• 関連の記事

「人感センサー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人感センサー」に関する情報が集まったページです。

PR:机上がスッキリ! “仕事はかどる外付けディスプレイ” アイ・オー・データ機器の「BizCrysta」を編集部で使ってみた
(2024/2/6)

ロジスティクス:
延べ7.8万m2の「兵庫尼崎物流センター」着工 日本国土・旭JVの施工で2025年7月完成
ラサール不動産投資顧問が兵庫県尼崎市西向島町で計画する「(仮称)兵庫尼崎物流センター」が、日本国土・旭JVの施工で着工した。(2024/1/15)

2023年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
PC USERでモバイルディスプレイやスマートスピーカー回りの連載をしている山口さんに、2023年に使って良かったデバイスを挙げてもらった。(2023/12/15)

ニトリ「加湿・人感セラミックヒーター」を発売 1台で暖房と加湿に対応
ニトリが1台で暖房と加湿できる「加湿・人感セラミックヒーター」を発売した。人が離れたり本体が転倒したりした際に電源が切れる安全機能も搭載している。(2023/12/10)

各社の特徴:
ニトリ、山善、無印で売れているのは? 最新の「こたつ」事情
「こたつ」の売れ行きが変わり始めているようだ。最も大きな変化は、床に座って使う「ロータイプ」から、ソファやイスに座って使う「ハイタイプ」が主流になりつつあること。最新こたつの特徴と反響を取材した。(2023/12/4)

組み込み開発ニュース:
インフィニオンがセンサー製品群「XENSIV」をアピール、開発検討中の製品も披露
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンがセンサーブランド「XENSIV」製品群の事業展開について説明。注力4市場の今後5年間の年平均成長率見込みである17.1%を大きく上回る売上高の拡大を目指していく方針である。(2023/12/1)

ZEB:
最も厳しい“景観条例”の京都市で実現、外皮を変えない既存建物のZEB化
京都市は、民間企業の技術を活用した公民連携の課題解決推進事業「KYOTO CITY OPEN LABO」を展開している。その一環で、パナソニック エレクトリックワークス社は、市と連携して、既存建物をZEB化するプロジェクトに乗り出した。(2023/11/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
アップデートで赤外線リモコン対応家電もMatter経由で利用可能に! スマートリモコン「SwitchBot ハブ2」を試した
スマートリモコンの「SwitchBot ハブ2」が、アップデートによって赤外線リモコン対応家電もMatter経由で利用可能になった。実際に試してみた。(2023/11/20)

アイ・オー、Type-C接続にも対応したビジネス向け23.8型/27型液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、ビジネス向けをうたった23.8型/27型液晶ディスプレイ「BizCrysta」シリーズを発表した。(2023/11/15)

BAS:
ダイキン工業が遠赤外線と温風を組み合わせた暖房機「ハイブリッドセラムヒート」を発売
ダイキン工業は、遠赤外線暖房機「ハイブリッドセラムヒート」を発売した。体を芯から暖めて持続性のある遠赤外線と、温風を素早く吹き出し、広範囲を暖める機能を組み合わせた製品だ。(2023/10/16)

スマートスピーカーに生成AI、Amazonが先行 会話を記憶、ボディランゲージやアイコンタクトも理解
米Amazonが、同社の音声アシスタント「Alexa」に生成AIを搭載する。これにより、継続した会話の他、会話の記憶や各家庭向けのパーソナライズも可能になるという。まずは米国のユーザー向けに今後数カ月以内に提供を始める。(2023/9/21)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
IntelがTower Semiconductorの買収断念を発表/「SwitchBotハブ 2」がアップデートしてMatter対応を拡張
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、8月13日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/8/20)

材料技術:
ZOZOが次世代の織物を披露、音楽を流せる織物やテキスタイル型ディスプレイを展示
ZOZO NEXT、東京大学筧研究室、細尾の3社は、共同研究プロジェクトの作品展示イベント「Ambient Weaving Collection−環境と織物」(2023年8月1〜7日、三菱ビル内のHave a Nice TOKYO!)を開き、音楽を流せる織物「Sounds」やテキスタイル型ディスプレイ「Pixels」を披露した。(2023/8/17)

プロジェクト:
千葉・成田にシーアールイーの1.7万m2物流施設がピーエス三菱の施工で着工
シーアールイーは、千葉県成田市で計画している延べ1.7万平方メートルの物流施設の建設で、2023年8月7日に地鎮祭を執り行い、2024年5月の完成を目指して着工した。(2023/8/14)

プラネックス、見守りや防犯などにも使える「どこでもセンサー」新モデル
プラネックスコミュニケーションズは、遠隔地の情報をリアルタイムでチェックできる「どこでもセンサー」シリーズ2製品を発表した。(2023/8/3)

PC-9801の誕生40周年記念! NECPCがハイスペックノート「LAVIE NEXTREME Infinity」を4000台限定販売 Intel Arc A750M搭載で約22万円から
Carbonの次はInfinity――NECパーソナルコンピュータが、PC-9801の生誕40周年を記念する新型ノートPCを発表した。第13世代Core Hプロセッサを搭載し、独立GPUとしてIntel Arc A750Mも搭載するハイエンド寄りの構成で、直販モデルを含めて4000台限定生産となる。【更新】(2023/8/1)

プロジェクト:
「Landport 福岡久山I」竣工、日清エンタープライズの利用で稼働開始
野村不動産は、高機能型物流施設「Landport(ランドポート)」シリーズにおいて、九州エリア初の開発となる「Landport福岡久山I」が2023年5月25日に竣工し、日清エンタープライズの一棟利用で、2023年6月1日から稼働を開始した。(2023/7/21)

Amazonプライムデー:
消費電力が気になる人は要チェック!──ホームエネルギーマネジメントシステム「Nature Remo E」などが最大27%オフ
Amazonがビッグセール「Amazonプライムデー」の先行セールを7月9日にスタートした。スマートリモコンを手がけるNatureは、次世代HEMSの「Nature Remo E」やスマートリモコンなどを出品している。(2023/7/9)

Akuvox (Xiamen) Networks Co., Ltd.提供ホワイトペーパー:
PR:ITの力で取り組む賃貸管理の課題、孤独死対策にも有効な次世代インターフォン
空室率の増加や孤独死問題など、賃貸管理会社が抱える課題は深刻さを増している。これらの課題への解決策として注目されているのが、便利な遠隔管理や高い通信安定性を実現する、次世代のインターフォンソリューションだ。(2023/6/30)

医療機器ニュース:
紫外線照射ロボットによる除菌システムの製品化を目指して業務提携
島津製作所は、Shyld AIと技術提携契約を締結した。人が立ち入った範囲を紫外線照射ロボットが効率的に除菌するシステム「UVシュート」の製品化を目指す。(2023/6/29)

LED:
LED電球の課題を解消!パナソニックEW社が注力する新型天井照明「LEDフラットランプ」の性能とは?
天井照明でLED照明を使うことが当たり前になりつつある。しかし、近年は従来型のLED照明ではカバーできない大空間で高気密の住宅が増えている。そうした課題を解決できる製品として、パナソニックのLED照明「LEDフラットランプ」が注目を集めている。(2023/6/12)

空中に浮かんで見える「オセロ」をプレイ“無料”で提供する理由
盤面が空中に浮かんで見える近未来的な「空中タッチオセロ」は、コロナ禍のただ中に生まれた完全非接触のゲーム筐体だった。(2023/6/8)

林信行が見たデザイン最前線(3):
GoogleやSamsungがミラノで見せたこれからの時代の家電デザイン
大手エレクトロニクスメーカーが、家具関連の展示が圧倒的に多い「ミラノデザインウィーク」に出展している。現地で見たGoogleやSamsung Electronicsなどの展示を通じて、その意義を読み解く。(2023/5/18)

ロジスティクス:
京都府南部エリアで野村不の高機能型物流施設「Landport 京都南」が供用開始、島津製作所の一棟利用
野村不動産は、京都府向日市鶏冠井町で建設中の高機能型物流施設「Landport(ランドポート)京都南」が供用を開始した。(2023/5/17)

IT企業デスクツアー:
67億円調達のデータ企業で働くみんなのデスク環境 経営陣からエンジニアまで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、マーケティング業界向けにデータ分析ソリューションを提供するサイカに注目。(2023/5/17)

グローバル展開を視野に:
ユニクロが「消費電力40%カット」の新店舗を作った理由
前橋市にオープンしたユニクロ 前橋南インター店は新たなロードサイド店舗「UNIQLO LOGO STORE」の第1号店だ(2023/5/15)

工事不要の「leafee屋外セキュリティカメラ」発売 防水対応&バッテリー式
Stroboは、4月18日に「leafee屋外セキュリティカメラ」を提供開始。最大3カ月の充電不要のバッテリー式で配線工事などは必要とせず、激しい雨でも浸水しないIP65の防水性能も備える。(2023/4/18)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
「工場で脱炭素をやれ」と言われた担当者がまずやるべきこと
日常の活動に落とし込んで取り組めるようになりつつあります。(2023/4/17)

スマート工場最前線:
エネルギー生産性向上に向け、オムロンが松阪事業所で半減を目指す4つの要素とは
オムロン ヘルスケアは温室効果ガス削減に向けてエネルギー生産性の向上を進めている松阪事業所(三重県松阪市)を報道陣に公開した。(2023/4/14)

ロジスティクス:
マルチテナント型物流施設「ロジポート多摩瑞穂」が東急建設の設計・施工で着工、2024年6月竣工
ラサール不動産投資顧問は、組成した特定目的会社を通じて、マルチテナント型物流施設「ロジポート多摩瑞穂」を着工した。施設はRC+S造の地上4階建て、延べ床面積16万平方メートルとなる見通し。(2023/4/10)

PR:【エンジニアは全員犯罪者】プログラミングスキルで凶悪犯罪を阻止するゲーム「異能な僕らと異常な世界」先行プレイレポ
paizaのゲームなので、中身はガチのプログラミング。(2023/4/10)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
音質が向上し温度センサー内蔵! 大幅に進化した「Echo Dot(第5世代)」を使ってみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、バージョンアップした「第5世代Echo Dot」を試した。(2023/2/27)

排出量の可視化から削減までトータルサポート:
PR:企業のCO2削減を進める強力なパートナー SMBCグループが手掛けるSustanaの魅力
(2023/1/30)

ロジスティクス:
CREの延べ約3万m2物流施設「ロジスクエア白井」が竣工、一棟全体の賃貸借契約で稼働開始
シーアールイーが2021年12月から千葉県白井市で建設を進めていたマルチテナント型物流施設「ロジスクエア白井」が完成し、2023年1月から稼働を開始した。(2023/1/10)

FLEX Japan 2022:
1万回折り曲げても大丈夫、回路を印刷したPETフィルム
2022年12月14日から開幕した「SEMICON Japan 2022」(2022年12月14日〜16日、東京ビッグサイト)では、フレキシブルエレクトロニクスに関する展示「FLEX Japan 2022」も開催された。(2022/12/28)

AI:
AIを活用したクリーン空調最適制御システムを開発、清水建設
清水建設は、クリーンルームの空調負荷低減を目的に、AIを用いて、室内で循環する清浄空気の風量を最適化するAI空調制御システムを開発した。AI空調制御システムは、FFU運転制御のAI化により、室内の清浄化に必要な搬送動力を従前システムと比べて30%減らせる見込みだ。(2022/12/26)

ワークプレースのデジタルツイン実現:
PR:「人」起点でオフィス空間はもっと快適・省エネに!MYCITYとパナソニック エレクトリックワークス社が新会社「X PLACE」設立
新会社「X PLACE」は、MYCITYの位置情報サービスとパナソニック エレクトリックワークス社の各種機器や空間制御技術を融合させ、「人」起点の快適性と省エネ性を兼ね備えたオフィス領域のDXで、ワークプレースのデジタルツイン実現に挑む。(2022/12/21)

プロジェクト:
豪州・シドニーで高さ約263mのオフィスビルが竣工、三菱地所ら
三菱地所は、オーストラリアのシドニーに位置する「Circular Quayエリア」で、建設会社のLendleaseと平安不動産とともに開発を進めていたオフィスビル「180 George Street」が竣工したことを公表した。180 George Streetの足元には、広場や商業施設の整備を進めており、2023年度に順次開業する予定だ。(2022/12/12)

リテール&ロジスティクス:
福岡県小郡市で延べ2.3万m2のBTS型物流施設が着工、シーアールイー
シーアールイーは、福岡県小郡市で開発を進めていたBTS型物流施設「ロジスクエア福岡小郡」の起工式を2022年12月7日に開いた(2022/12/12)

NEWS
文具メーカーのぺんてるが手軽にIoT構築ができる「Gravio」を導入
デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するぺんてるは、社内のIoT化を進めるに当たり、人材育成や開発での課題に直面した。同社はその課題を解決するために、アステリアの「Gravio」を導入した。(2022/12/9)

「Wi-Fiセンシング」とは【後編】
無線LANの革命的技術「Wi-Fiセンシング」が普及するための条件とは?
「Wi-Fiセンシング」はさまざまな組織に変革を起こす可能性を秘めている。ただしいくらすごい技術であっても、広く使われるようになるとは限らない。普及のためには何が必要なのか。(2022/12/6)

週末に「へえ」な話:
「香りを漂わせるマシン」が登場 人の行動を変えられるのか
「プシュー」という音がするたびに、香りが漂う装置が登場した。嗅覚を刺激することで集客効果を高めていくそうだが、人の行動を変えることができるのだろうか。装置を開発した社長に話を聞いたところ……。(2022/12/4)

「Wi-Fiセンシング」とは【中編】
無線LANをセンサー化する「Wi-Fiセンシング」 その中核要素「CSI」とは?
無線LANを使って人の行動を検出する「Wi-Fiセンシング」。その中核要素となるのが「CSI」だ。CSIとは何なのか。CSIを生かすことで、Wi-Fiセンシングは何を可能にするのか。Wi-Fiセンシングの中身と可能性に迫る。(2022/11/29)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県ふじみ野市で延べ1.4万m2の物流施設が竣工、霞ヶ関キャピタル
霞ヶ関キャピタルは、埼玉県ふじみ野市で開発を進めていた物流施設「LOGI FLAG 三芳I」が竣工したことを2022年11月21日に発表した。(2022/11/25)

リテール&ロジスティクス:
兵庫県伊丹市で延べ2.9万m2のマルチテナント型物流施設が竣工、シーアールイー
シーアールイーは、兵庫県伊丹市で開発を進めていた物流施設「ロジスクエア伊丹」が2022年11月15日に竣工したことを公表した。ロジスクエア伊丹は、竣工前にテナント契約率が50%で、関西エリアを中心に、百貨店、スーパーマーケットなどを展開する大手小売業の子会社がロジスクエア伊丹の東側半分を使用する予定だ。(2022/11/21)

「Wi-Fiセンシング」とは【前編】
無線LANを“人感センサー”にする「Wi-Fiセンシング」とは何か
無線LANの空間内の「動き」を検出する「Wi-Fiセンシング」。その仕組みとは、どのようなものなのか。ざっくりと解説する。(2022/11/21)

FCCLの若年層向け13.3型ノートPC「LIFEBOOK CH」に新モデル 23.8型液晶一体型PC「ESPRIMO FH」にも新モデル
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は、軽量設計の13.3型ノートPC「LIFEBOOK CHシリーズ」と23.8型液晶一体型デスクトップPC「ESPRIMO FHシリーズ」の新モデルを発表した。Web直販モデルは既に受注を開始しており、店頭販売モデルを含めて11月17日から順次発売される。(2022/11/15)

リテール&ロジスティクス:
千葉県八千代市で延べ16.1万m2の物流施設が竣工、プロロジス
プロロジスは、千葉県八千代市で開発を進めていた物流施設「プロロジスパーク八千代1」の竣工式を2022年11月4日に開催した。(2022/11/9)

知らないと損!?業界最前線:
LINEのスマートスピーカー終了でも、スマートホームの未来は明るいワケ
LINEは10月26日、スマートスピーカー「CLOVA」の販売を31日に終了し、音声操作機能も2023年3月30日に終了すると発表した。現在の日本市場ではスマートスピーカーやスマートホームに停滞感がある。そこでスマートスピーカー市場の現在と、スマートホームの明るい未来を紹介したい。(2022/11/8)

製品動向:
30周年を迎えた「ThinkPad」 次の30年に向け、チャレンジを続ける製品開発の背景とは?
LenovoのノートPC「ThinkPad」は、1992年の登場以来、「あらゆる人にテクノロジーの恩恵を届ける」というスローガンのもと、顧客の成功を支え、環境にも配慮した技術の投入などによって市場に受け入れられてきた。レノボ・ジャパンの開発拠点となっている大和研究所のサイトリーダー塚本泰通氏は、これまでの歩みを「全ては顧客の成功のため、世界のために“挑戦”を続けてきた30年だった」と述懐した。(2022/11/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.