• 関連の記事

「エアバッグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エアバッグ」に関する情報が集まったページです。

自動車メーカー生産動向:
中国の苦戦、認証不正、北米の好調……2023年度の新車生産を振り返る
長らく続いた半導体の供給不足の緩和や北米を中心とした旺盛な需要などにより自動車生産の回復が続いている。日系乗用車メーカー8社の2023年度の世界生産合計は、2年連続で前年度実績を上回った。(2024/5/30)

高根英幸 「クルマのミライ」:
クルマの価格はまだまだ上がる? ならば海外格安EVにどう対抗すべきか
クルマの価格が高くなったという声をよく聞く。昔と比べて装備が充実していることもあり、価格は上がった。今後も、電動化やソフトウェアの高度化など、価格が上がる要素ばかりだ。安価な中国製EVなどに負けないためにも、真の価値を打ち出していくことが必要だ。(2024/5/17)

山浦恒央の“くみこみ”な話(175):
イチから全部作ってみよう(6)要求仕様フェーズにおける開発の標準化やスパイラルモデルの有効性
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第6回は、開発方法の整備やスパイラルモデルなど、前回に続きさまざまな問題がある要求仕様フェーズの対処法について解説します。(2024/3/18)

自動車メーカー生産動向:
日系メーカーの新車生産は本格的に回復、コロナ禍前に届かない企業も
半導体不足などサプライチェーンの混乱で長らく低迷していた自動車生産が本格的な回復を見せている。日系乗用車メーカー8社の2023年の世界生産合計は、3年連続で前年実績を上回った。半導体不足が緩和し、国内生産や北米生産の回復がけん引した。(2024/2/28)

CAEニュース:
CAE解析結果や撮影データを比較、計測できる開発支援ビュワーを発売
フォトロンは、開発支援ビュワー「TimeSpaceView」を発表した。2D動画と3Dモデル、3Dモデル同士を重ね合わせて比較でき、比較後の差分を計測できる。(2024/2/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
なぜ今、ロードスターがアップデート? そして990Sが消失したワケ
2015年のデビューなのでほぼ9年が経過したマツダ・ロードスターが大幅なアップデートを受けた。と聞いたら普通はいくつか疑問が出るだろう。(2024/1/29)

ダイハツ不正 トヨタ流が“上滑り”した理由 露呈したガバナンス不全
トヨタ自動車がグループガバナンスの危機に直面している。ダイハツ工業が車両安全の認証不正で国土交通省から是正命令を受け、日野自動車によるエンジン性能試験の不正に続き、子会社で、トヨタが最も重視する現場に根ざした改善の文化の欠如が露呈した。(2024/1/24)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
品質問題で「それ、あなたの感想ですよね?」と言われないために
「誰がどう見ても正しいモノづくりであることを証明する」ということが重要になってきます。(2024/1/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(173):
イチから全部作ってみよう(4)要求仕様フェーズに潜むさまざまな罠
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第4回は、前回に引き続き、要求仕様フェーズの問題点を解説します。(2024/1/18)

品質不正問題:
ダイハツの認証不正、特に悪質な3車種が型式指定取り消しへ
国土交通省はダイハツ工業に対する立ち入り検査の結果を発表するとともに、不正行為が悪質な3車種の型式指定を取り消す手続きを開始したと発表した。(2024/1/17)

ダイハツ、短期開発の重圧 現場任せ、根本的出直し不可避 エアバッグの電子制御装置など巡る不正
ダイハツ工業の不正調査を行った第三者委員会は、不正の真因について「自分や自工程さえよければよく、他人がどうであってもかまわない」という自己中心的な風潮が開発部門にあり、それが全社的な社風として深く根付いている可能性があると指摘した。(2023/12/21)

品質不正問題:
無理解な経営陣の「短期開発」が生んだ、ダイハツ64車種の不正
ダイハツ工業は同社が開発し、国内外で生産中の全ての車種の出荷を自主的に停止すると発表した。生産を終了したものを含め、64車種とエンジン3機種で型式認証の試験での不正行為が確認されたためだ。(2023/12/21)

イメージが悪化した「不祥事ランキング2023」 1位「ビッグモーター不正請求」、2位「ジャニーズ事務所性加害問題」
今年もいろいろありました。(2023/12/1)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「クルマのボディサイズ」が大きくなっている、これだけの理由
「クルマの大きくなっているなあ」と感じる人も多いのでは。駐車場は狭いままなのに、なぜ大きくなっているのか。背景を探っていくと……。(2023/9/28)

ビシェイ R3T2FPHM3:
標準ダイオードとTVSを統合した車載向け製品
ビシェイ・インターテクノロジーは、標準ダイオードとTVSを統合した車載向け製品「R3T2FPHM3」を発表した。2種のチップを備えたことで、PCBへの実装面積の縮小や設計の簡素化などに寄与する。(2023/9/5)

自動車メーカー生産動向:
2年ぶりに前年超えの2023年上期の新車生産、中国は苦戦で陰り
半導体不足などサプライチェーンの混乱で低迷した自動車生産が着実に回復している。日系乗用車メーカー8社の2023年上期の世界生産合計は、8社全てが増加し、2年ぶりに前年実績を上回った。半導体不足の緩和に加えて、前年が中国・上海のロックダウンの実施により低迷した反動増が表れた。(2023/8/29)

最高時速240キロ以上!? スズキ「ハヤブサ」のエンジンを移植した魔改造トゥクトゥクがやばすぎる
命知らずすぎる。(2023/8/23)

特集:中堅・中小企業が導入するEDRの現実解(2):
中小企業がゼロから始めるセキュリティ対策 ココだけは死守したい3つのリスク
サプライチェーン攻撃が激化している今、予算やリソースに余裕がない中小企業はこれにどう立ち向かうべきか。中小企業のセキュリティインシデント被害事例と、実態に即した対策を川口設計の川口 洋氏が語った。(2023/8/23)

高速、高信頼のデータ収集に対応:
車載向けシリアルFRAMで1Mビット品を発表
インフィニオン テクノロジーズは、車載向けの強誘電体RAM(FRAM)「EXCELON F-RAM」ファミリーとして、シリアル(SPI/QSPI)インタフェースを搭載した1Mビット品を発表した。4Mビット品も同時に発売する。(2023/7/27)

速い、速すぎる……! 自転車で時速150キロを目指すチャレンジ 砂丘をノーブレーキで一気に駆け下りる
条件がそろえば市販のパーツでも可能。(2023/7/22)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
エンジン車の燃費と全く違う“電費のクセ” テスラ「モデル3」の場合
Model 3を日々運用しているとエンジン車時代の常識では計り知れない状況に直面することがあります。その1つが「電費」です。エンジン車で言うところの「燃費」です。本稿では、Model 3の電費について考察します。(2023/6/29)

安全システム:
EDRを中古車評価に、車体骨格のダメージを見える化
ボッシュは、中古車販売での車両評価にEDRのデータを使う「Bosch Car History Report」を公開する。(2023/6/13)

人とくるまのテクノロジー展 2023 横浜:
77GHz帯だけじゃない、ミリ波レーダーが開く車載センサーの可能性
車載のミリ波レーダーと言えば、先行車両の検知に用いられる77GHz帯の製品が広く知られている。「人とくるまのテクノロジー展 2023 横浜」では、村田製作所と京セラが、それとは異なるタイプの車載ミリ波レーダーの展示を行った。(2023/6/9)

サステナブル設計:
旭化成がバイオエタノールからプロピレンやキシレンなどを生産する技術を開発
旭化成は、「人とくるまのテクノロジー展 2023 横浜」で、バイオエタノールからバイオエチレン、バイオプロピレン、バイオベンゼン、バイオトルエン、バイオキシレンなどを製造する技術の開発を進めていることを発表した。(2023/6/7)

自動車メーカー生産動向:
新車生産は新型コロナからようやく復活の兆し、2023年度は反動増へ
日系乗用車メーカー8社の2022年度の世界生産合計は、4年ぶりに前年実績を上回った。(2023/5/23)

自動車メーカー生産動向:
日系各社の新車生産がコロナ前の水準に近づく、半導体不足から2年
2023年2月の自動車生産は、日系乗用車メーカー8社合計の世界生産台数が4カ月ぶりにプラスへ転じた。半導体不足が深刻化してから2年が経過し、依然として供給が足りない状況ではあるものの、2月の実績からはその影響は年々緩和していることが分かる。(2023/4/24)

Cybersecurity Dive:
セキュリティ・バイ・デザイン実現のためにCISAが掲げる3つの原則
バイデン政権は、サイバーセキュリティに関する国家安全保障戦略を展開する際に、テック企業が企画や設計段階からセキュリティを確保できる、より安全な開発手法を重視しているようだ。(2023/4/8)

自動車メーカー生産動向:
日米では回復傾向も中国は減産、日系乗用車メーカーの生産実績
2023年1月の自動車生産は、日系乗用車メーカー8社合計の世界生産台数が3カ月連続で減少した。中国生産が春節の影響により前年1月に比べて稼働日が減ったことで、大幅な減産を余儀なくされたのが最大の要因だ。(2023/3/22)

自動車メーカー生産動向:
半導体不足やロックダウンに悩まされた2022年の自動車生産
2022年の自動車生産も半導体不足に悩まされた一年となった。日系乗用車メーカー8社合計の2022年(1〜12月)の世界生産を見ると、5月まで前年実績割れが続いたが、中国のロックダウン解除や前年の東南アジアのロックダウンの反動増などにより夏ごろから急速に回復。しかし、半導体不足により11月から再び減少局面に転じた。(2023/2/24)

1万6500円:
アシックス、エアバッグ生地を再利用したシューズ発売 耐久性としなやかさを両立
アシックスは1月26日から、エアバッグの生地を再利用したシューズ「GEL-SONOMA 15-50」を発売する。自動車部品メーカーの豊田合成が廃棄を予定していたエアバッグを再利用した。(2023/1/24)

矢野経済研究所が世界市場を調査:
MEMSデバイス、2025年には約2兆円の市場規模に
矢野経済研究所の調査によれば、ファウンドリーを除いたMEMSデバイスの世界市場規模は、2025年に約2兆円の市場規模となる見通しだ。(2023/1/19)

安全システム:
スズキ「アルト」の自動車アセスメントは4つ星評価に、登録車とそん色ない項目も
国土交通省と自動車事故対策機構は2022年12月16日、自動車の安全性能を評価する「自動車アセスメント」でのスズキ「アルト」(マツダ「キャロル」)の結果を発表した。(2022/12/19)

安全システム:
二輪車の死亡事故ゼロへ、ヤマハ発動機の安全技術戦略
ヤマハ発動機は2022年11月11日、二輪車の安全ビジョン「人機官能×人機安全」を発表した。2050年の交通死亡事故ゼロに向けて、人と二輪車が高い次元で一体化することによる喜びや興奮と、人と二輪車の相乗作用による高度な安全の両立を目指す。(2022/11/15)

いまさら聞けない「C」の歴史【第4回】
プログラミング言語「C」は“あの家電”でもひっそりと活躍していた?
登場以来さまざまなプログラム開発で活躍してきた「C」。具体的にどのような用途があるのか。主な例を紹介する。(2022/10/12)

電動化:
bZ4X/ソルテラのリコールで恒久対策、ハブボルトが緩む問題で
トヨタ自動車は2022年10月6日、国土交通省へ同年6月にリコールを届け出たEV(電気自動車)「bZ4X」と兄弟車のスバル「ソルテラ」について、恒久対策を届け出た。(2022/10/7)

iPhone 14で使える新機能「衝突検出」 自動車衝突事故に巻き込まれたら自動通報、ただし日本では注意点も【追記あり】
Apple Watchの転倒検出とはちょいと違います。(2022/9/17)

「iPhone 14」シリーズ徹底比較 iPhone 13と何が変わったかチェックしてみた
米Appleが9月7日(米国時間)に「iPhone 14」シリーズを発表した。6.1インチの「iPhone 14」「iPhone 14 Pro」と、6.7インチの「iPhone 14 Plus」「iPhone 14 Pro Max」の4機種。従来モデルと比べながら、新機能や注目ポイントを紹介する。(2022/9/8)

自動車メーカー生産動向:
2022年下期の挽回生産へ、2022年6月は新車生産に回復の兆し
2022年上期(1〜6月)の自動車産業は、依然として半導体不足や部品供給網の混乱などが足を引っ張る格好となった。(2022/8/30)

Japan Drone2022:
レベル4を見据え、ドローン落下時にパラシュートを射出する日本化薬の「PARASAFE」
ドローンの社会実装が近づく今、注目を集めるドローン用パラシュート装置。2021年12月に、最大離陸総重量25キロの産業用ドローン向けパラシュート装置「PS(PARASAFE) CA12-01」を上市した日本化薬は、さらなる軽量化と利便性、安全性を追求した改良を進めている。(2022/8/24)

さまざまなシーンにマッチ:
廃車のシートベルトがスツールに 大阪のメーカーが開発
服飾雑貨製品の製造・販売を手掛けるEST(大阪市西区)は、廃棄される車のシートベルトを活用した組み立て式スツール「obi」(オビ)を開発した。11月に発売する。(2022/8/18)

材料技術:
エアバッグ生地のカバンやステアリング用本革のペンケース、豊田合成が京都で販売
豊田合成は2022年8月12日、同社のエコブランド「Re-S(リーズ)」の商品を8月17〜22日に京都タカシマヤで販売すると発表した。(2022/8/16)

おすわり練習中の赤ちゃん、ママと目があうと……? コロンッと転がる笑顔に「かわいすぎる!」の声
楽しそうで何より。(2022/8/7)

8月30日:
スズキ、新型「ワゴンR カスタムZ」発売 「ワゴンR」「ワゴンR スティングレー」の仕様変更も
スズキは、新型「ワゴンR カスタムZ」を8月30日に発売すると発表した。同時に「ワゴンR」「ワゴンR スティングレー」の一部仕様変更も実施する。(2022/8/2)

安全システム:
トヨタが車載カメラをドラレコ化、後付けのドライブレコーダーが不要に
トヨタ自動車は2022年7月25日、コンパクトカー「ヤリス」を一部改良し、ドライブレコーダー付き自動防眩インナーミラーを設定すると発表した。全グレードにオプション設定となる。(2022/7/26)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ハンドル握る位置、昔10時10分、今9時15分のワケ
40代以上のドライバーが自動車教習所で教わったハンドルを握る位置は、10時10分だったはずだ。しかし今は9時15分、ハンドルの中心から水平位置にあるスポークとリムの交点に親指を掛けるようにして握るのが主流となっている。これが最も合理的なハンドルの使い方だからだ。(2022/7/25)

安全システム:
au携帯電話サービスで発生した障害、自動車の緊急通報も使用不可能に
KDDIのau携帯電話サービスで2022年7月2日に発生した障害が、自動車メーカー各社のコネクテッドサービスにも影響を与えた。トヨタ自動車、マツダ、スズキがWebサイト上で障害の発生を知らせた。緊急通報システムである「ヘルプネット」や、オペレーターとの通話を利用する機能が7月2日午前1時半ごろから利用できなくなった。(2022/7/4)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国格安EV「宏光MINI」は自動車業界のiPhone? 100万円以下のソックリEV続々登場
日本では日産自動車が軽電気自動車『SAKURA』を発売し、格安EVに期待が高まっている。本連載で1年前に紹介した世界で一番売れているEV「宏光MINI」は、累計販売台数73万台を達成。中国では二匹目のドジョウを狙い、100万円以下のEVが次々登場し、早くも明暗が分かれつつある。(2022/6/23)

車載電子部品:
ミリ波レーダーの進化版「4Dイメージングレーダー」、自動車と介護の見守りに提案
「4Dイメージングレーダー」を手掛けるイスラエルのVayyar Imagingの日本法人Vayyar Imaging Japanは2022年6月15日、日本での事業戦略を発表した。Vayyar Imagingは2022年2月に日本法人を設立。日本では、介護での見守りと自動車用の2つに注力する。(2022/6/16)

“多要素認証はエアバッグ” CISAが大規模な導入キャンペーンを展開中
CISAは「More Than a Password」(パスワード以上のものを)を合言葉に、多要素認証の導入を促す大規模なキャンペーンを展開している。多要素認証の導入でハッキング被害は99%低減できると同機関は主張する。(2022/6/8)

自動車メーカー生産動向:
自動車メーカー好業績の裏で、伸び悩んだ生産台数
2021年度の自動車産業は、半導体不足や部品供給網の混乱などに振り回された1年だった。日系乗用車メーカーの2021年度の業績はおしなべて好決算だったものの、円安の追い風による部分が大きく、生産台数は伸び悩んだメーカーも少なくない。(2022/5/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.