「プログラミング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!プログラミング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプログラミング関連の質問をチェック

数学×Pythonプログラミング入門:
Pythonで線形代数! 〜ベクトル編〜
AI/機械学習で使われるデータを表現するためにはベクトルや行列などの線形代数を理解することが必要不可欠。今回はベクトルを中心に、その考え方や各種計算のプログラミング方法を初歩から見ていく。(2022/5/23)

「C#」のレーティングが大幅に上昇:
「Python」が首位を堅持、プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2022年5月版では、「Python」が引き続き首位を占め、「C#」のレーティングが前年同月比で大きく上昇した。(2022/5/17)

“今どきのデータ分析”を支える技術【第3回】
「NLP」(神経言語プログラミング)はデータ分析にどう役立つのか?
人の心理を読み解く「神経言語プログラミング」(NLP)が、データ分析をより簡単に、より効率的にする可能性があるという。NLPはデータ分析にどう寄与するのか。(2022/5/11)

エン・ジャパン調べ:
今後学びたいITスキル・知識 若手は「マーケティング」「プログラミング」が人気
企業がDXを推進するのに伴い、IT関連スキルが注目されている。今後身につけたいITスキルは「統計学的知識」が最も多く42%だった。年収1000万以上では「AIなど先端技術の知識」の回答が多かった。(2022/5/11)

企業でのAI活用のニーズが高い領域に注目:
経済産業省が“企業のAI実装を疑似的に体験できる教材”の提供を開始
経済産業省は、教育機関や企業などに向けてAI人材育成用「AI Questデータ付き教材」を提供する。プログラミングやAIモデルの構築に加え、実際の企業のAI実装を疑似的に体験できる教材になっている。(2022/5/10)

プログラミング教室、女の子には不人気? GMOメディア調査
プログラミング教室のポータルサイト「コエテコ byGMO」などを運営するGMOメディアは、民間の子ども向けプログラミング教育の実態調査結果を発表した。(2022/5/6)

「初心者におすすめのプログラミング言語」ランキング 1位は「Java」 他言語の順位は?
NEXERは、運営するアンケートサイト「ボイスノート」の会員を対象に、「プログラミング言語に関するアンケート調査」実施した。その結果、初心者におすすめのプログラミング言語の第1位は「Java」であり、求人数の多さなどがおすすめの理由として挙がっていることが分かった。(2022/5/6)

550人に調査:
「学んでみたいプログラミング言語」ランキング 1位は「C/C++」 他言語の順位は?
NEXERは、運営するアンケートサイト「ボイスノート」において「プログラミング言語についての調査」を実施した。その結果、「学んでみたいプログラミング言語」の第1位は、「C/C++」(106票)であることが分かった。(2022/5/6)

新卒採用担当者を対象:
新卒エンジニアに入社するまでに学んでほしいプログラミング言語 1位は「Java」
レバテックは新卒エンジニアを採用する企業の新卒採用担当者に、新卒エンジニアに入社するまでに学んでほしいプログラミング言語を聞いた。その結果、1位は「Java」が選ばれた。(2022/5/2)

FAニュース:
ウォームギヤの加工工程を集約、専用機による加工を汎用機で対応可能に
DMG森精機は、テクノロジーサイクルの最新版「マルチスレッディング2.0」の販売を開始した。従来の機能に加え、ウォームギヤ加工のプログラミング機能を拡張している。(2022/4/26)

生産性やパフォーマンスが向上:
プログラミング言語「TypeScript 4.6」をMicrosoftが公開
Microsoftは「TypeScript 4.6」を公開した。型推論や構文エラーのチェックなど多くの機能が追加、改善され、パフォーマンスも向上している。(2022/4/18)

「野田ゲー」でPythonを学ぶ本、宝島社から ゲーム7本付き
宝島社「野田クリスタルとあそぶ!PythonプログラミングBOOK」を4月20日に発売する。CD-ROM付きで1980円(税込)。(2022/4/15)

DartがRustに並ぶ:
プログラミング言語の人気ランキング、順位変動は縮小傾向にある――RedMonkが調査
RedMonkが発表した2022年第1四半期のプログラミング言語ランキングによると、JavaScript、Python、Javaがトップ3を占めた。KotlinやRustの勢いにDartが追随していることも分かった。(2022/4/13)

AIの問題解決能力の飛躍的向上を実証:
DeepMindのAIシステム、競技プログラミングで人間と互角の成績
DeepMindがAIベースのコンピュータプログラム作成システム「AlphaCode」を開発し、競技プログラミングコンテストへの参加をシミュレートしたところ、同システムはコンテスト参加者の54%以内の順位に相当する成績を収めた。(2022/4/11)

JavaScriptを打ってキャラを操作する対戦ゲーム、Steamで配信 Rustなど計13以上の言語にも対応
ゲーム開発を手掛けるScreepsは、プログラミング言語を打ち込んでキャラクターを操作する対戦ゲーム「Screeps: Arena」を、PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」で配信した。(2022/4/8)

新高1は新科目「情報I」必修 プログラミング経験の無い教員も
2022年度から高校で「情報I」が必修科目となった。現行の情報科目より専門性が高まり、25年からは大学入学共通テストの出題教科にも加わる。ただ、多くの教員はプログラミングの授業をした経験がないなど課題も浮上している。(2022/4/1)

「Java」が人気言語であり続ける5つの理由【前編】
「Java」がいまだに使われ続ける“端的な理由”
開発者からの支持を集め続けるプログラミング言語「Java」。根強く利用される背景には何があるのか。Javaの主なメリットを整理する。(2022/4/1)

Google Forms APIが正式リリース  Googleフォームの作成や編集、集計をプログラミングで制御可能に
「Googleフォーム」をAPI経由で作成、編集できる「Google Forms API」が正式版に。プログラムから自動的にフォーム画面を作成・編集し、公開できるようになった。(2022/3/22)

数学×Pythonプログラミング入門:
[数学×Python]再帰呼び出しをマスターしよう
再帰に対して多くの人が持つであろう苦手意識を払拭(ふっしょく)するために、再帰の基本から、その考え方とプログラミングの方法を見ていく。動的計画法を利用した最小コストの計算法などについても紹介する。(2022/3/17)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(16):
”美しい仮定”は精度を向上させる――「回帰分析」には対数(log)変換が有用な理由
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は「回帰分析」には対数変換を用いるとよい理由について解説します。(2022/3/11)

5位は「プログラミング」:
子どもが小さいうちに経験させたいこと、3位に「投資」がランクイン 1位は?
「子どもが小さいうちに経験させたいこと」、1位は「英会話」だった。3位に「投資」、5位に「プログラミング」がランクインした。小さいうちからお金を稼ぐ術を学ばせようという傾向が見られた。(2022/3/5)

産業用ロボット:
教示レスで弁当配膳などにロボット活用、音声認識やARで調整時間を10分の1に
三菱電機は2022年2月28日、高精度な音声認識技術や多関節ロボットの最適化によりティーチング(教示)の負荷を大きく低減した形で動作プログラミングを自動生成する複合技術「ティーチングレスロボットシステム技術」の開発を発表した。ロボット活用のハードルを下げることで、従来ロボットが使われてこなかった食品工場などでの用途拡大を狙う。(2022/3/1)

「お父さんも小学校でPythonやった?」→ 娘の質問に対するお父さんの回答が秀逸と話題に
ゲームもプログラミングでできたものではありますが。(2022/2/23)

FAニュース:
切削加工機のオプションとして自動プログラミングサービスの提供開始
山善は、同社が取り扱う切削加工機のオプションとして、自動プログラミングサービス「COMlogiQ」の提供を開始した。3Dモデルをアップロードするだけで加工プログラムを自動で作成でき、人的リソースの有効活用に寄与する。(2022/2/16)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(86):
プログラミングに自信はある でも、飯は食えなかった人の話
エンジニアは「手に職がある仕事」です。「手に職があると、一生食いぱっぐれない」と思っていませんか? でも、技術力を磨いているだけでは、そうでもないのかもしれません。(2022/2/16)

ペネトレーションテストのためのPython【後編】
「Python」だけじゃなく「JavaScript」「Go」「Ruby」を学ぶべき理由
「Python」はペネトレーションテスト担当者が学ぶのに適したプログラミング言語だと専門家は主張する。Python以外にも目を向けるべきコンピュータ言語や、学習を継続させるために重要なこととは。(2022/2/9)

プログラマーにうまくアドバイスする心理的テクニック【前編】
同僚プログラマーの機嫌を損ねずにミスを指摘できる“魔法の質問”
プログラミングで重視すべき項目や、より良いソースコードをチームで作り上げるこつは何だろうか。エンジニアの実体験を基に解説する。(2022/2/4)

Go AbekawaのGo Global!〜Carlos Planter編(前):
恐竜かプログラミングか、それが問題だ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はmedibaのCarlos Planter(カルロス・プランテル)氏にお話を伺う。小さなころから日本のアニメやゲームに親しんでいたプランテル氏が「Web開発者の道」を意識し始めたのは1冊の雑誌がきっかけだった。(2022/3/9)

AIが競技プログラミングに挑戦、人間レベルのスコア達成 英DeepMindの「AlphaCode」
英DeepMindのプログラミングAI「AlphaCode」が、競技プログラミングコンテストで参加者の上位54%以内に食い込む成績を収めた。プログラミングAIがコンテストで人間と渡り合えるレベルに達したのは初という。(2022/2/3)

全方位から迫る弾をかわす「3D弾幕ゲーム」のアイデアに注目 「緊張感すごい」「安置探したくなる」
「はじめてのゲームプログラミング」で実践。(2022/2/2)

元・Java専門記者がLog4j 2脆弱性に見た「複雑性と魔神のかけら」 Javaの歴史とバザールの矛盾
Log4j 2で問題となった脆弱性は、プログラミングやコンピュータの知識が少しあれば「なぜこんな危険な実装がされていたのか」と疑問に思う内容だ。歴史の歯車が別の方向に噛み合っていれば、こうはならなかったかもしれない。Javaを専門に取材してきた筆者が、この悲劇の背景をひも解いていく。(2022/1/31)

使用サイトの年間増加数を調査:
2021年に躍進したWeb技術は?
Q-SuccessはさまざまなカテゴリーのWeb技術について、2022年1月1日と2021年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2021」として発表した。コンテンツ管理システムやサーバサイドプログラミング言語、JavaScriptライブラリなど17種類の技術が対象だ。(2022/1/27)

ペネトレーションテストのためのPython【前編】
初めてのプログラミングには「Python」を選ぶべき“セキュリティ的な理由”
ペネトレーションテスト担当者にとって、「Python」は優先して習得すべきプログラミング言語だと専門家は推奨する。それはなぜなのか。そもそもPythonは学びやすいのか。(2022/1/26)

「IT人材養成ブートキャンプ」 プログラミング教育で人生と日本を変える
人材が欲しい企業側だけでなく、入学者にとっては人生の逆転を狙えるチャンス。ITエンジニアとして羽ばたこうと、多様な来歴の男女が集まる。バレエダンサーからの転身組にその実態も聞いた。(2022/1/24)

「IT人材養成ブートキャンプ」 プログラミング教育で人生と日本を変える
IT人材不足で育成が急がれる今「ブートキャンプ」と呼ばれる短期集中型養成所に注目だ。入学者にとっては人生の逆転を狙えるチャンスであり、ITエンジニアとして羽ばたこうと、多様な来歴の男女が集まる。(2022/1/24)

Progateが2021年の人気言語を発表:
プログラミング学習で人気のある言語は?
Progateはオンラインプログラミング学習サービス「Progate」について、2021年の人気レッスンランキングを発表した。意外な言語がトップ5に登場している。(2022/1/20)

数学×Pythonプログラミング入門:
積分法の数値計算をプログラミングしてみよう
積分法に関する数値計算のプログラミングの方法を見ていく。最初に台形公式やシンプソンの公式を使った方法を紹介し、次に乱数を使ったモンテカルロ法による近似方法を見る。(2022/1/20)

「Ruby biz Grand prix 2021」表彰式レポート:
PR:新たなビッグビジネスを予感させる9サービスを表彰
まつもとゆきひろ氏によって開発されたプログラミング言語「Ruby」を活用し、新たなビジネス価値を創造するサービスや商品を展開している企業を表彰するビジネスコンテスト「Ruby biz Grand prix 2021」の表彰式が、2021年12月15日に開催された。(2022/1/18)

トイレットペーパーでプログラミングの変数を理解する模型が分かりやすい 「絶妙」「秀逸」と話題に
ただしガムテでお尻は拭けないものとする。(2022/1/10)

中学1年の過半数が「プログラミングできる」 “競プロ”勢も1.7% 東進ハイスクール調べ
東進ハイスクールなどを運営するナガセが、高校生と中学生10万7450人に調査を行った結果、中学1年生の過半数が「プログラミングができる」と回答した。「競技プログラミングに取り組む」と答えた割合も1.7%あった。(2022/1/6)

教育ITニュースフラッシュ
「GIGAスクール構想」がプログラミング教育を遅らせる? 小学校教員が嘆き
小学校教員に対するプログラミング教育の調査結果や、法政大学の「オープンバッジ」導入事例など、教育ITに関する主要ニュースを紹介する。(2021/12/28)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(17)STEM教育(5):
課題満載のSTEM教育でも、コロナ下で起きていた教育現場のパラダイムシフト
本シリーズでは、STEM教育の中でも特にプログラミング教育を取り上げてきましたが、やはり課題(ツッコミどころ)は満載です。それでも、いろいろと調べていくうちに、いくつかの光明も見えてきました。(2021/12/27)

Rubyを知る【後編】
「Ruby」が“大人気言語”になり切れない原因は?
Webアプリケーション開発用のプログラミング言語として人気を博してきた「Ruby」には幾つかの短所がある。開発者にとってどのような点が問題なのか。(2021/12/24)

ナチュラルスタイル、PCを用いたプログラミングにも対応した教育用マイコンボード「GIGA IchigoDake」
ナチュラルスタイルは、教育向けワンボードPC「IchigoDake」の新モデル「GIGA IchigoDake」を発表した。(2021/12/23)

Rubyを知る【前編】
いまさら聞けない「Ruby」の真実 何に役立つのか?
「Ruby」はWebアプリケーション開発で広く用いられているプログラミング言語だ。どのような特徴があるのか。概要を解説する。(2021/12/11)

GitHubがコード検索を強化 正規表現に対応、プログラミング言語別の検索も可能に
GitHubが強化したコード検索機能のプレビュー版を公開。正規表現に対応した他、特定のプログラミング言語を対象にすることや、特定の組織やリポジトリ、ファイルパスなどの検索範囲を指定することなどが可能になった。(2021/12/10)

技術・家庭科で「Python」を ミクシィが中学校で「プログラミング授業」を実施(後編)
渋谷区立鉢山中学校の技術・家庭科のプログラミングに関する授業に、「モンスト」などで知られるミクシィが協力した。この記事では、3回目と4回目の授業の様子を見てみよう。(2021/12/9)

最も多い学習方法は「書籍」:
約6割が「プログラミング学習を始めて3カ月以内に挫折を経験」 initがプログラミング学習に関して調査
initは2021年11月20日、プログラミング学習に関する調査結果を発表した。それによると86%が「プログラミング学習で挫折を経験したことがある」と回答した。(2021/12/7)

キッザニアでプログラミング体験 任天堂が提供へ 2022年春から
職業体験テーマパーク「キッザニア」は、任天堂がスポンサーを務める「ゲーム会社」パビリオンでプログラミング体験を提供する。提供施設はキッザニア東京とキッザニア甲子園。(2021/12/6)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(15):
データ分析やAI予測の基本中の基本「回帰分析」「最小二乗法」の基礎をPythonコードと図で理解する
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は「回帰分析」「最小二乗法」について、図版とPythonコードを交えて解説します。(2021/12/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.