「ストレージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ファーウェイが「MateBook 14」にRyzen 5モデルを追加 デタッチャブル2in1「MateBook E」はCore i5モデルのメモリ/ストレージを強化
ファーウェイ・ジャパンが、アスペクト比3:2のディスプレイを搭載した14型ノートPC「MateBook 14」のラインアップにRyzen搭載モデルを追加した。デタッチャブル2in1タブレット「MateBook E」のCore i5モデルにも、メモリとストレージを強化したモデルを投入する。(2022/5/26)

Androidスマホのストレージが足りないときに空き容量を確保する方法
長い間Androidスマホを使っていると空き容量が減ってくる。アプリをダウンロードできなくなったり、スマホが動かなくなることもあるので空き容量に余裕を持たせるのは重要だ。今回は不要なアプリなどを削除する方法を紹介する。(2022/5/26)

組み込み開発ニュース:
モーター制御向けArmマイコンの新製品、家電機能安全に対応
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M3を搭載した32ビットマイコン「TXZ+ファミリー アドバンスクラス」の新製品「M3H」グループ21製品を発表した。民生機器や産業機器のメイン制御やモーター制御に適する。(2022/5/25)

「バックアップ/ストレージ製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/5/25)

Apple、謎用途のバッテリー内蔵ネットワークアダプター「A2657 Network Adapter」をFCCに申請 Studio Display拡張用?
豊富なネットワーク機能とローカルストレージ、メモリを搭載したApple純正ネットワークアダプター、いったい何に使うのか。(2022/5/23)

モトローラ、発売延期の「motorola edge 30 PRO」を6月3日に発売 8GB/128GBモデルも追加
モトローラ・モビリティ・ジャパンは、発売延期を発表していた5Gスマホ「motorola edge30 PRO」の発売日を6月3日に決定。メインメモリ8GB、内蔵ストレージ128GBのモデルも追加し、8万6800円(税込み)で販売する。(2022/5/18)

Tech TIPS:
【Windows 11】SSD、仮想ディスク時代の「ドライブの最適化」ツール活用法
ストレージとして「ハードディスク」ではなく、「SSD」を搭載するようになった現在、ファイルを連続した領域に並べ直す「デフラグ」はあまり意味がなくなってきている。では、Windows 11の「ドライブの最適化」ツールは意味のないものなのだろうか。「ドライブの最適化」ツールの意味と使い方、注意点を紹介しよう。(2022/5/13)

5G対応のエントリーモデル「Xperia Ace III」登場 Snapdragon 480や4500mAhバッテリー搭載
ソニーが5G対応のエントリーモデル「Xperia Ace III」を発表。2022年6月中旬以降に発売する予定。シリーズとして初めて5Gに対応し、高さ140mm、幅69mmのコンパクトなボディーを特徴としている。プロセッサはSnapdragon 480、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBを備える。(2022/5/11)

テーマは「星を見る人」:
Kubernetes 1.24がリリース、コード署名でsigstoreを採用、Dockersimは削除
Kubernetesプロジェクトは2022年5月3日(米国時間)に、Kubernetes 1.24をリリースした。今回は46の機能拡張および変更がある。ストレージ容量トラッキングや自動ボリューム拡張、Dockersimの削除などのトピックがある。(2022/5/10)

NEWS
総菜大手がDRシステム刷新 ストレージの容量不足を解決した方法とは?
「RF1」「神戸コロッケ」などの総菜を手掛けるロック・フィールドは、災害復旧(DR)システムを刷新。ストレージの容量不足の問題を抱えていた同社が「Veeam Backup & Replication」で実現した手法と成果は。(2022/5/10)

Dellがストレージポートフォリオを拡充 「Dell Project Alpine」でクラウド連携を強化
Dellがストレージ製品のポートフォリオ強化を進める。クラウドデータサービスとの連携など大胆な施策を基に、目下目指すのは、ハイブリッド、マルチクラウドでのデータ運用基盤としての地位確立だ。(2022/5/6)

iPhoneのストレージが足りないときに空き容量を確保する方法
iPhoneのストレージ容量がいっぱいになってしまうと、アプリのインストールや写真・動画の撮影ができなくなることがあります。そんなときはアプリや写真など、余分なデータを削除すると、空き容量を確保できます。「設定」アプリで今の容量を確認し、不要なものがないかチェックしていきましょう。(2022/5/4)

Mobile Weekly Top10:
スマホの内蔵ストレージ、「64GB」で足りる? 足りない?
最近は少なくとも64GBを備えることが一般的なスマートフォンの内蔵ストレージ。しかし「64GB」で本当に足りるものなのでしょうか……?(2022/4/30)

iPhone Tips:
iPhoneのバッテリー使用状況から、不要なアプリを確認する
iPhoneにインストールしたアプリが多いと、ストレージを圧迫するしホーム画面はごちゃごちゃと煩雑になる。さらにはバッテリーの消耗率も増え、いいことがない。バッテリーの使用状況を確認し、いらないアプリをあぶり出そう。(2022/4/30)

Arm Cortex-M3コアを搭載:
東芝D&S、32ビットマイコン群に21製品を追加
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M3コアを搭載した32ビットマイコン「TXZ+ファミリー アドバンスクラス」として、「M3Hグループ」21製品の量産を始めた。民生機器や産業機器におけるメイン制御、モーター制御などの用途に向ける。(2022/4/28)

iPhone Tips:
iOSアプリを削除してホーム画面をスッキリ 復元するには?
iPhoneを長年使い続けていると、さまざまなアプリをインストールしてストレージを圧迫しがちだ。特にゲームアプリはデータサイズが大きい。しばらく遊んでいないゲームや使っていないアプリはいったん削除しよう。(2022/4/28)

ストレージの電力消費問題【後編】
容量増加のSSDと安いHDD、低電力のテープ――これからのストレージの選択肢
消費電力量の抑制はこれから企業が重視すべき取り組みの一つだ。SSDやHDD、テープといった各種ストレージについて消費電力を軸にして検討する場合、企業は何を知っておくべきなのか。(2022/5/10)

今、スマートフォンのストレージが64GBでは厳しいと思う理由
日本でも5Gのサービスが始まってから2年が経過した。高速かつ大容量の通信インフラ下での利用を前提としたリッチコンテンツが登場し始める中、ストレージ容量不足という声も多く寄せられる。お使いのスマートフォンの本体容量について、再考してみる時期が来たといえる。(2022/4/24)

東芝 TPH9R00CQH:
低オン抵抗の150V耐圧NチャンネルパワーMOSFET
東芝デバイス&ストレージは、150V耐圧NチャンネルパワーMOSFET「TPH9R00CQH」の販売を開始した。オン抵抗が最大9.0mΩと低く、素子構造を最適化することでオン抵抗とゲートスイッチ電荷量、出力電荷量のトレードオフを改善している。(2022/4/25)

2人に1人がクラウドストレージを個人利用:
クラウドストレージの国内利用者数ランキング2位は「iCloud」、1位は?
ICT総研はクラウドストレージサービス(オンラインストレージサービス)の市場動向に関する調査結果を発表した。クラウドストレージ利用者数2位は「iCloud drive」、1位は「Google ドライブ」だった。(2022/4/21)

特選プレミアムコンテンツガイド
「クラウドストレージはエコ」は大きな誤解だった?
環境意識の高まりやエネルギー価格の高騰を背景に、環境に配慮した形でストレージを運用する動きが加速している。どう運用すればよいのか。具体的な方法を紹介する。(2022/4/21)

モデル別に年間平均故障率(AFR)を算出:
Backblaze、自社データセンターにおけるSSDの使用統計レポートを発表
Backblazeは、自社データセンターにおけるSSDの使用統計レポートを発表した。統計対象のSSDは全て、ストレージサーバの起動ドライブとして使われている。(2022/4/20)

ストレージの電力消費問題【前編】
SSDとHDDを単純比較してはいけない理由 電力に敏感な企業のストレージ
多様なデータの利用が広がり、データセンターの電力消費は増大を続ける見通しだ。データ保管という重要な役割を担うストレージに関して、企業が考慮すべきこととは。(2022/4/28)

Amazonギフト券が抽選で当たる
「ストレージの利用/運用状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2022/4/19)

ICT総研調べ:
主に利用するクラウドストレージ 1位は「Google ドライブ」、2位以下は?
ICT総研は、クラウドストレージサービス(オンラインストレージサービス)の市場動向の調査を実施し、国内の個人向けクラウドストレージサービス利用者は2023年度には5620万人と推計した。(2022/4/19)

オブジェクトストレージとPOSIX【後編】
「POSIX」と「オブジェクトストレージ」の関係がなぜ問題なのか
Amazon S3などで一般化したオブジェクトストレージは、POSIXを前提とする既存のアプリケーションと相性が悪い。POSIX準拠の有無がどう関係するのか。(2022/4/13)

企業に迫る大容量データの保管問題【後編】
「テープ」と「クラウドストレージ」の一長一短 動画に使えるストレージは?
大容量の動画データを保管する場合、コストや管理方法など幾つかのポイントを軸にして検討するとよい。テープに対して、クラウドストレージにはどのようなメリットがあり、何に注意すべきなのか。(2022/4/11)

ドンキの超小型ノートPCに第3弾 3万2780円 eMMCからSSDに刷新
「ドン・キホーテ」を運営するドン・キホーテが超小型ノートPC「NANOTE」の第3弾モデルを発表した。価格は3万2780円そのままでストレージをeMMCからSSDに変更している。(2022/4/7)

特選プレミアムコンテンツガイド
HDDやSSDの限界を超えるストレージ「HDS」とは
立体的にデータを書き込む「HDS」は、既存のストレージが抱える課題を解消する可能性がある。HDSのメリットと課題、実用化に向けた取り組みを説明する。(2022/4/7)

Zoned StorageなどD2PF技術で:
SamsungとWD、次世代ストレージ技術標準化に向け協業
ソリッドステートストレージ大手のSamsung Electronics(以下、Samsung)とWestern Digital(以下、WD)が、複数のストレージ技術規格の統一に向けて協業すると明らかにした。まずは、Zoned Storageソリューションから着手するようだ。(2022/4/6)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(167):
Azureの「ストレージアカウント(クラシック)」が間もなく廃止! 利用者は早めの対応を
Microsoftは2022年3月末、Azureストレージの「ストレージアカウント(クラシック)」利用者に対し、サービスの廃止予定を通知しました。完全に廃止されるまでにはまだ余裕がありますが、既存環境への影響を評価した上で、Azureリソースマネージャータイプの「ストレージアカウント」に移行してください。(2022/4/6)

クラウドの4大設定ミスとその防止方法【中編】
機密データを全世界に公開しないための「クラウドストレージ」「クラウドネットワーク」設定ミスの防ぎ方
クラウドストレージやクラウドネットワークの設定ミスが原因となり、機密データを誤って外部に公開してしまうことがある。こうした事故を防ぐために、設定ミスを防止する方法を説明する。(2022/4/5)

企業に迫る大容量データの保管問題【前編】
動画データの保存にはまず「テープ」? ただし陥りがちな失敗も
大容量の動画データを保存する場合、どのようなストレージが理想的なのか。動画データの保管において注意すべき点を踏まえつつ、検討すべきストレージのメリットとデメリットを考える。(2022/4/4)

Apple、月額2.99ドルからの中小企業向けサブスク「Apple Business Essentials」開始 デバイス管理やクラウドストレージなど
Appleのデバイス管理、24時間365日サポート、クラウドストレージを備える。(2022/4/1)

「バックアップ/ストレージ製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/4/1)

環境に優しいストレージ運用法【後編】
HDD、SSD、テープを「電力」で比較 電力を食わないストレージとは?
ストレージの電力使用量を減らすには、ストレージがどのような方法でデータを読み書きしているのかを知ることが重要だ。環境に優しいストレージ運用に必要な、基本的な知識を整理する。(2022/3/31)

カメラのキタムラが写真・動画向けクラウドストレージサービス 月額400円・250GBから
「カメラのキタムラ」を運営するキタムラがクラウドストレージサービスを始めた。データを無圧縮で保存できる他、カメラのキタムラで使えるクーポンを受け取れる。使い方を店舗で教えるサービスも提供し、店頭への誘導も期待するという。(2022/3/29)

PCIeとEDSFF基礎の基礎【後編】
次世代NVMe SSDの大本命、EDSFFフォームファクターとは何か
EDSFFが次世代フォームファクターの最有力候補になりつつある。どのような形状で、PCやストレージ製品にどのように実装されるのか。EDSFFの全体像を解説する。(2022/3/25)

環境に優しいストレージ運用法【中編】
ストレージの電力使用量を下げる具体的な方法 「クラウドで解決」実は難しい?
グリーン化を掲げ、IT機器を環境に優しい形で運用する動きは、ストレージとも無関係ではない。ストレージの電力使用量を低下させるこつを踏まえ、環境に配慮したストレージ運用を始めるためのノウハウを紹介する。(2022/3/24)

「Xperia 5 III」のSIMフリーモデルが4月22日発売 デュアルSIM対応で約11.4万円
ソニーが、「Xperia 5 III」のSIMロックフリーモデル(XQ-BQ42)を4月22日に発売する。市場推定価格は11万5000円前後(税込み)。キャリア向けモデルとの違いは、本体カラーとストレージ、デュアルSIM対応など。(2022/3/23)

「FMV Chromebook 14F」にCeleronモデルが登場 3月25日に発売 直販価格は約6.6万円
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が2021年11月に発売した初のChromebookにCeleronモデルが追加される。CPUをCeleron 6305、ストレージを64GBのeMMCに、ディスプレイをタッチ非対応に変更することで手頃な価格を実現した。(2022/3/18)

工場ニュース:
福島県沖地震で電子デバイス工場が操業停止、ルネサスや東芝、村田製作所など【追加情報あり】
2022年3月16日深夜に発生した福島県沖地震により、東北から関東にある半導体や電子部品など電子デバイスメーカーの工場の操業に影響が出ている。ルネサス エレクトロニクス、東芝デバイス&ストレージ、村田製作所、アルプスアルパイン、トーキンの状況をまとめた。(2022/3/18)

環境に優しいストレージ運用法【前編】
「クラウドストレージを使えば電力使用量を減らせる」は大きな誤解だった?
「エコ」意識が高まり、エネルギー価格が高騰する中、環境に配慮したIT機器の運用は企業にとって喫緊の課題となっている。その代表例はストレージだ。どうすればストレージの電力使用量を抑えられるのか。(2022/3/17)

データ保護を守りの消費から攻めの投資へ導く
身近なファイルサーバが鍵を握るクラウド活用とDX成功への道
クラウドを利用したオブジェクトストレージは大容量で低価格だが、用途が限定的であったり、比較的低速だったり、予想外のコストが生じたりするケースもある。これをカバーする方法はあるのだろうか。(2022/3/14)

デル、SAN/DASに最適化したSMB向けのラックマント型ストレージ
デル・テクノロジーズは、中堅・中小企業向けとなるラックマント型エントリーレベルストレージ「Dell PowerVault ME5」を発表した。(2022/3/9)

ストレージの選び方を業界プロが指南
10年先を見据えた「失敗しないストレージ」選定、たった3つのポイント
クラウドファーストの世界において、オンプレミスシステムはどう扱うべきか。変化の激しさが増す中で重要なのは、未来の進化に堪え得る要件の設定だ。「10年後のITインフラ」を見据えたストレージの選び方を、4人の業界通が語った。(2022/3/10)

第12世代Core i9プロセッサ搭載の「Intel NUC 12 Extreme」はどこが進化したのか(後編)
Intelの新型「NUC」となる「Intel NUC 12 Extreme Kit」が発表された。前編に続き、後編ではメモリやストレージ、グラフィックスカードにOSを追加してベンチマークテストを行った。(2022/3/8)

大容量データ向けのHDD【前編】
SSDに高速性で負けても「HDD」の未来は明るい? 老舗ベンダーの見解は
HDDは2021年に20TBが登場するなど大容量化が進み、データを効率的に保管するストレージとしての役割を大きくしている。老舗ストレージベンダーWestern Digitalの見解を基に、今後のHDDへの期待を紹介する。(2022/3/18)

PR:Androidスマホを使い倒すのに、サンディスクのmicroSDメモリカードが欠かせない理由
最新のスマホやサービスをヘビーに使うほど、内蔵ストレージが足りなくなってしまう。そこで便利なのが、Androidスマホの内蔵ストレージを増やせるmicroSDメモリカードだ。今回オススメしたいサンディスクのmicroSDは、動作速度や耐久性の面でオススメしたい。(2022/3/11)

Computer Weeklyリバイバル
次世代ストレージ&メモリを激変させるあの「凄い技術」
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/3/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.