• 関連の記事

「クリッピング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クリッピング」に関する情報が集まったページです。

Y!mobileの「OPPO Reno11 A」は新規・MNPで2万1600円 最大9000ポイント還元も
ソフトバンクは、6月27日からY!mobileで「OPPO Reno11 A」を発売。容量5000mAhのバッテリーを搭載し、67Wの急速充電器を使用すれば約20分で1%から50%以上に充電できる。オンラインストアの価格は2万1600円(税込み)。(2024/6/20)

「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい
OPPOの日本向け新型スマートフォン「OPPO Reno11 A」が、6月27日に発売される。Reno11 Aは、OPPOの手頃な価格かつ高機能で日本向けにおサイフケータイなどの機能を搭載したReno Aシリーズの最新モデル。カメラ大きく進化し、急速充電にも対応した。(2024/6/20)

PR:「OPPO Reno11 A」はどれだけ満足できる? 「Reno9 A」との比較で分かった“大幅な進化”
OPPOから最新スマートフォン「OPPO Reno11 A」が登場した。 OPPO Reno11 Aは前モデル「OPPO Reno9 A」と比べ、画面の見やすさやカメラ画質の向上はもちろん、お手頃なミドルクラスながらも生成AIによる写真編集機能を用意。大幅な進化を果たしつつも、価格は税込み4万円台に抑えている。(2024/6/20)

グローバル広報のニーズに応える:
ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピング」を追加した。(2024/2/23)

Mobile Weekly Top10:
ロケット打ち上げ、飛行機からスマホで撮ってみたら
飛行機で移動する日に、ロケットの打ち上げがある――そんなラッキーな光景を写真や動画で収めようとする際に、スマートフォンは便利……なのですが、スマートフォンゆえの課題もあったりします。(2024/2/3)

Amazonブラックフライデー:
秋の夜長のプレイ時間を充実させるRazerのゲーミング関連機器が最大36%もお得
年に一度のAmazonブラックフライデーの先行セールが11月22日に始まった。ゲーミングデバイスを手がけるRazerは、キーボード、マウス、ヘッドセット、配信用品などさまざまなアイテムを出品している。最大値引率は36%だ。(2023/11/23)

B2Bマーケターのための広報入門【第3回】:
広報の成果を「広告換算」するのが決定的に間違っている理由
B2Bマーケティング担当者が広報業務も兼務することもありますが、広報とマーケティングは似ているようで異なる職能です。今回は、広報マーケティング兼任者が見誤りやすいポイントの一つである、広報の成果の測定方法についてご紹介しましょう。(2023/10/31)

SaaS対決:
Evernote vs Notion デジタルのメモ帳か、チーム共有のドキュメント管理ツールか
今回のSaaS対決は、ドキュメントを中心とした情報蓄積・共有ツールの古株であるEvernote(エバーノート)と、クラウド時代の新星であるNotion(ノーション)を取り上げる。(2023/4/28)

Twitter投稿キーワードから算出:
人気のサウナ施設ランキング、3位「神戸サウナ&スパ」、2位「かるまる池袋」、1位は?
デジタルPR事業を手掛けるソーシャルワイヤーは、記事クリッピングサービス「@クリッピング」のTwitter投稿調査サービスを活用し、サウナの人気施設と業態に関する調査を実施した。(2022/9/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
すごいGRMNヤリス、素人同然な販売政策(前編)
GRMNヤリスに乗せていただいてきた。のっけから何だと思う読者諸氏も多いだろうが、思わずそう言いたいくらい良かったのだ。本当にこの試乗会くらい、呼ばれて良かったと思う試乗会もなかった。これに関してはもうホントにトヨタに感謝する。筆者の自動車人生の中で特筆に値する経験だった。(2022/7/4)

Innovative Tech:
動画の雑音をほぼ消す技術、米国などのチームが開発 声のみが強調されすぎてアフレコみたいな結果に
米Dolby LaboratoriesとスペインのUniversitat Pompeu Fabraの研究チームは、収録した映像のバックグラウンドノイズ(背景雑音)を強力に除去する技術だを開発した。(2022/6/15)

PR Analyzerに新機能:
PR効果測定における「主役脇役分析」とは
取り上げられ方の違いを反映した広報・PR活動の質的評価を、人手に頼ることなく実現。(2022/3/31)

Tech TIPS:
【Windows 11】PrintScrnキー一発でWin+Shift+S(範囲指定スクリーンショット)をできるようにする
社内アプリケーションのマニュアル作成などでスクリーンショットを撮ることがあるのではないだろうか。その際、[Windows]+[Shift]+[S]キーを使うと、画面切り取り機能が起動して簡単にスクリーンショットが撮れる。頻繁にスクリーンショットを撮るのであれば、[PrintScrn]キーで切り取り機能を起動できるようにしよう。その方法を紹介する。(2022/3/10)

無料だけどスマホでプロ級の写真を撮れる モバイル版「Adobe Lightroom」を試す
アドビがスマートフォン向けに基本無料で配信しているアプリ「Adobe Lightroom」が非常に便利だ。「スマホで手軽に、こだわったきれいな写真を撮りたい」というわがままに応え、プロレベルの設定が豊富な画像編集ソフトとしても機能する。(2022/3/4)

統合型PRと広報効果測定のデータ活用【前編】:
「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合型PRと、DXが進む広報効果測定に関する基本知識とメソッドをご紹介します。(2021/10/21)

プレスリリース100万件超をAIで分析、データを基に広報支援 PR TIMESが企業向け新サービス
PR TIMES社が、会員企業の発表を配信するWebサイト「PR TIMES」で過去に掲載したプレスリリース(報道向け資料)100万件以上をAIで分析し、得られたデータを活用して企業の広報活動を支援するサービスを始めた。PR TIMESの会員企業の利用を見込むという。(2021/8/23)

「Web会議」の5大トレンド【中編】
Web会議に慣れた人々が次に求める「アップグレード」は何か?
Web会議を日常的に使うようになると、ちょっとした不便や機能不足を意識しやすくなる。エンドユーザーが次に求める「もう少し良い機能」とは何だろうか。(2021/6/30)

業界トップランナーが語る:
PRTech最前線 コロナ禍で加速する広報DXとどう向き合うべきか
発展目覚ましいPRTech市場。背景には、企業の広報・PR活動に対する意識の変化がある。ITmedia マーケティング編集長も登壇した日本マーケティング学会リサーチプロジェクト合同研究報告会のハイライトを紹介する。(2021/6/3)

高可用性とセキュリティを確保:
Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。(2021/5/10)

医療機器ニュース:
高速化、自動化ソリューションを搭載した永久磁石オープンMRIを発売
日立製作所は、高速化と自動化のソリューションを搭載した、磁場強度0.4テスラ永久磁石オープンMRIシステム「APERTO Lucent Plus」と磁場強度0.3テスラ永久磁石オープンMRIシステム「AIRIS Vento Plus」を発売した。(2020/12/1)

アナログ回路設計講座(40):
PR:高速データコンバータ向け新規格「JESD204B」の概要と適合テストでの課題
高速、高分解能のデータコンバータ(A/Dコンバータ、D/Aコンバータ)向けに策定されたシリアルインターフェース規格「JESD204B」。最高12.5Gbpsのデータ転送速度を誇るこの新規格とはどのようなものか説明するとともに、JESD204Bに対応するデバイスの検証に必要なテストについて確認します。(2020/11/9)

TensorFlow 2+Keras(tf.keras)入門:
第9回 機械学習の評価関数(回帰/時系列予測用)を使いこなそう
回帰問題や時系列予測で使える代表的な評価関数をまとめ、使い分け指針を示す。平均絶対誤差(MAE)、平均二乗誤差(MSE)とその平方根(RMSE)、平均二乗対数誤差(MSLE)とその平方根(RMSLE)、平均絶対パーセント誤差(MAPE)、平均二乗パーセント誤差の平方根(RMSPE)を解説。回帰分析用の決定係数にも触れる。(2020/8/17)

施工を“見える化“する3次元体感会:
3次元起工測量の効率を高める“ICT現場踏査・照査”活用事例
ドローンによる起工測量などを展開するFCコネクトは、3次元起工測量の前に行う現場踏査や照査などでICTを活用し、測量業務の効率化を進めている。(2020/4/21)

GoPro HERO8 Blackを頭に乗せ、歩いて走って分かったこと
大きく変わったハードウェア、進化したソフトウェアはどうか。GoPro最新カメラを試してみた。(2019/10/25)

Apple Digital Masters、AACでも「24bitスタジオマスターと区別つかない」は本当か?
AppleはiTunes Storeのダウンロード音源を「可能な限りマスター品質に近い形で配信が可能」にするというマスタリングスキームを提供している。本当にそうなのか? 実際に試してみた。(2019/8/26)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(7):
【直伝】流し撮りの成功率を上げる方法(2)「一脚を効果的に使う」
後編は「一脚のメリットと撮り方のコツ」を具体的に説明します。(2019/7/31)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(6):
流し撮りの成功率を上げる方法(1)「集中する」
撮れれば快感! 前編は原点に立ち返って「集中する」具体的な方法を紹介します。(2019/7/30)

情報革命・ソーシャル革命後の潮流:
IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。(2019/5/20)

今日のリサーチ:
「令和」ツイートが午前0時からの1分間の総量で「あけおめ」ツイートの2倍に――ソーシャルワイヤー調べ
平成最後の1時間と令和最初の1時間で「平成」「令和」のキーワードを含むツイートはどれだけあったのでしょう。(2019/5/3)

「静止画ダウンロード違法化」に反対 日本マンガ学会、「研究・創作を阻害する最悪の結果招く」
漫画やテキストを「ダウンロード違法化」の対象に加える動きについて、日本マンガ学会が反対。2次創作や研究のためのダウンロードも制限されるため、「一般ユーザーの萎縮を招き、研究・創作を著しく阻害する最悪の結果となることが予想される」と危機感をあらわに。(2019/1/24)

競合との露出シェアを比較:
ビルコム、「PR Analyzer」にSOVを可視化する新機能追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に、競合他社を含めた相対的な露出シェアを可視化する機能を追加したと発表した。(2018/12/25)

「エントリーシートを書く」だけが就活じゃない:
ハッカソンで実力を証明→経験者同様の好待遇で「PR TIMES」に新卒入社した23歳
自己分析して、履歴書を書いて、就活サイトに登録して、イベントに参加して……基本しぐさをこなすだけで就活はうまくいくのでしょうか?(2018/9/28)

日本TI TAS2770、TAS5825M、TAS3251:
スマートスピーカー向けのClass-Dオーディオアンプ
日本テキサス・インスツルメンツは、スマートホームや音声対応のアプリケーション向けに、Class-Dオーディオアンプ「TAS2770」「TAS5825M」「TAS3251」を発表した。(2018/6/18)

アップルPickUp!:
iPad Proでライフスタイル改革! 仕事とプライベートを効率化する
iPad Pro活用術を紹介。学生・教職員を対象にiPadとBeatsの同時購入でキャッシュバックキャンペーンも実施中。(2018/3/8)

Design Ideas アナログ機能回路:
CR発振回路の歪を抑える非線形増幅回路
非線形増幅機能の実現手段の1つとして、振幅リミッター回路を用意し、その閾値まで発振信号の振幅を増大させるという方法がある。その場合、リミッター回路が動作することで出力振幅が一定になるわけだが、非線形歪と出力クリッピングを最小にするには工夫が必要となる。そこで本稿では、そうした工夫を盛り込んだCR発振回路を紹介する。(2018/1/29)

高速シリアル伝送技術講座(4):
接続形態(トポロジ)と特性インピーダンス
今回は接続形態(トポロジ)、特性インピーダンスについてです。LVDS系テクノロジーのさまざまなトポロジとその基本な構成、またPECLやCMLを使用して同機能を高速で実現する方法などについて紹介します。(2017/9/13)

日本TI PMP11769:
700W車載用Class-Dオーディオアンプ
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、最大700WのRMS電圧をサポートする、車載用Class-Dオーディオアンプのレファレンスデザイン「PMP11769」を発表した。22×20×3cmと小型で、自動車の助手席の下にも搭載できる。(2017/7/24)

AIで、映像からキーワード、概念、感情的な文脈などのメタデータを自動抽出:
IBM、「映像」からビジネス洞察を得るWatsonベースのクラウドサービスを提供へ
IBMが、企業が「映像」からビジネス洞察を引き出せるよう支援する「Watson」ベースの新クラウドサービスを発表。2017年内の正式版リリースを予定する。(2017/4/26)

日本ユニシス・エクセリューションズ POLYGONALmeister:
形状修正工数を削減できるポリゴン編集ソフトウェアの新版
日本ユニシス・エクセリューションズは、ポリゴン編集ソフトウェアの新バージョン「POLYGONALmeister Ver2.0.0」を発表した。(2017/2/3)

見えなかったものが見えてくる――東芝の有機ELテレビでHDR版「シドニアの騎士」を堪能
HDR化のメリットは、拡張されたダイナミックレンジの中で表現力の幅が広がること。Netflixと東芝が催したHDR版「シドニアの騎士」試聴会で、それを再確認することができた。そして「ブラム!」の情報も。(2017/1/23)

3Dプリンタニュース:
形状修正工数を大幅に削減する、ポリゴン編集ソフトの新バージョン
日本ユニシス・エクセリューションズは、ポリゴン編集ソフトウェア「POLYGONALmeister」の新バージョンを発表した。クリーニングの自動修正機能が向上し、写真から簡単にレリーフ作成できる機能が新たに搭載された。(2017/1/16)

媒体別掲載数や広告換算費など7項目でPRの成果を測る:
人工知能で自社に関する記事の論調を分析、ビルコムが「PR Analyzer」を提供開始
デジタルPRを支援するビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」の提供を開始した。(2016/12/21)

Synology Note Stationで「すべてを記憶する」:
Evernoteがプラン改訂!? よろしい、ならばSynologyだ!!
NASを使って「企業に振り回されない環境」を作ろう。(2016/8/23)

R25スマホ情報局:
より便利に!Evernote連携アプリ5選
メモやクリッピングに定番のEvernote。Evernoteをさらに便利に使えるアプリをご紹介。(2016/6/8)

4億件のオーディエンスデータからサンプルを抽出:
PR TIMESがインティメート・マージャーと業務提携、PR効果の定性調査を実施
PR TIMESは、インティメート・マージャーのパブリックDMPを活用し、PR活動に対するブランドリフト効果測定を可能にするサービスの提供を開始したと発表した。(2016/4/27)

目的志向・継続的・個別指導型:
トランスコスモス、コールセンターの品質改善に戦略的コールモニタリングサービスを開始
トランスコスモスは、独自の評価指標体系とシステムを活用した目的志向・継続的・個別指導型の戦略的コールモニタリングサービス「QICTO」のトライアル導入を2016年3月より開始すると発表した。(2016/2/16)

日本TI OPA1622:
歪率特性、低ノイズ特性のオーディオ用オペアンプ
日本テキサス・インスツルメンツは、高性能オーディオ用オペアンプ「OPA1622」を発表した。10mW出力時のTHD特性が−135dBと低く、2.8nV/√Hzの低ノイズ特性を提供するという。(2016/1/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface Pro 4」のモバイル活用で分かった実力と盲点
先代から着実な進化を遂げた「Surface Pro 4」は、プライベートのモバイルシーンでどれだけ役立つのか? 今回はハイキングにも持ち出して、その実力をチェックした。(2015/12/12)

取材の現場に実戦投入:
PR:あの“アキバ”取材にデジタルノート「dynaPad N72」を取り入れたらこうなった
メモ帳にICレコーダー、デジカメ――取材に必要な道具は複数あるが、ここに紙ノートの代替をうたう東芝の2in1タブレット「dynaPad N72」を組み込んだらどうなるのか、秋葉原取材で実践してみた。(2015/12/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
本日発売! 「Surface Pro 4」のスペック表では分からない注目点
ついに日本でも販売が開始された「Surface Pro 4」。スペック表では分からない隠れた注目ポイントとは?(2015/11/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.