メディア
パワーエレクトロニクス最前線 特集
特集
» 2016年09月07日 10時30分 公開

MOSFETの実効容量値を簡単に求める術SJ-MOSFETなど最新FETを適切に評価しよう(2/3 ページ)

[Alexander J. Young(ON Semiconductor),EDN Japan]

実効静電容量の測定

 MOSFETの実効出力静電容量の測定にはいくつか方法があります。その1つは、定電圧を使用して出力静電容量を充電し、経時変化の実効値を求めることです。2番目の方法は、定電流で出力静電容量を充電することです。3番目の方法では、静電容量対電圧曲線を積分して、経時変化およびエネルギー関連の実効出力静電容量を求めることができます。

 経時変化の実効静電容量を測定する1つの方法が、図3に示すトーテムポール・ドライバーです。このドライバーは、オシロスコープでドレイン電圧をモニターしているときに、100kΩの抵抗を通じてMOSFETを定格ドレイン電圧まで充電します。定格BVDSSの80%に到達するまでのドレイン立ち上がり時間trが測定されます。このtrを抵抗値と併用し、式5※参考文献3)を用いて実効静電容量を計算できます。

数式(5)

 Coss_eff(tr)を解くと、次のようになります。

数式(6)
図3 図3:トーテムポール構成を利用した実効静電容量テスター

 エネルギー関連の実効出力静電容量を測定するには、図4の回路に従って、MOSFETを定電流で充電する必要があります。リレーがターンオンするとテストが始まります。MOSFETの出力静電容量を充電するのに要する時間を測定して、次式に適用します。

数式(7)

 ここで、dVは80% BVDSS、IはMOSFETを充電するのに使用される電流、dtはテスターで測定した時間です。Coss_eff(tr)を解くと、次のようになります。

数式(8)
図4 図4:電流ベースの実効出力静電容量テスター

 経時変化およびエネルギー関連の静電容量を測定するのに使用できる別の方法は、通常MOSFETのデータシートに記載されている静電容量対電圧曲線を用いることです。この方法は、特殊な装置を開発することなく、標準のLCRメーターが1個あれば実施できるので有利です。測定した静電容量曲線に一致するように、電圧依存の静電容量関数を作成する必要があります。

 静電容量対電圧の関数が分かれば、式10を用いて経時変化の実効静電容量を求められます。ここで、C(V)は電圧依存の静電容量関数です。

数式(9)
数式(10)

 エネルギーに関連する実効静電容量を求めるには、式11※参考文献5)に同じ電圧依存の静電容量関数を使用します。

数式(11)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.