• 関連の記事

「軍事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「軍事」に関する情報が集まったページです。

教皇、G7サミットでAIの軍事利用に懸念表明 参加は史上初
ローマ教皇フランシスコは6月14日、イタリア南部プーリア州で開かれている先進7カ国首脳会議(G7サミット)に出席し、AIがもたらす課題について講演した。(2024/6/17)

G7サミット、AIの倫理的使用に向けて議論 軍事利用など負の側面へ対応
6月14日の先進7カ国首脳会議(G7サミット)では、AIの悪用防止へ向けた国際連携についても議論が行われる。自動で文章などを作成する生成AIは社会の成長に貢献すると期待されるものの、軍事利用や偽情報の拡散など負の側面も顕在化しており、G7として対応が急務だとの声が強まっている。(2024/6/14)

ロシアのサイバー攻撃グループ、米国の水道事業侵害の犯行声明
ロシアの軍事諜報機関を関連があるとみられるハッキング集団Sandworm(別名BlackEnergy、Seashell Blizzard、Voodoo Bear)は、米国などの水道事業を侵害したとTelegramで主張した。Google傘下のMandiantはこのグループをAPT44とし、その活動を報告した。(2024/4/18)

外国人エンジニアに聞く「あなたは何しに日本へ」:
エストニア軍のネットワークエンジニア→日本のIT企業に とある外国人エンジニアに聞く“お国柄の違い”
日本で働くITエンジニアの人たちにインタビュー。今回は、エストニアの軍隊でネットワークエンジニアとして働いた経験を持ち、現在はメタップスホールディングスで働くマルコ・ポップさんに話を聞いた。(2024/3/18)

AIの軍事活用プロジェクト「TITAN」でPalantirが米陸軍から1億8000万ドルの契約獲得
Palantir Technologiesは、AI活用の攻撃目標ターゲティングシステム「TITAN」の契約を米陸軍から獲得したと発表した。長距離精密射撃までの時間を大幅に短縮できるシステム搭載の軍事車両の開発を進める。(2024/3/11)

Cybersecurity Dive:
FBI長官が警告 「脅威アクターによって米国は混乱とパニックを引き起こす」
サイバーセキュリティの関係者は、中国とつながりのあるハッカーたちが潜在的な軍事行動から注意をそらすために、壊滅的な攻撃の準備をしていると警告した。(2024/2/25)

ウクライナ侵攻で手足失った人に義手・義足を 日本企業、3Dプリンタ使用で安価
ロシアがウクライナに軍事侵攻してから約2年となるが、ウクライナでは多くの人が手足を失っており、その数は1万人以上といわれる。こうした状況を変えようと、日本のベンチャー企業や自治体が支援に乗り出している。(2024/2/19)

「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第5回】
頑丈ノートPC「Durabook」のすごさとは? 米軍お墨付きのスペック
「Durabook」は、軍事基地や製造現場など過酷な環境下で使用可能な「頑丈ノートPC」だ。どのような設計を採用しているのか。その特徴やスペックを紹介する。(2024/1/28)

この頃、セキュリティ界隈で:
世界の筆頭リスクは「虚偽情報」、世界経済フォーラムが発表 AI台頭で危険増大か “AI×核兵器”にも警告
世界経済フォーラムがまとめた「グローバルリスクレポート2024」で、「虚偽情報」が初めて今後2年の10大リスクの筆頭に浮上した。背景にあるのはAIの台頭で、選挙介入からサイバー犯罪、軍事目的などでAIが利用される危険性を指摘している。(2024/1/19)

AIにどこまで委ねるか?【後編】
勝つのは「正義」ではなく「AI」という恐ろしい現実がすぐそこに……
AI技術を軍事利用することで、被害軽減などの成果につながるとの見方がある。一方で、このようにAI技術を正義として捉えることの危険性を警告する専門家もいる。(2023/12/15)

AI技術の軍事利用【第4回】
「軍事用AIの責任は誰にあるのか」問題 その“危うい実情”とは?
各国で軍事領域における「AI技術」の活用が、今後勢いづく可能性がある。一方で専門家は「議論が不十分だ」と指摘する。その実態とは。(2023/4/20)

軍事AIを巡る動き【第2回】
英国がはっきりと示さない「AI兵器」の“震え上がる中身”
英国政府は、AI技術を軍事領域に活用するための調査や検討を進めている。しかし、政府の方針を巡り、懸念や批判の声が上がっている。その理由とは。(2023/4/19)

AI技術の軍事利用【第3回】
「軍事用AI」の賛成国と反対国それぞれの見方と、解消できない“格差問題”
AI技術の軍事利用を巡り、各国の意見は割れている。この技術の実用化に賛成する国と反対する国それぞれの意見と、両者の間に存在する格差とは。(2023/4/18)

AI技術の軍事利用【第2回】
「AIが戦争を終わらせてくれる」と信じるのは“危険”なのか、正しいのか?
「AIの軍事利用は、戦争終結の早期化に貢献する」という意見がある。果たして本当なのか。AI倫理の専門家に、AIの軍事利用に関する課題と併せて聞いた。(2023/4/14)

AI技術の軍事利用【第1回】
「AIの軍事利用」は正義なのか? 専門家が指摘する“本質的な問題”とは
「AIを軍事用途に用いることは、道義的に正しい」という主張がある一方で、懐疑的な意見もある。AI倫理の専門家に詳しく話を聞いた。(2023/4/12)

「地獄を味わってる」オーストリア発ロシア風パンクバンドが解散 軍事侵攻以降ネット攻撃止まず、「戦争と無知の犠牲者」と話題に
メンバーにはロシア人とウクライナ人も。(2023/2/7)

CIO Dive:
「IBM脱落、Oracle参入」米国防総省マルチクラウド調達の勝敗を読む
ITシステムのモダナイゼーションに当たって「どのクラウドサービスを選ぶべきか」「ハイブリッドクラウドやマルチクラウドにすべきかどうか」は難しい問題だ。この問題に頭を悩ませているのは企業ばかりではない。世界一の軍事大国である米国の国防総省はまさにこの問題で新たな決断を下したばかりだ。(2023/1/24)

国家安全保障に、「AIによる脅威もたらす可能性」:
米国、YMTCや21社の中国AI関連企業を禁輸リストに追加
米国商務省は、YMTCや、20社以上の中国半導体メーカーを新たに禁輸リストに追加した。リストに追加した企業のうち21社は、中国の軍事および防衛産業を支援する、主要なAIチップ開発企業およびベンダーで、「米国の国家安全保障に対しAI(人工知能)による脅威をもたらす疑いがある」としている。(2022/12/20)

Catalyst、3mの落下からも保護するiPhone 14シリーズ向け耐衝撃ケース発売
トリニティのライフスタイルアクセサリーブランド「Catalyst」は、11月11日からiPhone 14シリーズ対応の衝撃吸収ケース「Crux」「Influence」を発売。アメリカ国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐衝撃性能を備える。(2022/11/7)

Computer Weekly日本語版+セレクション
Microsoftが「Azure」で“大もうけ”できた訳
ウクライナへの軍事侵攻を受けて、ロシアにおける事業を縮小したMicrosoft。業績を圧迫する決断をしたにもかかわらず、同社のMicrosoft Azureの事業は好調だ。その裏には何があるのか。(2022/10/25)

軍事規格の装甲性能を備えたiPhone 13 Pro/Pro Maxケース、ミリタリーブランド「ELEMENT CASE」から
PRINCIPE priveは、ミリタリーブランド「ELEMENT CASE」から軍事規格の装甲性能を備えたiPhone 13 Pro/Pro Maxケース「Black Ops iPhone Case」を発売。価格は6万6000円(税込み)で、公式オンラインストアで先行受付する。(2022/9/10)

ドローンがもたらす建設業界の“ゲームチェンジ”:
ドローンセキュリティガイドを公開した「セキュアドローン協議会」に聞く(後編)―建設ドローン産業の可能性を広げる“DaaS”
ドローンは、歴史的には軍事の世界で飛躍的な発展を遂げてきた。それと同時にカウンタードローン/アンチドローンと呼ばれる敵対的なドローンを検出したり、通信をジャミングしたりなど、ドローンを阻害する技術も進化している。そのため、民間企業でもドローン運用時に、悪意あるリスクをどう防ぐかがこの先のフェーズでは問われてくる。(2022/7/25)

「Googleマップでロシアの軍事施設のぼかしがなくなった」投稿拡散 Googleは「変更ない」と否定
「ロシアの衛星画像のぼかしを変更していない」とGoogleは否定しています。(2022/4/19)

ウクライナ、軍事資金調達のための“NFT戦争博物館”立ち上げ
ロシアに侵攻されているウクライナのフェドロフ副首相は、資金調達のためにNFTコレクションを立ち上げたと発表した。侵攻開始からの事象を表現するアート作品を時系列に並べた博物館になっている。売上はウクライナDX省のウォレットに送られる。(2022/3/28)

大山聡の業界スコープ(51):
半導体/エレ業界へのロシア ウクライナ侵攻の影響について考える
今回は、あまり好ましい話題ではないが、ロシアがウクライナへの軍事侵攻という暴挙が世界半導体および、エレクトロニクス業界にどのような影響を与えうるか、について考えてみたい。(2022/3/18)

シャラポワ、ウクライナ情勢へ初言及「子どもたちのため寄付を」 軍事侵攻へ分かれるロシア人アスリートの反応
「あなたの影響力を行使して」と望まれていました。(2022/3/10)

欧州の従業員から募金募る:
トヨタ、ウクライナに最大3.1億円寄付 独自基金設立、避難中の従業員も支援
トヨタ自動車はロシアからの軍事侵攻を受けているウクライナに対し、人道支援の一環として最大250万ユーロ(約3億1700万円)を寄付すると発表した。ウクライナ人従業員とその家族を支援するため、独自に「トヨタ人道支援基金」も設立するという。(2022/3/9)

IBMもロシアでの製品販売を停止 軍事組織と取引しない方針も表明
IBMが、3月3日までにロシアでの製品やサービスの販売を停止した。「暴力および侵略行為を容認しないと同時に、ロシアによるウクライナでの戦争を非難する」(同社)という。(2022/3/7)

企業のSNS担当者は必見:
河野太郎衆院議員、ウクライナ関連の外務省ツイートに注文 「リンクだけじゃなくて文章も載せて」
ロシアによる軍事侵攻を受けているウクライナ情勢を巡り、河野太郎衆院議員が、外務省のツイートに「リンクだけじゃなくて文章も載せて」と注文をつけたことがTwitterで話題になっている。河野議員は同省のツイートに改善を呼び掛けた。(2022/3/4)

ゲーム「World of Tanks」のWargaming、キーウ勤務者550人に代替住居を提供 ウクライナ赤十字社に100万ドル寄付
ウクライナへのロシアの軍事侵攻を受けて発表されました。(2022/3/3)

ZOZO、ウクライナ支援のTシャツを製作 売り上げ全額を寄付へ
ZOZOはロシアによる軍事侵攻を受けたウクライナの人々を支援するためのチャリティーTシャツを製作。売り上げの全額を寄付する。(2022/3/2)

YOSHIKI、ウクライナ緊急支援募金に1000万円を寄付 ロシア軍の軍事侵攻に「心が痛む。戦争を正当化できるものなんてない」
賛同する人が続出。(2022/3/1)

最先端技術のアクセスを幅広く遮断:
米国、ロシアへの半導体輸出規制を強化
米国政府は、ロシアのウクライナ侵攻を受け、軍事機器に使用される半導体技術へのロシアのアクセスを制限するため、半導体サプライチェーンに対する規制を強化する。(2022/3/1)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
ウクライナ軍事侵攻で先行き不透明感が世界中に広がる【動画】
先週ロシアがウクライナへ本格的に軍事侵攻し、先行き不透明感が世界中に広がっています。先週の金曜日はロシアの停戦交渉観測で紛争長期化が避けられるとの期待が高まりダウは今年最大の上げ幅を記録しました。(2022/3/1)

ロシアのウクライナ侵攻を受け:
楽天G、ウクライナ支援の基金創設 楽天ポイントやクレカでも募金可
楽天グループがロシアの軍事侵攻を受けているウクライナ政府を支援するため「ウクライナ人道危機 緊急支援募金」を創設した。現時点での募金手段として、楽天ポイントやクレジットカードを提供しており「楽天銀行口座への振込による募金は近日中に受付開始する」としている。(2022/2/28)

楽天・三木谷会長、ウクライナ政府に10億円を寄付すると発表 ウクライナへの軍事侵攻は「民主主義への挑戦」とも
ウクライナ大統領に当てた英語のメッセージも。(2022/2/27)

Twitterで明らかに:
「ウクライナ政府に10億円寄付する」――楽天Gの三木谷社長がウクライナ情勢に言及するワケ
楽天グループの三木谷浩史社長がロシアの軍事侵攻を受けたウクライナ政府に対し、10億円を寄付したと明らかにした。三木谷社長はウクライナのゼレンスキー大統領に宛てた書簡で「われわれの心はあなたたち(ウクライナ国民)とともにある」とつづっている。(2022/2/27)

NATOに代わって報復か:
国際ハッカー集団「アノニマス」がロシアを攻撃? 紛争はサイバー空間でも 日本企業にも脅威
ロシアが隣国ウクライナに軍事侵攻し、国際的な批判が高まる中、国際ハッカー集団「アノニマス」を名乗るグループが、ロシアにサイバー攻撃を行うとする声明をTwitter上で発表し、話題となっている。(2022/2/25)

ロシアがウクライナに軍事行動 各国首脳もTwitterでロシアを非難
Twitterでは、トレンドの2位に「ウクライナ」が上がっています。(2022/2/24)

ロシアのウクライナ侵攻、ネット上に情報続々 宣戦布告はYouTubeに、火の手の様子はTwitterに、航空機の状況はFlightradar24に
ロシアのプーチン大統領は2月24日(現地時間)、ウクライナ東部住民を保護するための特別な軍事作戦を実施すると表明した。ネット上には、宣戦布告の動画やウクライナで火の手が上がっていること、航空機がウクライナを避けて運航している状況などが次々に投稿されている。(2022/2/24)

ベラルーシのハクティビスト、ロシア軍阻止目的で国鉄にランサムウェア攻撃と声明
ハクティビストとして知られるベラルーシのCyber-Partisansは国鉄システムにランサムウェア攻撃を仕掛けたとツイートした。ルカシェンコ政権に対し、ウクライナ国境へのロシア軍備配送支援停止を要求している。(2022/1/25)

身内に不幸、でも休めない規定が…… 上官の計らいで帰省休暇が取れた実録漫画に「いい話ですね」「涙腺崩壊」
台湾のイラストレーターが軍隊での暮らしを漫画化。(2022/1/25)

Catalyst、MIL規格準拠の耐衝撃iPhone 13シリーズ対応ケース発売 500円オフクーポンも
トリニティは、11月26日に米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠したiPhone 13シリーズ対応ケース「Influence」「Vibe」を発売。これを記念し、トリニティオンラインストアで利用できる500円オフクーポンを配布する。(2021/11/26)

ドアを開けると、軍隊に行っているはずの息子がいて…… 息子が仕掛けた再会サプライズに心が温かくなる
久々の再会!(2021/10/6)

「ガチャは古代の軍事兵器」「ガチャは生き物」 奇譚クラブが狂気“全部うその歴史ガチャドキュメンタリー”公開
ガチャのカプセルは鉄球を入れて投げると人体に鉄球と同じダメージを与えられる殺人兵器なので即刻規制すべき。(2021/9/27)

ホワイトハッカー利用の壁
ホワイトハッカーの「倫理的なハッキング」を活用すべし
防衛上の弱点を発見するために部外者に攻撃させるという手法は、軍隊でも活用されている。これをサイバーセキュリティに応用したものがホワイトハッキングだ。だが利用には壁を乗り越える必要がある。(2021/8/20)

米商務省、中国スパコン組織7件をエンティティリストに
米商務省は、中国の7つのスーパーコンピュータ関連組織をエンティティリストに追加した。対象組織は米政府の許可なく米企業から部品などを購入できなくなる。中国政府が軍事近代化の目的で米国の技術を活用するのを防ぐためとしている。(2021/4/9)

攻撃者側のコストが跳ね上がる:
偽の文書を大量に自動生成して知財を保護するAIシステムを設計、ダートマス大
ダートマス大学の研究チームは、AIを用いて偽の文書を大量に自動生成し、医薬品設計や軍事技術のような知的財産を保護するシステム「WE-FORGE」を設計した。人手を借りることなく、本物と見分けることが難しい文書を大量生成することで、攻撃者にコストを強いることが目的だ。(2021/3/23)

Xiaomi、「われわれは“共産主義中国の軍事企業”ではない」と声明
トランプ米大統領に「共産主義中国の軍事企業」リストに追加されたXiaomiが、「われわれは共産主義中国の軍事企業ではな」く、「適切な措置をとる」という声明を発表した。(2021/1/19)

FOX、iPhone 12シリーズ向けの防水・耐衝撃ケース「LIFEPROOF」発売
FOXは、12月24日に防水・防塵・防雪・耐衝撃ケース「LIFEPROOF」ブランドのiPhone 12シリーズ向けケースを発売した。軍事規格の基準をクリアする耐衝撃性能を備え、補償サービス「LIFEPROOF CARE」も提供する。(2020/12/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.