• 関連の記事

「静電方式」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「静電方式」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

フラッグシップモデル刷新:
ロジクールのシリーズ初メカニカルキーボード「MX MECHANICAL」と静音スイッチ採用マウス「MX MASTER 3S」を試す
ロジクールから、フラグシップモデル「MX」シリーズ初となるメカニカルキーボード「MX MECHANICAL」(KX850F)と「MX MECHANICAL MINI」(KX850C)、および「MX MASTER 3S アドバンスド ワイヤレス マウス」が発売された。実機を使って分かったことをまとめた。(2022/6/30)

静音でキーごとのタッチも変更可能 東プレ「REALFORCE R3キーボード Mac配列」の実力を試した
東プレのマスターシリーズ Mac用配列モデル「REALFORCE R3キーボード Mac配列」をガッツリ試した。(2022/6/27)

メカニカルキーボードの新型「ROG STRIX FLARE II ANIMATE」のライティングとアニメLEDに驚く
ASUS JAPANのゲーミングブランド「Republic of Gamers」(ROG)に、メカニカルキーボードの新モデル「ROG STRIX FLARE II ANIMATE」が追加された。新たに「AniMe Matrix LED」を備えた実機をチェックした。(2022/6/27)

東プレ、“R2”直系のシャープなデザイン筐体を採用したUSBキーボード「REALFORCE R3S」
東プレは、静電容量無接点キースイッチを採用したUSB有線接続キーボード「REALFORCE R3S」シリーズを発表した。(2022/6/17)

材料技術:
自動車の次世代インテリアはダッシュボードがそのままディスプレイに
ダイキョーニシカワは、「人とくるまのテクノロジー展 2022 YOKOHAMA」において、同社が得意とする樹脂部品と近年開発に力を入れているエレクトロニクス技術を融合した次世代インテリアコンセプトモデルを披露した。(2022/6/6)

EIZO、10点マルチタッチ操作に対応したフラットデザインの23.8型液晶ディスプレイ
EIZOは、10点マルチタッチ操作に対応した23.8型液晶ディスプレイ「DuraVision FDF2382WT-A」の販売を開始する。(2022/5/20)

Innovative Tech:
1文字ずつ口パクでスペル入力できるシステム、東大などが技術開発 タイピング速度はスマホに匹敵
東京大学、米ジョージア工科大学などによる研究チームは、口パク(無声発話)で1文字ずつタイピングするハンズフリーの入力システムを開発した。(2022/5/19)

Innovative Tech:
「タッチ入力できないモニター」にマウスを押し当て操作する技術、中国の研究チームが開発
上海科技大学の研究チームは、タッチ操作できないモニターにマウスを押し当て、モニターに表示されているデジタルコンテンツを操作するシステムを開発した。(2022/5/17)

祝! 東プレの英語配列「REALFORCE R3」が発売! REALFORCEとHHKBに現れた違い
東プレから、英語配列の「REALFORCE R3」シリーズが発売された。待ちに待ったという人が多いであろう本モデルについて、同シリーズを使い続けるレビュアーがチェックした。(2022/5/16)

ボッシュ・センサーテック BMP581:
数センチの高度変化を検出できる気圧センサー
ボッシュ・センサーテックは、数センチメートルの海抜高度の変化を検出できる気圧センサー「BMP581」を発売した。相対精度が±0.06hPa、絶対精度が±0.3hPaと高精度かつ低消費電力のため、ウェアラブル、ヒアラブル、IoTデバイスに搭載できる。(2022/4/20)

デルが12コアの第12世代Core搭載モバイルPC「XPS 13 Plus」を国内発表 投入時期は未定
デル・テクノロジーズは4月19日に発表会を開催し、XPS 13シリーズの最上位機となる「XPS 13 Plus」を国内に投入する。発売日、価格ともに未定だ。XPS 13 Plusについては、1月に行われた「CES 2022」で発表されていたが、これで日本国内でも展開されることなった。(2022/4/19)

Innovative Tech:
握力を増強できるバナナみたいな手袋、米MITなどが開発 編物の人工筋肉を空気で膨張
米MIT CSAILと米Tencent Americaの研究チームは、センシング機能を搭載した織物ベースのソフトな空気圧アクチュエータを開発した。(2022/4/18)

組み込み開発ニュース:
第3世代MEMSセンサーを発表、FA機器やモバイル機器向け
STマイクロエレクトロニクスは、同社の第3世代MEMSセンサー4製品を発表した。大気圧センサー2種と3軸加速度センサー、6軸モーションセンサー各1種は高精度かつ低消費電力で、FA機器やモバイル機器などの機能向上に寄与する。(2022/4/1)

TDK AVRF041A150MT242、AVRF061D2R4ST532:
ESD保護機能付きノッチフィルター
TDKは、ESD保護機能付きのノッチフィルター「AVRF041A150MT242」「AVRF061D2R4ST532」を開発した。ノイズ対策とESDからの保護を両立しており、無線イヤフォンやスマートスピーカーなどオーディオ回路のEMC対策に適する。(2022/4/1)

OPEN Allianceの100BASE-T1規格準拠:
低静電容量、狭公差の車載イーサネット向け高ESD耐量バリスタ
TDKは2022年3月22日、小型、低静電容量および狭公差の車載イーサネット向け高ESD(静電気放電)耐量チップバリスタ「AVRH10C101KT4R7YA8」を開発したと発表した。ESD耐量は2万5000Vの高耐圧で、静電容量範囲は4.7±0.57pFという狭公差を実現。OPEN Allianceの、車載イーサネット100BASE-T1向けESD保護部品の規格に準拠している。(2022/3/30)

東プレ、「REALFORCE R3」に英語配列モデル計6製品を追加
東プレは、同社製キーボード「REALFORCE R3」の販売ラインアップに英語配列採用のバリエーションモデル計6製品を追加した。(2022/3/24)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
クルマにあふれかえるスイッチ問題。最新メルセデスはどう対処した?
機能が増加するたびに、それを操るためのスイッチが必要になります。数は多く、その理解と操作は煩雑で困難になる一方。そんな操作系の試行錯誤が続く中、「近頃、乗った中で、最も洗練されている」と感じたのがメルセデス・ベンツの最新モデル、「Cクラス」です。(2022/3/21)

高精度で低消費電力を実現:
ST、第3世代技術によるMEMSセンサー4製品を発表
STマイクロエレクトロニクスは、同社で第3世代と呼ぶMEMS技術を用いた「MEMSセンサー」4製品を発表した。スマートフォンやスマートウォッチ、FA、ヘルスケア機器などの用途に向ける。(2022/3/8)

フォトコンデンサーへの応用期待:
比誘電率を光で制御できる液晶性強誘電体を開発
理化学研究所(理研)は、可視光に応答し比誘電率が約100倍も変化する液晶性強誘電体を開発した。この材料を電極で挟めば、フォトコンデンサー素子を実現できるという。(2022/3/7)

スマホで指紋認証ができない その原因と対策について考える
スマホの生体認証に、顔認証より指紋認証を使うというユーザーは多いだろう。しかし、冬に乾燥すると指紋認証も使いづらくなる。そんな時期でも指紋認証を利用できるように、その仕組みや指紋認証が利用しづらくなる原因と対策を紹介する。(2022/3/6)

125℃で5500時間の耐久性保証:
パナソニック、導電性高分子アルミ電解コンデンサー
パナソニック インダストリー社は、125℃で5500時間の耐久性を保証した導電性高分子アルミ電解コンデンサー「SP-Cap KXシリーズ」を開発、2022年4月から量産を始める。通信基地局やサーバなどの電源回路用途に向ける。(2022/3/2)

外付けGPUユニットも接続可能!:
Core i9+GeForce RTX 3050 Ti内蔵! タブレットPCに生まれ変わった「ROG Flow Z13」を試す
CES 2022で発表されたASUS JAPANのゲーミングPC「ROG」シリーズのうち、日本で投入された新モデルの中から、最もユニークなタブレットPC「ROG Flow Z13」をチェックした。(2022/2/22)

組み込み開発ニュース:
電源ICを高速かつ安定的に動作させる高速負荷応答技術を発表
ロームは、電源IC向けの新しい高速負荷応答技術「QuiCur」を発表した。内部の誤差アンプを2段にすることで、帰還回路の高速応答と電圧の安定動作を可能にし、部品点数や設計工数の削減に貢献する。(2022/2/21)

独自のロールツーロール工法を採用:
低抵抗で高い透過率の透明導電フィルムを商品化
パナソニック インダストリー社は、独自のロールツーロール工法を用い、低抵抗で透過率の高いメタルメッシュタイプの「透明導電フィルム」を商品化した。車載や民生用途のタッチセンサー、透明アンテナ、透明ディスプレイ用基板、透明ヒーターなどの用途に向ける。(2022/2/18)

Innovative Tech:
全て糸でできた46インチのディスプレイ カラー映像の出力や折り曲げが可能
英ケンブリッジ大学などによる研究チームは、全て繊維素材で製造したディスプレイを開発した。ディスプレイ部にカラー映像を映し出せ、表示した状態で通常の布地のように折り曲げられる。(2022/2/15)

Innovative Tech:
ジャケットなど、ゆるい服の全身の動きを追跡 電子楽器「テルミン」をセンサーに利用
ドイツのDFKIとドイツのTU Kaiserslauternによる研究チームは、ゆったりとした衣服で全身の動きを検出するシステムを開発した。テルミン技術と導電性テキスタイルアンテナを使い、男性用ジャケットに組み込まれたプロトタイプでモーションキャプチャーを行う。(2022/2/14)

寒いけどスマホを操作したい! そんな人にオススメのスマホ対応手袋
防寒に欠かせないのが手袋、だがスマホを操作することができなくなる。防寒性能も備えつつ、必要なときにスマホの操作もできるスマホ対応手袋をまとめた。(2022/2/6)

ロームのQuiCur(クイッカー):
電源ICの応答性能を向上させる電源技術を確立
ロームは、電源ICの負荷応答特性を向上させる新たな電源技術「QuiCur(クイッカー)」を確立したと発表した。電源回路の設計工数を大幅に削減することが可能になる。(2022/2/4)

CloseBox:
マスク付けてFace ID認証できたよ  iOS 15.4βが花粉飛散に間に合ってよかった
iOS 15.4のパブリックベータ版で可能になった、マスクを着用した状態でのFace ID認証、実際に試してみた。(2022/1/31)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
auのスマートフォンを振り返る 反転攻勢の「IS」シリーズ、INFOBARやWindows Phoneも
ITmedia Mobile 20周年を記念し、大手キャリアが取り扱ってきた端末を振り返る企画。ドコモのスマートフォンに続き、今回はauのスマートフォンを取り上げる。(2022/1/16)

PFUの熱いユーザーイベント「HHKB ユーザーミートアップ Vol.5」で語られたこと
発売から25周年を迎えた2021年、PFUがユーザーイベント「HHKB ユーザーミートアップ Vol.5」を開催した。熱烈なファンが集う会で何が話されたのか、レポートをお届けする。(2021/12/13)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
ドコモのスマートフォンを振り返る 日本最初のXperiaとGalaxyから独自モデルまで
ITmedia Mobile 20周年を記念したケータイ史を振り返る企画。今回はドコモのスマートフォンを振り返る。「フィーチャーフォンはすでにスマホだ」という意見もありながら、2005年に登場したMotorola「M1000」から現代のスマホまでを振り返る。(2021/12/12)

Innovative Tech:
電子回路の壁画を描くロボット 壁を実際に操作できるアプリケーションの一部に
米国の研究チームは、壁や窓などの面積が広い垂直面に大規模な電子回路を描くコンパクトなロボット描画システムを開発。平面に単層または多層の回路を自動で形成し、対象平面を直接デジタル化する。(2021/12/1)

Windows 11にも無償アップグレード可能:
税込み2万2000円のWindowsタブ「mouse E10」を使って分かったこと【前編】
2020年8月に発売されたマウスコンピューターのスタディパソコン「mouse E10」が、装いも新たに一般販売向けとして投入される。従来の半額以下での投入となり、手頃なWindowsタブレットとしても注目できる存在だ。(2021/11/22)

DCEXPO 2021:
風船のように膨らむ“柔らかいEV” 持ち運べる低コストな乗り物がもたらす価値
東京大学の川原研究室と新山研究室、mercari R4Dなどの研究チームは、「DCEXPO 2021」に、風船のような柔らかい素材で作る新しいモビリティ「poimo」を出展している。風船のように空気で膨らましたボディーに車輪とモーター、バッテリーを加えて簡易なモビリティとして使える。(2021/11/19)

雪を買って幸せになれる? なれない?:
PFUの真っ白な「HHKB Professional HYBRID Type-S 雪」を試す
熱烈なファンが多いPFUの「Happy Hacking Keyboard」が、2021年12月で生誕25周年を迎える。そのタイミングで投入された特別記念モデル「HHKB Professional HYBRID Type-S 雪」を試した。(2021/11/16)

パナソニック SP-Cap JXシリーズ:
基地局向け導電性高分子アルミ電解コンデンサー
パナソニック インダストリー社は、通信基地局やサーバなどの電源回路向け導電性高分子アルミ電解コンデンサー「SP-Cap JX」シリーズを製品化した。2021年12月から量産を開始する。(2021/11/15)

100均の「タッチパネル用物理ボタン」がiPadお絵かき勢の強い味方に ショートカットを見ないで押せる
取り付けは吸盤式なので、随時貼ってはがせます。(2021/11/12)

アーキサイト、韓国Leopold製の小型キーボード「FC660C」の取り扱いを開始
アーキサイトは、韓国Leopoldブランド製となるコンパクトメカニカルキーボード「FC660C」シリーズの取り扱いを開始した。(2021/11/12)

マイクロチップ・テクノロジー ISO 26262機能安全パッケージ:
ASIL-B/C対応ISO 26262機能安全パッケージ
マイクロチップ・テクノロジーは、セーフティクリティカルな車載アプリケーションの設計と認証作業を容易にする、認証取得済みの機能安全対応DSCとMCUを含めた「ISO 26262機能安全パッケージ」を提供開始した。(2021/11/10)

組み込み開発ニュース:
触覚伝達デバイスの浸透へ2つの技術を融合、京セラの「HAPTIVITY i」
京セラが薄型かつコンパクトでシームレスな筐体に触覚伝達機能を組み込める新技術「HAPTIVITY i」を開発。主に指先に対してリアルで多彩な触感を再現する京セラの触覚伝達技術「HAPTIVITY」と、電子部品を搭載した基板を3D射出成形でカプセル化するフィンランドのタクトテックの「IMSE」を融合させた複合技術となる。(2021/11/9)

Nexperia PESD5V0R1BxSF:
USB4接続向けの双方向ESD保護ダイオード
Nexperiaは、USB4標準インタフェース向けの双方向ESD保護ダイオード「PESD5V0R1BxSF」を発表した。最高40Gビット/秒のUSB4に対応するノートPCや周辺機器、スマートフォンなどポータブル電子機器での利用を見込む。(2021/11/9)

データセンターの消費電力とCO2排出量を削減:
TIのGaN技術とMCUを搭載したデータセンター向けサーバ電源
Texas Instruments(TI)は、同社のGaN(窒化ガリウム)技術と「C2000」リアルタイムマイクロコントローラーをDelta Electronicsのパワーエレクトロニクス技術と組み合わせて、データセンター向けのエンタープライズサーバ電源ユニット(PSU)を開発したと発表した。(2021/10/28)

20年目の新モデル「REALFORCE R3」で変わったこと 変わらなかったこと
高級キーボードシリーズでおなじみの東プレから、「REALFORCE」の第3世代となる「REALFORCE R3」シリーズが計20モデル発表された。11月1日の発売に先駆けて、待望の無線接続対応モデルを中心に試した。(2021/10/26)

ついにBluetooth 5.0対応:
東プレが無線接続を含む第3世代「REALFORCE R3」20モデルを投入 11月1日発売
東プレは、同社製キーボード「REALFORCE」シリーズのラインアップを一新、全20モデルの「REALFORCE R3」を11月1日から発売する。また、REALFORCEは今後、PC周辺機器のブランドとしても展開するという。(2021/10/26)

速攻レビュー:
高級キーボード「HHKB」に生誕25周年モデル 純白の「HYBRID Type-S 雪」登場
PFUが、PC向けの高級キーボード「Happy Hacking Keyboard」シリーズの生誕25周年を記念した特別モデルを発表した。同社オンラインストアで2500台の限定販売。自作キーボードの開発者が速攻レビュー。(2021/10/25)

日本ケミコン GXMシリーズ:
高温環境向けリード形アルミ電解コンデンサー
日本ケミコンは、通信インフラなどの高温環境で用いる電源向けに、リード形アルミ電解コンデンサー「GXM」シリーズを開発した。新開発の電極箔を採用したことで、同社従来品と比較して最大約1.7倍長寿命化し、静電容量も61%高容量化した。(2021/10/15)

Innovative Tech:
ソフトだけでタッチパネルを超解像化 スマホの画面で掌紋認証も
生物学や天文学の分野で長く使われてきた超解像技術を静電容量式タッチパネルに導入した。(2021/10/14)

日本TI UCC14240-Q1:
EV向け1.5W絶縁型DC-DCバイアス電源モジュール
日本テキサス・インスツルメンツは、独自のトランスを内蔵した1.5W絶縁型DC-DCバイアス電源モジュール「UCC14240-Q1」を発表した。高い電力密度と小型軽量化により、電気自動車の走行距離が延長できる。(2021/10/13)

プリンストンが「クーピーペンシル」そっくりのスタイラスペンを発売 計6色モデルを用意
プリンストンは、全芯タイプの色鉛筆「クーピーペンシル」をモチーフにしたアクティブスタイラス「PSA-TPRCP」を発売する。(2021/10/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.