• 関連の記事

「Keysight Technologies」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Keysight Technologies」に関する情報が集まったページです。

製造業IoT:
2024年から始まる6Gの規格策定、無線ネットワーク設計への生成AI活用は未知数?
キーサイト・テクノロジーが、次世代移動体通信規格である「6G」の策定状況について解説。2024年内にITU-Rが6Gの要件出しを行った後、2025年に規格策定団体の3GPPが6Gのリリース時期について話し合う予定だ。(2024/2/28)

非地上系ネットワークが大きな差に:
「5Gではビジョンだったもの」が現実に キーサイトが6Gの可能性を強調
キーサイト・テクノロジーは2024年2月、都内で記者説明会を開催。Keysight Technologies(以下、Keysight)で6G Program Managerを務めるRoger Nichols氏が、6G(第6世代移動通信)の標準化の最新情報や、6G実現で鍵となる技術などについて語った。(2024/2/22)

ノイズ研究所がデモを展示:
「カメラ+スペアナ」でノイズを可視化 リアルタイム解析が容易に
ノイズ研究所は、2024年1月に開催された「第16回 カーエレクトロニクス技術展」で、空間のノイズを3次元(時間、周波数、強度)で表示する空間電磁界可視化システム「EPS-02Ev3」のデモを展示した。数年前に旧バージョンからアップデートしたシステムで、それ以降、新しい機能を追加し続けている。(2024/2/19)

キーサイトがデモを披露:
V字モデルの「評価フェーズ」で車両サイバーセキュリティテストが可能に
キーサイト・テクノロジーは2024年1月に開催された「第16回 オートモーティブ ワールド」で、車両サイバーセキュリティの脆弱性を早期に特定するテストソリューション「Automotive Cybersecurity Test Platform」のデモを行った。車両サイバーセキュリティの国際基準である「UN-R155」のレポートを作成できるテスト管理ソフトウェアと連携することで、自動車のサイバーセキュリティテストを包括的にサポートする。(2024/2/13)

サイバー攻撃の増加に備える:
IoT機器の脆弱性を3ステップで可視化、キーサイトの検査ツール
キーサイト・テクノロジーは「EdgeTech+ 2023」で、IoT(モノのインターネット)機器におけるセキュリティの脆弱性を容易に可視化できるテストツール「IoT Security Assessment」を展示した。既知と未知、両方の脆弱性を確認できるという。(2023/12/13)

キーサイト Infiniium MXR B:
ハードウェアアクセラレーション搭載のオシロスコープ
キーサイト・テクノロジーは、ハードウェアアクセラレーションを備えたオシロスコープ「Infiniium MXR B」シリーズを発表した。異常検出やゾーントリガー、RTSAなどの自動デバッグツールを搭載している。(2023/10/20)

大人の社会科見学:
Intelの最新CPUを支えるテスターはロボと人力! マレーシアのキャンパスで行われていること
IntelはマレーシアにCPUの開発/製造拠点を保有している。8月下旬、世界中の報道関係者を集めて見学イベントが行われたが、その際にCPUの開発や製造を支援するセクションも見学することができた。この記事では、その模様をお伝えする。(2023/10/9)

キーサイト N5186A MXG:
高密度広帯域向けベクトル信号発生器
キーサイト・テクノロジーズは、高密度広帯域マルチチャンネル用途向けのベクトル信号発生器「N5186A MXG」を発表した。信号出力が最大8.5GHz、変調帯域幅が960MHzとなっている。(2023/9/28)

シニアが「働きがいのある会社」 2位「SAPジャパン」、1位は?
GPTW Japan(東京都港区)が、9月13日、2023年版日本における「働きがいのある会社」シニアランキングを発表した。大規模部門1位に輝いたのは「ディスコ」だった。(2023/9/27)

「業界最高」の正確性:
ボタン1つでSiC/GaNパワーモジュールの動特性を評価
キーサイト・テクノロジーは同社のユーザー向けイベント「Keysight World 2023」で、SiC/GaNパワーモジュールの評価に対応した最新パワーデバイスアナライザー「PD1550A」の実機を国内で初めて展示した。(2023/9/14)

組み込み開発ニュース:
キーサイトCEOが来日会見「日本はグローバルのイノベーションのハブとなり得る」
キーサイト・テクノロジーはプライベートイベント「Keysight World 2023: Tech Days Tokyo」の開催に合わせて、米国本社 プレジデント兼CEOのサティッシュ・ダナセカラン氏の来日会見を行った。(2023/8/30)

日本進出60年目を迎え:
「日本に早くから進出できたのは有利」 Keysight CEO
キーサイト・テクノロジーは、2023年8月29〜31日に都内で開催される同社のプライベートイベント「Keysight World 2023」に合わせて記者説明会を開き、戦略や注目トレンドについて語った。(2023/8/31)

海外医療技術トレンド(98):
米国でヘルスケアデータを扱う非医療機器の規制がさらに強化される理由
本連載第8回で取り上げた米国の「非医療機器(Non-SaMD)」を取り巻くプライバシーやサイバーセキュリティの規制が大きく変わりつつある。(2023/8/18)

パルス発生器/デジタイザも統合:
1Uラックスペースで最大20チャネルを搭載したSMU
キーサイト・テクノロジーは、「TECHNO-FRONTIER 2023」に出展し、1U(ユニット)ラックスペースで最大20チャネル測定可能なソースメジャーユニット(SMU)「PZ2100」シリーズを展示した。パルス発生器/デジタイザも統合していて、省スペース/低コスト化に貢献する。(2023/8/1)

米連邦政府、スマート端末向け「サイバーセキュリティラベル」プログラムを発表 2024年末実用化目指す
米連邦政府は、安全でサイバー攻撃に強いスマートデバイスをラベルで示す「サイバーセキュリティラベル」プログラムの立ち上げを発表した。AmazonやGoogleが参加を表明しており、2024年末までには実用化される見込み。(2023/7/19)

IOWN構想の実現を見据え:
光電融合デバイスを高速かつ高い再現性で測定
キーサイト・テクノロジーは、次世代通信技術に関する展示会「COMNEXT 2023」で光電融合デバイス測定ソリューションの展示を行った。光導波路の挿入損失特性、偏波依存性、反射減衰量特性において高い再現性と高速な測定を実現したという。(2023/7/14)

「Interop Tokyo 2023」、Best of Show Awardの受賞製品が決定
ネットワーク/セキュリティのカンファレンス「Interop Tokyo 2023」が2023年6月14日に千葉・幕張で開幕、「Best of Show Award」として、各種カテゴリーの優秀製品が決定した。(2023/6/15)

5G向けと同アーキテクチャを採用:
5G RedCap/セルラーIoT向けエミュレーターを展示
キーサイト・テクノロジーは、5G(第5世代移動通信) RedCapやセルラーIoT向けに最適化したテストプラットフォーム「E7515R」を発表した。同社5G向けテスターとテスト項目は同じまま、機能を5G RedCapで求められる基準で調整したものだ。(2023/5/29)

キーサイト SL1550A、SL1556A、SL156XA:
CSS規格対応、EV/EV充電設備のテストソリューション
キーサイト・テクノロジーは、EVおよびEV向け充電設備のテストポートフォリオを拡充した。新たに提供するテストソリューションは、CCS規格で採用されている通信プロトコル全てに対応している。(2023/5/22)

2026年以降に市場が成長する見込み:
5G時代の新たなセルラーIoT技術「RedCap」とは何か
「RedCap」は、ウェアラブル機器など、小型で低消費電力のIoT機器を、5Gで接続しやすくするための拡張機能だ。本稿では、RedCapの仕組みや利点を解説する。(2023/5/2)

ADSソリューションに統合:
キーサイト、Cliosoftを買収しEDAソフトを拡充
キーサイト・テクノロジーズは、Cliosoftを買収するとともに、Cliosoft製のハードウェア設計データや知的財産(IP)管理ソフトウェアツールを、自社EDAソリューションのポートフォリオに追加する。(2023/4/5)

製造マネジメントニュース:
NTTドコモとNTT、6G実証実験の協力体制を拡大
NTTドコモとNTTは、富士通、NEC、Nokiaと実施している第6世代移動通信網の実証実験の協力体制を拡大し、エリクソン、Keysight Technologiesを新たに加える。(2023/3/31)

E7515R UXM 5G:
セルラーIoT向けテストプラットフォーム、キーサイト
キーサイト・テクノロジーは、5G RedCapを含めたセルラーIoT用デバイス向けのワイヤレステストプラットフォーム「E7515R UXM 5G」を発表した。設計および開発の初期段階から製造まで、セルラーIoT開発のワークフロー全体をサポートする。(2023/3/23)

ドコモが「6G」実証実験の協力体制を拡大 新たにEricssonとキーサイト・テクノロジーが参画
NTTドコモとNTTが主要ベンダー3社と進めている「6G」に関する実証実験の協力体制を拡大する。今後、新たにEricsson(エリクソン)とキーサイト・テクノロジーが参画し、計5社でさまざまな周波数帯を想定した実証実験を推進するという。(2023/2/27)

消費電力は年間で6%改善:
フットプリント36%減、EV向けバッテリーテスター
キーサイト・テクノロジーは、「第15回 オートモーティブ ワールド」(2023年1月25〜27日、東京ビッグサイト)に出展し、電気自動車向けの低消費電力/省スペースのバッテリーテスターを展示した。(2023/2/8)

製造業IoT:
6Gで採用される4つの新技術とは、サブTHz帯とNTNに加えAI活用が最大のテーマに
キーサイト・テクノロジーが、次世代移動体通信規格である「6G」の特徴や今後のロードマップについて説明。6Gでは4つの新技術が採用されることになるという。(2023/1/26)

2030年の実用化を想定:
「6G」を形作る4つの主要技術、キーサイトが解説
キーサイト・テクノロジー(以下、キーサイト)は2023年1月13日、6G(第6世代移動通信)実現に向けての展望とキーサイトの取り組みに関する記者説明会を実施した。(2023/1/18)

初めて使うデジタルマルチメーター(5):
デジタルマルチメーターをシステムで使う
デジタルマルチメーターの基礎的な使い方について解説する本連載。最終回の今回は、測定システムにデジタルマルチメーターを組み込む場合に知っておかなければならない事項や周辺アクセサリーについて説明する。(2023/1/6)

複雑化するチップ設計に対応:
半導体の設計、今後は「マルチフィジックス」解析が鍵に
先端プロセスノードへの移行や、チップレット、3D(3次元) ICなどの技術が台頭する中、シミュレーションの世界にはどのような変化が起きているのか。Ansysの半導体・エレクトロニクス・光学ビジネス担当ゼネラルマネジャー、John Lee氏に話を聞いた。(2022/12/27)

キーサイトが展示:
スペアナがなくてもNF測定と変調解析が可能、PXI VNA
キーサイト・テクノロジー(以下、キーサイト)は「マイクロウェーブ展2022」(2022年11月30日〜12月2日、パシフィコ横浜)で、新しいPXI対応ベクトルネットワークアナライザー(VNA)を紹介した。(2022/12/21)

初めて使うデジタルマルチメーター(4):
温度測定と仕様の見方、導通/ダイオード試験と容量測定
デジタルマルチメーターの基礎的な使い方について解説する本連載。今回は温度測定と仕様の見方および導通/ダイオード試験と容量測定について説明する。(2022/11/30)

キーサイト M8199B:
256Gサンプル/秒の任意波形発生器
キーサイト・テクノロジーズは、任意波形発生器「M8199B」を発表した。最大256Gサンプル/秒のサンプリングレートと80GHz超のアナログ帯域幅を備えており、任意信号用の高機能信号源を提供する。(2022/11/16)

初めて使うデジタルマルチメーター(3):
直流/交流の電流測定、周波数測定と仕様の見方
デジタルマルチメーターの基礎的な使い方について解説する本連載。今回は直流/交流の電流測定および周波数測定と仕様の見方について説明する。(2022/10/26)

「CEATEC 2022」事前情報:
「計測器の進化を実感してほしい」キーサイトの展示
キーサイト・テクノロジー(以下、キーサイト)は、2022年10月18〜21日に開催される「CEATEC 2022」(幕張メッセ)に、「計測器の進化、ここに」をテーマに掲げて出展する。(2022/10/6)

初めて使うデジタルマルチメーター(2):
直流/交流電圧や抵抗の測定と仕様の見方
デジタルマルチメーターの基礎的な使い方について解説する本連載。今回は直流/交流電圧および抵抗の測定と仕様の見方について説明する。(2022/9/28)

6GHz帯を使用する最新規格:
Wi-Fi 6Eの登場で、干渉テストはどう変わる?
携帯電話の規格と同様に、Wi-Fiの規格も進化を続けており、Wi-Fi 6Eはその中でも新しい規格となります。6GHz帯を使用する同規格の登場で、干渉テストはどう変わるのでしょうか。(2022/8/24)

初めて使うデジタルマルチメーター(1):
デジタルマルチメーターが届いたら最初にすること
長い測定器の歴史の中で、デジタル化が最初にされたのは周波数カウンターとデジタル電圧計である。デジタル電圧計は、電圧以外の測定もできるデジタルマルチメーターと進化して広く使われている。今回はキーサイト・テクノロジーの協力を得て、最新のベンチトップ型の6.5桁デジタルマルチメーターの基礎的な使い方について解説する。(2022/8/22)

上位4言語はレーティング上昇:
Pythonの人気はどこから来るのか 開発言語ランキングから分かること
TIOBE Softwareはプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2022年8月版を発表した。「Python」「C」「Java」「C++」という上位4言語のレーティングが、2021年8月比で大きく上昇した。(2022/8/12)

TECHNO-FRONTIER 2022:
ニーズが急増、キーサイトがEV充電アナライザーなど展示
キーサイト・テクノロジー(以下、キーサイト)は「TECHNO-FRONTIER 2022」(2022年7月20〜22日/東京ビッグサイト)で、EV(電気自動車)充電アナライザーやパワーモジュールアナライザー、新型オシロスコープ、DC電子負荷など、注目の製品群を展示した。(2022/7/26)

光スペクトラムアナライザーの基礎知識(2):
光スペクトラムアナライザーの構造と基本仕様
光ファイバー通信分野の開発では必須の測定器となっている光スペクトラムアナライザーについて解説する連載2回目。今回は、光スペクトラムアナライザーの「構造」や「基本仕様」「使うために知らなければならないこと」そして「設置の注意点」について説明する。(2022/6/23)

キーサイト・テクノロジー PD1550A:
最大1360V、1000Aのテストが可能なパワーデバイスアナライザー
キーサイト・テクノロジーは、パワーデバイスアナライザー「PD1550A」を発表した。最大1360Vおよび1000Aのパワーモジュールをテストできる。(2022/6/14)

福田昭のデバイス通信(364) imecが語るワイヤレス電力伝送技術(18):
ダイオードを使った整流回路の解析:常微分方程式とEDAソフトウェア
今回は、常微分方程式を数値計算によって解く手法と、EDAソフトウェアを活用する手法を紹介する。(2022/5/30)

高い信号品質と最大110GHzに対応:
6Gも見据えたハイエンド変調信号源、キーサイト
キーサイト・テクノロジーは2022年4月27日、汎用のシグナルジェネレーター「M9484C VXG」を発表した。2019年2月に発表した「M9384B VXG」の後継機種で、変調信号源としては最上位機種となる。(2022/4/27)

キーサイト コンフォーマンステストソリューション:
112Gビット/秒準拠検証用テストソリューション
キーサイト・テクノロジーは、高速デジタル800Gテストソリューションの1つとして、112Gビット/秒の接続速度をサポートする送信機と受信機のテストに適した「コンフォーマンステストソリューション」を発表した。(2022/4/22)

頭脳放談:
第263回 Intelの優秀サプライヤーから世界の半導体事情が見える?
Intelが、同社から見てサプライヤーになっている会社のうち、優秀な会社を表彰する「The EPIC Supplier Program」が発表になった。よく知られている会社もあれば、そうでもない会社もある。日本の会社も意外と多い。どんなサプライヤーが表彰されているのか、筆者が気になった会社を紹介しよう。(2022/4/22)

1.6Tビット/秒の高速伝送を検証:
キーサイト、120Gボー対応のBERTを発表
キーサイト・テクノロジーは、1.6Tビット/秒の高速伝送用デバイスなどを検証できる120Gボー対応ビット誤り率テスター(BERT)「M8050A」を発表した。(2022/4/21)

テストニーズにも言及:
プライベート5G向けの産業用デバイス、設計検証時に考慮すべきポイントとは
台頭しつつあるプライベート5Gネットワーク。本稿では、プライベート5G向けの産業用デバイスを設計検証する際に考慮すべきポイントを紹介する。(2022/4/15)

SiC採用のための電源回路シミュレーション(3):
SiCパワーMOSFETを採用した電源回路、配線レイアウトの考慮が高精度解析に不可欠
SiCパワーMOSFETを採用した電源回路の回路シミュレーションを実行する際は、設計したプリント基板の配線レイアウトを解析し、その寄生インダクタンスや寄生キャパシタンスを分布定数として高精度で抽出する必要がある。(2022/3/24)

製造マネジメントニュース:
キーサイトとサムスンが覚書を締結、6G技術の研究開発を推進
Keysight Technologiesは、次世代無線通信技術6G技術の研究開発を推進するための覚書を、Samsung Researchと締結した。(2022/3/14)

車載ソフトウェア:
ADASや自動運転に不可欠な車載ネットワークの高速化、今後の進展は
より高い帯域幅とより低遅延のネットワークは、時間的制約のある複雑な自動車技術に対応する上で、重要な役割を担います。これらの要件の多くは、帯域幅が最大10Gbpsの車載イーサネットで対応することができます。一部のカメラの要件が最大3500Mbpsであることを考えると、そのデータをカバーする別のテクノロジーも考慮する必要があります。(2022/2/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.