喫! コスパ良好の「G-Tune E7[Windows 11]」をチェックした
マウスコンピューターから、17.3型の大画面を備えたゲーミングノートPC「G-Tune E7」が登場した。コストパフォーマンスに優れた実機をテストした。(2022/1/14)

とっても複雑なUSB Type-Cの世界 ケーブルのトラブルを防ぐには?
従来Micro USB端子を搭載したAndroid端末が多かったが、近年はUSB Type-C端子を搭載した端末が主流だ。新しくUSB Type-C端子搭載端末を購入した人が迷うであろう、ケーブルの価格差と準拠している規格の違いを説明する。(2022/1/17)

iPhone/iPadとPCでデータを簡単に共有 サンワからLightning Type-C USBメモリ発売
サンワサプライは、iPhone/iPadのデータをPCと手軽に共有できるLightning Type-C USBメモリ「600-IPLGCシリーズ」を発売。スライドすることでLightningとType-Cのコネクターを簡単に切り替え可能だ。(2022/1/13)

MSI、240Hz駆動対応の17.3型WQHD液晶を備えたハイスペックゲーミングノート MSIストア限定
エムエスアイコンピュータージャパンは、17.3型WQHD液晶ディスプレイを搭載したハイスペック構成のゲーミングノートPC「GS76-11UH-650JP」を発売する。(2022/1/13)

エレコム、ペアリング不要のiPad専用タッチペンを発売
エレコムは、1月中旬にiPad専用アクティブタッチペンを発売。ペアリング不要で利用でき、傾きを検知して太さを変えて絵や文字を書くことができる。ペン先は2.0mmで液晶画面を傷つけにくい素材を取り入れている。(2022/1/12)

サンワ、3タイプの「iPad mini(第6世代)」ケース発売
サンワサプライは、3タイプの「iPad mini(第6世代)」ケースを発売。耐衝撃性を備えたポリカーボネート製ハードケース、横置きスタンドになるソフトレザーケース、Apple Pencil収納ポケット付きケースをラインアップする。(2022/1/12)

プロユースにも耐える性能と機能を備えたクリエイター向けPC「ProArt Studiobook 16 OLED」を試す
ASUS JAPANの「ProArt Studiobook 16 OLED」シリーズは、8コアのRyzenプロセッサとGeForce RTX 3070/3060を備えたクリエイター向けのハイエンドノートPCだ。シリーズ最上位モデルをテストした。(2022/1/12)

古田雄介のアキバPick UP!:
第12世代Core iシリーズ追加モデル&Intel H670/B660/H610マザーが登場
2021年からヒットを続けている、第12世代Core iシリーズのラインアップが拡充された。下位チップセットを搭載したマザーも登場し、組み合わせの幅がグンと広がっている。(2022/1/11)

実売1万8千円台で13.3型のモバイルディスプレイ「GH-LCU13A-BK」を試して分かったこと
グリーンハウスの「GH-LCU13A-BK」は、フルHD表示に対応した13.3型のモバイルディスプレイだ。小型で持ち運びやすい本製品を使ってみた。(2022/1/11)

「Gz'One TYPE-XX」レビュー 再始動のカシオデザインを堪能できる一台
伝説のタフネスケータイが10年のときを経てよみがえった。auが2021年12月に発売した「G'z One TYPE-XX」をレビューする。(2022/1/11)

PR:Windows 11時代はサステナビリティーでリーダーシップをとる――デル・テクノロジーズ
新OSの「 Windows 11 」が登場し、PC選びの基準が変わりつつある。その最新事情をPCベンダー各社に聞いた。まずはデル・テクノロジーズからだ。(2022/1/11)

Razer、ゲーミングノートPC「Bladeシリーズ」を最新プロセッサと最新GPUでアップデート
シンガポールRazerは1月4日、ゲーミングノートPC「Bladeシリーズ」の新製品をCES 2022で発表した。(2022/1/7)

eSIMにも対応:
2画面5Gスマホ「Surface Duo 2」が日本上陸 1月11日に発売 18万4580円から
日本マイクロソフトが2画面5Gスマートフォン「Surface Duo 2」の日本における発売日と価格を発表した。同社の直販サイトの他、主要な家電量販店で販売される予定で、国内の各キャリアの通信に対応するという。(2022/1/7)

モバイルディスプレイの道:
実売2万8000円前後とリーズナブルな15.8型モバイルディスプレイ「GH-LCU16B-BK」を試す
グリーンハウスの「GH-LCU16B-BK」は、フルHD表示に対応した15.8型のモバイルディスプレイだ。実機を試してみた。(2022/1/7)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
メガネ、クルマ、チップ――CES 2022の見どころを振り返ってみた
オミクロン株で拡大するコロナウイルス感染の最中に開催されているCES 2022。それでも重要な発表はいくつかあった。(2022/1/6)

エイサー、第12世代Core搭載ゲーミングPCなどを発表
エイサーは1月5日、ゲーミングPC「Orion」シリーズ新製品とゲーミングディスプレイ「Predator X32/X32 FP」「CG48」を発表した。発売時期は北米でOrionシリーズが2月、X32 FPが夏、X32とCG48が秋を予定している。(2022/1/6)

Lenovoが「Yoga」ノートPCの2022年モデルを披露 Intelの新型GPU「Arc A」搭載モデルも登場予定
Lenovoが、CES 2022に合わせて「Yoga」ブランドの新型ノートPCを発表した。一部モデルでは、Intelが間もなく正式発表する外部GPU「Intel Arc Aシリーズ」を搭載する構成も用意される予定だ。(2022/1/6)

Lenovo、Core i9-12900H搭載240Hz表示ノートPCなどを発表
LenovoがCES 2022にあわせて新製品を発表した。目玉は最大でCore i9-12900HとNVIDIA GeForce RTX 3070Tiを搭載するゲーミングノートPC「Legion 5i Pro/5 Pro」だ。(2022/1/6)

CES 2022:
HTC、「Focus 3」向けリストバンド式トラッカー「Wrist Tracker」を129ドルで発売へ
HTCは、企業向けVRヘッドセット「Focus 3」と連携するインサイドアウト式トラッカーを発表した。手首やテニスラケットやゲームの武器などに取り付けられる。第1四半期中に欧米などで発売の予定。(2022/1/6)

PS5向け次世代VRシステムの名称は「PlayStation VR2」 SIEがCES 2022で発表
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は1月4日、米ラスベガスで開催中のCES 2022でPlayStation 5(PS5)向けの次世代VRシステムの正式名称が「PlayStation VR2(PS VR2)」になると発表した。(2022/1/6)

CES 2022:
Lenovoの中小ビジネス向け「ThinkBook」に2画面モデルが登場!
Lenovoが中小企業や個人事業主の利用を想定したノートPCの新モデルを発表した。従来、電子ペーパーを搭載してきた「Plus」モデルは、メインディスプレイを大きくした上で、キーボード横に液晶ディスプレイを搭載することで“生まれ変わる”。(2022/1/6)

CES 2022:
HPがゲーミングPCの新モデルを発売 「OMEN」ケースの“単品販売”も
HPが「OMEN」「Victus by HP」ブランドのゲーミングPCとゲーミング周辺機器の新モデルを発表した。目玉となる45LボディーのゲーミングデスクトップPCでは、ケース(と冷却機構のセット)を“単品”で販売するという。(2022/1/5)

Dellが32型4Kビデオ会議向けディスプレイを発表
DellがCES 2022に合わせて32型4K解像度ディスプレイ「U3223QZ」を発表した。14Wのスピーカーとデュアルアレイ型マイク、物理的にさえぎる機能を搭載したカメラが標準装備されている。【更新】(2022/1/5)

CES 2022:
HPがハイブリッドワーク時代に向けた新PCを一挙発表 1kg切りの「HP Elite Dragonfly G3」など
CES 2022に合わせて、HPが新型のPCや周辺機器を多数発表した。この記事では、スペックアップをしながらも最軽量構成の“1kg切り”を維持したモバイルノートPCなど、主要な新製品の概要をお伝えする。(2022/1/5)

PS5用VRヘッドセット「PlayStation VR2」発表 4K HDRやアイトラッキングの採用でより深い没入感を実現
専用ゲームとして「Horizon」新作も発表。(2022/1/5)

CES 2022:
よりパワフルになった「XPS 13 Plus」が登場 Z世代にフォーカスしてミニマルデザインに
DellのプレミアムノートPC「XPS」に新モデルが登場する。従来の13型モデルと比べてパワフルなCPUを採用した他、Z世代を意識したミニマルデザインを取り入れたことが特徴だ。(2022/1/5)

CES 2022:
DellがAlienwareブランドの最新ゲーミングPCと周辺機器を一挙発表 ゲーミングに関する「コンセプト」も
Dellが、ゲーミングブランド「Alienware(エイリアンウェア)」のノートPCと周辺機器の新製品をリリースした。合わせて、ゲーミングに関するコンセプト(構想)も発表している。(2022/1/5)

身体の負担も会議ストレスも一気に解消する「Poly Sync」ファミリー:
PR:オンライン会議用デバイス、どれを選ぶ? イヤフォンでもヘッドセットでもなく、スピーカーフォンを選んだワケ
ITmedia ビジネスオンラインで募集した、ポリコムジャパンが提供するスマートスピーカーフォン「Poly Sync」ファミリーの無料モニター。本記事では、世界的素材メーカーに勤め、夫婦でテレワークやオンライン会議用デバイスの試行錯誤を繰り返し、最終的にPoly Syncにたどり着いたモニターの事例を紹介する。(2022/1/17)

【ホンダ フォルツァ】試乗インプレッション 優秀な操縦安定性を継承、これぞ正常進化の極み
2021年に刷新した250ccの快走スクーター、ホンダ フォルツァ。快適性と利便性はどれだけ向上したのか、便利に使えそうか、詳細をチェックします。(2022/1/2)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(11月編):バルミューダが打ち出したスマホは“期待外れ”?/「USB Type-C」には気を付けて!
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年11月は、バルミューダが発表した「BALMUDA Phone」に関する記事が特によく読まれました。(2021/12/31)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ソニー「α7IV」は次世代のスタンダードになり得るか? 進化したところ、足したいところ
ソニーの「α7III」の実機を試用した。「α7III」から4年弱の間にどれだけカメラとして進化したのか、そしてα7IVが目指した次世代のスタンダードは何か?(2021/12/30)

2.2万円で幅56mmのスリムなスマホ「Mode1 GRIP」を試す 片手での持ちやすさは抜群
P-UP Worldのスマホ「Mode1 GRIP」を使ってみた。3G停波が近づき旧機種からの買い替えが進むなかで、8型シネスコサイズという小さめなサイズで手頃な価格のスマホはうれしい。その反面、ディスプレイやスピーカーの質は控えめだ。(2022/1/3)

「iPad mini(第6世代)」で起きる「ゼリースクロール」とは? その原因を解説
「iPad mini(第6世代)」を縦に持ってスクロールした際に起きるという「ゼリースクロール」現象。その原因はiPad miniが搭載したディスプレイのリフレッシュレートによるもので、避けようがないのが現状だ。(2022/1/2)

有機ELの2in1 PCで実売10万円切り! 「Vivobook 13 Slate OLED」を試す
ASUS JAPANが発売した2in1 PC「Vivobook 13 Slate OLED」は、有機ELディスプレイを採用しながら税込み10万円を切る注目のモデルだ。実際の使い勝手はどうなのか、下位モデルをチェックした。(2021/12/28)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「2021年はカメラ業界激変の年だったよね」――フラグシップ3社勢ぞろいから半導体不足まで
連載「ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?」第9弾。2021年カメラ業界で話題になったこととは? フラグシップモデル3社勢ぞろいから半導体不足までを語る。(2021/12/27)

サンワサプライ、Type-AとType-C無線接続、Bluetoothを選んで使えるワイヤレスマウス
サンワサプライは、パソコンやタブレットなど、使用する機器に合わせてBluetooth接続とUSBレシーバーによる接続を選べるワイヤレスマウス「400-MAWBT172BK」を発売した。(2021/12/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.