• 関連の記事

「トラブルシューティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トラブルシューティング」に関する情報が集まったページです。

AWSの「CloudWatch」「CloudTrail」を比較【前編】
「Amazon CloudWatch」と「AWS CloudTrail」でできるAWS運用監視の違いとは?
「Amazon CloudWatch」と「AWS CloudTrail」は、AWSサービスのログを記録してトラブルシューティングを支援する点で共通する。しかし両者の役割や機能は異なる。それぞれの違いと機能を解説する。(2024/7/22)

リモートアクセスとVPNの制限を推奨:
米CISAが“強く”推奨する「ネットワークセキュリティのベストプラクティス」を発表
CISAは、安全なネットワークアクセスのために企業が実施すべき最新セキュリティソリューションとベストプラクティスのガイダンスを発表した。(2024/7/19)

セキュリティソリューション:
SASE導入に悩むパートナー企業を支援 Cato NetworksがCato MSASEの日本提供を開始
Cato Networksは日本のパートナー企業向けに「Cato MSASE パートナープラットフォーム」の提供を開始する。パートナー企業はこれを利用することで、Catoの支援を受けながらCato SASEクラウドや各種関連サービスを顧客に提供できるようになる。(2024/7/9)

案件創出数2倍に! 「人と話すのが苦手」な営業は、マネフォのインサイドセールスをどう変えた?
顧客との最初の接点となる、インサイドセールス。「目標を立てづらい」「メンバーのモチベーションを保ちづらい」といった課題が多くの組織で聞かれるが、マネーフォワードではそうした課題解決に特化したチームを立ち上げた。案件創出数を1.5〜2倍に拡大させた、同チームの取り組みとは?(2024/7/8)

疲弊するセキュリティ担当者
セキュリティ現場で「クラウドが嫌われる」のはなぜか?
組織が利用するクラウドサービスが増加するほど、セキュリティチームの負担は増している。クラウドサービスの利用がセキュリティの運用負荷増大につながるのはなぜなのか。(2024/7/4)

今だからこそ学び直すActive Directory基礎のキソ(2):
いまさら聞けないドメイン/ドメインコントローラーの役割
「オンプレミスからクラウドへ」という時代の流れによって、「Active Directory」を新規構築する機会は少なくなりました。それ故、現存するActive Directoryが「どのような意図があってその構成なのか?」「どのような構成であるべきか?」を知る機会も少なくなったと思います。そうしたことを解明するため、今回はActive Directoryの構成要素である「ドメイン」と「ドメインコントローラー」について学び直します。(2024/7/4)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
ニッチだが奥深い「映像伝送」の歴史 コンピュータ・グラフィックスからIP伝送まで
映像伝送の歴史について、前回はアナログからデジタルまでの変遷をお伝えした。今回はコンピュータ画像の伝送(録画)と、普及が進むIP伝送についてまとめてみる。(2024/6/27)

2024年内に「Claude 3.5 Haiku」と「Claude 3.5 Opus」をリリース予定:
Anthropic、生成AI「Claude 3.5 Sonnet」を発表 推論速度は前世代上位モデルの2倍、図やグラフの解釈能力も向上
Anthropicは、同社の大規模言語モデルとして「これまでで最も高性能」とする「Claude 3.5 Sonnet」を発表した。(2024/6/27)

AWS×キンドリルの協業が企業のAI活用にもたらすメリット:
PR:エンタープライズ品質のAIをクイックに実装、安定的な運用を維持するには
キンドリルがAWSを活用した産業別のクラウド活用支援を強化する。中でも注目したいのが、エンタープライズ品質での生成AI活用の取り組みだ。業界別にクイックにサービスを立ち上げられるという。(2024/6/24)

作成方法、盛り込むべき情報を解説:
READMEファイルに何を書くべき? ベストプラクティスを紹介
TechTargetはREADMEファイルの作成方法を解説する記事を公開した。ソフトウェアプロジェクトについての重要な情報を社内関係者やユーザーに提示するために必要な、READMEファイルの作成方法を紹介する。(2024/6/21)

Windows 10 The Latest:
そろそろWindows 11との互換性を確認しようじゃないか
2025年10月14日にWindows 10のサポートが終了する。調査会社のレポートによれば、日本国内において半数以上がいまだにWindows 10だという。Windows 10のサポート終了まで残り時間が少なくなっている。そろそろWindows 10からWindows 11に移行可能かどうかの確認をしてみるとよい。本稿では、Windows 11との互換性をチェックする方法と、TPM 2.0の要件を満たさなかった場合にUEFI(BIOS)を確認、変更する方法を紹介する。(2024/6/21)

リモートデスクトップのトラブル対処6選【後編】
Windows 11「リモートデスクトップが黒い画面のまま動かない」の原因は?
「リモートデスクトップ」を使用中、突然黒い画面になって操作不能な状態に陥ったとき、IT担当者は何を確認すべきなのか。問題の原因の特定と解消に役立つ3つの作業とは。(2024/6/20)

.conf24現地レポート:
Cisco買収の影響はいかに? Splunkのトップが今後のロードマップを明言
Splunkはラスベガスで大規模カンファレンス「.conf24」を開催している。同イベントではCiscoによる買収の影響や、Splunk製品全体に組み込まれるAIソリューションについてアナウンスがあった。(2024/6/14)

セキュリティのシフトレフトが開発チームにとってストレスの原因に:
Docker、2024年版年次開発者調査レポートを発表 開発チームが最も苦労しているのは開発前の「計画」や「見積もり」
Dockerは、アプリケーション開発の現状に関する年次開発者調査「The 2024 Docker State of Application Development Report」の結果を発表した。開発者が使用するツール、アプリケーション開発プロセス、課題、業界動向に関する意見、開発者コミュニティーへの関与などを明らかにしている。(2024/6/14)

リモートデスクトップのトラブル対処6選【前編】
Windows 11で「リモートデスクトップが真っ黒」になるのは何が原因?
「リモートデスクトップ」を実行していると、急に黒い画面になって接続先のWindowsを操作できなくなることがある。この問題の原因を特定し、解消するための対処法とは。(2024/6/13)

セキュリティニュースアラート:
Splunkが製品ポートフォリオ全体にAIを搭載 業務の効率化と簡素化に寄与
Splunkは同社の製品ポートフォリオ全体にAIソリューションを導入する。生成AIツール「Splunk AI Assistant」が製品に組み込まれることで自然言語での情報検索やクエリの生成などが可能になる。(2024/6/13)

役立つクラウド認定資格11選【第4回】
“オールラウンダーなクラウド技術者”を目指せる「認定資格」はこれだ
クラウド管理や構築の経験をある程度積んだクラウド技術者が、次に目指すべき資格とは何か。本稿はクラウドアーキテクトに関連する資格と、ベンダーに依存しないクラウド認定資格を詳しく説明する。(2024/6/12)

ジュニパーがAIOpsツールで「事前のトラブルシューティング」も、何が変わったか
Juniper Networksは、2024年に入ってネットワーク管理製品「Mist AI」の機能追加を相次いで発表した。その中で「事前のトラブルシューティング」も可能にしたという。具体的にはどういうことなのか。(2024/6/11)

ソーシャルエンジニアリング攻撃の標的に:
Microsoftが注意喚起 「クイックアシスト」を悪用した「テクニカルサポート詐欺」の手口、対策とは
Microsoftはリモート支援ツール「クイックアシスト」を悪用したサイバー攻撃を観測している。攻撃の手口と同社が推奨する対処法を紹介する。(2024/6/10)

コンテナ化はCI/CDの導入を、CI/CDはオブザーバビリティの導入を楽にする:
「オンプレミスを踏襲したAWS活用」から「クラウドネイティブ」へ 1日10回のリリースを可能にさせた「NewsPicks」のアーキテクチャ改善ステップ
「@IT Cloud Native Week 2024 冬」の基調講演に、ユーザベース NewsPicks事業 SRE Unit Leaderの安藤裕紀氏が登壇。AWSを利用しながらもオンプレミスを踏襲した構成となっていた同社で、クラウドネイティブなアーキテクチャへの改善の取り組みと、その過程で得られた知見を紹介した。(2024/6/6)

GitHubとの違いも解説:
AIによる自動化機能が追加された「GitLab Duo」、DevSecOpsパイプラインへの統合は開発者に何をもたらすのか
TechTargetはGitLabの開発者向けツール戦略に関する記事を公開した。GitLabは、プラットフォームエンジニア間におけるAI自動化への関心の高まりに応えるため、次期リリースで同社「Duo」のAIツールをDevSecOpsパイプライン全体に結び付ける予定だ。(2024/5/30)

仮想デスクトップの6つの利点【後編】
物理PCから「仮想デスクトップ」に移行する“これだけの理由”
仮想デスクトップには、ノートPCやデスクトップPCでOSやアプリケーションを動かすのとは異なる利点が期待できる。4つの観点から、仮想デスクトップの利点を説明する。(2024/5/30)

FM:
施設管理業務の人材育成強化と業務のDX推進へ、NECファシリティーズが千葉に新拠点
NECファシリティーズは、工場インフラ設備の管理や運用を担う人材の育成や、事業のDX推進を目的とした研修/研究開発センターを新設した。(2024/5/28)

工場ニュース:
半導体工場などの施設管理人材を倍速で育成、NECファシリティーズの「FM-Base」
NECファシリティーズは、千葉県我孫子市の我孫子事業場内に、施設管理人材の研修/研究開発センター「FM-Base(エフエムベース)」を開設し、2024年5月から運用を開始した。(2024/5/27)

「ボイジャー1号」システム障害から一部復旧 科学機器からのデータ受信に成功
米NASAは22日(現地時間)、コンピューターに問題が発生している惑星探査機「ボイジャー1号」から、搭載する科学機器のデータが一部返ってきたと発表した。(2024/5/24)

セキュリティニュースアラート:
Splunkがセキュリティ業務に与える生成AIの影響を調査 実際どう役立てられるのか?
Splunk Services JapanとEnterprise Strategy Groupが実施した調査によると、93%のセキュリティリーダーが生成AIを活用しているが、34%は生成AIのポリシーを未策定であり、65%がその影響を理解していないことが明らかになった。(2024/5/17)

IPネットワーク再入門【第4回】
「DHCP」を解説 IPアドレスの“ミス”をなくす仕組みとは?
ネットワーク管理者がデバイスごとにIPアドレスを手動で設定することは困難であるため、DHCPという仕組みがある。ネットワーク管理の基本となるDHCPの仕組みを解説する。(2024/5/14)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windows 11「ネットにつながらない」の対処法はこれだ
PCがインターネットにつながらないトラブルは頻繁に発生する。「Windows 11」搭載PCも例外ではない。どうすれば接続を回復できるのだろうか。トラブルの際にまず試すべきこととは。具体的な対処法を解説する。(2024/5/9)

自然言語で生成AIアプリを作成できる新機能も発表:
AWS、ビジネスとソフトウェア開発を支援する生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始
AWSは、ビジネス全般とソフトウェア開発を支援するように設計され、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始した。(2024/5/7)

パフォーマンスエンジニアリング、セキュリティ、開発支援などの機能が強化:
Linux 6.8カーネル採用の「Ubuntu 24.04 LTS」リリース
Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新版「Ubuntu 24.04 LTS」(開発コードネーム「Noble Numbat」)が公開された。10番目のLTSリリースで、Linux 6.8カーネルを採用している。(2024/5/2)

2大テレビ会議システムを比較【前編】
会議室“据え置き”ツール「Microsoft Teams Rooms」「Zoom Rooms」の違い
オフィス向けのテレビ会議システムである「Microsoft Teams Rooms」と「Zoom Rooms」。いずれもソフトウェアと、会議室に設置するハードウェアを組み合わせたものだ。それぞれの機能を確認しよう。(2024/5/2)

PR:最近話題の「AI PC」を選ぶメリットとは? 日本HPの最新「EliteBook G11シリーズ」がお薦めのワケ
(2024/4/30)

開発プロセスにAIが浸透:
Docker、開発者のAI利用動向レポートを発表 AIを脅威視する開発者は少数派
Dockerは、開発者がどのようにAIを導入、利用しているかを調査したレポート「Docker AI Trends Report 2024」を発表した。(2024/4/19)

データベース運用のあらゆる側面を簡素化:
Google Cloud、AIベースのDBアシスタント「Gemini in Databases」を発表 専門知識不要でDB開発、管理が可能に
Google Cloudは、開発支援やパフォーマンス最適化、フリート管理、ガバナンス、移行など、データベース運用のあらゆる側面を簡素化するAIベースのデータベースアシスタント「Gemini in Databases」のプレビュー提供を開始した。(2024/4/18)

開発者やクラウド担当者、セキュリティ担当者、ビジネスアナリストを支援:
Google Cloud、Gemini LLMベースの新世代AIアシスタント「Gemini for Google Cloud」を発表
Google Cloudは、開発者、Google Cloudサービス、アプリケーション向けの新世代AIアシスタント「Gemini for Google Cloud」を発表した。(2024/4/12)

セキュリティソリューション:
Copilot for Securityはどう使えばいい? マイクロソフトがプロンプトの例を公開
Microsoftは2024年4月1日から「Copilot for Security」の提供を開始した。Copilot for Securityは、新しいMicrosoft Entraのスキルを搭載し、IDとセキュリティインシデントの解決を支援する。マイクロソフトはプロンプトの実例も公開した。(2024/4/10)

クラウドの2大資格どちらを取る?【前編】
“有能エンジニア”の証明としてCompTIAの「あのクラウド資格」が人気な訳
IT業界団体のCompTIAの認定資格は、エンジニアの間で根強い人気を誇る。特にクラウドサービスに関するある認定資格が、エンジニアの実力を証明するのに有効だ。なぜなのか。(2024/4/9)

ローチケ、アプリ再インストールや機種変更で電子チケット消失? SNSで物議 運営は「状況確認して再表示する」 背景にはチケット不正問題
ローチケのスマホアプリがSNSで炎上している。アプリの再インストールや機種変更を行うと、ダウンロードしていた電子チケットが消失してしまうという。問い合わせによって電子チケットを再表示させられると告知が出たが……。(2024/4/4)

ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【後編】
SharePoint以外にもこれだけある 「ナレッジ」を蓄積できるツール5選
従業員が持っている知見や情報を業務改善に生かすに当たり、そのデータを集約し共有できる「ナレッジマネジメントツール」の導入は有効な手段の一つだ。主なナレッジマネジメントツール5個を紹介する。(2024/3/30)

ネットワークニュースフラッシュ
無線LAN「アクセスポイント約800台」への増設 病院はどう管理した?
病院などの医療機関は無線LANの導入に慎重だったが、状況は変わりつつある。医療現場でさまざまな課題が生じる中で、病院は無線LANをどう活用しているのか。無線LAN導入の主要なニュースを紹介する。(2024/3/29)

やさしいデータ分析:
データ分析に適したデータ形式に変換する方法と、表データを読み込む方法
データ分析の初歩から学んでいく連載の第16回(最終回)。分析に適した形にデータを入力/変換する方法を、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。スタック形式のレコードをアンスタック形式に変換する方法、CVSファイルやWebページからデータを読み込む方法などについて解説します。(2024/3/28)

設計業務のリモート化:
PR:設計のリモート化がもたらしたのは、事業所間のコラボレーションを最大化する環境
日立産機システムは、日立製作所の「3次元仮想デスクトップサービス」を導入した。これによって、設計者は従来のワークステーション利用による作業場所の固定化やセキュリティ面の懸念から解放され、業務のリモート化や事業所間の業務標準化などを達成した。(2024/3/28)

「従来のツールで効果的に観測、分析できないデータを可視化する」:
オープンソースのKubernetesネットワーク可観測性プラットフォーム「Retina」をリリース Microsoft
Microsoftは、特定のクラウドに依存しないオープンソースのKubernetesネットワークオブザーバビリティプラットフォーム「Retina」をリリースした。(2024/3/26)

「KubeCon+CloudNativeCon North America 2023」レポート:
LINEヤフーはDB自動チューニング術を紹介――「KubeCon」で気になった最新のKubernetes×データベース運用ノウハウ
「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介していきます。今回は「KubeCon+CloudNativeCon North America 2023」で気になった内容をお届けします。(2024/3/26)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第1回】
エンジニアで“年収1500万円プレーヤー”になれる「資格」はこれだ
サーバ分野のエンジニアの需要は引き続き旺盛だ。「できるサーバエンジニア」として評価され、キャリアを築き、年収を上げていくには何が必要なのか。認定資格を含めて整理した。(2024/3/25)

eBPF、WASM、AIと電力、Gateway API、Keycloak……:
Cloud Native Community Japanキックオフミートアップで語られたクラウドネイティブの現在と日本の貢献
Cloud Native Computing Foundationの公式な日本チャプターとして活動するCloud Native Community Japan。そのキックオフミートアップで語られたクラウドネイティブの現在と日本の貢献とは。(2024/3/14)

PR:今こそ見直したいハイブリッドワークの注意点 読者調査で分かった、次のビジネスPCに必要な条件とは
(2024/3/14)

ネットワークを中心に広がる“買収の余波”
HPEによる「Juniper買収」で何がどうなる? 製品への影響とユーザーの反応
HPEは2024年1月にJuniper Networksの買収を発表した。両社には競合してきた事業領域もあれば、そうでない部分もある。買収の狙いと、それが製品群やユーザーにもたらす影響とは。(2024/3/12)

日々のチャレンジが成長とイノベーションにつながる:
PR:ビジネスに貢献する基盤を自らの手で構築、運用するマイナビのクラウドエンジニア
さまざまなチャンスがあり、どんどん吸収できる。問題を自分事化して事業部と一緒に解決し、それが多くの人に役に立つ。そう、ここは「自ら成長機会を得られる場所」。(2024/3/11)

Security Copilotで業務はどう変わる? Microsoftが考えるAI時代のセキュリティ
Microsoftは生成AIソリューションSecurity Copilotをセキュリティ業務にどう活用するか、そのユースケースを発表した。この中では同社が実践している、安全なAI利用に向けたフレームワークの整備などについても語られた。(2024/3/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.