メディア
連載
» 2015年12月18日 12時00分 公開

USB 3.1/Type-CのトランスミッタテストUSB Type-Cの登場で評価試験はどう変わる?(3)(3/4 ページ)

[キーサイト・テクノロジー,EDN Japan]

テスト用フィクスチャを入手する

 これらの課題に向けて、テスト用フィクスチャが開発されている。キーサイト製のType-Cフィクスチャで高速信号用の「N7015A」および低速信号用の「N7016A」もその1つである。

N7015Aの外観 N7015Aの外観 (クリックで拡大) 出典:キーサイト

 N7015Aは、4レーンの高速信号ライン(Tx1/2、Rx1/2)およびUSB2.0のD+/D-へアクセスすることができ、帯域幅は22GHzを実現している。30GHzまでの伝送損失を補正することが可能なSパラメータモデルも提供しており、フィクスチャの影響を除去することで、デバイスの挙動を正確に測定することができる。また、USB 3.1デバイスはもとより、DPやThunderbolt、MHLなどの測定用途にも利用可能である。形状も工夫されている。DUTとの接続はフィクスチャを横に2個並べたり、上下2段に重ねたりして使用できる設計となっている。

DUTとの接続
DUTとの接続 DUTとの接続はN7015Aを横に2個並べたり、上下2段に重ねたりして使用することができる (クリックで拡大) 出典:キーサイト

 N7016Aは、N7015Aに接続して、高速信号とは別にCC1信号、CC2信号、Vbus信号、SBU 1/2信号及びグラウンドにアクセスすることができる。また、CC1/2信号の終端条件の制御や外部のパワーデリバリコントローラとの接続などを行うために用いられる。N7016Aを利用してDUTを制御することができるため、テストの自動化も可能となる。

N7016Aとの接続例 N7016Aとの接続例 (クリックで拡大) 出典:キーサイト
USB 3.1Type-CのTxおよびAlternate Modeテスト時のセットアップ例 USB 3.1Type-CのTxおよびAlternate Modeテスト時のセットアップ例 (クリックで拡大) 出典:キーサイト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.