メディア
ニュース
» 2023年12月27日 09時00分 公開

オフセット電圧を自動補正する、ゼロドリフトオペアンプローム LMR1002F-LB

ロームは、ゼロドリフトオペアンプ「LMR1002F-LB」の量産を開始した。オペアンプ内部で生じたオフセット電圧を検出し、デジタル回路により自動補正するチョッパ方式を採用している。

[EDN Japan]

 ロームは2023年12月、ゼロドリフトオペアンプ「LMR1002F-LB」を開発したと発表した。さまざまな計測機器に搭載されるセンサーの出力信号を、高精度に増幅できる。同年11月より月産100万個体制で量産を開始していて、サンプル価格は1個1100円(税別)となる。

「HSLCMB」シリーズの感度特性、耐ノイズ特性 「HSLCMB」シリーズの感度特性、耐ノイズ特性 出所:ローム

オフセット電圧を自動補正するチョッパ方式を採用

 同製品は、オペアンプ内部で生じたオフセット電圧を検出し、デジタル回路により自動補正するチョッパ方式を採用。入力オフセット電圧を最大9μV、入力オフセット電圧温度ドリフトを最大0.05μV/℃に抑えた。

 パッケージは、5.00×6.20×1.71mmのSOP8を採用した。電源電圧範囲は2.7〜5.5V、動作温度範囲は−40〜+125℃。オペアンプの入力と出力電圧が供給する電源電圧の範囲まで対応できる、Rail to Rail入出力を備えている。

 主な用途として、電力制御インバーターなどによる電流計測や、温度、流量、圧力、ガス検知などの産業機器、冷蔵庫、エアコンなどの民生機器での利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.