「バックアップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コンピュータシステムのデータや設定について、重複して記憶装置に保存し、現用系とは別に取得しておく行為。システムの運用管理をセキュリティの面から考慮するに当たって必須なのが、現用系データのバックアップと世代管理である。
バックアップ − @ITセキュリティ用語事典
-こちらもご覧ください-
Competition:エンタープライズ・バックアップ&リカバリ・ソフトウェア15製品 − @IT
「バックアップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

スマホから直接バックアップできる2TBのHDDとSSD エレコムが発売
エレコムは、PCを使わずスマートフォンと直接接続してデータを保存できるバックアップ用の外付けストレージを発売。容量2TBのHDDモデルと、高速データ転送を実現するSSDモデル2種を展開する。(2022/8/17)

データ保護のベストプラクティス【前編】
「バックアップ」と「スナップショット」を混同しないための基礎知識
データ保護の基本的な手段として、バックアップとスナップショットがある。2つの違いと、それぞれのメリットは何かを解説する。(2022/8/15)

イミュータブルストレージとは? ランサムウェア対策済み組織を狙う攻撃に対抗する方法
バックアップソフトやバックアップデータは、いまやランサムウェアが真っ先に狙う対象になっています。対策としてバックアップベンダーが投資を強化する「イミュータブルストレージ」とはどんなものなのでしょうか。(2022/8/7)

Tech TIPS:
「Windows 11が起動しなくなった」のその前にイメージバックアップ
「Windows 11が起動しなくなった」といった場合、PCの故障やWindows 11自体の障害が考えられる。場合によっては、Windows 11の再インストールなどが必要になってしまう。その前にイメージバックアップを取っておけば、簡単に故障前に戻すことが可能だ。(2022/8/8)

大津市が「持ち運べる市役所」化 NAS導入で職員の働き方やデータのバックアップ環境はどう変わるのか
滋賀県大津市は、行政DXの基盤構築に「Dell PowerScale」を採用した。庁内のNAS40台を1台に集約し、市民サービスを向上させ、業務を効率化する「電子市役所」の実現を図る。災害対策業務を効率化し、サイバーセキュリティも強化したとしている。(2022/8/3)

テレワークで変わるストレージ運用【後編】
「テープ」も「クラウド」も使えない 怒りの大学が下した決断とは?
テレワークに移行したことを機に、バックアップシステムを見直した米国の2年制大学MVCC。同校のITインフラの責任者は、ある理由からテープにもクラウドストレージにも不満を持った。最終的に下した決断とは。(2022/8/3)

「社員は会社の“所有物”ではない」という言葉の意味:
PR:ロート製薬の持続的成長・発展を支える自律と、チャレンジ精神を育む人的投資戦略
マルチジョブ制度を導入し、社員が新しい何かに挑戦することを徹底してバックアップする――新しい働き方を推進した先に人材育成の戦略を遂行しながら、企業としての成長・発展を続けているのが創業120余年の歴史を持つロート製薬だ。創業以来の挑戦し続ける企業文化は、どのようにして育まれ、組織の強みへとつながっているのか。独自文化の詳細を聞いた。(2022/8/16)

サイバーセキュリティ戦略とバックアップ戦略の統合を考える:
イミュータブルなストレージへのバックアップはランサムウェア対策のとりでになるか? 調査の教訓
ランサムウェア対策に対策した「賢いランサムウェア」が登場したことで、セキュリティ担当者は新たな対応策を検討しなければならなくなった。イミュータブルなバックアップストレージはその答えになるだろうか。(2022/7/29)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(175):
これは便利かも! チェックポイントとして手軽に使えるAzure仮想マシンの「復元ポイント」
Microsoftは2022年7月19日、Azure仮想マシンの「復元ポイント(Restore Points)」機能が一般提供されたことを発表しました。「Azure Backup」や「Azure Site Recovery」といったこれまでの復旧ソリューションとは異なり、必要なときにオンデマンドでAzure仮想マシンのディスクをバックアップできます。(2022/7/28)

テレワークで変わるストレージ運用【中編】
「テープ」の厄介な問題とは? 大学のIT責任者“嘆き”の理由
テープをバックアップ用として使用することには、メリットもデメリットもある。米国の2年制大学MVCCもテープを使用してきたが、同校のITインフラの責任者は、ある理由からテープへの不満と怒りが噴出した。(2022/7/27)

アワードで紹介する“注目のデータ保護”【第3回】
ランサムウェア対策機能も強化 進化する“あの定番バックアップツール”とは?
ランサムウェアなどの脅威が広がる一方、ベンダーもその対策のための機能強化を実施している。米TechTargetの製品アワードから、バックアップおよびDR分野で注目の製品・サービスを紹介する。(2022/7/27)

データを守らなければ、ビジネスを継続できない:
PR:7割近い日本企業が「データ保護が不十分」――ランサムウェアからデータとビジネスを守るポイントとは何か
ビジネスはデータから成り立っている。データを暗号化し、金銭を要求するランサムウェア攻撃には必ず備えなければならない。しかし、データをバックアップするだけではランサムウェアに対抗できない。攻撃に対して「特定、防御、検知、対応、復旧」という一連の仕組みがなければビジネスの素早い復旧は難しいからだ。ではどうすればよいのだろうか。(2022/7/20)

そのバックアップ、安全ですか?
ランサムウェア対策からはじまるクラウド活用、バックアップの最適解とは
ランサムウェアの被害報告が後を絶たず、バックアップまで暗号化された例も発生している。では、ランサムウェア感染時の生命線となるバックアップを確実で迅速に、かつ低コストで行うにはどうすればいいのだろうか。(2022/7/21)

テレワークで変わるストレージ運用【前編】
大学が「脱テープ」からのクラウド移行を決めた理由とは?
米国の2年制大学MVCCでは、パンデミックを機にテープシステムのある課題が浮き彫りになった。バックアップ用のストレージとしてテープシステムを利用してきた同校は、どう対処したのか。(2022/7/20)

バックアップベンダーが提供するストレージは何が違う?
注目の「イミュータブルストレージ」は本当にランサムウェア対策に有効なのか
最新のランサムウェア攻撃には数年前の常識が通用しない。対策にはデータ保護や復旧の在り方を見直す必要があるが、気を付けたいのはバックアップデータの格納先だ。バックアップとリカバリプロセスの中で、ストレージをどう扱うべきか。(2022/7/20)

巧妙化する攻撃にバックアップで対抗【前編】
「3-2-1」の基本はもう古い? ランサムウェア対策に足りないバックアップは?
データを暗号化して身代金を要求するランサムウェアの脅威が広がる中、バックアップに新たな対策が求められている。ベンダー各社が推奨する手法を基に、重要性が高まる対策を紹介する。(2022/7/29)

ランサムウェア対策の常識・非常識【第2回】
“バックアップ万能論”は幻想 ランサムウェア対策の誤解と真実
バックアップを実施すれば、ランサムウェア攻撃を受けてもデータ復元ができる――。そう考えるのは危険だ。バックアップの落とし穴と「後悔しない使い方」とは何か。(2022/7/14)

バックアップの何が問題なのか
ランサムウェア対策としてのバックアップの限界とリスク
ランサムウェア攻撃によってバックアップの重要性が高まっているが、バックアップは万能薬ではない。限界とリスク、より効果的なバックアップ方法を知っておく必要がある。(2022/7/13)

Apple、高度な標的型スパイウェアからユーザー守る「ロックダウンモード」を次期OSに導入
国家がバックアップしたスパイウェアは標的としたユーザーに高度な攻撃を仕掛ける。Appleはこうした攻撃に対抗するための取り組みを発表した。(2022/7/7)

「バックアップしているから大丈夫」は昔の話:
PR:ランサムウェアの脅威に“隙を作らない”多層防御の在り方とは? 中小企業での対策も含めて検証
データ暗号化だけでなく、データの窃取、バックアップデータの破壊などランサムウェアの攻撃が高度化し、被害が増えている。多層防御の重要度が高まる中で、どう対策すればよいのだろうか。NetAppとMicrosoftの製品を例に有用な対策を考察、検証する。(2022/6/30)

バックアップしていても使わない!?
ランサムウェア被害者が、自力で復旧できるのに身代金を払うワケ
調査の結果、ランサムウェア攻撃を受けて身代金を支払った企業の4分の1は、バックアップなどの復旧手段を持っていた。彼らはなぜあえて高額な身代金を払ったのだろうか。(2022/6/30)

「ランサムウェア」「誤操作」で取り返しのつかない事態に
「Microsoft 365」のバックアップが標準機能だけでは不十分な理由
クラウドサービスの導入を進めるときに盲点となりがちなのがデータのバックアップだ。「Microsoft 365」を利用する場合、標準機能だけではデータを損失したときの復元が不可能になる場合がある。確実なバックアップを実現するには。(2022/6/28)

満足度の高いバックアップソフト グローバル展開するソフトがひしめく中で1位になったのは?【2022年6月版】
ユーザー満足度の高いバックアップソフトはどれ? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューを基に、ランキング形式でまとめた。(2022/6/24)

「バックアップを全く取らない」人が減らない:
クラウドにバックアップを取るユーザーが最多に、ただし「使い方が不適切」
Backblazeは米国におけるコンピュータデータのバックアップ頻度などに関する年次調査結果を発表した。クラウドバックアップサービスが普及しているものの、バックアップを全く取らないユーザーがなかなか減らないことを指摘している。(2022/6/23)

変わりゆくBCPの在り方、データをどう守るか
コロナ禍を経て、今あらためて考えるべき「バックアップの重要性」とは?
テレワークの普及やビジネスのデジタル化により、ITシステムの障害やデータ損失が企業に与える影響が大きくなっている。その中で鍵を握るのが「バックアップ」だ。ビジネスや事業継続の観点から向き合うことが求められている。(2022/6/22)

地震大国の日本だからこそ手薄にできないDR対策
「コスト効率が低いバックアップ」に悩む企業にこそ知ってほしい重要なポイント
DR対策におけるデータバックアップの重要性を理解しながらも、企業は「コストの問題からバックアップが手薄になっている」「システムごとにバックアップが取られ、運用管理がサイロ化している」などの状況に陥っている。(2022/6/23)

バッファローのリモート機器管理サービス「キキNavi」の機能が拡充 2022年冬をめどにWi-Fi APのゼロタッチ設定に対応
バッファローが法人ユーザーに提供しているリモート機器管理サービス「キキNavi」が、2022年冬をめどに機能拡充を実施する。業務用Wi-Fiアクセスポイントのゼロタッチセットアップ機能を提供する他、業務用NASのクラウドバックアップサービスに月額制プランを追加するという。(2022/6/2)

ランサムウェア対策、“バックアップだけ”はバックアップにあらず 米セキュリティ企業が考える最新対策法
企業データを盗み取り、身代金を要求する「ランサムウェア」への対策は、単なるバックアップだけでは足りない。いまのランサムウェアに対する正しい対策方法を、情報セキュリティ企業・米RubrikのCEOが語った。(2022/5/30)

「バックアップ/ストレージ製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/5/25)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「バックアップ/DR環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/5/19)

感染を前提に、復旧と検知を通して事業を守る
「バックアップ&検知」を組み合わせた包括的な対策でランサムウェアに対抗せよ
ますます巧妙化するランサムウェアに対し、企業は感染を防ぐだけでなく、感染後の対応、感染源の特定、データの復旧など、包括的な対策が求められている。そのためには何が必要になるのか、本当に有効な対策とはどのようなものなのか。(2022/5/9)

KyndrylがDellとの協業を拡大 サイバー攻撃へのレジリエンス確保を目指す
KyndrylはDellとの協業関係を拡大し、増大するサイバー脅威に対して効果的な「オフライン」バックアップサービスの提供を開始する。ネットワークからアクセスできないバックアップおよびリカバリーサービスを提供し、顧客のレジリエンスを確保する。(2022/4/21)

フランス公共放送系の「脱クラウド」【前編】
「脱クラウド」に公共放送子会社が踏み切った“なるほどの理由”
広告事業のFrance Televisions Publiciteは、バックアップやアーカイブのシステムをクラウドサービスからオンプレミスのインフラに戻した。同社はクラウドサービスに「不便さ」を感じたという。それは何なのか。(2022/4/20)

Amazonギフト券が抽選で当たる
「データ保護とバックアップ環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/4/19)

バックアップしても被害は発生
バックアップがランサムウェア対策にならない納得の理由
多くの理由でバックアップは必要だが、「ランサムウェア対策」としては無意味になりつつある。サイバー犯罪者は、対象がバックアップしていることを織り込んでいるからだ。(2022/4/20)

容量無制限でPC1台をクラウドに保管 Dropboxからクラウドバックアップツール「Dropbox Backup」が提供開始
安心のデジタルライフを月額750円/年間7200円で。(2022/4/15)

「安すぎ?」 Dropboxが月600円の容量無制限バックアップサービス提供 いつまで提供できるか不安の声も 【追記あり】
Dropboxが提供を始めた、容量無制限のバックアップサービスが「安すぎない?」と話題だ。価格は月600円から。一方で、Twitterでは「すぐ無制限じゃなくなりそう」など、容量無制限の看板を疑う声も出ている。(2022/4/15)

「バックアップ/ストレージ製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/4/1)

北海道から宇宙へ:
山崎直子さんに聞く日本のスペースポートの展望 アジアの宇宙輸送のハブを目指す
日本各地のスペースポートは、将来的にはアジアにおける宇宙旅行も含めた宇宙輸送のハブになることを目指す。この動きをバックアップするのが一般社団法人Space Port Japanだ。山崎直子代表理事に日本のスペースポートへの期待や課題を聞いた。(2022/3/16)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「バックアップ関連投資・サイバー攻撃対策」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/3/15)

Tech TIPS:
自動バックアップを止めて、目障りな「OneDriveに十分な空き容量がありません」エラーを解消する
[ドキュメント]フォルダにファイルを保存したら、「OneDriveに十分な空き容量がありません」と表示されたことはないだろうか。これは、[ドキュメント]フォルダが、OneDriveにバックアップされている(同期されている)ために起きたエラーだ。OneDriveの不要なファイルを削除して空き容量を増やすという手もあるが、フォルダのバックアップを停止することでも、このエラーメッセージを止めることが可能だ。その方法を紹介しよう。(2022/3/7)

スマホ用CDレコーダー「CDレコ6」発売 SD/USBメモリーに保存可能に
アイ・オー・データ機器は、音楽データをSDメモリーカードやUSBメモリで持ち出せるワイヤレスCDレコーダー「CDレコ6」を発売。車などで利用したり、CDレコの音楽データをバックアップしたりできる。(2022/3/2)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「ランサムウェア対策/バックアップ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/2/28)

保護だけに終わらない、自社に最適な方法は
いま一度見直したいバックアップ環境、クラウドを利用した効果的な方法を探る
頭では分かっていても、バックアップは手付かずになりがちだ。運用管理コストを増やすことなく、重要なデータやシステムを守るにはどうすればよいのか。データ保護以外のバックアップ/復元の活用事例には何があるのか。(2022/2/28)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「コンテナとバックアップ環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/2/10)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「バックアップ製品の利用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/2/9)

「バックアップ/ストレージ製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/2/1)

セキュリティ、マルチクラウド、エグレス料金:
7大トレンドが予測、2022年のクラウドコンピューティング業界
クラウドストレージやクラウドバックアップサービスを提供するBackblazeは、2022年のクラウドコンピューティング業界における7つのトレンドを予測した。セキュリティやマルチクラウド化、エグレス料金はどのように変化するのだろうか。(2022/1/31)

沖縄を舞台に70年代と現代が交錯:
桐谷健太さん主演「ミラクルシティコザ」制作の舞台裏 プロデューサーが見いだした「地方に眠る商機」とは?
桐谷健太さん主演の映画「ミラクルシティコザ」が、2月4日に全国公開される。バックアップしたのは制作プロダクションのオフィスクレッシェンドだ。2017年から「未完成映画予告編大賞」という映像コンテストを実施して次代を担うクリエイターを発掘しようとしている。その真意を同社の神康幸副社長に聞いた。(2022/1/29)

これから始めるWSL:
Windows 10/11でLinux環境「WSL」を始める第一歩
Windows 10およびWindows 11上のLinux環境「WSL」をこれから始める読者のための、インストール方法やバックアップ方法をまとめて解説する。また、Windows 11上のWSLで新規サポートされた外部ドライブのマウント方法も合わせて紹介しよう。(2022/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.