「ウェアラブル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ウェアラブル」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

薄型に適した磁気回路を新設計:
厚み1.4mmのリニア振動アクチュエーターを開発
ニデックプレシジョンは、厚みが1.4mmと極めて薄いリニア振動アクチュエーター「TapSense(タップセンス)」を開発した。タブレット端末やノートPC、車載パネル、ウェアラブル医療機器などの用途に向ける。(2024/5/14)

研究開発の最前線:
環境に優しい素材から成り塩水で駆動する金属空気紙電池を開発
東北大学は、低環境負荷の「金属空気紙電池」を開発した。身近にある塩水で発電し、マグネシウムや紙、炭素など、環境に優しい素材で構成されていることから、ウェアラブルデバイスや非常用電源などへの応用が期待される。(2024/4/4)

「Smart Band 8」が18%オフ、「Xiaomi 13T Pro」は10万円を切る価格に【Amazon新生活SALE FINAL】
Xiaomiの一部製品が「新生活SALE FINAL」の対象だ。セール期間は3月29日〜4月1日11時59分。対象はウェアラブル製品やスマートフォンなど。記事内は全て税込み。(2024/3/29)

サイバーセキュリティ規格に対応:
短距離無線通信向けワイヤレスSoC、STが発表
STマイクロエレクトロニクスは、最新のサイバーセキュリティ規格に対応した短距離無線通信向けワイヤレスSoC(System on Chip)「STM32WBA5シリーズ」を発表した。ウェアラブル機器やスマートホーム機器、ヘルスモニター、スマート生活家電などの用途に向ける。(2024/3/25)

医療機器ニュース:
遠隔モニタリング可能なウェアラブル心肺管理システムが米国で発売
Analog Devicesの心肺機能測定値を取得する遠隔管理システム「Sensinel by Analog Devices」が、同社製品としては初めて米国食品医薬品局への510(k)申請が承認され、販売が開始された。(2024/3/21)

医療機器ニュース:
ウェアラブル心電計の開発、販売における資本業務提携を締結
マクニカとココロミルは、次世代機器のサービスソリューションの共同開発と現行製品の販売を目的とした資本業務提携を締結した。マクニカは、ココロミルのウェアラブル心電計および解析サービスの販売を開始する。(2024/3/7)

Innovative Tech:
自分の顔をずっと“笑顔にする”ヘルメット型プロジェクター 会話中も常にニコニコ 神戸大が開発
神戸大学の塚本・寺田研究室に所属する研究者らは、対面での会話中に表情を豊かに見せることで話し相手の印象を良くするウェアラブル表情拡張システムを提案した研究報告を発表した。(2024/1/23)

Innovative Tech:
「今日は風が騒がしいな……」──東大、袖がなびく装置を開発 強風に煽られている感覚を再現
東京大学大学院 割澤研究室に所属する研究者らは、振動で袖をなびかせて強風に煽られている感覚を再現できるウェアラブル触覚デバイスを提案する研究報告を発表した。(2023/12/15)

組み込み開発ニュース:
スマートロック版Matterとなるか、CSAが「Aliro」を発表
CSAは、スマートフォンやウェアラブル端末などのモバイル端末と連携して扉の施錠や開錠を可能にするスマートロックの標準規格「Aliro」を発表した。(2023/11/14)

CEATEC 2023:
メガネに付けられるウェアラブルカメラがCEATEC AWARD受賞、遠隔作業支援を加速
ザクティは、「CEATEC 2023」において、ウェアラブルライブ映像デバイスと配信サービスを組み合わせた「Xacti LIVE(ザクティライブ)」を出展し、さまざまな用途提案を行った。なお、同技術は「CEATEC AWARD 2023」において「デジタル大臣賞」を受賞している。(2023/10/23)

石野純也のMobile Eye:
“スマホなし”でも存在感示すファーウェイ 武器はスマートウォッチと日本特化のアイウェア
米国の制裁を受け、スマートフォンの開発に急ブレーキがかかってしまったファーウェイが製品ラインアップを大幅に転換。制裁の影響が少ないスマートウォッチやワイヤレスイヤホンといったウェアラブル製品やモニター、タブレットといったジャンルに特化している。製品ラインアップの数は、むしろスマホを定期的に発売していたころよりも多彩といえる。(2023/10/21)

Innovative Tech:
これでもう漏らさない? 膀胱を常に管理するAIパンツ 放尿の必要性を推定、尿失禁防止
米カリフォルニア大学デービス校に所属する研究者らは、膀胱をリアルタイムにモニタリングするためのウェアラブル下着を提案した研究報告を発表した。(2023/10/12)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
実は円形の映像を撮っていた 親指サイズのウェアラブルカメラ「Insta360 Go 3」の実力は?
ちょっと太めの親指サイズという超小型なウェアラブルカメラ「Insta360 Go」の3代目が出たのである。それが「Go 3」。(2023/9/10)

ウェアラブルニュース:
リアルタイムに心電図を表示/保存するウェアラブル心電送信システム
NTTテクノクロスは、同社のヘルスソフトウェアとパラマ・テックの心電送信装置、東レ・メディカルの心電用電極を一式とする「hitoeウェアラブル心電送信システム」の販売を開始した。リアルタイムに心電図を表示し、保存できる。(2023/7/20)

これ変身ベルトだろ 腰に巻く扇風機「腰ベルトファン360」発売 8480円
サンコーがベルト型ウェアラブル扇風機「腰ベルトファン360」を発売した。「変身ベルトのように腰に巻いて、5カ所の扇風機から風を全身に浴びられる」(同社)という。価格は8480円。(2023/7/4)

12万1000円から:
ダイソンが空気清浄機付きANCヘッドフォン「Dyson Zone」を日本でも発売 試して分かった装着感
スタイリッシュな掃除機や扇風機で知られるダイソンが、初のウェアラブル製品として「Dyson Zone 空気清浄ヘッドホン」を発売した。直販価格は12万1000円〜13万7500円で、空気清浄機能とアクティブノイズキャンセリング機能を兼ね備える。その実力を試してみよう。(2023/5/26)

ファーウェイ、血圧を測定できるスマートウォッチ発売 約6万円
ファーウェイ・ジャパンは、6月14日から「HUAWEI WATCH D ウェアラブル血圧計」を発売。血圧計として管理医療機器認証を取得し、スマートウォッチと同様に手首に装着すれば測定できる。(2023/5/24)

価格はオープン:
ダイソンの空気清浄機能付きヘッドホン、日本で発売 初のウェアラブル製品
ダイソンはウェアラブル製品「Dyson Zone空気清浄ヘッドホン」を日本で発売する。開発した背景に都市部の大気汚染や騒音といった課題があるという。(2023/5/23)

2026年以降に市場が成長する見込み:
5G時代の新たなセルラーIoT技術「RedCap」とは何か
「RedCap」は、ウェアラブル機器など、小型で低消費電力のIoT機器を、5Gで接続しやすくするための拡張機能だ。本稿では、RedCapの仕組みや利点を解説する。(2023/5/2)

音響感知と人工知能を利用し無発声でコマンド認識:
口の形を読み取ってスマートフォンに入力できる眼鏡型デバイス「EchoSpeech」を発表 コーネル大学
コーネル大学の研究所は、低電力のウェアラブル無声音声認識インタフェース「EchoSpeech」を発表した。(2023/4/28)

応答時間の短縮と電力消費を低減:
ST、AI拡張型スマート加速度センサーを発表
STマイクロエレクトロニクスは2023年3月(スイス時間)、スマート加速度センサーとしてAI拡張型など3製品を発表した。システム応答の高速化や消費電力の低減が可能となる。ウェアラブル機器やスマートフォン、スマートウォッチなどの用途に向ける。(2023/4/11)

Amazon Fashion×新生活タイムセール祭り:
Xiaomiのタブレットとウェアラブルがお買い得!! 「Redmi Pad」は最大15%オフ
Amazon.co.jpは3月17日に「Amazon Fashion×新生活タイムセール」をスタートした。Xiaomiも出品しており、同社製タブレット「Redmi Pad」やウェアラブルデバイスがおトクに購入できる。(2023/3/17)

RAファミリーにエントリー品を追加:
ルネサス、32ビットマイコン「RA4E2/RA6E2」を量産
ルネサス エレクトロニクスは、32ビットマイコン「RAファミリー」として、新たにエントリー品の「RA4E2」と「RA6E2」を追加し、量産を始めた。センシングやPC周辺機器、ウェアラブル機器などの用途に向ける。(2023/3/15)

1.8V動作、記憶容量256Mビット品:
インフィニオン、SEMPER Nano NORフラッシュを発表
インフィニオン テクノロジーズは、1.8V動作で記憶容量が256Mビットの「SEMPER Nano NORフラッシュメモリ」を発表した。電池で駆動するウェアラブル機器や産業機器などの用途に向ける。(2023/3/7)

AmazonのOPPOのスマホやタブレットがセール 「OPPO Reno7 A」は3万1980円に
Amazon.co.jpで3月6日23時59分まで実施している「新生活SALE」で、OPPOの製品がセール対象になっている。スマートフォンでは「OPPO Reno7 A」が、4万4800円から29%オフとなる3万1980円。タブレットやウェアラブル製品もセール価格になっている。(2023/3/2)

組み込み開発ニュース:
センシング用途向けに小型短波長赤外デバイスの量産技術を確立
ロームは、ポータブル機器やウェアラブル機器のセンシング用途向けに、小型短波長赤外デバイスの量産技術を確立した。1608サイズと小型のため、実装面積削減による省スペース化と小型アプリケーション向けのセンシングが可能となる。(2023/3/2)

水陸両用のトレーニング記録デバイスも:
ダンベル重量を自動調整、『スマート筋トレ』を体験
医療用健康モニターソリューションを提供するUmiLab(ウミラボ)が「第9回 ウェアラブルEXPO」(2023年1月18〜20日、東京ビッグサイト)で国内初展示したスマートトレーニングマシンを、筋トレ好きの筆者が体験した。(2023/2/14)

NTTエレが展示:
近視/遠視でも鮮明な映像を、網膜直接投影型ARグラス
NTTエレクトロニクスは、「第9回 ウェアラブル EXPO」(2023年1月25〜27日、東京ビッグサイト)に出展し、視力矯正なしで鮮明な映像を見ることができる網膜直接投影型スマートグラスを展示した。(2023/2/3)

熱中症や居眠り運転の防止に:
“手に汗握る”を数値化、発汗センシングデバイス
信州大学発ベンチャーのスキノスは、「第9回 ウェアラブル EXPO」(2023年1月25〜27日、東京ビッグサイト)に出展し、人の発汗を検知/記録して水分補給や休憩を促す発汗センシングデバイスを展示した。(2023/2/2)

「睡眠時無呼吸」の自宅検査も可能:
睡眠改善用ウェアラブル機器が続々登場
「ウェアラブル EXPO」(2023年1月25日〜27日、東京ビッグサイト)では、脳波やいびきを自宅で計測できる睡眠改善用のウェアラブルデバイスが多数展示された。(2023/1/30)

電池単体から機器全体まで解析可能:
リチウムイオン電池の良品解析サービスを開始、OKI
OKIエンジニアリング(以下、OEG)は2023年1月13日、モバイル機器やウェアラブル端末に搭載されるリチウムイオン電池の良品解析サービスの提供を開始した。(2023/1/18)

高精度で過酷な環境にも対応:
ボッシュ・センサーテック、大気圧センサーを発表
ボッシュ・センサーテックは、水中や過酷な環境でも利用可能な大気圧センサー「BMP585」を発表した。スマートウォッチなどウェアラブル機器の用途に向ける。(2023/1/11)

組み込み開発ニュース:
IoT機器でもスマホ向けeSIMが利用可能に、IIJが新技術を考案
IIJが、ウェアラブル機器やIoTデバイスでのeSIMの利用を容易にすることを目的に新たに考案した技術「LPA Bridge」について説明。スマートフォンで普及が進みつつあるコンシューマモデルのeSIMプロファイルのリモートプロビジョニングをIoT機器でも利用可能にする技術であり、IoT機器ビジネスの在り方を広げる可能性がある。(2022/11/15)

小型サイズで低電力損失を実現:
ローム、20V耐圧nチャネルMOSFETの量産開始
ロームは、小型パッケージの採用や低電力損失を実現した20V耐圧のnチャネルMOSFET「RA1C030LD」を開発、量産を始めた。ワイヤレスイヤフォンやウェアラブル機器などの用途に向ける。(2022/11/15)

エイブリック S-82Y1Bシリーズ:
急速充電に適した1セルバッテリー保護IC
エイブリックは、1セルバッテリー保護IC「S-82Y1B」シリーズを発売した。スマートフォンやウェアラブル機器などで使用し、リチウムイオンまたはリチウムポリマー二次電池パックの安全な急速充電を可能にする。(2022/10/21)

「ウェアラブルファン」でどれだけ涼しくなる? 炎天下で3製品を試した結果
8月も下旬だというのに、厳しい残暑が続く。ポータブルファンやペルチェ素子を使った冷却グッズのおかげで暑い日の外出は少し楽になっているが、これらの冷却グッズの中でもモバイルバッテリー機能を持ったものにスポットを当て、実際に使ってみた。(2022/8/27)

エレコム、リモート監視などにも適したウェアラブル対応の小型Webカメラ
エレコムは、付属アタッチメントによりウェアラブル利用などにも対応した小型Webカメラ「UCAM-CW50ABWH」を発売する。(2022/8/2)

高い耐腐食性や耐摩耗性を実現:
ヨコオ、「ニッケルフリーコネクター」を開発
ヨコオは、ニッケルを使わずに、高い耐腐食性や耐摩耗性を実現した「ニッケルフリーコネクター」を開発、サンプル出荷を始めた。金属アレルギーにも対応しており、肌に直接触れる可能性があるウェアラブル端末などの用途に向ける。(2022/8/1)

Nexperia 小型MOSFETシリーズ:
ウェアラブル機器向け低背小型MOSFETシリーズ
Nexperiaは、ウェアラブル機器に適した「小型MOSFET」シリーズ4製品を発表した。大きさ0.63×0.33×0.25mmのDFN0603パッケージで提供する。バッテリースイッチ、高速ラインドライバーなどに適する。(2022/7/25)

米Qualcomm、ウェアラブル向けのプラットフォーム「Snapdragon W5/W5+」を発表
米Qualcommは7月19日(現地時間)、次世代ウェアラブル向けの新プラットフォーム「Snapdragon W5/W5+」を発表。OPPOとMobvoiから同プラットフォーム搭載のスマートウォッチが年内に登場する見こみ。4nmベースのシステム・オン・チップと22nmベースの高集積常時接続コプロセッサで構成されている。(2022/7/20)

ams OSRAM AS705xファミリー:
ウェアラブル機器向けバイタルサインセンサーIC
ams OSRAMは、省電力かつ小型のバイタルサインセンサーIC「AS705x」ファミリーを発表した。HRMやGSRなどの測定が可能で、ヒアラブル、スマートウォッチ、スマートパッチなど、スペースに制約のある小型機器に適する。(2022/7/19)

Xiaomi製品がAmazonプライムデーで最大50%オフに スマホはXiaomi 11T ProとRedmi Note 11 Pro 5Gが対象
7月12日から13日までに開催の「Amazonプライムデー」で、Xiaomi製品が最大50%オフになるセールを実施している。スマートフォンが最大25%オフ、ウェアラブル製品が最大40%オフ、スマート家電が最大50%オフになる。期間中なら多くのXiaomi製品がプライム会員向けの特別価格で購入できる。(2022/7/12)

リアルタイムOS列伝(24):
ルネサスの「RX110」でも動くPOSIX互換の「UNISON RTOS」はウェアラブル向け
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第24回は、POSIX互換のリアルタイムカーネル「Nanoexec」を用いたウェアラブル端末向けRTOS「UNISON RTOS」を紹介する。(2022/7/5)

「鬼滅」や「東リベ」のキャラと運動を楽しむ バンダイからウェアラブル玩具「バイタルブレスBE」登場
専用アプリで世界中のユーザーとのオンライン対人バトルもできる!(2022/6/17)

日清紡マイクロデバイス NT1191、NT1192:
自動車やドローン向け、高精度GNSS対応ローノイズアンプ
日清紡マイクロデバイスは、高精度GNSS向けローノイズアンプとして、GNSSマルチバンド対応の「NT1191」と、L5、L2、L6バンド対応の「NT1192」を発表した。自動車、ドローン、ウェアラブル機器の高精度測位に適する。(2022/6/10)

超小型アクションカメラ「DJI Action 2」で遊んでみた 自由度が高く画質も良好 注意点は?
ウェアラブルカメラのポイントは「いつでもどこでも、誰でもさっと撮れる」こと。自由自在であることが大事だ。そこにさまざまなわがままを付け足すことでリッチになっていくわけだが、それを受け入れてくれるのが「DJI Action 2」だ。(2022/6/14)

ワイヤレス給電対応や充電モニターなど多機能:
Li電池用の超小型マルチファンクション充電IC
トレックス・セミコンダクターは2022年5月27日、充放電制御機能に加え、充電/電池電圧モニター、ワイヤレス給電対応などさまざまな機能を搭載したリチウムイオン電池用小型充電IC「XC6810シリーズ」を発表した。同日より発売しており、小型化が進むウェアラブル機器やIoTセンサー向けなどをターゲットに「数年後には年間50万個の販売を目指す」としている。(2022/5/27)

メイン利用のウェアラブル端末1位は「Apple Watch」 購入理由は?
MMDLaboは、18〜79歳の男女で「Apple Watch」「スマートウォッチ」「スマートバンド」の利用者に、「ヘルスケアとウェアラブル端末に関する調査」を実施した。メイン利用のウェアラブル端末で最も多かったのは「Apple Watch(アップルウォッチ)」だった。(2022/5/24)

Innovative Tech:
腕に貼った電子パッチで「酒の飲みすぎ」「筋肉疲労」「血糖値」などを監視 測定結果はスマホで確認
米カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、血糖値やアルコールの摂取量、運動中の筋肉疲労の記録などを計測できる腕に貼るウェアラブル小型デバイスを開発した。(2022/5/19)

ボッシュ・センサーテック BMP581:
数センチの高度変化を検出できる気圧センサー
ボッシュ・センサーテックは、数センチメートルの海抜高度の変化を検出できる気圧センサー「BMP581」を発売した。相対精度が±0.06hPa、絶対精度が±0.3hPaと高精度かつ低消費電力のため、ウェアラブル、ヒアラブル、IoTデバイスに搭載できる。(2022/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.