• 関連の記事

「新機能」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新機能」に関する情報が集まったページです。

車載ソフトウェア:
SDV開発に向けたオープンソースのプラットフォーム提供のため協業
Red Hat(レッドハット)は、将来のSDVに向けた、ルネサス エレクトロニクスとの協働を発表した。同社の「Red Hat In-Vehicle Operating System」をルネサス エレクトロニクスの「R-Car」用ソフトウェア開発キットと統合し、新機能を提供する。(2024/5/30)

カメラの作例だと思ったらストックフォトの写真だった――「LUMIX」商品サイトで物議 パナが謝罪
パナソニックが先日発表した新型ミラーレスカメラ「LUMIX DC-S9」の商品サイトが物議を醸している。商品の特徴や新機能を紹介するサイトの写真が、S9で撮影したものではなく、ストックフォトの画像を使っているとX(旧Twitter)で指摘される事態に。同社は、一部ストックフォトの利用を認め謝罪した。(2024/5/28)

xR:
iPhone/iPadで現場の点群取得、ニコン・トリンブルの手持ち3Dスキャナーに新機能
ニコン・トリンブルは、手持ち3Dスキャナー「Trimble SiteVision」の最新バージョンをリリースした。新たにiPhone搭載のLiDARスキャンに対応し、手軽に3Dスキャニングして、高精度位置情報も含む3D点群が取得できる。(2024/5/28)

NEWS Weekly Top10:
LINEの“スタンプ合成”流行…… もう「飽きた」人も?
LINEの新機能「スタンプアレンジ」が人気を集めているという記事が話題になったスタンプを最大6個まで組み合わせて1つのスタンプとして送ることができる機能だが、筆者はこの使い道が思い付かず、流行するとは思わなかった。先見のなさを反省している。(2024/5/27)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Snapdragon X Elite搭載の「Snapdragon Dev Kit for Windows」登場/Microsoftが「Team Copilot」や「Copilot Studio」の新機能を発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、5月19日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/5/26)

メルカリ「価格決めずに」出品できる機能追加 背景に出品者のストレス
フリマアプリ大手のメルカリは5月22日、新機能「価格なし出品」の提供を開始した。商品の価格を決めなくても出品できる機能で、価格設定や価格交渉に関するユーザーの課題を解消する狙いがある。(2024/5/24)

Lightroomが生成AIパワー獲得 写真内の不要なものを強力に消す「生成AI削除」など追加
米Adobeは5月22日、フォトレタッチツール「Adobe Lightroom」の新機能として「生成AI削除」を追加したと発表した。同社の「Adobe Firefly」を活用したLightroom初の生成AI機能で、デスクトップアプリだけでなく、スマートフォンアプリやWebブラウザ版でも利用可能。(2024/5/23)

CSVファイルやOracle、Salesforce製サービスの情報をAIが理解 Microsoftが「Copilot Connectors」発表
米Microsoftは日本時間5月22日から開催中のイベント「Microsoft Build 2024」で、Microsoft Copilotをさまざまな外部のサービスやデータソースと接続することで、Copilotがそれらのデータを読み取り理解できる新機能「Copilot Connectors」を発表しました。(2024/5/23)

「AI、これこういう風にやって」→パソコン「把握」 声と画面操作で教えるRPA機能、Windowsに搭載へ
RPA・ローコードツール「Power Automate」に新機能「AIレコーダー」が登場。AIに話しかけながら画面操作を記録させることで、PC操作の自動化をこれまでより柔軟に実現する機能という。(2024/5/22)

メルカリ、価格設定に悩む必要がない「価格なし出品」開始
メルカリは22日、フリマサービス「メルカリ」で、商品の価格を決めずに出品できる新機能「価格なし出品」を始めた。価格設定や価格交渉に悩む必要がなくなるという。(2024/5/22)

メルカリ、価格を設定せず出品できる新機能 購入希望者が後から提案
出品者は購入希望者の提案を参考にしながら、後から価格を決められる。(2024/5/22)

生成AIで企業ブランディングの「保護」と「活用」を両立 企業向けAdobe Expressに新機能
Adobe Expressの企業向けサービスに新機能が追加される。最新の生成AIモデル「Adobe Firefly Image Model 3」を適用した機能や、企業のブランディングをより向上するための機能が実装される。(2024/5/22)

「Windows Server」次期バージョンの違い【前編】
新サーバOS「Windows Server 2025」に加わる“3大変更点”はこれだ
MicrosoftのサーバOSの次期バージョン「Windows Server 2025」には、複数の新機能が加えられる。特に関心が集まっている3つの変更点をまとめた。(2024/5/22)

データ基盤を管理するIT部門とマーケティング部門の双方にメリット:
Google Cloud Platform (GCP)上に構築したデータ基盤をCDPに 「Rtoaster insight+」に新機能
ブレインパッドは、GCP上に構築したデータ基盤をCDPに進化させる新機能を「Rtoaster insight+」に追加したと発表した。(2024/5/21)

ネイティブマルチモーダルモデルと軽量オープンモデルの両ファミリーを拡充:
Google、LLM「Gemini 1.5 Pro」の改良と「Gemini 1.5 Flash」「Gemma」の新モデルを発表
Googleは、大規模言語モデル「Gemini 1.5 Pro」のアップデート、新しい軽量モデル「Gemini 1.5 Flash」、Gemini APIの新機能、軽量オープンモデルファミリー「Gemma」の新モデルを発表した。(2024/5/20)

現場管理:
工事写真の撮影/管理を効率化するアプリをアドバンスト・メディアが開発
アドバンスト・メディアは、画像/文字/音声認識を活用して配筋写真撮影の事前準備を省力化するアプリ「AmiVoice 配筋TORUZO」に新機能を追加し、建設工事全般の写真管理を効率化するアプリ「AmiVoice 写真TORUZO」を開発した。(2024/5/17)

「いつものやつ持ってきて」──PFNの荷物運びロボット、あいまいな指示にも対応可能に LLMの活用で
Preferred Roboticsは16日、自動搬送ロボット「カチャカ」に大規模言語モデル(LLM)を活用した新機能を追加すると発表した。人に話し掛けるような自然な会話で指示を出せるという。(2024/5/16)

「Wear OS 5」の新機能予告 消費電力は最大20%削減
Googleは、次期スマートウォッチOS「Wear OS 5」の開発者プレビューをリリースした。マラソンのトラッキングでは消費電力が最大20%少なくなるとしている。ウォッチフェイスも改善される。(2024/5/16)

「Android 15 Beta 2」リリース AQUOS sense8などにもインストール可能に
Android 15 Beta 2がリリースされた。「Private Space」などの新機能が追加され、「AQUOS sense8」などにインストール可能だ。(2024/5/16)

Google I/O 2024:
Google、AndroidスマホのAI採用盗難防止やデータ保護の新機能を複数発表
Googleは、Android端末の盗難防止やデータ保護のための新機能を複数発表した。Android 10以降で利用可能なものもある。(2024/5/16)

iPhone/iPadでアイトラッキング操作が可能に Appleが新しいアクセシビリティー機能を2024年後半にリリース
2024年後半にリリースされるiPhone/iPadのアクセシビリティー機能には、複数の新機能が追加される。(2024/5/16)

Google I/Oで明かされたAndroidの進化 日本で「Googleメッセージ」開始、RCS対応でKDDIと連携
Googleは、5月14日から15日(現地時間)に渡り、米カリフォルニア州マウンテンビューで、開発者向けイベントの「Google I/O」を開催している。生成AIモデルGeminiの最新版である「Gemini 1.5 Pro」や、高速版の「Gemini 1.5 Flash」を発表するとともに、Google DeepMindが開発中のAIエージェント「Project Astra」を披露した。Androidの新機能や、日本での「Googleメッセージ」対応も発表した。(2024/5/16)

富士通ゼネラル、“身に着けるエアコン”「コモドギア」に涼感が続く「リズム刺激」搭載
富士通ゼネラルは、首に装着して頸動脈を流れる血液を冷やすウェアラブルデバイス「コモドギア アイスリー」に新機能「リズム刺激」を搭載し、提供を始めた。(2024/5/15)

現場管理:
施工管理アプリ「ミライ工事DX」にアルコールチェックと運転日報の新機能、JPTS
J-POWERテレコミュニケーションサービスは、ミライ工事とともに、施工管理アプリ「ミライ工事DX」にアルコールチェックと運転日報の新機能を開発した。(2024/5/15)

Androidに“Google AI”の新機能 OSにGeminiを統合、「かこって検索」で問題を解く機能など
米Googleが、Android向けに搭載するAI関連の新機能を発表した。特定の部分を丸で囲って検索ができる「かこって検索」を、学習に活用できるようにする。Androidに生成AIモデルの「Gemini」を統合し、アプリ上のオーバーレイ表示から、より簡単にGeminiを利用可能になる。(2024/5/15)

LINEスタンプを「重ねて貼れる」新機能登場→やっぱり“コラージュ作品”が続々集結 ネット大盛り上がり
同じキャラを分身のように並べれば、「きゅうくらりん」のMVや「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」に。(2024/5/14)

LINEの“スタンプ組み合わせ機能”が話題 自作スタンプも利用可能、ネットは大喜利に
LINEヤフーが5月8日にリリースしたLINEの新機能「スタンプアレンジ」が話題だ。ユーザー間では、さまざまなスタンプを自由に組み合わせ、その様子をXに投稿する遊びがはやっている。(2024/5/14)

CAD:
建築設備用CAD「CADWe’ll Linx」に新バージョン RevitやSPIDERPLUSと連携強化
ダイテックは、建築設備業向けCADソフトウェアの最新バージョン「CADWe’ll Linx V5」をリリースした。分電盤や動力盤のリストを表やExcelに出力する盤リストと、ピースNoやユニットNoを付加して配管加工帳票を作成する新機能を追加した。(2024/5/14)

Red Hat Summit 2024:
Red HatがAI戦略の要「OpenShift AI」で新機能を投入 エッジ対応やリソース割り当てなど
OpenShift AIは、Red HatのAI戦略における中核的な基盤だ。同社は年次カンファレンスにおいて、エッジ対応やGPU利用の簡素化、リソース管理などの新機能を発表した。(2024/5/10)

スマートリテール:
ZOZOが似合うラボの成果をアプリに実装、2026年にはAIによるスタイリング提案も
ZOZOは、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」のリニューアルを発表するとともに、同社初のリアル店舗「niaulab(似合うラボ)」で得られた成果について説明。WEARの新機能のうち「ファッションジャンル診断」は、似合うラボで収集したデータから導き出した「似合う」の4要素のうち「ジャンル」に関する知見を組み込んだものだ。(2024/5/10)

AI:
不動産情報サイトで、AIが類似の貸店舗を表示する新機能を搭載
不動産情報サイト「アットホーム」の貸店舗検索ページに、AIがキーワードを解析し類似の物件を表示する新機能が追加された。(2024/5/10)

AI:
住宅営業の成約率が上がる間取りを“3分で提案” 土地形状に応じてAIがプランを検索
スタジオアンビルトは、建設予定地の形状を敷地図や不動産チラシからトレースすると、土地に合う複数の間取りを提案できる注文住宅の営業支援ツール「madreeデータバンク」の新機能を追加した。(2024/5/7)

Appleのイベント告知ロゴが消せる──Pencilの新機能ヒントか
Appleは5月7日の発表イベントの告知ロゴを、マウスなどで消せるようにした。このイベントで新iPadに加え、進化した消しゴム機能搭載の「Apple Pencil」が登場するのかもしれない。(2024/5/7)

XにAIの「Grok」が編集するトレンドまとめ「Stories」 プレミアム向け新機能
Xは、Xプレミアムユーザー限定の新機能「Stories on X」の提供を開始した。「For You」タブに並ぶトレンドの内容をXのAI「Grok」がまとめ、提示するものだ。(2024/5/4)

製品動向:
ドローンで取得した画像から3D点群/3Dモデルを自動生成、AIアプリ開発プラットフォームの新機能
センシンロボティクスは、スマートデバイスやドローンなどで取得した画像から3D点群/3Dモデルを自動で生成する「SENSYN CORE Mapper」を、AIアプリケーション開発プラットフォーム「SENSYN CORE」に追加した。(2024/5/2)

ナビタイム「渋滞情報マップ」に高速道路の混雑具合が分かる「IC間所要時間」表示
ナビタイムジャパンは、アプリ「渋滞情報マップ by NAVITIME」で、高速道路のインターチェンジ(IC)間の通過予想時間を表示する「IC間所要時間」表示を始めた。ゴールデンウィークの渋滞対策を想定した新機能。(2024/4/30)

なくしたAndroidをオフラインでも発見可能に:
Google、Androidの「デバイスを探す」をアップデート 5つの新機能を発表
Googleは、Androidの「デバイスを探す」アプリをアップデートした。オフラインデバイスの探索や、Bluetoothトラッカータグを活用してカギやカバンなどの日用品を探せるようになるとしている。(2024/4/30)

カスタムモデルインポート、モデル評価、安全対策:
AWS、生成AIアプリの構築、展開基盤「Amazon Bedrock」の新機能を発表
AWSは、基盤モデルを使用した生成AIアプリケーションの構築、展開を支援する「Amazon Bedrock」サービスの新機能を発表した。新機能には、カスタムモデルインポート、モデル評価、「Guardrails for Amazon Bedrock」があり、使用可能な基盤モデルの選択肢も拡大している。(2024/4/26)

現場管理:
現場写真をチャット投稿で自動アルバム化、現場チャットdirect専用の「コネクトTA」リリース
L is Bは、現場チャット「direct」の新機能として、チャットに投稿した写真に自動でタグ付けし、クラウド上のアルバムで一元管理できる「コネクトTA」を追加した。(2024/4/25)

製造ITニュース:
AI搭載の新機能で製造/メンテンナンスの生産性を向上、オラクル
オラクルは、サプライチェーンマネジメントツール「Oracle Fusion Cloud SCM」の新機能「Oracle Smart Operations」を発表した。製造やメンテナンスにおける作業の簡素化や迅速な意思決定を支援することで、生産性や品質の向上に寄与する。(2024/4/25)

「Photoshop」にβ版、生成AIモデル刷新 参照画像→生成や、ボヤけた画像の解像感アップなども可能に
米Adobeは4月23日、同社のフォトレタッチツール「Photoshop」のβ版(バージョン25.6)をリリースしたと発表した。生成AIモデルを新型の「Adobe Firefly Image 3 Foundation」に刷新し、生成クオリティのアップに加え、参照画像の読み込みといった新機能を追加している。(2024/4/23)

EU、「TikTok Lite」の中毒性に懸念 報酬プログラム停止措置の可能性も
EUの欧州委員会は、中国ByteDance資本のTikTokをDSA(デジタルサービス法)違反の疑いで2回目の調査を開始したと発表した。新機能の中毒性を懸念しており、この機能の停止措置の可能性もある。(2024/4/23)

自販機に近付くと、スマホがぶるぶる 日本コカ・コーラ自販機の「新機能」は誰を救うのか
日本コカ・コーラは、コークオンアプリと自販機を連動させた取り組みなどを進めている。アプリで自販機を探すと、近付くにつれスマホがぶるぶると震えるなど新機能を追加した。新機能搭載について、どのような思いがあるのか?(2024/4/19)

「Gemini」でBigQuery、Lookerはどう変わる? 新機能の詳細と利用方法
Google Cloudは生成AI「Gemini」をBigQueryやLookerなどのサービスに実装することを発表した。新機能の詳細と利用方法を紹介する。(2024/4/18)

新機能採用やソフトウェア定義型自動車など:
ゾーンアーキテクチャとイーサネットが自動車の将来を推進
自動車の新機能採用やソフトウェア定義型自動車(SDV)などの成長中のトレンドを実現するために必要なゾーンアーキテクチャおよびイーサネットについて解説します。(2024/4/18)

ジェネレーティブデザイン:
「AI設計部長」に概略設計案の自動生成とRevit出力の新機能、大成建設
大成建設の設計作業をAIでサポートする「AI設計部長」に、希望条件に合致した最適案を短時間で生成する新機能を追加した。建築基準を考慮した建築可能範囲を算出し、複数建築パターンの概略設計案を自動生成し、敷地に対してどのくらいの規模や形状などの建物を建築できるかの検討が容易になる。(2024/4/16)

ヘルスケアアプリ「HELPO(ヘルポ)」刷新 歩いてためたポイントがPayPayポイントに ソフトバンク子会社、健康促進に拍車
ソフトバンク子会社のヘルスケアテクノロジーズは、ヘルスケアアプリ「HELPO(ヘルポ)」を2024年4月15日に刷新した。アプリの使い勝手を見直した他、新機能を追加。心と身体の健康促進に拍車を掛ける。(2024/4/16)

Tech TIPS:
Microsoft Copilotで文章校正、長文も可能な「ノートブック」の使い方
Microsoftの生成AIチャット機能「Microsoft Copilot(旧:Bing Chat)に「ノートブック」と呼ばれる新機能が追加された。Microsoft Copilotはプロンプトに入力できる文字数が2000文字に制限されているが、ノートブックでは1万8000文字と多い。しかし、少し使い方が異なる部分もある。そこで本Tech TIPSでは、Microsoft Copilotのノートブックを紹介する。(2024/4/12)

Rakuten Viber、最大100件の未読メッセージを要約する「AIチャットサマリー」提供
メッセージングアプリ「Rakuten Viber」が、新機能「AIチャットサマリー」を提供開始。グループチャット内の未読メッセージから要点を抽出し、最小7件から最大100件に対応する。(2024/4/11)

Meta、「メッセンジャー」で100MB以上のファイル添付や共有アルバム作成を可能に
Metaは、「Messenger」に4つの新機能を追加した。高解像度写真や100MBまでのファイルの添付、共有アルバムの作成機能などだ。(2024/4/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.