• 関連の記事

「ドリフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドリフト」に関する情報が集まったページです。

実機写真あり:
約398gでRyzen搭載のWindowsゲーミングPC「AYANEO AIR」の予約販売を開始 9月16日から順次発売
ハイビームが取り扱いを予告していた携帯型ゲーミングPC「AYANEO AIR」の予約販売が8月5日から始まった。8月18日までに予約すると「先々行予約」特典として15%引き(オプション品は10%引き)で購入できる特典が用意されている。製品は9月16日から順次出荷(発売)される予定だ。(2022/8/5)

小さなボディーに500馬力! フーニガンが魔改造した「Mini」がやばすぎる 轟音を響かせながらドリフト
最大500馬力を出力します。(2022/7/21)

「猛獣サウンドたまらん!」「トルクお化けだ」 V8エンジン載せちゃった魔改造シルビアがとてもやばい
音、すごすぎ……!(2022/7/17)

「柴犬がドリフトしてる笑」「横歩きガチで可愛い」 子犬のよちよちなコーナリングが320万回再生を突破
吸い寄せられている?(2022/7/17)

技術開発で拡大する市場:
自動車業界だけではない、SiCのポテンシャルを評価する
SiC(炭化ケイ素)は、スイッチング周波数やジャンクション温度が高いことから、今や自動車業界においてSi(シリコン)IGBTデバイスの後継になる存在として認識されるようになった。しかし電動化というテーマは、自動車に始まり自動車で終わる、というわけではない。本稿では、幅広い市場での拡大が見込まれるSiCのポテンシャルについて考察する。(2022/7/14)

IBMの調査で判明 AIを活用する企業が「3分の1」に上昇
IBMの調査によると、世界の企業の3分の1以上(35%)がビジネスにAIを活用しており、大企業と中小企業のAI導入率の差が拡大していることが分かった。AI実装で浮かび上がった課題とは。(2022/7/14)

木の未来と可能性 ―素材・構法の発展と文化―(9):
木質構造物の高層化という挑戦 Vol.2 大林組の11階建て研修施設「Port Plus」
本連載では、一級建築士事務所 鍋野友哉アトリエ/TMYAを主宰する一級建築士の鍋野友哉氏が、近年環境に優しいなどの理由で関心を集める木材にスポットライトを当て、国内と世界における木造建築の歴史や最新の木造建築事例、木材を用いた構法などを紹介する。第9回目となる今回は、大林組が神奈川県横浜市で社員研修施設として開発を進め、2022年3月に竣工した高層純木造建築物「Port Plus」について採り上げる。(2022/7/13)

納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
車内ライトがいい演出してる。(2022/7/5)

Nintendo Switchの定額制修理保証サービスがスタート 月額200円で年間10万円分までの修理費用が無料に
Joy-Conもしっかり保証対象です。(2022/7/2)

500万円以上は1.4%:
クルマのカスタマイズ費用は平均53万円、目的は?
ホンダアクセスが実施した「クルマのカスタマイズに関する調査2022」によると、カスタマイズ費用の総額平均は53万円だった。カスタマイズした目的で最も多かったのは?(2022/6/29)

車椅子なのにドリフト走行 “オムニホイール式”車椅子の映像に大きな反響、もともとは「超人スポーツ」のために開発
「みんなで一緒に遊びたい」 そんな思いから開発。(2022/7/8)

プロレスラー蝶野正洋が「ドリフト」したらどうなるか レーシングシミュで爆走、スピン連発で「ガッデム!」
「戦車動かしてるみたいだな!」って、かなり上手ー!!(2022/6/25)

自動車業界向けAI活用入門(前編):
AI活用が進む自動車業界、その継続的な運用に必要な「MLOps」とは
AIの活用が進む自動車業界だが、その使いこなしという意味では課題も多い。本稿は前後編に分けて、自動車業界が抱えるAI活用の課題を取り上げるとともに、その解決策として「機械学習モデル管理の重要性」(前編)と「コネクテッドデータの活用」(後編)という2つの観点で解説する。(2022/6/21)

VRニュース:
高精度なフィンガートラッキング用グローブ型デバイス、2022年後半発売予定
アスクは、Manus VRが開発したフィンガートラッキング用のグローブ型デバイス「Quantum Metagloves」を発表した。用途に応じて3つのセンサーの装着方式から選べ、サブミリメートルの高精度なトラッキングができる。(2022/6/17)

マジか〜! AT大型二輪免許の教習車に予想外の新型登場、何とDCTの「NC750L」 CB400SFはどうなる? 変わりゆく自動車教習所の教習車
MTもATもどっちもNC750かー。(2022/6/16)

かわいい犬の画像が大集合! 人気記事ランキングTOP5|8月15日更新
かわいいワンコのおすすめ記事、人気記事をまとめました。(2022/8/15)

公道を走れる電動キックスクーター「D-AIR」国内販売へ セグウェイが開発
一般販売の価格は11万9000円です。(2022/6/10)

「またハチロク乗るぞ!」 プロレーサー谷口がガマンできず買っちゃたクルマは……「これ、ハチゴー」 えぇぇ間違えた?
イニDの樹くんもびっくり。(2022/6/6)

音の迫力が違いすぎる! V8エンジンを搭載したトヨタ「86」が海外で話題に フェラーリ・マセラティF136を移植
鼻ピアスしてるみたいなルックスかわいい。(2022/6/4)

何これヤバい トヨタ、社長サイン入りのガチラリー仕様「GRカローラ モリゾウエディション」発売へ
いろいろ頭おかしい(褒め言葉)。(2022/6/2)

東武鉄道、新型「特急スペーシア」愛称予想キャンペーン開催 抽選で高級ホテル宿泊券などをプレゼント
期間は7月14日まで。(2022/6/2)

EE Exclusive:
AI技術が切り開く「インメモリコンピューティング」の可能性
人工知能(AI)とインメモリコンピューティングへの関心が著しく高まる中、ReRAM(抵抗変化型メモリ)は人間の脳を模倣する能力を解き放つ鍵になり得る。とはいえ、まだ課題は残っている。(2022/6/1)

高根英幸 「クルマのミライ」:
クルマのパワーとトルクの関係
実際に走りを左右するのはトルク、それも最大トルクではなく、それを含めたトルク特性こそが加速力と加速フィールを決める。(2022/5/30)

車載向け耐圧1200Vデバイスも:
2022年内にGaN-on-GaNデバイスを市場投入、NexGen
米NexGen Power Systems(以下、NexGen)は、世界最大規模のパワーエレクトロニクス展示会「PCIM Europe 2022」(2022年5月10〜12日、ドイツ)に出展し、GaN(窒化ガリウム)基板上にGaN層を形成する縦型GaNデバイス「Vertical GaN」などを紹介した。同社製品は2022年第4四半期にノートPCのAC-DCアダプター用途で出荷される予定だ。また、今後、数四半期以内に車載DC-DCコンバーターやオンボードチャージャー向けに耐圧1200Vのデバイスも出荷を開始する予定だという。(2022/5/24)

Qorvo/UnitedSiCの第4世代品:
耐圧1200VのSiC FET、低いオン抵抗×面積を実現
SiCパワーデバイスを手掛けるUnitedSiC(現Qorvo)は2022年5月20日、同社の「第4世代(Gen4)SiC FET」となる耐圧1200VのSiC FETを発表した。なお、UnitedSiCは2021年11月にQorvoが買収し、現在はQorvoのパワーデバイスソリューションズ部門として事業を行っている。(2022/5/23)

【バイクトリビア】「アシスト&スリッパークラッチ」って何? どんな役に立つの?
「クラッチが重くて大変…」を改善した今後必須といえる要チェックなバイクの装備、サクッと分かりやすく解説します!(2022/5/12)

トヨタ「スープラ」に6速MTを追加! 3リッター直6エンジンの「RZ」グレードに設定
8速ATに加えて選べる!(2022/5/9)

軽トラで崩壊する日本を爆走! 巨大ヒグマや謎の兵器に挑むカーアクションゲーム「ドライブクレイジー」が面白そう
開発者にぶっ飛んだゲームの開発経緯を聞きました。(2022/5/3)

D1ドライバー下田紗弥加、シルエイティで「リアルイニD」ガチ再現 「すっげえ!」「リアル真子だ」の声
か、かっこいいー!(2022/5/2)

スゴい奴らだぜ……!! ケータハム・セブンに近未来の「エアレスタイヤ」履いて激走 「超クール」「これぞ車輪の再発明」
セブンに履いても大丈夫!(2022/4/25)

ボッシュ・センサーテック BMP581:
数センチの高度変化を検出できる気圧センサー
ボッシュ・センサーテックは、数センチメートルの海抜高度の変化を検出できる気圧センサー「BMP581」を発売した。相対精度が±0.06hPa、絶対精度が±0.3hPaと高精度かつ低消費電力のため、ウェアラブル、ヒアラブル、IoTデバイスに搭載できる。(2022/4/20)

誰も犠牲にならない“トロッコ問題”に反響 鉄道模型で再現した動画に「最適解」「これは盲点」の声
トロッコの見事なターンは必見!(2022/4/18)

かっこよ! 超クールな原付二種「モンディアル」125軍団参上 日本限定の250もあるぞ
うそ、こんなかっこいいのー? イタリア名門発、「原付」という区分が不似合いなほどに立派なフルサイズ125! モンディアルの日本上陸各モデル、要チェックです。(2022/4/10)

プロレーサー谷口もビビる、レジェンドドリフターの伝説神ワザ「ロデオ乗り」 ってなんだこりゃぁぁ!
ぼ、ぼくたちは一体何を見たんだ……?(2022/4/9)

「マーガリン←→マーガラナイ」「炒飯の一角」 ほのぼのだじゃれのイラストレーターがセンスの塊
どれをとってもじわる。(2022/4/10)

ドリキン土屋、「トレーラーヘッド」で決めた雪上ドリフトがマジSUGEEE 「世界初じゃないの?」「とんでもない戦いだ」
運転うまい人はどんなクルマでもドリフトできちゃうんですね♪(2022/4/4)

「電車でDだ!」「完璧すぎる」 伝説の「複線ドリフト」を鉄道模型で再現した映像が話題
滑りっぷりがスムーズすぎる。(2022/4/4)

車両デザイン:
「フォーミュラドリフト」に参戦するGRカローラ発表、日本発売は2022年後半
トヨタ自動車は2022年4月1日、米国で新型車「GRカローラ」を世界初披露した。(2022/4/4)

最高出力224kW:
新型車GRカローラ、世界初披露 2022年後半に発売
TOYOTA GAZOO Racingは3月31日、米国カリフォルニア州ロングビーチにて、新型車GRカローラを世界初披露した。日本での発売は2022年後半を予定している。(2022/4/1)

キター!! トヨタ、「GRカローラ」正式発表 高出力+迫力ボディー+四駆、カロスポベースのドリフト競技本気参戦対応仕様
迫力モリモリ〜。日本発売は2022年後半予定。(2022/4/1)

推定出力5000馬力のエンジン音スゲぇ! 最大時速418キロの超ハイパワーカーが爆誕
もはやロケットだ……!(2022/3/30)

影から監視する猫ちゃんが衝撃のビジュアルに! 1つ目オバケみたいな姿に「モンスターズインク?」と爆笑の声
コワかわいい。(2022/3/23)

クルマ体験・体感イベント「モーターファンフェスタ」3年ぶりに富士スピードウェイで開催 4月24日
当日のD1グランプリ観戦も無料〜!(2022/3/22)

東京タワーにヤベー施設できる! 「RED゜TOKYO TOWER」がガチレーシングシミュだらけでめっちゃすごそう 「夢のような空間だ」
わぁぁ何ですかここはあぁぁ!(2022/3/21)

エンジニアが知っておくべきAI倫理(3):
AIモデル学習の評価時/オペレーション時に発生するバイアスリスク、どう対処する?
正しくAIを作り、活用するために必要な「AI倫理」について、エンジニアが知っておくべき事項を解説する本連載。第3回は、AIモデル学習の評価時、オペレーション時のバイアスリスクへの対処法について。(2022/3/15)

ドリキン土屋圭市、愛車ハチロクでS660と「雪上」ガチバトル まさかのボロ負けで土下座「もう1回、頼む」
あぁぁ、まさかのボロ負け……。(2022/3/9)

元AKB48の平嶋夏海、モトジムカーナでガチなバイク運転テク見せつける 初挑戦の4輪アクセルターンもお見事
ひょぇぇ〜さすがのバイクテクです。(2022/3/8)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
ホニー? それともソンダ? ソニーとホンダのEV提携会見を見ながら考えたこと
ソニーとホンダがEVで新会社を作る。両社の会見を見ながら3人のIT系編集者が考えたこととは。(2022/3/6)

「みんなこうやって育ってきた」 ノスタルジーを誘うミニカー遊びの風景に「めっちゃやってた」「わかる」の声
懐かしすぎて少しうるっとくる。(2022/2/26)

ホンダ「S2000」を脱ガソリン仕様に!? テスラのパワーユニットを移植したカスタムカーがすごい
フロントグリルはフォルクスワーゲンを意識して作り直しました。(2022/2/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.