「アルゴリズム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!プログラミング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプログラミング関連の質問をチェック

関連キーワード

OpenAI、AIに人間にも分かりやすく説明させるアルゴリズムを提案
OpenAIは、LLMの出力の信頼性と透明性を向上させるためのトレーニング方法を紹介した。「LLMが将来人間より有能になったとしても、LLMの出力への信頼を確立するための有望な兆候を示している」としている。(2024/7/18)

組み込み開発ニュース:
遺伝的アルゴリズムを用いてフォノニック結晶ナノ構造の自動設計技術を開発
東京大学 生産技術研究所は、遺伝的アルゴリズムを用いて、弾性波の伝播特性を制御するフォノニック結晶ナノ構造を自動設計する技術を開発した。希望する特性を最大化する構造を、高速かつ自動で見いだせることを実証した。(2024/7/11)

Innovative Tech:
あなたは解けるか? “ものすごく難しい迷路” 物理学者が作成 準結晶構造や数学的手法を活用
英カーディフ大学、スイスのジュネーヴ大学、英ブリストル大学に所属する研究者は、複雑な迷路を作成できるアルゴリズムを提案した研究報告を発表した。(2024/7/9)

YouTube、動画から著作権を申し立てられた音楽だけ消せるクリエイター向けツール提供開始
YouTubeは著作権を申し立てられた動画から対象の曲のみを消せるクリエイター向け新ツールを追加した。AIアルゴリズムにより、会話などの曲以外の音は残しておける。(2024/7/6)

CAEニュース:
AIチャットbotや効率的な最適化アルゴリズムを搭載する最新版「Optimus」
サイバネットシステムは、最適設計支援ソフトウェアの最新版「Optimus 2024.1」を発売した。ChatGPTを組み込んだAIチャットbotや、効率的な最適化アルゴリズムを搭載している。(2024/7/5)

選好最適化アルゴリズム「DiscoPOP」 オックスフォード大、ケンブリッジ大と協力:
Sakana AI、LLMのトレーニングアルゴリズムをLLMに発見、実装させることに成功 今後のAI活用をどう変える?
AIスタートアップのSakana AIは、LLMによって発見、記述された新しい選好最適化アルゴリズムである「DiscoPOP」を発表した。「DiscoPOPの研究は、AIの自己改良プロセスを実現するために最新のAIを利用するアプローチが大きな可能性を持つことを示している」と述べている。(2024/6/18)

AIビジネスのプロ 三澤博士がチェック 今週の注目論文:
インストラクションデータを手作業で作る時代は終わった コスト削減につながる自動化法を解説
LLMの「忠実さ」を向上させるための学習で使う「インストラクションデータ」はこれまで人力で作られてきたが、この作業を自動生成するアルゴリズム「Evol-Instruct」が注目を集めている。ビジネス視点からメリットを解説します。(2024/6/12)

リコーと理研「技術の実用化の兆し」判別するアルゴリズムを開発
リコーと理化学研究所は、技術の実用化の兆しを数値で判定できるアルゴリズムを開発したと発表した。(2024/6/5)

人工知能ニュース:
教師なし画像分類AIの精度を従来比3倍に、東芝が半導体製造プロセスで実証へ
東芝は、画像分類AIのアルゴリズムを開発する際に学習データに人手でタグ付けなどを行う必要がない「教師なし画像分類AI」の分類精度を大幅に高める手法「cIDFD」を開発したと発表した。(2024/5/8)

Social Media Today:
Instagramがまとめアカウント排除へフィードアルゴリズムを刷新
Instagramはフィードアルゴリズムを刷新し、コンテンツレコメンドの方針を変更することを発表した。これにより、オリジナルコンテンツと新進クリエイターが今までより優先されることになる。(2024/5/2)

Instagram、クリエイターをパクリから保護するアルゴリズム変更
Instagramは、クリエイターの収益を守る取り組みの一環として、他のユーザーのコンテンツを再投稿するいわゆるアグリゲーターの投稿が「おすすめ」に表示された場合、オリジナルに置き換えると発表した。また、パクリ常習者のコンテンツは「おすすめ」から削除する。(2024/5/1)

IoTソリューション展:
イノテックがAIロボットハンドのデモを披露、MathWorksとの協業で
イノテックは、「第13回 IoTソリューション展【春】」において、モデルベース開発に基づくAI(人工知能)アルゴリズムを用いた良品不良品を自動仕分けするロボットハンドのデモンストレーションを行った。(2024/4/26)

製造業IoT:
5G通信の遅延時間1ms以下は複数端末の制御でも可能か、東芝が量子技術で道を開く
東芝は、量子コンピューティング技術を基に、5G通信の特徴とされる1ms以下の低遅延の実現に求められるリソース制御アルゴリズムを開発したと発表した。同社の「シミュレーテッド分岐マシン」を用いて開発されたもので、1ms以下の低遅延で求められる0.5ms以下での20端末のリソース割り当てを行うことに世界で初めて成功したという。(2024/4/22)

AI・機械学習の用語辞典:
BM25/Okapi BM25(情報検索のアルゴリズム)とは?
用語「BM25」について説明。各文書中の各単語の重要性をバランスよく評価する尺度で、主に検索クエリに最も一致する文書を特定するのに用いられる。キーワード検索以外にも、類似文書の検索やレコメンデーションにも活用できる。計算式は「(ある単語の文書間でのレア度)×(ある文書における、ある単語の出現頻度、の正規化された値)」で、正規化するための調整パラメーターを持つ、tf-idfの発展版と見なせる。(2024/4/22)

「HUAWEI Band 9」4月25日発売 ベルト素材を一新、睡眠モニタリングも進化
ファーウェイ・ジャパンは、4月25日にスマートウォッチ「HUAWEI Band 9」を発売。ベルトにはフルオロエラストマーを採用し、独自のアルゴリズムのアップデートでより詳細な睡眠モニタリングが可能となった。(2024/4/18)

CAEニュース:
熱流体シミュレーションを高速化するAIアルゴリズムがDTSU事業に採択
RICOSの「製品デザインの自動設計につながる熱流体シミュレーションAI」がNEDOの「ディープテック・スタートアップ支援基金/ディープテック・スタートアップ支援事業」に採択された。(2024/4/18)

半導体回路+スピントロニクス素子で:
東北大ら、「近未来版」の確率論的コンピュータを開発
東北大学と米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校らの研究チームは、確率的なアルゴリズムを効率よく実行でき、製造も比較的容易な「近未来版の確率論的コンピュータ」を開発、その動作を検証した。「最終形態の確率論的コンピュータ」では、現行の半導体コンピュータに比べ、面積を約4桁、エネルギー消費を3桁、それぞれ削減できることを確認した。(2024/4/12)

人工知能ニュース:
過酷な資源ごみのビン色選別を自動化、PFUがイメージスキャナー技術から新規事業
PFUは、廃棄物の分別を自動化する「廃棄物分別特化AIエンジン」シリーズの第1弾として、ビンの色選別を自動化する「Raptor VISION BOTTLE」の提供を開始する。世界シェアトップのイメージスキャナー開発で培った独自アルゴリズムによる99.8%という高い認識精度が最大の特徴だ。(2024/4/11)

無人搬送車:
搬送作業や在庫管理を自動化する、AI活用の産業用協働型自律走行搬送ロボット
ロボットバンクは、産業用協働型自律走行搬送ロボット「StarLift150」「StarMax200」の販売を開始した。高度なAI技術と経路設計アルゴリズムが組み込まれており、搬送作業や在庫管理を自動化できる。(2024/4/8)

Google、ランキングアルゴリズム改善とスパムポリシー強化で検索結果向上を目指す
GoogleはGoogle検索の3月のコアアップデートの内容を発表した。低品質なコンテンツを減らすために、ランキングアルゴリズムを改善し、スパムポリシーを強化した。(2024/3/6)

Social Media Today:
Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開したThreadsでエンゲージメントを高めるための秘策について、注目すべきポイントを解説する。(2024/3/4)

Innovative Tech:
GoogleのゲームAI、“探索なし”でチェスのグランドマスターレベルを達成 大量データでの訓練のみで
Google DeepMindに所属する研究者らは、これまでの定石である探索アルゴリズムを使用せずに、AIがチェスにおいて人間のグランドマスターに匹敵するレベルに到達できることを示した研究を発表した。(2024/2/15)

炭化したパピルス巻物をAIで解読するコンテストで2000文字以上解読成功
ポンペイ火山噴火で埋もれた図書館から発掘された炭化したパピルスの巻物を解読するコンテスト「ベスビオ火山チャレンジ」で、新たな機械学習アルゴリズムが開発され、11行2000文字の解読に成功した。(2024/2/6)

STマイクロ STM32 ZeST:
速度ゼロでフルトルク実現、センサーレスのモーター制御用組み込みソフト
STマイクロエレクトロニクスは、同社の「STM32」上で動作する、モーター制御用ソフトウェアアルゴリズム「STM32 ZeST」を発表した。通常のセンサーレスモータードライブでは困難だった、速度ゼロでのフルトルク制御に対応する。(2024/2/5)

コード編集機能やリソース見積もり機能など従来型QDKを大幅改良:
Microsoft、「Azure Quantum Development Kit」のv1.0を公開 VS CodeでQ#プログラミングができる拡張機能も利用可能に
Microsoftは、量子アルゴリズムの開発、改良を支援する「Azure Quantum Development Kit」のv1.0を公開した。(2024/1/31)

「食べログ」の点数アルゴリズムめぐって飲食店が起こした訴訟、運営のカカクコムが逆転勝訴
カカクコムに3840万円の損害賠償支払いを命じた第一審が覆されました。(2024/1/19)

Google DeepMind、LLM採用AIシステム「FunSearch」で数学的難問を解決
Google DeepMindは、LLM採用のAIシステム「FunSearch」を発表した。LLMとLLMによる幻覚を防止する“評価器”を組み合わせたもので、「ビンパッキング問題」向けの実用的なアルゴリズムも出力できる。(2023/12/15)

事例で学ぶAIガバナンス:
「人を審査するAI」のリスクとは? 現金給付アルゴリズムが“暴走”した世界銀行の事例
世界銀行は、貧困層向けの現金給付プログラムの受給者を自動的に選別するアルゴリズムを開発した。しかし、アルゴリズムに不備があり、本来受け取れる人たちも選ばれない事態に。AIの暴走を防ぐためにも重要なのが「透明性」の確保だ。(2023/10/3)

人工知能ニュース:
組み込み機器向けに時系列データの類似度判定ソフトを開発
エイシングは、DTWアルゴリズムを用いた類似度判定ソフト「AiirDTW」を開発し、評価版をリリースした。センサーの時系列データを解析し、パターンマッチングで登録済みパターンの類似波形を検出する。(2023/9/20)

Google検索でWebサイトを上位に表示する方法【第4回】
知れば怖くない? Google検索で超重要な「コアアップデート」とは
検索アルゴリズムのアップデートは、Google検索におけるWebサイトの掲載順位に大きな影響を与えることがある。主要なアップデートには、どのようなものがあるのか。Googleは何のためにアップデートを繰り返すのか。(2023/9/14)

Gartner Insights Pickup(316):
生成AIは人間が思うほど賢くはないが、人間も同じだ
生成AIのチャットエンジンから一見知的な返答があったと書くと、専門家から「単なる余興」「予測アルゴリズムの産物にすぎない」などとたしなめられる。だが、人間の知性は生成AIと比べてはるかに高いレベルにあるという、われわれの認識は正しいのだろうか。(2023/9/1)

人工知能ニュース:
複数ロボットの行動を最適化するアルゴリズムの共同研究を開始
凸版印刷は、東京農工大学と共同で、複数のロボットの行動を最適化するアルゴリズムに関する研究を開始する。物流倉庫における自動搬送ロボットの搬送経路の最適化を目的とするAI技術を開発する予定だ。(2023/8/29)

セキュリティニュースアラート:
匿名ネットワークTorはどのようにDDoS攻撃を防ぐ? 鍵を握る「PoW」とは
The Registerは、TorがDDoS攻撃に対処する新しい防御機能を実装していると報じた。新しい防御機能には、仮想通貨で利用されている分散型ネットワークのコンセンサスアルゴリズム「PoW」を採用している。(2023/8/29)

Social Media Today:
X(旧Twitter)のフィードアルゴリズム変更の謎 翻弄されるマーケターはどうすべき?
X(旧Twitter)がフィードアルゴリズムをどのように進化させているのか、そして何を強調しようとしているのか、あるユーザーの分析で明らかになった。Xでのエンゲージメントを最大化し、最新のアルゴリズムシフトを利用する方法は何か。(2023/8/25)

今日のリサーチ:
イーロン・マスク氏による買収で「Twitter離れ」は本当に起きたのか?――アライドアーキテクツ調査
イーロン・マスク氏がTwitter(現X)を買収して以降、「アルゴリズムの公開」「APIの有料化」「認証済みバッジの新制度」など、大きな変化が起きています。混乱の中でユーザー利用状況に変化は生じているのでしょうか。(2023/8/15)

CAEニュース:
最適設計支援ソフトウェアの最新バージョンを発売
サイバネットシステムは、最適設計支援ソフトウェアの最新版「Optimus 2023.1」の販売を開始した。Pythonスクリプトとして操作履歴を記録する機能や、新しい大域的最適化アルゴリズムなどを搭載する。(2023/8/14)

恋のPDCA、回しましょ♪:
お悩みその12 生まれてから28年間、彼女がいません(28歳 男性 バックエンドエンジニア)
PDCAで打席に立つ「数」を増やし、アルゴリズムを理解して「打率」を上げるのよ。さらに心のバグをデバッグしたら、きっとすてきな恋ができますわ♪(2023/7/31)

Facebookのアルゴリズムは二極化に影響はあるが時系列表示にしても問題は解決しないとの研究結果
2016年の米大統領選で問題とされたFacebookなどのソーシャルプラットフォームの「エコーチェンバー」問題は、アルゴリズムを排除しても解決できないという複数の論文が公開された。これらの論文はMetaの協力により、多数のユーザーデータの分析に基づいたものだ。(2023/7/28)

枝刈りアルゴリズムを新たに開発:
生成AI向け基盤モデルのメモリ使用量を98%削減
中部大学の研究チームは、生成AIに必要となる「基盤モデル」のメモリ使用量を、従来に比べ98%も削減可能なアルゴリズムを開発した。開発したアルゴリズムを物体認識に適用したところ、従来と同等の性能が得られることを確認した。(2023/7/26)

製造現場向けAI技術:
THK「OMNIedge」が直動部品向けAI診断サービス開始、ヘルススコア算出で状態診断
THKは、IoTソリューションサービス「OMNIedge」の直動部品向けAI診断サービス「ADV」の提供を開始する。AIアルゴリズムがヘルススコアを算出して直動部品の状態を判断し、突然の故障による生産ロスの発生を防ぐ。(2023/7/19)

無人搬送車:
大日本印刷が自律搬送ロボットの稼働率を高めるシミュレーターを共同開発
大日本印刷とUltimatrustは、自律走行搬送ロボットの経路を最適化するアルゴリズムと、その導入効果を検証するシミュレーターを開発した。ロボットの最適経路を短時間で導き、搬送時間を短縮する。(2023/7/11)

結晶成長装置の試作機を開発中:
製造プロセスの自動化へ、AI制御アルゴリズム開発
名古屋大学未来材料・システム研究所の原田俊太准教授は、Anamorphosis Networksと共同で、製造プロセスを自動化するための「AI制御アルゴリズム」を開発した。現在、同アルゴリズムを実装した結晶成長装置の試作機も、三幸と共同で開発している。(2023/7/11)

NTT、汎用的な量子回路の難読化に成功 素因数分解アルゴリズムにも適用可 知財保護に期待
NTTが汎用的な量子回路を難読化する手法を発見した。これまで以上に難読化できる範囲が広がり、知的財産の保護につながるとしている。(2023/6/21)

DeepMind、AIで人間考案のものより優秀なソートアルゴリズムを発見 最大70%高速化
米Google DeepMindは、アルゴリズムを開発するAI「AlphaDev」が、人間が考えたものより高速なソートアルゴリズムを発見したと発表した。(2023/6/8)

Amazon傘下のRing、プライバシー訴訟で580万ドルの和解金 「従業員がユーザーの動画を閲覧」
Amazon傘下のRingは、ホームカメラでの違法スパイ行為でFTCに提訴された。FTCはRingがユーザーの動画を無断で視聴したり、アルゴリズムのトレーニングに使ったと主張。Ringはこの主張に同意しないが、和解するために580万ドルの支払いに同意した。(2023/6/1)

BlueskyにTwitterの「リスト」に似て非なる「Custom feeds」追加
Blueskyが新機能「Custom feeds」を追加した。Twitterの「リスト」に似ているが、ユーザーがアルゴリズムに基づいて作成できる。自作できなくても、公開されたfeedsを追加することも可能だ。(2023/5/27)

サイバーエージェント、AI開発手法「MLOps」の研修資料を無償公開 全140ページ
サイバーエージェントは、新入社員の研修で使ったという資料を無償公開した。内容は、AIや機械学習アルゴリズムの開発手法「MLOps」に関するもので、全140ページ。(2023/5/25)

Uberの“変動運賃”が招いた騒ぎ【第4回】
Uberと労働組合の争いが浮き彫りにした“ギグエコノミーの闇”
Uberがタクシーの運賃と乗務員の賃金設定に使うアルゴリズム。その内容の不透明性さをめぐって争いが起こった。労働者が陥る可能性のある理不尽な状況とは。(2023/5/24)

Uberの“変動運賃”が招いた騒ぎ【第3回】
「運賃設定にアルゴリズムを使わないで」と訴えるドライバーとUberの言い分
ロンドンでタクシーの運賃に「ダイナミックプライシング」を導入したUber。タクシーの乗務員が組織する組合はUberとロンドン市に運賃設定の不透明性について訴えた。その実態とは。(2023/5/17)

Innovative Tech:
動画を見るマウスの脳活動から映像をAIで復元 スイスの研究者ら「CEBRA」開発
スイス連邦工科大学ローザンヌ校に所属する研究者らは、動画を見るマウスの脳活動データから、見ている映像を復元する機械学習アルゴリズムを提案した研究報告を発表した。(2023/5/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.