• 関連の記事

「評価」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「評価」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

オープンワーク調べ:
周囲におすすめしたい転職先企業ランキング 2位「グーグル」、1位は?
「周囲に薦めたい転職先企業ランキング」の結果を発表した。「OpenWork」に寄せられた、中途入社社員による会社評価レポートを基に集計。転職者は、自身の希望条件がかなえられた転職の場合、おすすめできると評価する傾向があった。(2022/7/1)

NITEが注意喚起:
エアコンの“無謀なDIY”で破裂や発火 在宅勤務などで使用時間増
エアコンの無謀なDIYを行うと、破裂や発火などにつながる恐れがある──製品評価技術基盤機構(NITE)が注意喚起を行っている。暑さが本格的になる7月は、エアコンの事故が増加。在宅勤務や外出自粛などによってエアコン使用時間が急増し、事故に拍車を掛ける恐れもある。(2022/7/1)

キオクシア XFMEXPRESS XT2:
XFMD Ver.1.0規格準拠のリムーバブルストレージ
キオクシアは、「XFM DEVICE(XFMD) Ver.1.0」規格に準拠したPCIeおよびNVMeリムーバブルストレージデバイス「XFMEXPRESS XT2」の評価用サンプルを開発した。(2022/7/1)

Q&A 総務・人事の相談所:
「賞与をもらったらすぐ辞める」つもりの社員 支給額を減らしてもOK?
社員の一人が、賞与支給日の直後に退職すると申し入れてきました。この社員の評価を本来のものより下げて賞与を減らしたい誘惑に駆られますが、いかがなものでしょうか。(2022/6/29)

坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
もう幸せしかない2人のやりとり。(2022/6/28)

5Gビジネスの神髄に迫る:
スマホとは違う、ローカル5G向けデバイスに求められる“信頼性”とは アルプスアルパインに聞く
ローカル5Gの本格的な立ち上がりに向けて、端末開発が必要とされている。そこで新たに名乗りを上げたのがアルプスアルパインだ。4月27日に評価キットの提供を初めて以来、顧客ニーズを把握してローカル5G事業への本格参入を目指している。(2022/6/30)

施工:
戸田建設が電気検層を用いて地盤改良効果を見える化する評価手法を開発
戸田建設は、岐阜大学 工学部の八嶋厚特任教授や地盤防災ネットワーク、太洋基礎工業とともに、薬液注入工法の地盤改良効果を確かめるために、小型動的コーン貫入試験と電気検層を併用した評価手法「ジオレジスタ法」を開発した。ジオレジスタ法は、1度の削孔で2つの試験を効率良く行え、それぞれの試験結果が補完し合うことで、従来手法では評価が難しい地盤条件であっても地盤改良効果の適正な評価を実施できる。(2022/6/28)

リノベ:
東京都でPandemic Readyを初適用した大規模リノベーション工事に着手、清水建設
清水建設は、東京都千代田区のオフィス「第一生命日比谷ファースト(旧:DNタワー21)」で大規模リノベーション工事を進めている。今回の工事は、第一生命保険がDNタワー21を単独所有にしたことを機に実施するもので、清水建設が設計・施工を受注し、順天堂大学 大学院医学研究科感染制御科学 堀賢教授と共同開発した感染リスク評価手法(Pandemic Ready)を初適用する。(2022/6/27)

メカ設計ニュース:
生成したハイトマップ画像から、触感の評価を予測できるアルゴリズムを開発
アプリクラフトと広島大学は「Grasshopper」を使用して、表面処理生成機能の拡張と、デジタル上で生成された3Dデータハイトマップを画像化し出力するアルゴリズムを作成した。デジタルオブジェクトの表面触感を予測できる。(2022/6/27)

公表値より:
ホンダeの充電効率を検証 カタログスペックと比べて……?
電気自動車(EV)にとって大切な評価基準なのに、盲点のようになっているのが充電効率。パワーやハンドリング、あるいは燃費にあたる電費は、内燃車と共通だから理解しやすい。だけど燃料をどれだけ効率的に入れられるか、なんてあまり考えたことがないだろう。(2022/6/24)

材料技術:
ホンダが「持続可能な航空燃料」の評価や規格化に参加、アジア企業では初
ホンダは2022年6月23日、FAA/OEM Review Panelに加入したと発表した。(2022/6/24)

半数以上が「今の年収は、自己評価より低い!」 どのくらい違うのか?
ライボは「転職と年収に関する実態調査」を実施した。転職経験者に現在の年収と自身が評価する額のギャップについて聞いたところ、「現在の年収は自己評価より低い」と答えた割合は51.7%だった。(2022/6/22)

製造ITニュース:
アラスがクラウドPLMのSaaS提供で攻勢、組立製造に加え建設/化学も取り込み
アラスジャパンは、東京都内で開催したグローバルコミュニティーイベント「ACE 2022 Japan」に合わせて記者会見を行い、同社事業の進捗状況を説明。コロナ禍前から開発を続けてきたクラウドベースのPLMへの移行によって多くの顧客から高い評価を得ており、組立製造業以外の分野への展開拡大も始まっているという。(2022/6/21)

「AI Experience Zone」利用申し込みも可能
「AI/GPUサーバの評価・検証」に関するアンケート 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/6/23)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「AI/GPUサーバの評価・検証」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/6/23)

日本おもちゃ大賞2022大賞:
家族の声を完コピ、AIが読み聞かせ タカラトミー「coemo」、子どもも納得の再現度
日本玩具協会が主催する「日本おもちゃ大賞2022」のエデュケーショナル・トイ部門で、タカラトミーの読み聞かせスピーカー「coemo」(コエモ)が大賞を受賞した。AI技術を活用し、アプリで登録した家族の声を再現する革新性と、豊富な読み聞かせコンテンツを生かした教育性が高く評価されたという。(2022/6/18)

日本おもちゃ大賞2022優秀賞:
お米でできたブロック「OKOMEIRO」 未来をつくる子どもたちのために、詰め込まれた工夫とは?
日本玩具協会が主催する「日本おもちゃ大賞2022」のベーシック・トイ部門で、カワダ(東京都新宿区)のダイヤブロック「OKOMEIRO(オコメイロ)L」が優秀賞を受賞した。お米由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン」を使用し、組み立てやすさ、遊びやすさ、片付けしやすい工夫が取り入れられていることが高く評価されたという。(2022/6/17)

食べログ訴訟、提訴前に公取が違法の恐れ指摘 古谷委員長、提訴「評価」
「食べログ」などの飲食店情報サイトを巡っては、公正取引委員会が提訴前の2020年3月に取引実態調査の報告書を公表、掲載する店舗の採点や表示順位に関し、店に不当な不利益を与えた場合、独禁法違反となる恐れがあると指摘していた。(2022/6/17)

組み込み開発ニュース:
電波の到達距離を可視化し、Bluetooth LE機器の無線機能を比較評価
Braveridgeは、Bluetooth LEの電波の到達距離をiOSアプリにより可視化し、レファレンスとして比較評価可能とした「Bluetooth 飛び評価キット」を発売した。Bluetooth LE機器の無線機能を比較評価できる。(2022/6/16)

カーボンニュートラル:
大成建設がCO2評価ツールを開発、建物のライフサイクルで生じるCO2排出量を算出可能
大成建設は、建築物のライフサイクルで生じるCO2の概算値を短時間で容易に算出するツール「T-LCAシミュレーターCO2」を開発した。T-LCAシミュレーターCO2は、建築物のライフサイクル「調達、施工、運用、修繕、解体」で生じるCO2排出量や削減効果を、建築物の初期計画段階からライフサイクルまでの概算値として算出することが可能で、顧客のCO2排出削減目標を意識した建設計画を支援し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献する。(2022/6/16)

“政府認定SaaS”が誕生へ 政府のクラウドサービス認定制度に新しい枠組み パブリックコメント募集中
デジタル庁などが、日本政府が定めるクラウドサービスの認定制度「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)について、SaaSに限定した新しい認定の枠組み「ISMAP-LIU」を策定する。(2022/6/15)

累計資金調達金額も調査:
国内スタートアップ評価額ランキング 3位「スマートニュース」、2位「GVE」、1位は?
人材・資金支援事業を手掛けるフォースタートアップス(東京都港区)は、スタートアップ関連情報を扱うプラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」にて2022年6月6日時点の「国内スタートアップ評価額ランキング」を発表した。(2022/6/14)

導入事例:
固化材を添加・混合した固化改良地盤の強度を原位置で測れる装置を開発、大成建設
大成建設は、軟弱地盤にセメントなどの固化材を添加・混合した固化改良地盤の強度を原位置で直接測定する「T-GeoPenester」を開発した。T-GeoPenesterは、原位置地盤に設けた孔内を深度方向と円周方向に自動で移動し、地盤強度を推定する針貫入試験を行うことで、容易に多点の実測強度分布データを取得する。さらに、T-GeoPenesterを適用することで、早期に地盤強度を把握でき、固化改良地盤の性能評価を向上させ、施工の手戻りで生じるリスクの低減が図れる。(2022/6/13)

「もっと給料相応に手を抜かなきゃ」と両頬をパンッ! “分相応の働き方”に賛同の声多数
毎日の頑張りに正当な評価があるならまだしもね……。(2022/6/15)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省が「キャリアショップの評価方法」にイチャモン――流動性を上げ、新規契約を促したのは総務省ではないか
携帯電話や固定インターネット回線の競争ルールを検討する総務省の会合において、携帯電話のいわゆる「キャリアショップ」の評価方法に関する方向性が示された。今まで新規契約や乗り換えを促す政策を進めてきたのに、それに偏重した評価をしないように促すという。なぜ、総務省は主張が一環しないのだろうか……?(2022/6/12)

SNIA SSS PTS規格に準拠:
OEG、車載用eMMCの性能評価サービスを開始
OKIエンジニアリング(OEG)は、車載機器などで用いられる不揮発性メモリ「eMMC」の性能評価サービスを始めた。不揮発性メモリの性能規格「SNIA SSS PTS」に準拠した試験をeMMCへ適用するために、独自の試験環境と評価技術を確立した。(2022/6/8)

ドローン:
ドローン空撮画像で植被率の定量評価と緑化の成否を評価する新技術、鹿島建設
鹿島建設は、造成工事などの土木工事で発生する法面緑化工事の品質管理を高度化するために、ドローンによる空撮画像を用いて植被率を定量的に測定し、緑化の成否を評価する技術を開発した。同社は、茨城県北茨城市で施工を進める「磯原太陽光発電北茨城メガソーラー建設工事」における法面緑化工事に適用し、有効性を確認した。新技術の適用により、大規模な法面に対しても定量的に植被率分布を評価できるため、発注者と施工者間の緑化成立に関する認識のずれがなくなり、手戻り工事や緑化不成立に伴う不具合などの大幅な低減が可能となることも分かった。(2022/6/8)

教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第3回】
英国トップ大学は「なりすましメール」対策が“甘い”?
英国で評価ランキング上位にある大学は、なりすましメールにどう対処しているのか。Proofpointが公開した「DMARC」に関する調査結果を基に、実態を探る。(2022/6/8)

法制度・規制:
三菱商事系が「圧勝」の洋上風力第1ラウンド、今後の入札は評価ルールを変更へ
三菱商事系のコンソーシアムが全ての公募海域の事業者に選定され、大きな注目を集めた洋上風力発電の第1回入札。現在、事業者の選定方法に関する見直しが進行中だ。本稿では現在検討されている新たな選定・評価方法の動向について解説する。(2022/6/3)

AI技術で子宮頸がんと闘うGoogleとHologic【後編】
医師よりも高精度――Googleが「AIがん診断」に抱く自信と“2つの願い”
Googleは医療機器メーカーHologicと共に、AI技術による子宮頸がん診断支援システムの共同研究を進めている。このプロジェクトが目指すものと、両社の技術提携で生まれた診断アルゴリズムの評価は。(2022/6/3)

3つのポイントから解説:
どちらの評価が高い? ノー残業デーに残業して目標達成率120% VS 定時退社で達成率100%
働き方改革に伴い「ノー残業デー」を導入する企業が増えてきた。ノー残業デーにもかかわらず、仕事をしている社員もまだいると聞く。ノー残業デーに仕事をして目標達成率120%の社員と定時退社で達成率100%の社員はどちらより高く評価されるのだろうか? 人事評価に関する3つのポイントから解説する。(2022/6/1)

スパコン富岳、5連覇ならず
スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が30日発表され、米国のスパコンが1位となり、日本の「富岳」は惜しくも5連覇を逃した。実用的なプログラムを動かす性能を評価する指標と、ビッグデータの高速処理などに関わる性能を競う指標では首位を維持した。(2022/5/31)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第4回】
入社前に知りたい「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」 採用面接でどう聞くか
転職活動の際、求職者は「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」を知りたいと考えるだろう。求職者は採用面接でどのように聞けばよいのか。企業側の回答例とともに紹介する。(2022/5/31)

セキュリティマネジャーのリアルな一日【後編】
GoProのCISOが遭った痛い目とは? 外部ベンダーのリスク評価はお早めに
GoProのCISO、トッド・バーナム氏は午後も忙しい。事前に決まっていた仕事に加え、急きょ経営陣から指示されたタスクもこなさなければならない。仕事術についてさまざまなヒントがある同氏の午後を紹介する。(2022/5/31)

スマートシティーでの活用に期待:
Wi-SUN FAN認定のボーダールーター向け開発キット
シリコン・ラボラトリーズ(以下、シリコン・ラボ)は「ワイヤレスジャパン 2022」(2022年5月25〜27日、東京ビッグサイト)で、Wi-SUN FAN(Field Area Network)認証済みボーダールーター向けレファレンスソリューション(開発/評価キット)を展示した。(2022/5/30)

Q&A 総務・人事の相談所:
企業理念の浸透度を、賞与や昇給に反映したい 人事評価の際に起こりうる“トラブル”とは
経営陣が新しい企業理念浸透のために人事評価に盛り込んで、賞与や昇給に反映させたいと考えています。人事評価に盛り込む際に注意すべきポイントや具体的な進め方はどうしていけばいいのでしょうか?(2022/5/30)

CASBEE:
「新TODAビル」で「CASBEE」のSランクを取得、戸田建設
戸田建設は、東京都中央区京橋1丁目で建設中の社屋「新TODAビル」で、建築環境総合性能評価システム「CASBEE」の建築物環境性能評価で最高位のSランク認証を取得した。今後は、新TODAビルの運用・技術で、省エネとCO2削減性能の向上に取り組んでいく。(2022/5/26)

小寺信良のIT大作戦:
「iPhoneにサイドローディングさせろ」を国が言うのは妥当か
「モバイル・エコシステムに関する競争評価 中間報告」で、サイドローディングを許容する義務を法によって課すことが検討課題されている。この問題を小寺信良さんが解説。(2022/5/24)

FM:
オフィスビルの“省エネ”はこうやるべし!省エネ大賞に輝いたパナソニックの「広島中町ビル」に潜入
省エネルギーセンターは、日本の産業・業務・運輸の各部門における優れた省エネの取り組みや先進的で高効率な省エネ型製品などを毎年2月に「省エネ大賞」として表彰している。2021年度は、パナソニックの広島中町ビルが「省エネルギーセンター会長賞」を受賞。受賞テーマは、「ビル関係者の一体活動によるエネルギー使用量半減達成と新時代の施設ニーズへの対応」で、2020年のエネルギー使用量が2008年度比49%の削減を達成するなどの取り組みが高く評価された。(2022/5/24)

アナログ・デバイセズ AD4630-24:
24ビット超高精度逐次比較型A-Dコンバーター
アナログ・デバイセズは、24ビット超高精度逐次比較型A-Dコンバーター「AD4630-24」を発売した。自動試験装置や医療用計測機器、半導体製造向けの高精度製品の設計、評価、市場投入のプロセスを簡略化する。(2022/5/24)

就職面接の“デキ”をAIが評価 ベンチャーが練習アプリ開発
AI動画解析技術を手掛けるエフィシエントと就職支援のジェイックが、面接練習アプリ「steach」をリリースした。面接練習を録画するとAIが動画を解析し、表情や声、身振りなどを評価する。(2022/5/23)

組み込み開発ニュース:
車載技術を活用した、ローカル5G向け通信デバイス評価キットを発表
アルプスアルパインは、ローカル5G向け「5G通信デバイス評価キット」を発表した。既存の「車載用5G NRモジュール」技術を活用し、建設機械や農業機械、スマート工場などで、安定した5G通信接続を提供する。(2022/5/23)

人工知能ニュース:
数枚の正常画像からインフラの異常を検出するAI、東芝が世界最高精度を達成
東芝は、インフラ点検向けに、点検する現場の正常画像や類似した場所の画像を数枚用意するだけで異常箇所を高精度に検出するAI技術を開発。公開データセットを用いた評価において、従来技術の精度が89.9%だったのに対し、開発技術は91.7%となり「世界最高」(東芝)を達成したとする。今後は2023年度をめどに実用化を進めていく方針だ。(2022/5/23)

評価額10億円! 高専生が考えたディープラーニング活用事業の完成度
企業の間で活用が広がっているディープラーニングは、学生の研究対象としても大きな盛り上がりを見せている。「第3回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2022(DCON2022)」では、高専生の考えた事例に評価額10億円も。(2022/5/20)

今こそ知りたい電池のあれこれ(13):
EVは環境に優しいのか、電池のライフサイクルでのCO2排出量を考えるポイント
昨今、注目が集まっている地球温暖化問題や脱炭素への影響をLCAによって評価するためには「製品のライフサイクルで考えたときのCO2排出量」、すなわち「LC-CO2」について考える必要があります。そこで今回は電池におけるLC-CO2を考える上で注目すべきポイントを整理していきたいと思います。(2022/5/19)

安全システム:
米国向け「BRZ」がIIHSの安全性テストで最高評価獲得、アイサイト標準装備が貢献
SUBARU(スバル)は2022年5月18日、米国向けの「BRZ」「フォレスター」が米国IIHS(Insurance Institute for Highway Safety、道路安全保険協会)の安全性評価で最高評価となる「トップセーフティピックプラス(TSP+)」を獲得したと発表した。(2022/5/19)

車載電子部品:
e-Axleなど大型モジュールの試験体制を強化、OKIエンジニアリングの群馬拠点
OKIグループで信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリングは2022年5月17日、EV(電気自動車)、ADAS(先進運転支援システム)、自動運転向け車載電子機器や装置の信頼性試験サービスを大幅に強化した「eモビリティテストセンター」を稼働開始したと発表した。(2022/5/19)

施工:
生コンクリートの材料分離抵抗性を簡便に定量評価する手法を考案、西松建設
西松建設は、岐阜大学 工学部 小林孝一教授との共同研究で、施工前に生コンクリートの材料分離抵抗性を簡便な方法で定量的に評価する手法を考案した。今回の手法は、現場に持ち込んで扱える小型の評価試験器を製作し、容器内に詰めたコンクリートに振動エネルギーを加えた時に生じる電気伝導率の経時変化で材料分離抵抗性を評価する。現在、同社では、現場での実装に向けて、データの採取、判定精度など、生コンクリート評価の妥当性に関する検証を続けている。(2022/5/19)

キオクシア KIOXIA XG8シリーズ:
PCIe 4.0対応のクライアントSSD
キオクシアは、PCIe 4.0に対応したクライアントSSD「KIOXIA XG8」シリーズの評価用サンプルを、PC OEM顧客に向けて出荷開始した。容量は512G〜4096Gバイトとなっている。(2022/5/17)

学生の顔写真や評価など、個人情報約5800人分漏えいの可能性でエイチームが謝罪 「リンクを知っている全員が閲覧可能」状態に
エイチームの新卒採用イベントに参加した人などの個人情報5857人分が、外部から閲覧可能になっていた。最長で6年以上前から閲覧が可能な状態だったという。原因は同社による、米Googleの個人向けクラウドサービスの設定ミス。(2022/5/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.