「Internet of Things」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Internet of Things」に関する情報が集まったページです。

アンリツ MT8821C:
非地上系ネットワークNB-IoTデバイスのOTA試験用テスター
アンリツは、ETS-Lindgrenと協業し、NTN NB-IoTデバイスのOTA試験に対応した統合ソリューションを提供する。今回の協業により、NTN NB-IoTデバイスの試験と検証において、RF送受信特性を評価できる信頼性の高い試験環境を提供する。(2024/7/19)

無料で利用できる「Free版」も用意:
GPT-4oなど生成AIをIoTアプリに組み込めるローコード開発サービス ソラコムが提供開始
ソラコムは、IoTアプリケーション向けローコード開発サービス「SORACOM Flux」の提供を開始した。同社は「機器から取得したデータや画像データと、生成AIによる分析、意思決定を組み合わせたアプリケーションを開発できる」としている。(2024/7/18)

3つのAZで構成、データの国内保持を可能に:
AWS、台湾で「台北リージョン」開設を発表 2025年初頭までに提供開始予定
AWSは2025年初頭までに台湾に新しいAWSリージョンを開設することを発表した。これによりユーザーは台湾国内にデータを保管することが可能になる。(2024/7/4)

IoTを狙う攻撃に要注意
量子コンピューティングは敵か味方か? 「IoTデバイス」を狙う脅威の実態
さまざまな組織で利用が広がっているIoTデバイスを攻撃から守るために、IoTデバイスがどのような脅威にさらされているかを知ることが重要だ。量子コンピューティングによる影響とは。(2024/6/25)

組み込みエンジニアの採用ニーズが高まっている、5つの理由:
「組み込みソフトウェア」の決定年収が最も上昇、なぜ? パーソルキャリアが調査結果を発表
パーソルキャリアは「2023年度 職種版 決定年収レポート」を発表した。2023年度は14職種中12の職種で決定年収が上昇。2022年度から2023年度の1年間の決定年収上昇幅が最も大きかったのは「組み込みソフトウェア」の職種だった。(2024/6/18)

単なるサービスメッシュではない、そのメリットとは:
マイクロサービス化における開発作業を効率化する「フロントエンド用バックエンド」を解説
TechTargetは「フロントエンド用バックエンドパターン」に関する記事を公開した。これは、ソフトウェアをマイクロサービス化する際に課題となりがちなフロントエンドの開発作業を簡素化するアーキテクチャだ。(2024/6/13)

6Gによる変化を解説【第4回】
「6G」は“5Gの失敗”を乗り越えられるのか
6Gは早ければ2029年にサービスを開始するという予測がある。一方で5Gに失望したユーザーもいる。ユーザーにとって“期待外れ”にならないために、6Gには何が必要なのか。(2024/5/6)

IDCが「2024年 IoT担当者調査」の結果を発表:
国内企業400社に聞いたIoTプロジェクトの達成度 「想定通り達成」は22.2%
IDC Japanは、「2024年 IoT担当者調査」の結果を発表した。それによると、“製品のIoT化”などの取り組みは進んでいるものの、IoTプロジェクトの目的達成については課題を感じている企業が多かった。(2024/5/2)

6Gによる変化を解説【第3回】
宇宙にさえ接続「6Gネットワーク」がもたらす“次世代通信”とは
「6G」の開発は、経済的な覇権を握るチャンスでもある。欧州ではさまざまな6G研究プロジェクトが動いている。どのような6Gを目指しているのか。(2024/4/29)

6Gによる変化を解説【第2回】
「5G」ではなく「6G」なら医療と自動車の“あれ”が本当に実現する?
5Gの次世代として開発が進む「6G」は産業を変革できるのか。特に6Gに期待を寄せているのが医療と自動車の業界だ。6Gに何を期待しているのか。(2024/4/22)

海外医療技術トレンド(106):
医療機器よりも難題!? Non-SaMDに影響が及ぶ米国のIoTセキュリティ政策
米国では、本連載第98回で取り上げた消費者IoT製品向け認証/ラベリングプログラム「U.S.サイバートラストマーク」の導入準備など、非医療機器/Non-SaMD(Software as a Medical Device)を取り巻く動きが加速している。(2024/4/19)

2024年第1四半期時点で83%の開発者がDevOpsに関与:
同じ形式のツールを複数使用するのは逆効果 Linux FoundationがCI/CDに関するレポートを公開
The Linux Foundation Japanは、「継続的インテグレーション&継続的デリバリーの近況:ソフトウェアデリバリーパフォーマンスの進化」を公開した。それによると、2024年第1四半期時点で83%の開発者がDevOpsに関与していることが分かった。(2024/4/18)

6Gによる変化を解説【第1回】
「6G」は“なんちゃって5G進化版”なのか、周波数帯のあれが本当に変わるのか?
5Gではミリ波と呼ばれる周波数帯が割り当てられたが、通信事業者は使いこなすのに苦労している。この周波数帯利用の点を含めて、6Gにはどのような変更が加えられるのか。(2024/4/15)

IoMT導入の課題とは
「医療IoTデバイス」導入前に知っておきたい活用例と成否を分ける2大ポイント
医療分野のIoT「IoMT」の導入が広がりつつある。IoMTの導入やシステムの構築を検討する際に理解しておくべき、医療現場特有の用途や課題を紹介する。(2024/4/12)

Wi-Fi Halowが本格始動【後編】
無線LAN「Wi-Fi Halow」は何に使える? 普通のWi-Fiとはちょっと違う応用例
無線LAN規格「Wi-Fi Halow」(IEEE 802.11ah)は電力消費を抑える機能や約1キロ届く通信など、IoT向けの機能を搭載している。実際にどのような用途に使えるのか。(2024/4/12)

Wi-Fi Halowが本格始動【前編】
同じ無線LANでも「Wi-Fi 6」とは根本的に違う「Wi-Fi Halow」だけの機能とは?
無線LANの業界団体WBAが、IoT向けの無線LAN規格「Wi-Fi HaLow」に関するホワイトペーパーを公開した。今後の活用を見込んで、さまざまなユースケースを検証する。Wi-Fi Halowとは何か。(2024/4/5)

「データ活用におけるAI」などを追記:
AI導入も考慮した「実践的なDX手引書」の改訂版をIPAが公開
情報処理推進機構は、「DX実践手引書 ITシステム構築編」の改訂版を公開した。第4章の「あるべきITシステムとそれを実現する技術要素」に、「データスペース」と「データ活用におけるAI」を追記した。(2024/3/28)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
Society 5.0に必要不可欠な「IoT」の課題や可能性を知っておこう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第18回は「IoT」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/3/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
デジタル時代の思考法と自己成長のセルフチェック
デジタル人材が、ビジネスの現場でどのように求められているのだろうか。(2024/3/14)

DX運用のためのITIL 4(5):
ITIL 4でサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(前編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第5回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を取り上げる。(2024/2/15)

DXの要になるネットワーク
IoTに「eSIM」や「iSIM」を使うと何がうれしいのか? 企業に定着する理由
Omdiaの調査で、世界各国のユーザー企業がIoTの活用を広げていることが分かった。IoTのネットワークにeSIMやiSIMを用いてモバイル回線を利用する動きも広がっている。(2024/2/9)

Broadcomによる買収後のVMware
Broadcomが「VMware買収」をした真の結末とは? 生き残る製品、旅立つ製品
BroadcomがVMwareの買収を2023年11月に完了した。買収後も開発や提供が続く可能性が高いVMware製品、売却になる可能性のある製品は何か。VMware製品が今後どうなるのかを考える。(2024/1/18)

「変化を捉えて未来を見通す分析を活用することが重要」:
政府、研究機関などのインテリジェンスを集約 NRIセキュアがインテリジェンスセンターを設立
NRIセキュアテクノロジーズは「NRIセキュアインテリジェンスセンター」を設立すると発表した。「経営、事業課題の意思決定」「インテリジェンス活用文化の構築」「セキュリティ対応力強化」などを支援する。(2024/1/11)

AIによる業務改革が本格化:
AIセントリックな組織、ナレッジのマルチモーダル化 ITRが「2024年に来る」と予測するIT戦略テーマを発表
ITRは、2024年に企業が注目すべき12のIT戦略テーマ「ITR注目トレンド2024」を発表した。同社は「AI革命が新たなステージに突入したことを認識し、DXを推進することが企業に求められている」としている。(2023/12/1)

福田昭のデバイス通信(432) 2022年度版実装技術ロードマップ(56):
電子機器の進化を支援する電子デバイスのパッケージ技術
今回からは、「2022年度版 実装技術ロードマップ」の第3章「電子デバイスパッケージ」の概要説明に入る。(2023/11/27)

「今の取り組みが未来の自社にどう貢献するのか」を明確に:
ガートナーは「IoTプラットフォームが熱い」と分析 企業はDX推進のためにどのような技術を導入しているのか
ガートナージャパンは、国内企業のDX推進技術の導入状況に関する調査結果を発表した。それによると最も導入されているDX推進技術は「IoTプラットフォーム」だった。(2023/11/9)

事業部門とIT部門の協力が不可欠:
PR:本当に進んでいる? 調査から見えてきた「データ活用」の今
「DXを成功に導くにはデータの整備、活用が不可欠」といわれるようになり、はや数年。企業はどのような業務に活用しているのか? DXのように価値創出につなげているケースは多いのか? 200人が回答した調査結果を、有識者と分析した。(2023/9/11)

海外医療技術トレンド(98):
米国でヘルスケアデータを扱う非医療機器の規制がさらに強化される理由
本連載第8回で取り上げた米国の「非医療機器(Non-SaMD)」を取り巻くプライバシーやサイバーセキュリティの規制が大きく変わりつつある。(2023/8/18)

5Gの経済効果を分析する【後編】
Vodafoneが「経営統合」と「5G SA」で描く未来
Vodafone UKの調査では、英国人が5Gによって医療や公共、鉄道などの領域で変革を期待していることが分かった。同社は5Gを活用した未来の社会像も発表しており、5Gによりイノベーションを起こせるとアピールする。(2023/8/17)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
PoCの概要や進め方、「PoC疲れ」に陥らないためのポイントをサクサク学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第11回は「PoC」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/8/16)

5Gの経済効果を分析する【中編】
大ブームのAIよりも5G? 英国民が期待する「5Gの変革」とは
Vodafone UKの調査では、英国人はAI技術よりも5Gによって日常生活がより便利になると期待する傾向にあることが分かった。5Gによる変革が期待されている領域は複数に及ぶ。(2023/8/10)

5Gの経済効果を分析する【前編】
「最低でも10億ポンド」を5Gで節約できるシナリオとは? Vodafoneが調査
5Gの普及で社会はどれほどの恩恵を受けられるのか。Vodafoneの調査では社会全体で莫大(ばくだい)な支出や時間を節約できることが分かった。英国の国民健康保険料を年10億ポンド減らすことができる試算だ。(2023/8/3)

リアルタイムOS列伝(37):
今は亡きセンサーネットワーク向けRTOS「Nano-RK」はカーネルを持たない
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第37回は、現在は入手がほぼ不可能になってしまった「Nano-RK」を取り上げる。(2023/8/1)

本社機能との関係やガバナンスの体制といった調整作業についても説明:
「スマート工場に必要なセキュリティ対策」について解説したドキュメントをIPAが公開
IPAは「スマート工場化でのシステムセキュリティ対策事例 調査報告書」を公開した。実際にスマート工場を運用している国内のモデル事業者の実施内容を基に、具体的なセキュリティ対策を「具体性」「網羅性」「一覧性」という観点でまとめた。(2023/8/1)

「専用5G」は工場で使えるか【後編】
「プライベート5Gは工場で使えるのか」を実証 “合格”したテストの中身は?
ソフトウェアベンダーのRockwell Automationら4社は、プライベート5Gを製造業でも利用できるかどうかの実証に取り組んだ。4社は何をテストし、どのような示唆を得たのか。(2023/7/27)

「専用5G」は工場で使えるか【前編】
製造業が「プライベート5G」で“変化に強くなる”明白な理由
5Gをユーザー組織が運用できる「プライベート5G」は、製造業で新たなユースケースを生み出すと期待されている。プライベート5Gが何に役立つのかを検証する共同研究が始まった。(2023/7/20)

目的の言語化から始めることがDXの重要ポイント:
PR:IoTで実現する現場のデジタル化 はじめの一歩
DXにとってデジタル化は手段であって目的ではない。DXの第一歩は現場の課題を捉えて「デジタル化の目的を言語化すること」だ。IoTを活用したDXの事例を紹介する。(2023/7/11)

サイバー保険から全く補償金が出なかったケースも:
数分でランサムウェア攻撃を検知しているのに75%が身代金を支払っているのはなぜ? フォーティネット
フォーティネットジャパンは、「2023年ランサムウェア グローバル調査レポート」を発表した。ランサムウェアによる被害が続いており、企業の半数が被害を受けていることが分かった。(2023/7/6)

転換期を迎えた「5G」【後編】
5Gの技術進化はまだ続く 「SA」「ミリ波」「Open RAN」の今後の動向
5Gの導入が世界的に拡大している。市場では、特にどのような技術への関心が強まっているのか。今後の動向と併せて紹介する。(2023/6/27)

マルウェアの66%は「悪意のあるPDF」で拡散:
半年で「ChatGPTの模倣ドメイン」が約9倍に増加 パロアルトネットワークス
パロアルトネットワークスは、「Unit 42 ネットワーク脅威トレンドレポート 2023」を公開した。依然として脆弱性を悪用した攻撃が主流となっており、2022年より55ポイントも増えていた。(2023/6/23)

転換期を迎えた「5G」【中編】
「プライベート5G」(ローカル5G)の約半数を占めるのは“あの業界”
世界的に5Gの導入が拡大する中、どの業界が「プライベート5G」をけん引しているのか。ネットワーク関連製品ベンダーによる調査結果を紹介する。(2023/6/20)

転換期を迎えた「5G」【前編】
5G「世界の普及状況」の現在地 2023年以降も加速の見込み
「5G」の利用が世界的に拡大している。各国における5Gの導入はどのような状況で、特にどの国で活用が進んでいるのか。ネットワーク関連製品ベンダーによる調査結果を紹介する。(2023/6/13)

「ユニークで価値のある機能を提供する」:
セキュリティ専門家がリアルに活用、「オンラインデバイス検索ツール」5選 ESET
ESETは、インターネットに接続されたデバイスやサービスを検索するツールを紹介した。それらのツールは脅威インテリジェンスの取り組みを強化する必要がある企業にとって「ユニークで価値のある機能を提供する」という。(2023/5/31)

2026年度は88億円に成長:
工場や研究所が「EDR/NGAV」ではなく「NDR」を選ぶ理由とは ITR
ITRは、国内NDR市場規模の推移と予測を発表した。2021年度の売上金額は、対前年度比57.5ポイント増の43億円。2021〜2026年度の年平均成長率を15.4%と見込み、2026年度には88億円に成長すると予測している。(2023/5/31)

6G普及に欠かせない「ユーザー体感」【後編】
「6G」への期待値は“高速さ”ではなかった 過去のモバイル通信との大きな違い
商用化に向けた準備が進む「6G」の実際の活用開始は数年後になる可能性が出てきた。6Gサービスを成功させるには、早い段階で知恵を絞らなければならない。そのポイントは何なのか。(2023/5/24)

6G普及に欠かせない「ユーザー体感」【前編】
「6G」は実用化が早まっても“すごい技術”だけでは浸透しない 何が駄目なのか
「6G」の商用化に向けた準備が進み、数年後には活用が始まる可能性がある。その際、“あること”が6Gサービスの普及に欠かせないと調査会社は指摘する。そのあることとは。(2023/5/18)

IPAが「デジタル時代のスキル変革に関する調査結果」を発表:
「スキルが評価されない」のは気のせいではない? 約7割の企業で“IT人材の評価基準がない”ことが判明
IPAは、「デジタル時代のスキル変革等に関する調査(2022年度)」の報告書を公開した。それによると多くの企業で、キャリアアップのための計画的な配置や育成がされておらず、IT人材のスキルが適切に評価できていないことが明らかになった。(2023/4/25)

Stack Overflow実施の技術トレンド調査:
開発者はどんな技術に興味を持っているのか――AIは実用性はないもののポジティブな印象
Stack Exchangeが運営する開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」は、技術トレンドについてどのように感じているかを開発者に尋ねた調査結果を公開した。(2023/4/11)

Innovative Tech:
スマートテレビのリモコン操作から個人情報を盗み出す攻撃 屋内のIoTエアコンなどを悪用
香港中文大学などに所属する研究者らは、スマートテレビを操作する家庭用の赤外線(IR)リモコンからIR信号を取得し、機密情報を抽出する攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/4/3)

非IT企業が着手しやすいIoTサービス開発の現在:
PR:3大キャリアに接続可能 気軽に導入できるオールインワンIoTサービスの実力は
自社事業にITを使った新しい付加価値を組み込む上で、IoTを活用するシーンがあるだろう。だが、IoT活用に一歩を踏み出せるのは技術者を抱えている一握りの企業に限られていた。この課題を「オールインワン」「IoTの開発を含めた低価格サービス」で解決するという企業がある。(2023/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.