• 関連の記事

「安全」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全」に関する情報が集まったページです。

スタイリッシュに光る近未来風の義足! 夜道でも安全な点滅仕様に大反響「かっちょええ!」「人生楽しんだもん勝ち」
オシャレな上に機能性も抜群。(2024/7/20)

GoogleやMicrosoftなど14社、AIセキュリティ推進の「CoSAI」創設
AIを手掛ける複数の企業が、AIのセキュリティと安全基準策定を目指す新連合「Coalition for Secure AI」(CoSAI)を創設した。立ち上げメンバーはGoogle、IBM、Intel、Microsoft、NVIDIA、PayPal(以上がプレミアスポンサー)、Amazon、Anthropic、Chainguard、Cisco、Cohere、GenLab、OpenAI、Wiz。(2024/7/19)

リモートアクセスとVPNの制限を推奨:
米CISAが“強く”推奨する「ネットワークセキュリティのベストプラクティス」を発表
CISAは、安全なネットワークアクセスのために企業が実施すべき最新セキュリティソリューションとベストプラクティスのガイダンスを発表した。(2024/7/19)

高根英幸 「クルマのミライ」:
中国製EVが「日本市場で好調」と言い張りたい、本当の理由
中国製EVが各国市場に進出し、新たな脅威となっている。しかし、安全性や品質の面で、日本では受け入れられないかもしれない。それでも日本に進出する理由は、日本で販売していることを手柄にして、新興国市場でブランドイメージを高められるからだ。(2024/7/19)

「ChatGPTプラグイン」のリスクと保護対策【前編】
ChatGPTは“安全”とは言い難い? 「プラグイン」がもたらす“3大リスク”とは
ChatGPTをさまざまなサービスと連携できるプラグインは便利だが、リスクももたらすことに注意が必要だ。利用に当たり、何に注意しなければならないのか。3大リスクを紹介する。(2024/7/19)

セキュリティニュースアラート:
セキュリティ担当者がいま学びたいプログラミング言語とは?
Linux FoundationとOpenSSFが安全なソフトウェア開発教育に関するレポート「Secure Software Development Education 2024 Survey」を公開した。調査から、多くのセキュリティ担当者が積極的に学びたいと考えているプログラミング言語が判明した。(2024/7/18)

安全衛生:
清水建設の河川工事で気象予報アプリ「ウェザーニュース」導入 大雨の河川増水を事前に察知
清水建設の河川工事で、ウェザーニューズのお天気アプリをビジネス向けに拡張した「ウェザーニュース for business」が導入された。最新の気象情報をもとに河川に降り注ぐ雨量増加やゲリラ雷雨、線状降水帯などの危険性をアラート通知で知らせるため、退避などの安全措置の時間確保が可能にになる。(2024/7/17)

LLMの「10大リスク」と対策【前編】
「生成AIが攻撃を受ける」とはどういうこと? LLMの脅威“10選”
大規模言語モデル(LLM)に基づいた生成AIツールの利用が広がっているが、十分にセキュリティ対策を講じずに使っている組織もあるだろう。LLMを巡る「10大脅威」と、安全利用のこつとは。(2024/7/17)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
将来、修理部品が新幹線で届くようになるかもしれない
素早く安全に輸送できる手段です。(2024/7/16)

Cybersecurity Dive:
「クラウドがオンプレミスより安全とは限らない」 インシデントの原因とは
Thalesの調査によると、回答者の5人に2人以上は「過去にクラウド環境に侵入されたことがある」と答えており、回答者の14%は過去1年以内の侵入を報告している。インシデントを引き起こす原因は何か。(2024/7/14)

「念願のツインターボになりました」と愛車を投稿→タイヤの“異変”が180万表示 「過給機ならぬ蝸牛機」「安全運転しそう」
これはハイパワー!?(2024/7/12)

macOSの脅威と保護方法【前編】
「Macは感染しない」とはもう言い切れない訳
AppleのクライアントOS「macOS」の安全神話が崩れ、攻撃者から積極的に狙われ始めている。macOSの利用に当たっては、ランサムウェアだけではなく複数の脅威に注意が必要だ。(2024/7/12)

OpenAIとロスアラモス国立研究所が提携 マルチモーダルAIの悪用可能性を評価する
OpenAIとロスアラモス国立研究所は、バイオサイエンスの研究現場におけるAIの安全性と有効性を評価するための提携を発表した。「GPT-4o」などのマルチモーダルAIモデルが、悪意ある生物学的用途にどのように利用される可能性があるかを理解することに焦点を当てる。(2024/7/11)

遠慮は美徳ではない 「おせっかい」が組織に必要なワケ
心理的安全性の高いチーム作りに不可欠なキーワードが「おせっかい」と「問題提起」だという。一体どういうことなのか。(2024/7/18)

安全衛生:
作業者の体調変化をスマートウォッチで検知、危険予知に活用 大成JVの工事現場で採用
ユビテックが提供する、スマートウォッチを使用した作業者の安全見守りサービス「Work Mate」が、大成・佐藤・岩田地崎特定建設工事共同企業体(JV)の「成瀬ダム原石山採取工事(第2期)」に導入された。(2024/7/10)

研究開発の最前線:
高価なナノ炭素を用いずスーパーキャパシター並みの容量を得られる電極を開発
東北大学は、高価なナノ炭素を使用せずに、スーパーキャパシター並みの容量を得られるキャパシター用電極を開発した。安全で安価な青色顔料の鉄アザフタロシアニンを活性炭に分子吸着し、電極を作製した。(2024/7/9)

Keeper Security APAC株式会社提供Webキャスト
6分の動画で分かる、パスワード管理の問題点と解決策とは?
パスワードはシステムの安全利用に欠かせないが、セキュリティと利便性はトレードオフの関係にある。本動画では、パスワードにまつわる課題や問題点を掘り下げ、トレードオフを解消するための「パスワードマネジャー」を紹介する。(2024/7/9)

スマートコンストラクション:
法面養生シートを自動で展張、作業時間が5分の1に 戸田建設
戸田建設は、大同機械と共同で、土木工事の法面保護工に適用できる法面養生シートの自動展張機械を開発した。従来工法と比較すると、作業時の安全性が向上するとともに、作業時間を従来の約5分の1まで削減できる。(2024/7/8)

安全確保専門チームの役割を紹介:
Google Chromeの拡張機能を安全に使用するには? Googleが解説
ブラウザの拡張機能を使用するとブラウジングの幅が広がるが、リスクが潜んでいる。本稿では、Googleが公式ブログで紹介したGoogle Chromeの拡張機能の安全性を維持する取り組みについて取り上げる。(2024/7/8)

「漏えい情報を削除したい人はカネ振り込んで」 サイバー攻撃で情報漏れた人狙う詐欺メール 警視庁が注意喚起
流出した情報を削除してほしい方は、口座に金を振り込んでください」──企業へのサイバー攻撃によって個人情報が漏えいしたとみられる人に対し、こんな詐欺メールを送る事例を複数確認したとして、警視庁生活安全部は7月5日、Xで注意を呼び掛けた。メールは弁護士などになりすまして送っているという。(2024/7/6)

危ぶまれる万博の空飛ぶクルマ スカイドライブCEO「技術的な課題多い」
2025年大阪・関西万博の目玉となる「空飛ぶクルマ」に客を乗せて飛ぶ「商用運航」が危ぶまれている。すでに断念を発表しているスカイドライブ(愛知県豊田市)の福沢知浩最高経営責任者(CEO)は4日、技術的な課題が多くあり、必要な安全性を確保することが困難になったとの背景を明らかにした。その上で、客を乗せないデモフライトでも、空飛ぶクルマを実際に多くの来場者に見てもらうことは「大きな意義がある」と強調した。(2024/7/5)

FAニュース:
ヤマ発が各種安全機能搭載のロボットコントローラー用オプションユニット発表
ヤマハ発動機は、ロボットコントローラー「RCX340」用の安全機能搭載オプションユニット「RCX3-SMU」を発表した。スカラロボットや3軸以上の直交ロボットを対象に、速度監視機能など各種安全機能を提供する。(2024/7/5)

FAニュース:
MECHATROLINK協会が2024年度総会開催、機能安全の取り組みも強化
MECHATROLINK協会は2024年度の総会を開き、活動方針や機能安全への取り組みなどを紹介した。(2024/7/10)

約8割の危険が“あれ”に起因
クラウドの安全神話を脅かす「ありがちな過ち」とは?
Palo Alto Networksの調査から、企業のクラウドサービス利用時における約80%のセキュリティアラートが、5%の危険な行動から生じていることが判明した。何が問題で、どうすれば対策できるのか。(2024/7/5)

「Apple Vision Pro」は暗所で使えない? 正しい使い方、公式サイトで説明
Appleは6月27日に「Apple Vision Proの安全な使い方」と題したページを公開した。明るい場所での使用を促す他、快適に使えるようにするための情報などをまとめている。Vision ProはAppleが2023年6月5日に発表した同社初のゴーグル型デバイス。(2024/7/4)

そのSaaS本当に安全ですか?:
SaaSに預けた重要データ、安全に取扱いされているかはどうチェックすればいい?
多くの企業が個人情報をはじめとした重要データをSaaSに格納しています。ただ、これらのデータがSaaS事業者によって適切に取り扱われているかどうかを確認している企業はそう多くはないでしょう。本稿はチェック時のポイントを解説します。(2024/7/4)

TDK TAS8240:
厳しい機能安全要求に対応するアナログTMR角度センサー、車載/産機向け
TDKは、自動車や産業機器向けに、アナログTMR(トンネル磁気抵抗)角度センサー「TAS8240」を開発した。4組のTMRハーフブリッジを備え、x-y平面に回転磁界を印加することで、独立した4組のシングルエンド正弦および余弦を同時出力できる。(2024/7/4)

安全システム:
自動運転車の安全ガイドラインやバッテリーの耐久性の国連基準が合意
第193回自動車基準調和世界フォーラムにおいて、自動運転車の安全ガイドラインやEVなどのバッテリー耐久性能の国連基準が合意された。(2024/7/3)

FAニュース:
半導体工場などの画像処理向け産業用コントローラー、AI活用の人流空間解析も可能
明電舎は、画像処理向け産業用コントローラー「μPIBOC DS100」を発表した。画像データを高速処理して、工場などの人流、空間を解析し、そのデータを現場の安全性や生産性の向上に活用できる。(2024/7/3)

タイムアウト東京のオススメ:
2024年、世界で最も安全で平和な国は?
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/7/2)

第6回 建設・測量生産性向上展:
クイックカプラ機能のチルトローテータと±5cm誤差の3Dマシンガイダンス、クボタのICT建機
建機のIT化は、建設現場の効率化や安全確保に大きく寄与する。クボタは、CSPI-EXPO 2024でICT建機の先進技術を公開した。多くの来場者が注目したのは、「チルトローテータ」と「3Dマシンガイダンス」だ。(2024/7/1)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
安全ではない「多要素認証」 5つの攻撃手法と防御策
サイバー攻撃を防ぐためにパスワードに加えて多要素認証が広く使われている。だが多要素認証は必ずしも安全ではない。多要素認証を突破するサイバー攻撃者の手口と、攻撃を防ぐ方法、多要素認証サービスの選定ポイントを紹介する。(2024/7/1)

PR:「航空券を安く買えるかも?」「外出先の無料wi-fiをもっと安全に!」 仕事以外でもVPNを使うメリット4選
こんな使い方もあったなんて!(2024/7/1)

いままで通りのIT選定、IT企画では許されない:
PR:極大化するIT部門への期待 IT戦略立案の特効薬”第三者視点”を取り入れて応える方法とは?
安全で安定したシステムを「今まで通り」提供するだけではもはやIT部門は評価されにくい時代。デジタル戦略が企業の経営戦略で重要な役割を担う今、必要なのは第三者の目利きと着実な計画実行のサポートだ。(2024/7/4)

「こんなにあるの!?」「初めて知った」 “まさかの緊急事態”に知っておきたい「エスカレーターの停止装置」がためになる
たくさんの安全装置があったとしても安全に乗ることが大事です。(2024/6/28)

さようなら「ドクターイエロー」 次はどうなる? SNSに“目撃情報”
日本経済の大動脈輸送を担う東海道・山陽新幹線で、安全運行の裏方として活躍を続けた検査専用車両「ドクターイエロー」が令和9年をめどに完全引退することが発表された。(2024/6/28)

セキュリティニュースアラート:
Chrome拡張機能は本当に安全なのか? Googleと研究者らの主張が食い違う
GoogleはChrome拡張機能の安全性を確保するため拡張機能ページの警告機能、公開前の審査システム、公開後の監視体制を強化している。一方、研究者らの評価は懐疑的で悪意ある拡張機能のリスクがGoogleの認識よりも大きいと指摘している。(2024/6/26)

「安全な市民開発環境の構築を支援する」:
気になる「ローコード/ノーコード開発のセキュリティ」 NRIセキュアがガイドライン策定サービスを提供開始
NRIセキュアは「市民開発セキュリティガイドライン策定支援サービス」の提供を開始した。市民開発の際に考慮すべきセキュリティ要件を整備し、安全な市民開発環境の構築を支援する。(2024/6/25)

いま考えるべきメタバースの安全性【後編】
だからメタバースは危ない 決定的に欠けている「5つの大切なこと」
メタバースにおける安全性についての議論は、まだ始まったばかりだ。現状のメタバースには何が足りていないのか。安全なメタバース利用を実現するための「5つの要素」とは何か。(2024/6/25)

車載ソフトウェア:
ルネサスがSDV対応の車載ソフト開発基盤「RoX」を発表、「R-Car Gen 5」を加速
ルネサス エレクトロニクスは、車載ソフトウェアを継続的かつ安全にアップデートできる次世代自動車のSDV(ソフトウェア定義車両)を開発するためのプラットフォーム「R-Car Open Access(RoX)」の提供を開始すると発表した。(2024/6/24)

RPCのルーティングやセキュリティポリシーの定義など、多様な用途に対応:
Google、オープンソースの高速で安全な式言語「Common Expression Language」を発表
Googleは、パフォーマンスが重視されるアプリケーションにおいて、高速かつポータブルで安全に実行できる汎用の式言語「Common Expression Language」を発表した。(2024/6/24)

PR:約35万社が脱PPAPしたソリューションに新機能 利便性とセキュリティを両立できる「Box連携」の使い方
大手企業を中心に脱PPAPが進んだ。しかしクラウドストレージとの連携という手間が生じる、誤送信のリスクが低減しないといった課題もあり、改善が求められている。安全かつ便利なファイル共有の方法は何か。企業が採用できる選択肢を解説する。(2024/6/24)

出前館、配達員向けにセミナー 梅雨の事故リスク上昇に備え
前館は6月19日、配達員向けの交通安全セミナーをオンラインで開催した。悪天候や暑さによって事故のリスクが高まる梅雨から夏場に向けて、配達員の安全意識の向上につなげたい考えだ。(2024/6/21)

JAXA情報流出 「安全」接続目的のVPNが不正アクセスの標的に 脆弱性突かれる
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の機密情報がサイバー攻撃で流出したとみられる問題では、外部から内部の業務ネットワークに接続するために使うVPN(仮想専用線)の脆弱性を突かれ、不正アクセスによる内部侵入を許したとされる。(2024/6/21)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜテールランプがまぶしいクルマが増えているのか クルマづくりに欠けている視点
前走車のテールランプをまぶしく感じることが増えた。平時にリアフォグランプを点灯するのは問題外だが、ブレーキランプの規制変更によるデザイン性の追求という要因もありそうだ。環境性能や安全性だけではなく、周囲に配慮する工夫もますます必要になるだろう。(2024/6/21)

MFAを成功させるための5大ポイント
同じ「多要素認証」でも使い方次第で“安全性は段違い”だった?
フィッシング攻撃などの手口に対抗し、システムへの侵入を防ぐツールとしてMFA(多要素認証)がある。MFAを本当に安全な認証方法にするにはどうすればいいのか。5つのポイントにまとめた。(2024/6/21)

OpenAI退社のサツケバー氏ら、「安全な超知能」目指すAI企業SSI立ち上げ
OpenAIで超知能の制御を目指すチームを統括するも幹部と対立して退社したイリヤ・サツケバー氏が、新たなAI企業Safe Superintelligence(SSI)を立ち上げた。「安全な超知能」の製品化を唯一の目標としている。(2024/6/20)

セキュリティニュースアラート:
ARMのMTEタグを95%以上の確率で漏えいさせる新たな攻撃が見つかる
ARMのMTEをターゲットにした新たな攻撃手法「TIKTAG」が見つかった。TIKTAGは数秒以内に95%を超える成功率でMTEタグを漏えいさせる可能性がある。この攻撃はメモリ安全性を脅かすものであり、緩和策が提案されている。(2024/6/19)

SNSでは情報が“だだ漏れ”【後編】
「アカウント乗っ取り」は意外と簡単 SNSの“6大トラブル”を防ぐには?
SNSのユーザーアカウントにはさまざまな個人データがひも付いている。個人データを守りながらSNSを安全に使うためには何を考慮すればよいのか。起こり得る問題と、事前に実施できる対策を紹介する。(2024/6/19)

自動運転技術:
緊急車両検知がBMWの自動運転システムに採用、走行の安全性向上へ
Cerenceの緊急車両検知「Cerence EVD」が、BMWグループのレベル3条件付き自動運転システム「BMW Personal Pilot L3」に採用された。(2024/6/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.