メディア
Special
» 2012年06月20日 00時00分 公開

マイコンとアナログのリーディングカンパニーが「協働」開始!ソリューションコラム第1回

[PR/EDN Japan]
PR

始動する、リーディングカンパニーの「協働」

馬渡:「Solution-Edge」が何を目指し、お客様に何を提供していくのかを、私たちでご説明しましょう。まずは、お互いのポジショニングを再確認しましょうか。

水垣:それでは私から。ルネサス エレクトロニクスは、汎用からハイエンドまでの幅広いラインアップのマイコンを主力としています。グローバルマーケットでのマイコンシェアはWSTSなどの調査会社の発表で27〜29%です。マーケットシェアにおいて、二番手のメーカさんに対して圧倒的な差をつけたナンバーワンであることが特徴です。ご存じのように、オートモーティブ分野に大きなアドバンテージを持っており、今後はスマート社会やスマートインフラの分野に注力して、新しい社会の創造に貢献していきたいと考えています。

馬渡:アナログ・デバイセズは、創業40年を超えるアナログ製品に特化した半導体メーカです。弊社の注力している領域は、MEMSのようなセンサからコンバータ、アンプのような信号処理までを一貫して提供しています。アナログで成り立つ自然界とデジタル世界をつなぐ橋渡し役を担っていると自負しています。具体的な製品では、Databeansの調査によるとAD/DAコンバータがグローバルマーケットで約48.5%のトップシェアを誇ります。この分野では、ルネサス エレクトロニクスさんと同様に、2位以下を圧倒しており、2位以下8社の合計よりも弊社一社が勝っています。また、高機能、高精度なアンプでも43%のシェアがあります。マーケットではFAや計測器などのインダストリ系が中心で、今後はオートモーティブにも注力していきます。

業界初の試みが、実現する顧客ニーズ

馬渡:現在のお客様は、多種多様化する製品を短期間で開発する必要に迫られています。そのため、センサとアナログIC、そしてマイコンを、個別にではなく、アプリケーション丸ごとの情報として求められていました。しかし、現実にはそのような機会はなかった。「もし、マイコンとアナログの情報をひとくくりで手に入れられれば、初期の設計段階からシステムとしての見通しが良くなり、設計時間とコストの大幅な削減が実現するだろう」と多くのお客様から聞いていました。一方、弊社でもプロセッサ製品は保有していますが、機能的に特化した製品です。そのため、多くのお客様が、豊富なラインアップを誇るルネサス エレクトロニクスさんのマイコンと、弊社の強いアナログ製品を組み合わせてシステム設計を行っていた。それなら、両社が協力して情報を発信することが、お客様のニーズに応えることであると同意するのには、さほど時間はかかりませんでしたね。

水垣:アナログだけ、またはマイコンだけというシステムはあり得ません。アナログとマイコンを組み合わせることが、システム設計者には求められています。弊社もアナログ製品を持っています。しかしながら、アナログ・デバイセズさんが持っておられるような、高度な製品領域にはなかなか手が届きません。各々の分野のトップ二社が「協働」する。まさに、業界初となる試みですが、お客様へはこれまでにない価値の高い情報がご提供できると確信しています。まずは先行して日本で「Solution-Edge」を運営し、その実績をもとにグローバル展開を図ることになりました。

約束する、顧客製品に一段上の競争力を

水垣:具体的にはオーディオ、医療などの7つの分野に向けた40のアプリケーションコンテンツを提供することから始め、年内には100コンテンツ以上をご提供しましょう。また、お客様からのフィードバックを、積極的に反映していきたいですね。

馬渡:これまで個別にご提供してきた評価ボードを、ひとつにつないだソリューションをご提供など、さまざまな新しい取り組みが考えられます。それが、お客様製品の競争力を高めることにつながるでしょう。また、お客様同士のコミュニケーションの場を提供するなど組み込み設計技術情報のハブとして、お客様と共に育ててゆくサイトにしていきたい。そのために、「Solution-Edge」を訪問したお客様には、ユーザ登録をしていただきたいですね。お互いの分野でリーディングカンパニーである両社が、「協働」で提供していくソリューションに大きな期待をお寄せください。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社 / アナログ・デバイセズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:EDN Japan 編集部/掲載内容有効期限:2014年5月31日


2015年3月9日

津田建二の技術解説コラム【海外編】に知ってるつもりの外国事情(6)――IMECに見る研究開発のあり方を追加

2015年2月9日

津田建二の技術解説コラム【歴史編】に半導体の温故知新(6)――MOSトランジスタの次はTFET?を追加

2015年1月13日

津田建二の技術解説コラム【入門編】に半導体の基礎知識(6)――パワー半導体の広がりを追加

2014年12月8日

2014年11月10日

2014年10月13日

津田建二の技術解説コラム【入門編】に半導体の基礎知識(5)――ワイヤレスに必要な半導体を追加

2014年10月6日

2014年9月8日

津田建二の技術解説コラム【海外編】に知ってるつもりの外国事情(4)――業界用語の常識を海外と比較するを追加

2014年9月1日

2014年8月11日

津田建二の技術解説コラム【歴史編】に半導体の温故知新(4)――IBM30億ドル投資の裏にCMOSの凄さありを追加

2014年7月28日

2014年7月14日

津田建二の技術解説コラム【入門編】に半導体の基礎知識(4)――IoTを定義しようを追加

2014年7月11日

2014年6月30日


2014年9月、ルネサス エレクトロニクスのイベント「DevCon Japan2014」にて、加賀デバイスブースにてソリューションエッジのインターポーザボード「SE SP-01」を使ったデータ・アクイジション・システムのデモが披露されました。今回は、このデモの詳細を加賀デバイスの開発担当者自らがご紹介します。

アナログ・デバイセズの実用回路集「Circuits from the Lab」を活用して、ルネサス エレクトロニクスのマイコン評価環境とつないで、お手軽、簡単データアクイジションシステムを構築してみましょう!

ソリューションコラムでは、これまでSE SP-01を使用したさまざまなバリエーションのデモをご紹介してきました。今回ご紹介するのは、アナログ・デバイセズの超低消費電力18ビット1Mサンプル/秒のA/DコンバータAD7982を、なんとGR-KURUMIを使用して制御&デバッグをします!

電子工作好きの皆さんにはおなじみの小型電子工作ボード(ガジェット)「GR-SAKURA」。このGR-SAKURAにセンサーを接続していろいろな装置作りにチャレンジしている方も多いと思います。そして、いろいろ工作しているうちに「もっと高精度なセンサーを使いたい」という欲求が生まれているかと思います。でも、高精度センサーをGR-SAKURAを接続するには、結構な技術力が要求されます。そこで、今回、Solution-Edgeオリジナルのインターポーザボード「SE SP-01」を使って、GR-SAKURに高精度センサーを手軽に取り付ける手順とプログラムをご紹介します。ぜひ、皆さんもSE SP-01でGR-SAKURAを究極まで進化させてください。

前回のソリューションコラムでは、SE SP-01を使って手軽にシステム構築ができる一例を紹介しました。今回は、前回に組み上げた評価環境を実際に動作させていく様子をご紹介します。SE SP-01の素晴らしさを、よりご理解頂けると思います。

アナログ・デバイセズ製の各種デバイスと、ルネサスエレクトロニクス製マイコンボードを簡単につなぐことができるようになるインターポーザボード「SE SP-01」。実際どれくらい簡単なのでしょうか。早速、SE SP-01を使ってシステムを組んでみましょう。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.