メディア

Design Guide 計測機器

計測器メーカー一覧など、機器の設計/開発に役立つ「計測機器」の情報をまとめてお届け。

News

ネットワークパフォーマンスを測定:

東陽テクニカは、800GbEに対応したSpirent Communications製のネットワークパフォーマンステスター「Spirent B1&B2 800Gアプライアンス」を発売した。

(2022年6月14日)
キーサイト・テクノロジー PD1550A:

キーサイト・テクノロジーは、パワーデバイスアナライザー「PD1550A」を発表した。最大1360Vおよび1000Aのパワーモジュールをテストできる。

(2022年6月14日)
Tektronix 2シリーズMSO:

Tektronix(テクトロニクス)は2022年6月8日、厚み4cm、重さ1.8kgで小型、薄型、軽量を実現したミックスドシグナルオシロスコープの新製品「2シリーズMSO」を発表した。周波数帯域70MHzから500MHzをカバーするエントリークラスのオシロスコープとしての性能、機能を備えながら「どこにでも持ち運べる」というポータビリティを実現した。

(2022年6月9日)
SNIA SSS PTS規格に準拠:

OKIエンジニアリング(OEG)は、車載機器などで用いられる不揮発性メモリ「eMMC」の性能評価サービスを始めた。不揮発性メモリの性能規格「SNIA SSS PTS」に準拠した試験をeMMCへ適用するために、独自の試験環境と評価技術を確立した。

(2022年6月8日)
テクシオ・テクノロジー GCP-300シリーズ:

テクシオ・テクノロジーは、電流プローブ「GCP-300」シリーズの販売を開始した。オシロスコープ上でACおよびDC電流波形を表示し、市販の電池でも動作する。最大周波数が300kHz、500kHz、1MHzの3製品を用意している。

(2022年5月13日)

おすすめ技術資料

アナログオシロスコープを目にする機会は少なくなったが、あらためてアナログオシロの価値を評価する。

オシロスコープの『ゾーントリガー機能』に関する代表的な5つの疑問に対して答える。

Pickup! 解説記事

光スペクトラムアナライザーの基礎知識(1):

今回の連載では分光測定器の1つであり、光ファイバー通信分野の開発では必須の測定器となっている光スペクトラムアナライザーについて解説していく。まず、「光ファイバー通信の概要」「分光測定器の基礎」「レーザ光を使う際の注意点」について説明する。

(2022年5月23日)
初めて使うオシロスコープ(1):

今回の連載記事は、オシロスコープの世界的なトップメーカーであるテクトロニクスの協力を得て、初めてオシロスコープを使う人を対象にエントリーモデルの「TBS2000B(2chモデル)」を事例にして基本的な使い方や使用上の注意点を解説していく。

(2021年12月7日)

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.