• 関連の記事

「防犯」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「防犯」に関する情報が集まったページです。

Gmailへの一括送信、2月から厳格化 「メールけいしちょう」一時停止など多方面に影響
米Googleが2月から、Gmailアカウントへの大量送信ルールを厳格化。警視庁の防犯情報メール「メールけいしちょう」が一時的にGmailへの配信を停止するなど影響。(2024/2/5)

新造の鉄道車両に防犯カメラ 「安全」見守り異常を察知、設置義務15日施行
新幹線の全路線と乗客の多い大都市圏の在来線が対象で、安全対策は強化される一方、プライバシー保護や維持管理コストの負担などの問題もある。不特定多数の人が利用する鉄道の安全は担保されるのか。(2023/10/16)

第5回 建設・測量生産性向上展:
500万画素センサーに30倍光学ズームを装備 夜間も使える遠隔監視カメラ「ロボイーグルアイ」
建設現場では、夜間や休工日の防犯が課題となっている。ドーム型カメラは、人だけを検出して管理者のスマホにプッシュ通信する機能や現場のカメラを通じて威嚇音声を発する機能を備え、無人となった現場の防犯に役立つ。(2023/9/25)

指名手配犯情報をアプリで共有 防犯ブザー機能も 個人開発「みんなのチカラ」
指名手配犯の情報共有機能や防犯ブザー機能などを備えたアプリ「みんなのチカラ」を、個人開発者のYuKiOさんが公開した。(2023/9/21)

プラネックス、見守りや防犯などにも使える「どこでもセンサー」新モデル
プラネックスコミュニケーションズは、遠隔地の情報をリアルタイムでチェックできる「どこでもセンサー」シリーズ2製品を発表した。(2023/8/3)

防犯対策の「ドアチェーン」強度不足で外れる恐れ 販売元のコーナンが謝罪、回収・返金実施
連結リングが溶接されず。(2023/7/19)

DeNA共同開発:
監視カメラで「稼ぐ店舗運営」 セコムが仕掛ける新SaaSとは
セコムは7月7日、DeNAと共同開発した店舗管理クラウドサービス「dot-i」の販売を開始した。防犯カメラの記録映像に、新たな付加価値を加えようというのが、今回のセコムの挑戦だ。(2023/7/14)

AIで振り込め詐欺防止 「ATM前の通話」検知 ゆうちょ銀、警視庁と実験
AIを使った振り込め詐欺防止システムをゆうちょ銀が実験。防犯カメラの画像をAIで解析する。(2023/6/2)

「ロックマンエグゼ」が埼玉県警とコラボ ネット・リアルの防犯呼び掛け
埼玉県警察川越警察署が、「ロックマンエグゼ」を起用した防犯キャンペーンを発表。イベントを開催し、リアル・ネット双方での防犯を呼び掛けるという。(2023/6/1)

屋台の「こいのぼり」が引きちぎられる事件 防犯カメラの映像で批判の声 2人が謝罪で被害届取り下げ
事件発覚時の状況などについて取材しました。(2023/5/9)

LED:
光害に配慮した照明約300台を福井県大野市に導入
パナソニック エレクトリックワークス社は、光害に配慮した照明約300台を福井県大野市南六呂師区に導入した。IDA認証を取得した防犯灯や道路灯、上方光束を低減した施設の軒下の照明などを提供している。(2023/4/28)

京急、リアルタイム確認できる防犯カメラを車内に設置 AI解析機能も
京浜急行は、映像をリアルタイムに確認できるネットワークカメラを全車両に導入する。車内の防犯が目的。(2023/4/24)

日本のリアル産業を救う“エッジAI最前線”:
万引きの被害総額は年間8000億円超 従業員の犯行も? 一定の被害は諦めるしかないのか
昔も今も万引き行為は後を絶たず、年間の被害総額は約8089億円に上る。それ以外にも数多の不正行為があり、最近では回転寿司チェーン店を中心に顧客の迷惑動画が拡散される事象も問題に。店舗側の負担となっていた防犯対策のコスト構造を変え、攻めの投資につなげる可能性を探る。(2023/4/20)

一人暮らしの娘を心配する父、防犯対策に持たせようとしたのは…… 熱い親心と物騒なチョイスに「強すぎる」と4万いいね
パンツ1枚で何が守れるんだっ!(2023/4/13)

無料ですぐに実践できる「一人暮らしの防犯対策」が目からウロコ ドアスコープをすっぽり隠すアイデアに「さっそくやってみます」の声
貼るだけかんたん。(2023/4/10)

「お化けに連れていかれないように、トイレは誰かと一緒に行け」と言われたが…… 大人になって明かされた“真意”に驚きと3.2万いいね
子ども目線の防犯対策。(2023/4/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
ライト内蔵の防犯ネットワークカメラ「Ring Spotlight Cam Plus」を設置してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回はRingの新製品「Ring Spotlight Cam Plus」を試してみた。(2023/3/31)

アイデアの生かし方:
「帰ってください」「忙しいんで」 男性の野太い声で不審者撃退、女性社員のアイデアが生んだ「防犯グッズ」が話題
「今、忙しいんで」「帰ってください」――。不審な訪問者に、インターフォン越しに“男性の声”で対応できる防犯グッズが話題を呼んでいる。2022年11月に発売し、初回生産5000台がまたたく間に完売。「ルフィ事件」と呼ばれる一連の広域強盗事件も影響し、さらに注目が集まる。アイデアを発案したのは、一人暮らしの女性社員たちだった。(2023/3/31)

土屋太鳳、結婚後初の引っ越しで感動「素晴らしかったです!」 21歳からは防犯対策で3度の引っ越し
結婚後の新居なのかな……?(2023/3/29)

その発想はなかった 鳴り響く防犯アラームに合わせてキーボードでセッション 即興の演奏動画にブラボー!
ずっと鳴っていて欲しいと思っちゃう。(2023/3/10)

親世代465人に聞く:
「子どもの1人暮らし」の心配事 3位「防犯」、2位「病気や事故の対応」、1位は?
引越し前の隣人調査事業を手掛けるトナリスク(東京都豊島区)は、「子どもの1人暮らしの心配事」について調査を実施した。(2023/3/8)

押され、倒され、身動き取れず 防犯装備メーカーの社長が身体を張って効果を示す実演が話題に
不審者役を演じて倒される社長。(2023/3/7)

ドコモ、カメラ搭載の「キッズケータイ KY-41C」を2月24日に発売 2.2万円
NTTドコモは、2月24日にキッズケータイ初のカメラ機能を搭載した「キッズケータイ KY-41C」を発売。あらかじめ登録した相手のみ通話や「+メッセージ」でのやり取りが可能で、防犯ブザーなどの機能も備える。(2023/2/20)

JR東日本、駅員が胸に防犯カメラを装着へ トラブルに備えてまず15駅程度に導入
(2022/12/22)

FM:
店舗や施設の人検知やエリアカウントなどを実現するエッジAI搭載の“賢くなる”カメラ「Safie One」
クラウド録画サービスを提供するセーフィーは、クラウドカメラ「Safie」の最新モデル「Safie One」を2022年8月から販売展開している。場所や時間に縛られず映像を確認できるSafieのクラウドカメラは、従来の防犯用のみならず、遠隔での現場管理や接客業務の質向上など「建設現場」の課題解決に貢献してきたが、新製品は最新のエッジAIを搭載し、人検知やラインカウント、エリアカウントなど、かつてない高機能を実現する製品として注目されている。本稿ではセーフィーの事業戦略とSafie Oneについて解説していく。(2022/11/27)

実証実験:
「からあげクン1個増量中です」の声掛けは効果ある? ローソンがカメラとマイクを設置して分かったこと
ローソンは横浜市内の4店舗で実証実験を実施した。防犯カメラとは別に、新たにカメラとマイクを設置してさまざまなことを分析した。どういったことが分かってきたのか。(2022/11/18)

「仮装して乗車しないで」──“ジョーカー事件“から1年 京王電鉄がハロウィン前に防犯対策強化
利用者増加が見込まれるとして10月末のハロウィンを前に、京王電鉄が危機管理レベルを「厳重警戒体制」に引き上げるなどの防犯対策の取り組みを強化している。特に10月29日から31日を「強化期間」とし、同社は利用者に「仮装した状態で乗車しないでほしい」と呼びかけている。(2022/10/27)

男の声で「今、忙しいんで」 玄関先のトラブルや迷惑電話にボタン1つ 「応答くん」発売
家電や雑貨を販売するライソンは、ボタンを押すと男の人の声が出る装置「応答くん」を発売する。「今、忙しいんで」などの音声を収録。在宅時インターフォン越しに装置を使うことで、1人暮らしの女性や高齢者、子どもが防犯のために利用できるという。(2022/10/20)

被害届を提出予定:
「利用者がいたずらで140度に設定」──滋賀県の老舗銭湯、“サウナテロ”の被害に 店側は激怒「悪質な営業妨害」
滋賀県の老舗銭湯が「お客さまがサウナ室の温度セットを勝手に触り、男女とも140℃以上にするという前代未聞のいたずらをされた」と投稿し、注目を集めている。同施設は「悪質な営業妨害」として滋賀県警に被害届を出すとともに、施設内の防犯カメラや常連客などと協力し、犯人特定に向けた情報収集を進めている。(2022/10/17)

国土強靭化:
豪雨の浸水深をAI解析、応用地質らが「リアルタイムハザードマップ」を2023年度中に事業化
防災コンソーシアムのリアルタイムハザードマップ分科会は、防犯カメラ映像をもとに、「畳み込みニューラルネットワーク(CNN)」を利用した画像解析技術で、水面の位置を把握することで浸水深を把握するためのAI解析モデルを開発した。(2022/10/11)

ガチョウ「飼い主、こっち来て遊んで!」  防犯カメラを利用して呼び出す、ガチョウと飼い主の友情にほっこり【スコットランド】
とっても賢いガチョウさんです。(2022/9/26)

和室に鎮座する180SX……!? 大切なクルマを守るため家の中へ 発想の斜め上をいく解決法に「究極の防犯対策」「台風対策バッチリ」
発想もすごいけど、行動力もすごい。(2022/9/22)

ヨドバシで注文した荷物に防犯アラームが付いてきた 水に浸けて破壊を試みるも音が止まらない様子に「こいつ…強い……!」
防犯アラームらしいタフさだ……!(2022/9/17)

AI:
日立がMVSに不審人物や荷物の置き引きを早期発見する新機能を拡充
日立製作所は、独自開発したAI映像解析技術で監視・警備業務を高度化するソリューション「Hitachi Multifeature Video Search(MVS)」に2つの新機能を拡充しリリースした。新たなMVSでは、防犯カメラの映像を活用し、特定の行動パターンをとる人物をリアルタイムに検知する「行動検知機能」と荷物と人物の所有関係を認識する「荷物置き去り/持ち去り検知機能」を備えている。(2022/9/6)

Anker、自宅設置に向く監視/防犯向け屋外用セキュリティカメラ
アンカー・ジャパンは、屋外設置用のセキュリティカメラ「Eufy Security eufyCam 2C 1-Cam Kit」など2製品を発表した。(2022/8/30)

「コンビニでアイスを買わない」「傘は外に置かない」 Youtubeで話題の「1人暮らし女性の防犯対策」が参考になる
自分の身は自分で守る!(2022/8/17)

飼い主さんが留守中、修理業者と愛犬が…… 防犯カメラがとらえたダンス&綱引きして遊ぶ姿にほっこり【米】
楽しそうに遊ぶふたりです。(2022/7/29)

eスポーツカフェでグラボ盗難か 運営会社が防犯カメラ映像公開
新大久保のカフェ「e-sports cafe」で、設置しているPCからグラフィックスカードが抜き取られたとして、カフェの運営会社が公式Twitterアカウントで防犯カメラの映像を公開した。(2022/6/17)

総額263億円の設備投資:
小田急電鉄、最新の通勤車両「5000形」を新造へ 防犯カメラも搭載
小田急電鉄は4月28日、最新の通勤車両5000形の導入や3000形のリニューアル、本厚木駅のホームドア導入など総額268億円の鉄道事業設備投資を行うと発表した。(2022/4/28)

調査レポート:
未活用の防犯カメラ休眠映像、クラウドカメラ導入で現場課題を改善
セーフィーは、全国の20〜60代のの管理職層800人を対象に、2022年2月23日〜2022年2月27日の期間、現場における映像データの活用に関する実態調査を行った。各業界の現場に映像データの活用により解決可能な課題が存在し、クラウドカメラ導入が改善の鍵となっている。(2022/4/20)

歌舞伎町に目を光らせる「ゴジラ自動販売機」出現 クラウド型防犯カメラ搭載
東宝とアサヒ飲料は16日、新宿区と協力して「ゴジラ」をデザインした防犯カメラ付きの飲料自動販売機を設置すると発表した。(2022/3/16)

キヤノンMJ、中小オフィス向け支援サービス「HOMEセレクト」に“クラウド録画サービス”を追加
キヤノンマーケティングジャパンは、防犯カメラなどの導入を簡便に行える中小オフィス向けの「クラウド録画サービス」を発表した。(2022/3/8)

2023年度末までに全ての新快速に設置:
JR西、在来線車両に防犯カメラ きょうから、犯罪抑止へ
JR西日本が在来線車両内への防犯カメラの設置を順次始める。犯罪抑止が主な狙い。利用者が多い京阪神地区(大阪府、京都府、兵庫県)を走行する新快速や快速から優先的に設置を進め、2023年度末までに全ての新快速と「関空・紀州路快速」に設置する。(2022/1/15)

財布のお金を盗まれたと思いきや、さらに恐ろしい事実が発覚 防犯意識が引き締まる実録漫画
油断ならない……。(2022/1/15)

男女2000人に聞いた:
キャンプで感じるストレス 2位は「ごみ問題」、1位は?
アウトドア総合情報サイト「TAKIBI」を運営するフォーイット(東京都渋谷区)が、キャンプに関する調査を実施した。キャンプ中に感じるストレスや、防犯対策について聞いた。(2021/12/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「駅のホームドア」が普及しているが、安全基準はどうなのか
京王電鉄京王線で発生した傷害放火事件は記憶に新しいが、犯人の動機などは社会学、心理学の範疇(はんちゅう)で鉄道側としてはなんともしがたい。ただし、鉄道については「防犯」と「防災」の議論が起きた。ホームドアなどの関連する各種施設や機器とその運用、これまでの法令等を見ながら、課題や今後のあり方を考える。(2021/11/20)

幽霊の仕業か!? 誰もいないはずの庭でゴルフカートが暴走、クルマに衝突 防犯カメラが意外な犯人を捉える
ケガがなくてよかった。(2021/11/11)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スマホがクルマのキーになる時代 進化する窃盗犯手口との続くイタチごっこ
古来、クルマのセキュリティにはキー(鍵)が使われてきた。しかし人間が考えた防犯システムは、所詮人間によって破られるものだ。その証拠に、これまで登場したクルマのキーは、ほぼ全て開錠やキーを複製できる。最近のクルマはほぼスマートキーを採用し、ドアロックの施開錠はボタン操作か、ドアハンドルにタッチすることで行える。セキュリティが向上したと思いがちだが、自動車窃盗犯も高度化しており、高額人気車が狙い撃ちされる傾向にある(2021/10/11)

間抜けにもほどがある クルマ泥棒さん、高級車を盗もうとするもマニュアル操作がわからず失敗 走って逃げる
防犯カメラは見ていた。(2021/7/15)

自宅の様子をスマホアプリで サンワの屋内用ネットワークカメラ
サンワサプライは、スマホを使って外出先から自宅を確認できる屋内用ネットワークカメラ「400-SSA003」を発売。ベビーカメラやペットカメラ、防犯カメラなどの用途で利用できる。(2021/7/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.