• 関連の記事

「後継モデル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「後継モデル」に関する情報が集まったページです。

NECが新アーキテクチャのVPN対応ルーター「UNIVERGE IX-Rシリーズ」を投入 第1弾は10GbE/1GbE対応の中規模モデル
NECが、汎用(はんよう)性の高いルーター「UNIVERGE IXシリーズ」の後継シリーズを市場に投入する。ハードウェア/ソフトウェアの両面を一新し、基本性能と静音性が高まったことが特徴で、第1弾は10GbE/1GbE対応の中規模拠点向けモデルとなる。(2024/2/28)

デルがメインストリームPC「Inspiron」の新モデルを発表 ビジネス向け「Vostro」の事実上の後継に
デル・テクノロジーズが、メインストリームPC「Inspiron」の新モデルを発表した。従来は個人向けだった本シリーズだが、ビジネス向けエッセンシャルPC「Vostro」の役割も担うことになるという【更新】(2024/2/27)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「OM SYSTEM」ロゴを冠した新フラグシップ「OM-1 Mark II」登場 ただのマイチェンではなかった
OMデジタルソリューションズから「OM-1」の後継機、「OM SYSTEM OM-1 Mark II」が、2月23日に発売された。OM-1の発売が2022年3月なので、約2年。フラッグシップ機としては早いリニューアルだ。(2024/2/27)

「イトーヨーカドー津田沼店」が9月閉店へ 県内他店はどうなる?
千葉県習志野市の総合スーパーであるイトーヨーカドー津田沼店が9月に閉店することが26日、分かった。イトーヨーカドーの親会社のセブン&アイ・ホールディングス(HD)など複数の関係者が明らかにした。同店が直結する新津田沼駅の駅ビルオーナーの新京成電鉄は一棟貸しする方向で後継のテナント探しを始めた。(2024/2/27)

組み込み開発ニュース:
BLEビーコンを活用した所在管理システム対応のIoTゲートウェイ発表
ぷらっとホームは、BLE通信に特化したIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT DX1」を発表した。同社の「OpenBlocks IoT BXO」の後継機で、「NXP i.MX 8M Plus QuadLite」を搭載し、1.2GHzの動作速度と低消費電力を両立した。(2024/2/26)

Xiaomiの日本戦略を聞く 「テレビは想定の3倍以上、新スマホも爆発的に売れている」
Xiaomiが、「神ジューデン」の後継機として「Xiaomi 13T Pro」を発売した。KDDI向けには、チューナレススマートテレビ「Xiaomi TV A Pro」を投入し、キャリアショップでテレビを売るというインパクトで話題を巻き起こした。日本での存在感を高めているXiaomiの戦略を聞いた。(2024/1/12)

医療DX:
PR:医療DXを加速する福井大学医学部附属病院が無線ネットワークを「sXGP」に刷新
先進的な医療DXを進めていることで知られる福井大学医学部附属病院が、ソフトバンクの「sXGP」によって無線ネットワークを刷新している。PHSの後継としても注目されるsXGPを導入した狙いについて、同病院で医療DXを主導する山下芳範氏に聞いた。(2023/12/20)

最近傍検索ライブラリ「Annoy」の後継:
Spotifyが近傍検索ライブラリ「Voyager」をオープンソースで公開 その実力とは
Spotifyは公式ブログで、同社が開発した新しい近傍検索ライブラリーVoyagerについて紹介した。Voyagerは実稼働環境でのSpotify推奨の最近傍検索ライブラリとしてAnnoyの後継となることを目的としているもので、GitHubで公開されている。(2023/12/9)

NokiaがWi-Fi 7製品を投入【後編】
Wi-Fi 7製品がやってくる 時代は「マルチギガビット」に突入?
「Wi-Fi 6」の後継である「Wi-Fi 7」の製品群をNokiaが発表した。2024年の前半に、実際に利用できる可能性がある。Nokiaの幹部や調査会社は、Nokiaの新製品発表をどのように見ているのか。(2023/12/7)

PSPをHDMI出力できるようにするアダプター登場 ドリキャス用もある
テレビゲーム周辺機器の製造、開発、販売、輸入、OEMなどを手掛けるコロンバスサークルが、ソニーのポータブルゲーム機「PSP」と、セガの家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」用HDMIコンバーターの後継モデルを販売する。12月1日発売とされているが、Amazonでは11月30日に販売予定。(2023/11/27)

Apple、“次世代SMS”こと「RCS」に対応へ 24年後半に 「iMessage」は並行して提供
米Appleが、ショートメッセージサービス(SMS)の後継規格とされている「RCS」(Rich Communication Services)をサポートすると発表したと、米9to5Macなどが報じた。(2023/11/20)

12月下旬発売予定:
手のひらサイズで最大8TB! USB 3.2 Gen 1対応の「Samsung Portable SSD T5 EVO」は初めてのポータブルSSDとして最適だと思ったワケ
ITGマーケティングが、サムスン電子製ポータブルSSD「Samsung Portable SSD T5 EVO」を12月下旬から販売する。人気モデルの1つだった「Samsung Portable SSD T5」の事実上の後継製品となるが、どのような特徴があるのだろうか。最大容量の8TBモデルを通してチェックしていこう。(2023/11/15)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
5G対応? Huaweiの新折りたたみ「Mate X5」はプロセッサも通信方式も不明
Huaweiが9月に突如、折りたたみスマートフォン「Mate X5」を発表しました。先代「Mate X3」の後継機ではなく、プロセッサを変更し5Gに対応したといわれる上位モデル。プロセッサ不明、通信方式不明ながらもMate X5の中国での販売は好調です。(2023/11/13)

任天堂の社長、ネット上の憶測を否定 ニンテンドースイッチの後継機は?
任天堂から2017年3月に発売された家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が発売から7年目を迎え、後継機の開発に関心が集まっている。(2023/11/9)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
無理に画素数を上げないという選択──定番防水タフネスデジカメに待望の後継機「TG-7」
タフネスモデルの雄であり、定番だったオリンパスのTGシリーズ。その新製品がOM SYSTEMブランドで登場した「TG-7」だ。(2023/11/3)

一方で「Gitnessを選ぶ理由はないのでは」という声も……:
CI/CDベンダーのHarness、オープンソースのソースコード共有プラットフォーム「Gitness」を立ち上げ
CI/CDパイプラインのベンダーであるHarnessはオープンソースのコード共有&CI/CDプラットフォーム「Gitness」を立ち上げた。同社が買収した「Drone CI」の後継プロジェクトであり、Drone CIは今後数カ月以内にGitnessに統合予定だという。(2023/10/24)

アドビ、生成AIを刷新 画像を貼って「このテイストで出力して」も可能に テキスト→動画生成も開発中
2023年3月にβ版を提供し、9月から正式提供をスタートした米Adobeの生成AI「Firefly」に早速アップデートが入った。プロンプトから画像を生成するモデルが後継の「Adobe Firefly Image 2 Model」に刷新された。(2023/10/11)

シャープが「AQUOS sense8」発表、光学2倍相当のズーム対応で5万円台 大画面モデル「plus」がない理由とは
シャープはミッドレンジスマートフォン「AQUOS sense8」を発表した。市場想定価格は5万円台後半(税込み)。今回、「sense7 plus」の後継に相当する新モデルの投入が見送られた理由とは何か。(2023/10/3)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「α7C II」「α7CR」一緒に試す──画質と操作系の大幅アップデート、α7Cユーザーは買い換えて良し!
「α7C」はコンパクトでエントリー向けにいいけど中身がそろそろ古くなってきたなあ、後継機が欲しいなあ、と思ってた矢先に登場したのが「α7C II」である。高画素版の「α7 CR」も同時に投入された。(2023/9/30)

小寺信良のIT大作戦:
3年を経て別物に SHURE「AONIC 50 GEN 2」のノイキャン性能、飛行機で試してみた
SHUREのハイエンドヘッドフォン「AONIC 50」に後継モデル「AONIC 50 GEN 2」が登場した。店頭予想価格は5万5000円前後と、初代よりだいぶ値上がりした感があるが、性能的にはほぼ別物となっている。実機を使って両者を聴き比べてみたい。(2023/9/15)

「GiGO総本店」、池袋サンシャイン60通りに9月20日オープン
2021年の同日に閉店した池袋GiGOの後継に。(2023/9/15)

Huawei、折りたたみ端末「Mate X5」発表 3月発表の「X3」とサイズは変わらず
Huaweiは、3月に発表した「Mate X3」の後継に当たる折りたたみ端末「Mate X5」を発表した。中国で9月中に発売の見込み。スペックはX3とほぼ同じだが、5G対応になるのではないかとみられている。(2023/9/10)

小型ハイエンド「Xperia 5 V」発表 望遠カメラなしでも光学2倍ズームが可能
ソニーは9月1日、Xperiaスマートフォンの新モデル「Xperia 5 V」を発表した。Xperia 5 Vは先代「Xperia 5 IV」の後継に相当するモデル。望遠カメラは省かれているが、光学2倍ズームが可能だ。(2023/9/1)

「α7C II」登場、高画素の「α7CR」も ソニーの小型フルサイズミラーレスに新モデル
フルサイズセンサーを搭載した、ソニーのミラーレス一眼カメラ「α7C II」「α7CR」が登場した。ボディ内手ブレ補正を搭載したフルサイズミラーレス機として世界最小・最軽量「α7C」の後継モデルで、新たに高画素の「R」を加えた2モデル体制となった。(2023/8/30)

CentOSを使い続けたい? サイバートラストが小規模ユーザー向けに延長サポートサービス
サイバートラストがCentOSを小規模に利用しているユーザー向けに、延長サポートサービスを発表した。後継OS選びが難しくなっている状況で、安全にCentOSを使える環境を提供するという。(2023/8/22)

横河計測 AQ6373E、AQ6374E:
可視光、近赤外用光スペクトラムアナライザー
横河計測は、可視光および近赤外用光スペクトラムアナライザー「AQ6373E」「AQ6374E」を発売した。現行の「AQ6373B」「AQ6374」の後継機種で、研究開発や生産テストでのタスク高速化に向けたアプリケーションモードを追加した。(2023/8/21)

ナナマルも復活:
新型ランクル、豊田前社長が求めた「原点回帰」 開発陣がたどり着いた答え
トヨタ自動車が発表した新型ランドクルーザー「250シリーズ」は、中核モデル「プラド」の後継で、14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。これまでのプラドが「高級」「豪華」という路線を走る中で、豊田章男前社長は開発陣に「原点回帰」を求めた。(2023/8/2)

「70」も9年ぶり再投入:
新型「ランドクルーザー」世界初公開 「プラド」後継、14年ぶり刷新
トヨタ自動車は8月2日、ランドクルーザー(以下、ランクル)の新型「250シリーズ」を世界初公開した。中核モデル「ランドクルーザープラド」の後継にあたり、14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。(2023/8/2)

一部のタスクでは「GPT-3.5」をしのぐパフォーマンスを発揮:
Stability AI、「LLaMA」ベースのオープンLLM「FreeWilly」を発表
Stability AIと同社のCarperAIラボは、オープンにアクセスできる新しい大規模言語モデル(LLM)「FreeWilly1」とその後継の「FreeWilly2」を発表した。(2023/7/27)

地上波でも「4K/60fps」が当たり前に? 総務省の審議会が「次世代地デジ」の技術的条件を答申 実現に向けて大きな一歩
総務省において「次世代(高度化)地上波デジタルテレビ放送」の技術的条件が答申された。これにより、現行の「地デジ」の後継規格を策定する作業が加速するものと思われる。(2023/7/20)

スマホ料金プランの選び方:
ドコモの新料金「irumo」のお得度を検証 Y!mobile/UQ mobileより安いケースが多いが注意点も
ドコモが7月1日から提供を始める「irumo」を、他社プランやahamoと比較してみる。最初はあまりいい印象を持っていなかったが、OCN モバイル ONEの後継プランではなく、ドコモの低容量プランと捉えると納得がいきそうだ。(2023/6/29)

モトローラがあえてスペックダウンした「moto g53j 5G」を投入するワケ moto g52j 5Gとは“全くの別物”
モトローラが日本市場向けのスマートフォン「moto g53j 5G」と「moto g53y 5G」を投入する。1年前の「moto g52j 5G」の後継機かと思いきや、違うという。g53シリーズはどのような位置付けなのか。ハイエンドモデルの日本投入はあるのか。(2023/6/28)

新規受付停止「OCN モバイル ONE」の今後は? ドコモの「irumo」に乗り換えるべきなのか
irumoは、NTTレゾナントが提供している「OCN モバイル ONE」の後継に位置付けられるサービス。OCN モバイル ONEはまだ利用できるとはいえ、新規受付を停止したことで、このまま使い続けていいのか不安を感じている人もいるだろう。OCN モバイル ONEとirumoの違い、OCN モバイル ONEの今後についてまとめた。(2023/6/22)

「Nothing Phone (2)」は日本時間7月12日0時に発表 光るスマホPhone (1)の後継
英Nothing Technologyが新型スマートフォン「Nothing Phone (2)」を7月11日16時(日本時間7月12日0時)に発表する。公式サイトで告知されている。Nothing Phone (2)は先代のアイデンティティーを受け継ぐ製品として、まざまなパーツで成り立っていることや、インジケーターで何かを知らせることが分かっている。(2023/6/14)

広報に聞いた:
バルミューダはなぜスマホ事業から撤退するのか 後継機種が幻と化した2つの理由
バルミューダはスマートフォン事業から撤退すると発表した。経営上の選択と集中を図るため。専用アプリのアップデートなどのアフターケア、関連アクセサリーの提供は継続する方針だ。(2023/5/12)

バルミューダ、スマホ事業から撤退 「事業環境を総合的に検討した結果」
バルミューダが5月12日、携帯端末事業の終了を発表した。同社は2021年11月に「BALMUDA Phone」を発売し、通信キャリアではソフトバンクが取り扱っていた。その後、後継機の開発に着手していたが、断念することになった。(2023/5/12)

Googleの「Pixel 7a」はPixel 7/6aと何が違う? スペックを比較
Googleのスマートフォン「Pixel 7a」が正式発表された。Pixel 7aは2022年7月発売の「Pixel 6a」の後継で、同年10月発売の「Pixel 7」の廉価版という位置付け。これら3モデルの違いについて、比較表を交えながらお伝えしていく。(2023/5/11)

スマートロック「Qrio Smart Lock(Q-SL1)」、10月31日でサービス終了 利用者には後継機セールを案内
Qrioは、10月31日にスマートロック「Qrio Smart Lock(Q-SL1)」のサービスを終了。利用者には後継機種「Qrio Lock(Q-SL2)」のセールを案内する予定だ。(2023/5/10)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!(VAIO 後編):
VAIOは成長フェーズへ PC事業への回帰で周辺デバイスやリファービッシュ品も投入 VAIO Pの後継モデルも!?
コロナの5類感染症変更など、世の中の環境、経済状況や社会情勢が激変する昨今。急激な円安に伴う物価の上昇が続く中で、IT企業はどのような手を打っていくのだろうか大河原克行氏によるインタビュー連載のVAIO 後編をお届けする。(2023/4/28)

Nothingのイヤフォンは買い? カナル型「Ear」2モデルとインナーイヤー型「Ear(stick)」を徹底比較
2022年に斬新なデザインのスマホ「Nothing Phone(1)」を発売した英国メーカー、Nothing Technology。同社は2021年に初の製品としてワイヤレスイヤフォン「Nothing Ear(1)」を発売していたのだが、このほど後継モデル「(2)」が発売された。同製品たちと2022年11月発売「Nothing Ear(stick)」を聞き比べてみる。(2023/4/28)

Computer Weekly日本語版+セレクション
C++の後継プログラミング言語「Carbon」とは?
アプリケーション開発において広く使用されているプログラミング言語「C++」。その後継としてGoogleは、プログラミング言語「Carbon」を開発している。Carbonはどのような存在になるのか。(2023/4/4)

ドコモがdTVを「Lemino」に刷新 月額990円に値上げも“コンテンツ約2倍+感情UI”で勝負
NTTドコモが、動画配信サービスのdTVの後継サービスとして「Lemino」を4月12日から開始する。コンテンツ数を約2倍の18万本と拡大し、UI(ユーザーインタフェース)も刷新。楽しくコンテンツを探せて新しい出会いを実現するようなサービスを目指すという。(2023/3/6)

特選プレミアムコンテンツガイド
「VPNが無料で使える」なぜ危険? VPNの基本と後継技術
「VPN」は、テレワークを機にさらに広く活用されるようになった。中には無料で使えるVPN製品があるが、リスクが伴う。その理由とは何か。そもそもVPNの役割とは。基本からおさらいしよう。(2023/2/23)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
待望の軽量フルサイズ、キヤノン「EOS R8」の良いところ、残念なところ
「EOS R8」は「EOS RP」の後継モデルといっていいデザインでコンパクトで軽い。気軽にフルサイズを楽しみたい人の小型軽量機だ。どこがどう進化して、どこが物足りないのかチェックしていこう。(2023/2/21)

Qualcomm、初の5G Advancedサポートモデム「Snapdragon X75」発表
QualcommはAI搭載の新モデム「Snapdragon X75 5G Modem-RF System」を発表した。「Galaxy S23 Ultra」などに搭載のハイエンドモデム「X70」の後継に当たる。5G Advancedをサポートする初のモデムになる。(2023/2/16)

さらば「EOS Kiss」 登場から30年でブランド終息へ 後継モデル「R50」登場
キヤノンは、同社のエントリー向け一眼カメラ「EOS Kiss」シリーズのコンセプトを継承したAPS-Cミラーレス「EOS R50」を発表した。Kissの名前はないが、エントリー層をカバーしつつ、より広くミラーレスの魅力を伝えるモデルとして展開する。(2023/2/8)

Nothing、「Nothing Phone (2)」を年内発売 「Phone (1)よりプレミアム」とペイCEO
Nothingのカール・ペイCEOは、日本でも販売中の「Phone (1)」の後継モデルを年内に発売すると語った。Phone (1)よりプレミアムになるという。米国にも進出する計画だ。(2023/1/31)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
モバイルゲーム機「Razer Edge 5G」はAndroid搭載 これはRazer Phoneの後継機?
Razerのスマートフォン「Razer Phone」は2機種で終わってしまいました。そんな中、Razerは2022年10月にポータブルゲーミングデバイス「Razer Edge」を発表。これはもうRazer Phoneの後継機ではないか! と思えるハイスペックな製品です。(2023/1/31)

「C++」の後を継ぐ「Carbon」【後編】
プログラミング言語「Carbon」はC++の“あの問題”を解決するのか、しないのか
プログラミング言語「Carbon」を開発するGoogleは、Carbonを「『C++』の後継」だと捉えている。CarbonがC++に対して果たす役割について、有識者の寄稿を基に探る。(2023/1/26)

「C++」の後を継ぐ「Carbon」【前編】
C++の後継言語「Carbon」がRustと“決定的に違う点”はこれだ
Googleはプログラミング言語「Carbon」を「『C++』の後継」だと位置付けている。これが真に意味することは何か。ソースコードの品質管理分野で開発者を支援する有識者の寄稿から探る。(2023/1/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.