メディア
ニュース
» 2022年03月07日 09時00分 公開

クロックリカバリーレンジ拡張オプションアンリツ MP2110A-059

アンリツは、同社の測定器「BERTWave MP2110A」の25Gクロックリカバリーレンジ拡張オプション「MP2110A-059」の販売を開始した。クロック信号を用いずに、64GFC PAM4光モジュールの光波形を評価できる。

[EDN Japan]

 アンリツは2022年2月、同社の測定器「BERTWave MP2110A」の25Gクロックリカバリーレンジ拡張オプション「MP2110A-059」の販売を開始した。同オプションにより、光信号評価に必要なクロックリカバリーの動作レートを拡張し、「Fibre Channel」規格に準拠した64GFC PAM4光モジュールの光波形を、クロック信号を使わず評価できる。

クロックリカバリーレンジ拡張オプション「MP2110A-059」 出所:アンリツ

 64GFCは、データセンター内通信で用いるインタフェースの1つ。既に規格化されており、2022年から採用が本格化するものとみられる。また、Fibre Channelでは、64GFCからPAM4変調が新たに採用された。

64GFC PAM4光モジュールを高品質化、低コスト化

 BERTWave MP2110Aは、通信信号の波形評価に用いるサンプリングオシロスコープとビットエラーレートを測定するBERTを1台に搭載するオールインワン測定器だ。サンプリングオシロスコープは、最大4チャンネルを選択可能。さまざまな試験環境に対応できる。

 今回のクロックリカバリーの動作レート拡張により、サンプリングオシロスコープのさらなる機能強化に至った。64GFC PAM4光モジュールの高品質化や低コスト化に寄与する。

 光モジュールと光伝送装置の製造市場向けで、データセンター、コアメトロネットワーク、4G(第4世代移動通信)および5G(第5世代移動通信)モバイルバックホールなどでの用途を想定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.