• 関連の記事

「支援」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「支援」に関する情報が集まったページです。

AWSが初のテレビコマーシャル きょうから
AWSジャパンがテレビコマーシャルの提供を始めた。同社初の取り組みという。「AWSがどのように日本のビジネスを支援しているかをテレビコマーシャルで表現する」としている。(2022/8/15)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(13):
スタートアップによる新株予約権の発行量はどう定めるべきか
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第12回はスタートアップが行うM&Aの留意点について総論的に紹介します。(2022/8/15)

強味を分析:
マンツーマンで“複業”デビューを支援、具体的には
副業を考えているけれど、どうしたらいいのかよく分からない。こうした人に向けて、副業を支援しているサービスがある。どんなことをしているのかというと……。(2022/8/12)

データ活用の肝は“プロセス最適化”と“プラットフォーム化”――TDSL新社長が語る
ビジネスにおける積極的なデータ活用が求められる今、ITベンダーとしてはこの支援に向けてどのような方向性を打ち出していくべきなのか。東芝デジタルソリューションの社長である岡田俊輔氏が同社のデジタル事業戦略を詳細に語った。(2022/8/12)

トランシーバーで通信する歩兵のミニチュアに「どうして」 電話猫感をプラスした投稿に「何を見て迫撃したんですか」など話題に
「支援砲撃の座標ミスったようになぜか見えた」「砲撃座標……(なんかゼロの数が微妙だけど……)ヨシッ!」などさまざまなシチュエーション。(2022/8/13)

渋谷区、独自のデジタル地域通貨「ハチペイ」を2022年中に導入へ
渋谷区が独自のデジタル地域通貨「ハチペイ」を2022年中に導入を開始する。渋谷区内限定で使えるキャッシュレス決済で、コロナ禍以降、大きなダメージを受けている商店街や企業の活性化支援を目的としている。(2022/8/10)

バイデン米大統領、国内での半導体製造・開発支援法案に署名 対象企業に520億ドル(約7兆円)
ジョー・バイデン米大統領は、米国内での半導体製造開発を支援する法案に署名した。新法「CHIPS and Science Act」の下、IntelやMicronなど対象企業に約7兆円を投じる。(2022/8/10)

IoTと遠距離介護の最新事情 海外に住む娘が母親の見守りに家庭ロボット導入
「コロナ禍で離れて住んでいる親になかなか会えない状況の中、離れて暮らす親の見守りにIoT・IT機器を導入した家庭が増えています」遠距離介護支援協会代表理事の神戸貴子さんはそう話す。(2022/8/10)

FAニュース:
酸素や一酸化炭素など同時測定可能、横河電機が防爆仕様のレーザーガス分析計発売
横河電機は、防爆仕様のプローブ形レーザーガス分析計「TDLS8200」を発売する。1台でボイラーや加熱炉内の酸素や一酸化炭素、メタンの濃度の同時測定ができ、設置コストを抑えながら効率的な燃焼制御を支援する。(2022/8/10)

BIM:
日建設計、既存建物の環境価値向上を図るコンサルティングサービス開始
日建設計は、既存建物の環境価値向上を図るコンサルティングサービスを開始した。サステナブルな建物運用を支援するツール「Arc」を用いて、「LEED O+M」認証取得などをサポートする。(2022/8/10)

MITRE ATT&CKで始める脅威ベースのセキュリティ対策入門(3):
「脅威ベースアプローチ」のリスク評価とは何か――MITRE ATT&CKとNavigatorで攻撃グループと対策を特定してみた
ここ数年一気に注目度が高まり進化した「脅威ベースのセキュリティ対策」。その実現を支援する「MITRE ATT&CK」(マイターアタック)について解説する連載。今回は、リスク評価における「脅威ベースアプローチ」と「ベースラインアプローチ」の違い、攻撃グループと対策を特定するプロセスを例にATT&CKとNavigatorの実践的な使い方を紹介する。(2022/8/8)

「人工妊娠中絶」を補助する米国企業が直面する壁【中編】
“中絶旅行”を支援する大手IT企業 その理由と大きなリスクとは?
米国で、人工妊娠中絶を憲法上の権利として認める過去の判例が覆された。こうした中、希望する従業員に「人工妊娠中絶を禁止していない州への旅費」を支払うと表明する企業がある。米国企業の動きを紹介する。(2022/8/8)

携帯3社で通信障害 北陸・東北豪雨で 支援措置も
北陸・東北地方で続く豪雨の影響で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯3社で通信障害が発生した。山形県と福島県で通信サービスが使いづらい状態になり、5日正午の時点でも一部で障害が続いている。(2022/8/5)

ガススプリングで作業負担を軽減する「マッスルスーツ」 東京理科大発ベンチャーが新製品
東京理科大発ベンチャー企業のイノフィスは4日、重量物を軽々と持ち上げられる装着型作業支援ロボットの新製品「マッスルスーツGS−BACK」を同日に発売したと発表した。(2022/8/5)

1.0Vの出力を実現:
ローム、ADAS向けDC-DCコンバーターICを開発
ロームは、ADAS(先進運転支援システム)に向けた降圧DC-DCコンバーターIC「BD9S402MUF-C」を開発し、2022年6月よりサンプル出荷を始めた。(2022/8/5)

新潟・山形の集中豪雨でソフトバンクが支援開始 支払い延期、減額、修理対応など
新潟県・山形県での豪雨被害を受け、ソフトバンクが対象地域のソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOユーザーに対し、支払期限の延期、利用料・修理費用の減額などを行う。(2022/8/4)

スマホアプリでバス通学サポート 特別支援学校向け実証実験
スマートフォンのアプリの助けを借りて、知的・発達障害のある子供が支援学校にバス通学できるようにする社会実験が、香川大学とソフトバンクの共同研究として進んでいる。高松市内の小学6年生が、路線バスに乗る実証実験が行われた。(2022/8/4)

ICT:
ビジネスチャット「direct」と図面閲覧アプリ「CheX」の連携でリアルタイムに図面指示
L is Bが提供するビジネスチャット「direct」とYSLが提供する建設業向け図面閲覧アプリ「CheX」や仕上検査支援アプリ「LAXSY」が2022年7月5日にシステム連携を開始した。これにより、CheXとLAXSYで行われた図面の更新や指示メモの記載といった情報をdirectでタイムリーに関係者に通知できるようになる。(2022/8/3)

第4回 建設・測量生産性向上展:
電源を入れるだけ、遠隔で新人教育が可能なスマートグラス「SynchroAZ」
シンクロアイズが開発したメガネ型の遠隔支援システム「SynchroAZ」を装着して現場に入場すると、現場作業員の見ている映像が、そのまま外部のPCから見られるようになる。また、装着した人に対して、外部から映像や音声での指示もできるため、新人への作業指示や手順確認など、人材育成でも活用が見いだせる。(2022/8/2)

三菱自動車、キッザニア福岡で「運転免許試験」「カーデザイン体験」を提供
三菱自動車工業は、7月31日に開業した「キッザニア福岡」にパビリオンを出展した。「運転免許試験場」と「カーデザインスタジオ」の2つのアクティビティを通じ、将来のモビリティ社会を担う子どもたちの育成を支援する。(2022/8/2)

10万円を社員に支給 はてな、在宅勤務の制度刷新で
はてなが社員に10万円を支給する。在宅勤務の支援制度を刷新したことに伴う対応という。新制度では、これまで2万円だった新入社員への手当てを12万円に増額。差額を埋めるとして、既存社員にも手当を支払う。(2022/8/2)

帝国データバンク調べ:
国内企業の約11%は「ゾンビ」 倒産状態のまま生き続けられる理由とは?
実質的な倒産状態であるにもかかわらず、営業を継続している「ゾンビ企業」。帝国データバンクの調査によると、20年度のゾンビ企業率は11.3%と19年度(9.9%)から1.4ポイント上昇し、その企業数は約16.5万社と推計。同社は、コロナ禍による金融支援によって、ゾンビ企業が延命していると指摘する。(2022/8/2)

Broadcomによる買収の影響はいかに? “新生”シマンテックはどこに向かうのか
Broadcomは2019年にSymantecのエンタープライズ事業を買収したが、これによって製品ポートフォリオにはどのような変化が生まれたのか。BroadcomとSB C&Sが製品ポートフォリオの詳細と日本の顧客に対する支援体制を説明した。(2022/8/2)

PR:AI活用をもっと身近に メリットを気軽に体験できる“専門施設”がある! デル・テクノロジーズが使い勝手を紹介
ビジネスの成長を支えるAIですが、日本のAI導入率は他国に後れを取っています。人材不足や信頼性など導入時の課題解決を支援するため、デル・テクノロジーズが開設したAI体験用の専門施設を紹介します。(2022/8/8)

パナHD 家庭の雑務支援サービスを国内展開へ
パナソニックホールディングス(HD)は29日、米国で展開する子育て世代などの家庭の雑務を支援する会員制サービスを、今年中にも日本国内で始めると明らかにした。(2022/8/1)

ジャストシステムがワークフロー、データフローも“完全ノーコード”をうたうクラウドデータベースを発表
ジャストシステムが完全ノーコードをうたうクラウドデータベースを発表した。RPAやワークフローツールの機能も取り込み、業務のデジタル化や自動化を支援する。(2022/8/1)

北海道電力がMRを活用した巡視点検アプリケーションを使用開始 導入に至ったワケ
「熟練の技術を若手に継承したいが十分な時間がない」などの課題を持つ企業は多い。技術的な分野では知識に加え、経験によってもたらされる「嗅覚」のようなものも重要だ。北海道電力は、これら「伝承作業」を支援するサービスの利用を開始した。(2022/8/1)

製造ITニュース:
「DXの前の前」で止まる中小企業を、業務のデジタル化とAIによる自動化で支援
ABEJAは2022年7月26日、DXに課題感を持つ中小企業を対象に、ビジネスプロセスやデータ活用のデジタル化をワンストップで支援するパッケージ製品を提供開始した。製造業など企業のDXに必要なソフトウェアを集約したデジタル基盤「ABEJA Platform」と、グーグルのコラボレーションツール「Google Workspace」を活用するソリューションとなっている。(2022/8/1)

法隆寺、クラファンを終了 支援総額は約1億5000万円に 目標はわずか1日で達成
返礼品がなくなるという事態も発生していました。(2022/7/29)

太陽光:
FIT太陽光のFIPへの切り替えを支援、FIP時代を見据え東芝ESSとSMFLみらいが協業
SMFLみらいパートナーズと東芝エネルギーシステムズ(東芝ESS)が、FIP(Feed-in Premium)制度の利用を見据えた協業を行うことに合意したと発表。まずSMFLみらいパートナーズがFIT制度下で運営している2カ所の太陽光発電所について、FIP制度への切り替え手続きを開始した。(2022/7/29)

企業のサイバーレジリエンス状況を可視化 HISOLが現状分析サービスを開始
日立ソリューションズは企業の事業継続を支援する「サイバーレジリエンスソリューション」を提供する。第1弾として、複数の観点から企業のサイバーレジリエンスの現状を評価して、改善を支援する現状分析サービスを開始する。(2022/7/29)

クラウド:
「蔵衛門クラウドApp」がiPhoneに対応、小規模企業のDXを可能に
ルクレは、現場共有アプリ「蔵衛門クラウドApp(クラエモンクラウドアップ)」のiPhone版の提供を、2022年7月4日より開始した。導入のハードルを下げ、建設DXの推進を支援する。(2022/7/29)

無償のデジタル人材育成支援プログラムが募集中 締め切りは8月8日
デジタルスキル向上を目指すに当たり、学習に掛かるコストは格段に低くなってきたようです。有償のものもありますが、デジタルスキル獲得支援の補助や助成が従来以上に厚くなっています。(2022/8/1)

MITRE ATT&CKで始める脅威ベースのセキュリティ対策入門(2):
ATT&CKは内容が濃過ぎる――無料で誰でもすぐ使える「ATT&CK Navigator」でサイバー攻撃の防御策、検知策を見てみた
ここ数年一気に注目度が高まって進化した「脅威ベースのセキュリティ対策」。その実現を支援する「MITRE ATT&CK」(マイターアタック)について解説する連載。今回は、ATT&CKをより効果的に活用するための手段「Navigator」の使い方を解説する。(2022/7/29)

「ドコモ ドライバーズサポート」終了へ スマホとドラレコ活用の運転支援サービス
NTTドコモが、安全運転を支援するサービス「ドコモ ドライバーズサポート」を2023年3月31日に終了する。「昨今の事業環境を鑑み、経営資源を集中すべくサービスを終了する」という。(2022/7/28)

インシデントからの運用再開を支援 Kyndrylがリカバリーリテーナーサービスを提供開始
Kyndrylは、新たにリカバリーリテーナーサービスを提供する。専門家のサポートによって、破壊的なサイバーインシデントからの復旧を支援する。同社は「インシデント対応リテーナーサービスの先を行く」としている。(2022/7/28)

大日本印刷とPwCがメタバースで協業開始 企業や自治体のメタバース参入をサポート
大日本印刷とPwCコンサルティングは協業を開始し、企業や自治体におけるバーチャル空間「メタバース」の導入や活用を支援する。メタバースへの注目が増す中で、両社の協業はメタバースに取り組みたい企業や自治体にとってどのようなメリットがあるのだろうか。(2022/7/28)

スマホで作ったアバターをぬいぐるみに 「じぶんぐるみ」、Makuakeで先行発売
FUNDARDは26日、アバターを元に人型のぬいぐるみを製作するサービス「じぶんぐるみ」のクラウドファンディングを始めた。支援プランは6644円から。(2022/7/27)

「Figma」日本語版が公開 デザインコラボツール大手 ヤフー、LINE、楽天などがすでに導入
米Figmaが、デザインコラボレーションツール「Figma」の日本語版を提供開始した。デザイナーだけでなく、エンジニア、マーケター、コピーライターなどが参加して一緒にデザインを作り上げる、チームでのデザイン制作を支援する。(2022/7/27)

NHTSAが公表:
自動運転システムが関連する衝突事故、米国の最新データ
米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が、自動運転システム(ADS:Automated Driving System)レベル3〜4関連のデータや自動運転レベル2のADAS(先進運転支援システム)関連のデータを公表した。本コラムでは、このデータを分析している。(2022/7/27)

ノジマが毎月1万円を社員に支給 物価上昇応援手当、7月から
ノジマは、物価上昇に伴う生活費支援として、6月度給与(7月支給分)から毎月1万円を支給する。(2022/7/26)

FAニュース:
5軸加工機の工程設計学習用動画コンテンツの販売開始、生産性向上を支援
DMG森精機は、5軸加工機の工程設計学習用動画コンテンツ「工程設計アドバイザー(割出し5軸編)」の販売を開始した。さまざまなワークに対するクランプ方法から加工工程までを、1ワーク5分程度で解説している。(2022/7/26)

キヤノンMJ、預貯金等紹介業務を支援する“公的照会BPO・OCRサービス”をJAバンクに導入
キヤノンマーケティングジャパンは、JAバンクの預貯金等紹介業務を支援するサービスを農林中央金庫と共同で構築した。(2022/7/25)

電動化:
三菱自の軽EVを三菱UFJ銀行から法人向けに提案、ミニキャブミーブも対象
三菱自動車は2022年7月22日、三菱UFJ銀行との協業を発表した。三菱UFJ銀行の顧客基盤やネットワークを通じて、法人の取引先に電気自動車(EV)の「eKクロスEV」「ミニキャブ・ミーブ」を紹介する。また、三菱自動車の脱炭素化に向けたさまざまな取り組みを、三菱UFJ銀行が持つソリューションで支援する。(2022/7/25)

スマホ使い無人店舗支援「スマートストア」事業を本格展開 NTT東日本
NTT東日本グループが、小規模小売店向けに店舗運営の省人・無人化を支援するスマートストア事業に関する説明会を開催した。スマートフォンアプリによる非接触販売の仕組みや購買データ分析といったサービスを、2024年度中に全国200店舗へ導入する方針だ。(2022/7/22)

脱炭素:
温室効果ガス排出量算定サービスに製品別、サービス別排出量算定機能を追加
ゼロボードは、温室効果ガス排出量算定、可視化サービス「zeroboard」に、製品やサービス別にGHG排出量を算定する機能を追加した。オフラインで支援していたCFP算定とサプライヤーからの一次データが、クラウドサービス上で連携可能になる。(2022/7/22)

製造ITニュース:
製造業のアフターサービスを高度化し、収益性を高めるソリューション提供開始
セールスフォース・ジャパンは2022年7月12日、製造業のアフターサービス業務を支援する「Manufacturing Cloud for Service」の国内販売を開始した。スペアパーツの需要予測を行うとともに、アフターサービスに関する情報を製品のバリューチェーン全体で共有する仕組みを提供する。(2022/7/22)

産業用ロボット:
新たなロボットのアイデアを形に、デザインから生産までを支援
工業製品の開発支援を行うアークでは「TECHNO-FRONTIER 2022」(2022年7月20〜22日、東京ビッグサイト)において、デザインや設計から試作、少量生産までを請け負う「アークパッケージソリューション」などをアピールした。(2022/7/22)

動く「AIスーツケース」、空港で実証実験 視覚障害者の移動を支援
日本科学未来館は21日、視覚障害者向けの自律型ナビゲーションロボット「AIスーツケース」の実証実験を北海道の新千歳空港で実施すると発表した。(2022/7/21)

ビジネスチャットツールの認知度、2位は「Microsoft Teams」、1位は?
最も認知度が高いビジネスチャットツールは?──アンケートの支援事業を手掛けるモニタスが調査したところ、2位は「Microsoft Teams」だった。1位のツールは。(2022/7/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.