• 関連の記事

「診断」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「診断」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

物価上昇、95%が値上がり実感 8割以上が今後の家計に不安
 お金のオンライン相談サービス「お金の健康診断」を運営する400F(東京都中央区)は、お金の健康診断ユーザーを対象に「円安・物価上昇による家計意識」に関するアンケート調査を実施した。その結果、約95%が食品やサービスなどの値上がりを実感していると回答し、約87%が今後の家計に不安を抱えていることが分かった。(2022/8/10)

20〜40代対象にオンライン診療 3日から運用開始 大阪府
新型コロナウイルスの第7波に伴う医療逼迫を受け、大阪府が20〜49歳の軽症者を対象に、オンライン診療で陽性の確定診断や薬の処方を行う運用を開始する。医療機関の負担を軽減し、重症化リスクのある高齢者や妊婦らに優先的に診療を受けてもらう狙いだ。(2022/8/3)

ローリスクの20〜40代は「オンライン診療」で 大阪で近く運用開始
新型コロナウイルスの流行「第7波」で感染者が急増する中、大阪府は重症化リスクが比較的低いとされる20〜40代を対象に、外来受診を経ずにオンライン診療で確定診断から薬剤の配送までを行う運用を8月第1週にも始める。(2022/8/1)

シフトレフト実現に役立つ:
シフトレフト実現を左右する「静的アプリケーション診断ツール」、3つの誤解とは
Mendは静的アプリケーションセキュリティ診断ツール(SAST)に関するよくある3つの誤解を解説した。シフトレフトを実現しようとする開発者を邪魔しないツールが望ましいという結論だ。(2022/7/29)

医療機器ニュース:
血液検査によるうつ病診断補助技術の共同事業実証を開始
島津製作所は、九州大学と共同で開発した血液検査によるうつ病の診断補助技術を社会実装するため、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズと連携して、企業の検診などで共同事業実証を実施する。(2022/7/27)

その計測データ、本当に「信頼」できますか?:
PR:計測器にも“健康診断”が必要だ、「校正」が企業の信頼性すら左右する理由とは
計測器は、モノづくりの多くの工程で多用されているにもかかわらず、その「校正」は見過ごされがちだ。だが、計測器を定期的に校正することは、製品の品質の維持、そして企業の信頼性の維持につながる、極めて重要な要素である。(2022/7/26)

FAニュース:
リニアガイドの損傷や劣化を早期検知、アプリで状態監視と診断が可能に
日本精工は、リニアガイド向けの状態監視、診断アプリケーション「ACOUS NAVI for Linear Guides」の販売を開始した。早い段階で損傷や劣化の予兆を捉えて診断でき、損傷や劣化が進む前に原因究明や対策が可能になる。(2022/7/21)

FAニュース:
診断からデータ保存まで現場で完結、減速機の状態監視システム
住友重機械工業は、減速機の状態監視システム「CycloSMART」を発表した。簡単なシステム構成を採用し、減速機の診断からデータ保存まで現場で完結するため、容易に運用できる。(2022/7/15)

急にご飯を食べなくなった愛犬、動物病院で診てもらうと…… 拍子抜けする診断結果に「笑った」「あるあるw」の声
何事も無くて良かった!(2022/7/9)

モビリティサービス:
運転をリモート診断して結果に合わせてカスタマイズ、トヨタがサービス実証を開始
トヨタ自動車とKINTOは2022年7月7日、ユーザー一人一人の運転を診断し、その結果に合わせてクルマを進化させる実証を開始すると発表した。同月8日から「アルファード」「ヴェルファイア」のユーザーから参加者を募集する。(2022/7/8)

伝説的ギタリストのカルロス・サンタナ74歳、公演中に熱中症で緊急搬送 「照明の下は45℃にもなり」妻が回復を報告
熱中症と脱水症状との診断。(2022/7/7)

医療機器ニュース:
ポケットサイズの超音波診断装置が国内累計出荷数1万台超え
GEヘルスケア・ジャパンは、ポケットサイズの超音波診断装置「Vscan」シリーズが国内累計出荷数1万台を超えたことを発表した。また、超音波検査技術教育の遠隔支援機能を開発し、汎用超音波画像診断装置「Vscan Air」を通じて提供開始する。(2022/7/6)

スマホのバッテリー劣化を予測できるアプリ「スマホカルテ」、一般公開に
ニューズドテックは、7月4日に診断アプリ「スマホカルテ」の一般公開を開始。電源コネクター、カメラ、マイク、Wi-Fi、イヤフォン、液晶画面や通話/通信、ネットワークローミングなどの状態をチェックできる。(2022/7/4)

Cloud Nativeチートシート(17):
コンテナ/Kubernetesの脆弱性、機密情報、設定間違いが分かるOSS「Trivy」徹底解説〜もうイメージスキャンだけとは言わせない
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、コンテナ/Kubernetesの脆弱性、機密情報、設定間違いを診断、検出するOSS「Trivy」を紹介する。(2022/6/24)

月額5万8300円でエステマシンと顧客管理システムを提供 「クラウドエステ」受付開始
美容商材の販売などを手掛けるWMT(岐阜県羽島市)は、サブスク型新サービス「クラウドエステ」の受付を開始した。8月1日よりサービスを開始する。クラウドエステは肌診断もできるエステマシンに、サロン経営をサポートする管理機能を備えたサービスだ。(2022/6/23)

ヤフーが“政党マッチング診断”公開 10個の設問で意見の合う政党が分かる
第26回参議院議員選挙の公示を受け、ヤフーが、10個の設問に答えると自分の考えと近い公約を掲げている政党が分かる「政党との相性診断」サービスを公開した。(2022/6/22)

従来よりも容易な予知保全を実現:
AIでモーターの「健康診断」、異常のしきい値は自動判定
アナログ・デバイセズは、最新の食品機械/装置などが展示される「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」(2022年6月7〜10日、東京ビッグサイト)で、モーターの予知保全や異常検知に向けたセンシングソリューション「ADI OtoSense スマート・モーター・センサー(以下、OtoSense SMS)」を出展した。(2022/6/9)

施設管理:
NECファシリティーズ、工場施設管理業務診断や改善「施設管理マイスター」
NECファシリティーズは、工場施設診断や課題の改善提案、業務アドバイスなどを担う「施設管理マイスター」を全国の事業拠点に置き、工場施設管理業務の専門的な診断や改善サービスの提供を開始した。(2022/6/7)

給油所でオンライン健診 ENEOSが新業態店構想
ENEOSホールディングスの斉藤猛社長は、同社の系列給油所で2022年度中に新業態の実証店舗を設ける構想を明らかにした。1.2万カ所あるテンポリソースを活用し、オンライン健康診断やドローン配送などを行う。(2022/6/3)

AI技術で子宮頸がんと闘うGoogleとHologic【後編】
医師よりも高精度――Googleが「AIがん診断」に抱く自信と“2つの願い”
Googleは医療機器メーカーHologicと共に、AI技術による子宮頸がん診断支援システムの共同研究を進めている。このプロジェクトが目指すものと、両社の技術提携で生まれた診断アルゴリズムの評価は。(2022/6/3)

Microsoftの診断ツールにゼロデイ脆弱性 Wordなどでリモートコード実行の恐れがあり回避策を公開
米Microsoftが、Windowsの診断ツールであるMicrosoft Support Diagnostic Tool(MSDT)に未修正のゼロデイ脆弱性(CVE-2022-30190)が見つかったとして、その回避策を公開した。(2022/6/1)

30歳なのに「四十肩」と診断されショック!→再診で思わぬ事実が発覚 「肩に石ができた」実録漫画の恐怖
セカンドオピニオン大事。(2022/5/21)

AI技術で子宮頸がんと闘うGoogleとHologic【前編】
子宮頸がんを「AI」で撲滅へ Googleと医療機器メーカーの挑戦とは
Googleと医療機器メーカーHologicは、AI技術ベースの子宮頸がん診断支援システムを共同開発した。「子宮頸がん撲滅」のために両社が目指すビジョンは。(2022/5/20)

死んだ愛犬「闘病中」と偽りネット資金調達 企画者の女に有罪判決
死んだ飼い犬が闘病中だとうそをつき、治療費名目で支援金をだまし取ろうとしたとして26歳の女が有罪判決を受けた。女はクラウドファンディングを悪用。診断書などを偽造し、心配する愛犬家ら370人以上からお金を集めた。(2022/5/19)

医療機器ニュース:
分子量13kDaの世界最小サイズの発光酵素を開発
島津製作所と東京工業大学は、実用可能な発光酵素として世界最小となる分子量13kDaの「picALuc」を開発した。高い発光活性と熱安定性も有しており、創薬スクリーニングや診断、検査などでの応用が期待される。(2022/5/19)

米歌手、アナフィラキシーで救急搬送数度→複数の難病と診断 妊娠と出産で体調が激変
2021年7月に出産。(2022/5/11)

「救急外来に行くべき?」と迷ったときに 消防庁の診断アプリ「Q助」が役立ちそう
判断に迷ったときの参考に。(2022/5/3)

内視鏡AIでがん見逃しゼロへ:
ソフトバンクG、医療ベンチャー「AIメディカルサービス」に出資 国内3例目
AIを用いた内視鏡診断システムを開発する医療スタートアップ、AIメディカルサービス(東京都豊島区)は4月26日、ソフトバンクグループのビジョン・ファンド2をリード投資家とし、総額80億円の資金を調達したと発表した。同ファンドから出資を受ける国内企業は3例目。(2022/4/26)

設備の設置場所を問わず振動や騒音があっても診断可能:
PR:今まで諦めていた設備も診断できる新技術「高調波による予知保全」とは?
設備の老朽化による故障を未然に防ぐ「予知保全」へのニーズが今、拡大している。だが振動や音など外乱の多い製造現場では既存の手法がうまくいかないケースも多かった。そんな諦めていた設備でも診断可能な「高調波による予知保全」とは?(2022/4/22)

「うちのゼロトラスト化は何点?」測るセキュリティ診断 三菱グループのSIerが公開
三菱グループでSI事業などを手掛ける三菱総研DCSが、企業のゼロトラストセキュリティに向けた取り組みを評価する診断サービスを公開。質問に答えると、回答を基にゼロトラストセキュリティの実現状況を点数制で評価する。(2022/4/18)

発達障害と診断され、死を考えた女性が「トルコ」で見つけたのは…… 旅先で「生きたい」と思うまでの体験に勇気づけられる
知らない土地に行きたくなりました。(2022/4/13)

株式会社ビットフォレスト提供Webキャスト:
スキル不要で誰でも使える、クラウドベースのWebアプリケーション脆弱性診断
Webアプリケーションの脆弱性を狙うサイバー攻撃が増加しており、システム開発者にとって脆弱性診断は喫緊の課題となっている。そんな中、従来製品とは違い、スキル不要で誰でも使用できるツールが登場し、注目されているという。(2022/4/13)

脱炭素:
空調機の計画的停止、制御時のCO2排出量を測定する濃度診断サービス
NECファシリティーズは、エアコンプレッサーのエア漏れを診断する「エアリーク診断サービス」と、空調機などによって発生する二酸化炭素の濃度を測定する「CO2濃度診断サービス」を、製造業向けに提供開始した。(2022/4/12)

電動化:
価値を算定できない中古車EVのバッテリー、SCiBの技術を応用して電池状態を診断
ファブリカコミュニケーションズ、丸紅プラックス、東芝の3社は、中古車EVの安全性と流通の活性化を目的とした新サービスの検討を目的に、中古車EVの電池状態診断技術の実証実験を行うことで合意したと発表した。実証実験を通じて、3社共同で次世代に向けたEV普及に寄与するソリューションやサービスの創出を進めていく方針。(2022/4/7)

中尾明慶、MRI検査で数年ぶりの病気再発が判明 1カ月近い不快なしびれに「今は結構ストレス」
2〜3年前にも同じ診断が下った中尾さん。(2022/4/6)

中古スマホの故障を“予知”して同一機種と交換 独自診断アプリ付き「NewsedPhone」
中古スマホ事業を行っているニューズドテックが、スマホ故障診断アプリ「スマホカルテ」をプリインストールした「NewsedPhone」を販売。スマホカルテで故障診断し、“故障前サイン”が出たら、原則、同一端末と交換できる。故障を自分で調べたり店舗に出向いたりする負担を軽減する。(2022/3/31)

医療機器ニュース:
AIによるノイズ除去技術を搭載した超音波診断装置を発売
富士フイルムヘルスケアは、AIを活用したノイズ除去技術「DeepInsight技術」を搭載した超音波診断装置「ARIETTA 850 DeepInsight」「ARIETTA 650 DeepInsight」を発売する。スペックル信号と電気ノイズを高精度で区別し、ノイズを除去できる。(2022/3/16)

「omochi」で学んだこと:
「検索しない若者」のための求人サービス パーソルグループが挑んだユーザー視点の新規事業創造とは?
8種類のかわいいキャラクターを使った診断で自分に合ったアルバイトを探せるユニークな求人サービス「omochi」。若い世代のインサイトを起点にしたサービス創造の背景について、事業責任者に聞いた。(2022/3/11)

IPA、専門家による脆弱性診断を無料提供 中小運営のECサイト向け
IPAが、ECサイトを運営する中小企業向けに、専門家による脆弱性診断を無料で提供する。通常は100万円程度の費用が掛かるサービスだが、脆弱性を巡る現状把握に向け、経済産業省の補助を受け無料で実施するという。(2022/3/10)

医療機器ニュース:
AI技術と専門家の知見を融合した病理診断AIモデルを開発
産業技術総合研究所は、AIによる特徴抽出技術と高い専門性を持つ医師の知識を融合する手法「MIXTURE」を開発した。また、MIXTUREを応用して、診断が難しい通常型間質性肺炎の診察根拠を説明できる高精度な病理診断AIモデルを作成した。(2022/3/10)

防災:
オフィスや工場を対象に「未然予防診断サービス」の提供開始、NECファシリティーズら
NECファシリティーズとMS&ADインターリスク総研は防災に役立つ「未然予防診断サービス」を開発した。(2022/3/7)

山岳トンネル工事:
東急建設がトンネル全断面点検システムの現場試行を実施、人員を40%削減可能と判明
東急建設は、千葉県内の「一般国道127号 勝岩トンネル」で、トンネル全断面点検・診断システム「iTOREL」の1つである「高所作業車型点検システム」の現場試行を行った。結果、点検作業に必要な人数が最大40%削減可能であることが判明した。(2022/3/4)

医療機器ニュース:
フォトンカウンティングCTが日本での製造販売認証を取得
シーメンスヘルスケアは、低被ばくと高分解能を両立するフォトンカウンティング検出器を搭載した次世代CT「NAEOTOM Alpha」の国内における製造販売認証を取得した。新型コロナウイルス感染症患者の肺炎症状などを、高精細な画像で診断できる。(2022/3/2)

イノベーションのレシピ:
花王の新たな“道しるべ”となるか、PFNと仮想人体生成モデルを共同開発
花王とPreferred Networks(PFN)は「仮想人体生成モデル」を開発した。健康診断などで得られる身体データから、ライフスタイルや性格傾向、嗜好性、ストレス状態など1600以上の項目を網羅し、ある項目のデータを入力すると別の項目の推定データを出力できる。花王は同モデルをAPI経由で提供する新規デジタル基盤事業の準備を進める方針だ。(2022/3/1)

名古屋大学附属病院に不正ログイン 患者の氏名、診断名、手術日など流出の恐れ
名古屋大学医学部付属病院の教職員のメールアカウントが不正ログインを受け、個人情報を含むメールが流出。患者や医学部生、研究者の個人情報が閲覧される恐れがある。(2022/2/26)

FAニュース:
状態診断や予兆検知が可能な製造業向けIoTサービスが回転部品にも対応
THKは、機械部品の状態診断や予兆検知を可能にする製造業向けIoTサービス「OMNIedge」に、回転部品の予兆検知を追加する。稼働中の回転部品にも容易に導入でき、LED表示による状態確認やリモート監視に対応する。(2022/2/24)

FAニュース:
軸受診断アプリの無料体験サービス、機器準備なしでEdgecrossと連携
NTNが開発した軸受診断アプリケーションの無料体験版が、EdgecrossコンソーシアムのEdgecross PoC構築支援サービスに追加された。ユーザーは機器類を準備しなくても、同アプリの無料体験版を利用できる。(2022/2/10)

株式会社ビットフォレスト提供Webキャスト:
手動かツールかどちらが最適? Webアプリケーション脆弱性診断の正しい選び方
Webアプリケーションの品質を高める手段として脆弱性診断が注目される一方、手動で行うか、ツールを利用するか迷う企業は少なくない。自社に最適な方法を選択するため、それぞれの違いやメリット/デメリットを正しく理解しておきたい。(2022/2/9)

株式会社ビットフォレスト提供Webキャスト:
脆弱性診断の新たな選択肢、“非セキュリティ部門”でもできる内製化の実現方法
アプリケーションの脆弱性診断を行うことの重要性は理解しつつも、これまでは費用や時間、人材といった問題がハードルとなり、実施できない企業も多かった。これらを一挙に解決する、“非セキュリティ部門による内製化”の実現方法とは?(2022/2/9)

「クラウド設定ミス」がなくならないワケ 実は経営側にも責任? セキュリティ診断企業に聞く
クラウドの設定ミスに起因するセキュリティのトラブルが後を絶たない。こういったミスがなくならない背景には、単純な手違いだけでなく企業の経営側にも原因があるという。セキュリティ診断を手掛けるラックに、設定ミスがなくならない理由を聞く。(2022/2/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.