メディア
ニュース
» 2023年05月22日 09時00分 公開

CSS規格対応、EV/EV充電設備のテストソリューションキーサイト SL1550A、SL1556A、SL156XA

キーサイト・テクノロジーは、EVおよびEV向け充電設備のテストポートフォリオを拡充した。新たに提供するテストソリューションは、CCS規格で採用されている通信プロトコル全てに対応している。

[EDN Japan]

 キーサイト・テクノロジーは2023年3月、EV(電気自動車)およびEV向け充電設備(EVSE)のテストポートフォリオを拡充したと発表した。

EVおよびEV向け充電設備のテストポートフォリオを構築 EVおよびEV向け充電設備のテストポートフォリオを構築 出所:キーサイト・テクノロジー

 新たに提供を開始するテストソリューションは、CCS(Combined Charging System)規格で採用されている通信プロトコル全てに対応。EVおよびEVSEの充電通信インタフェーステスター「SL1550A」、充電プロトコルトレーサー「SL1556A」、充電テストロボットシリーズ「SL156XA」、TTCN-3充電通信テスト自動化ソフトウェア、SCE(スマート充電エミュレーションソフトウェア)、CPT(CCS充電プロトコルトレーサービュワー)で構成される。

充電通信やプロトコルをテスト可能

 SL1550Aは、EVCC(電気自動車通信コントローラー)やSECC(充電設備通信コントローラー)向けのテストアダプターだ。機器のエミュレーションやテストケースを実施することで、充電通信やプロトコルをテストできる。

 SL1556Aは、EVとEVSE間のCCS通信チャンネルをモニタリング可能。同社のCCS充電プロトコルトレーサービュワー「SL1487A」とともに用いることで、EVとEV向け充電設備間の有線データ転送を解析できる。

 SL156XAでは、完全自動によるテストシーケンスが可能。機械式アクチュエーターを組み込み、テストプロセスを簡素化する。

 また、充電通信テスト自動化ソフトウェアは、ISO15118適合試験規格に基づいたCCS充電通信向けの自動適合試験ソリューションとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.