メディア
特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2016年12月08日 11時00分 公開

Threadにおけるボーダールーターの役割(前編)IoT時代の無線規格を知る【Thread編】(8)(2/5 ページ)

[水谷章成(Silicon Labs),EDN Japan]

ボーダールーターデバイスの種類

 Threadボーダールーターを組み込めるデバイスには、2つのカテゴリーがある。

  • 施設にあるネットワーク装置と居住者向けゲートウェイ
  • コンシューマー製品で、Threadインタフェースと他の接続手段を併せ持つもの

 典型的なホームネットワークでよく使われるシナリオでは、アクセスポイントやホームルーターのような特定のネットワークデバイスを使用して、ローカルエリアネットワークと外部のWAN(Wide Area Network)との間にあるインターネットアクセスサービスとルーティングを行う。

 これらのデバイスは、プロバイダーの観点からは、通常カスタマーエッジやオンプレミス装置と呼ばれる。特定のネットワーク装置や構内のゲートウェイは、Threadの物理ネットワークインタフェースとして装備され、ボーダールーターの役割を担うことができる。一方で、ボーダールーター機能は、より容易でシンプルにThreadとWi-Fiインターェースの両方を持つコンシューマー家庭製品に組み込むこともできる。

複数リンク層インタフェース

 ボーダールーターの組み込みの必要条件として、複数のリンク層のインタフェースを持つことが挙げられる。図2と図3はオンボードインタフェースの観点から、2つのボーダールーターデバイスのカテゴリーを示す。

図2:構内ネットワークデバイスとしてのボーダールーター (クリックで拡大)
図3:コンシューマー機器としてのボーダールーター (クリックで拡大)

 ネットワーク機器が、WANやVPN(Virtual Private Network)への接続を行う複数の内部インタフェースでIPルーティングの可能性を持たせるために、Wi-Fiと同様に特定の無線LANポートとしてThreadインタフェースを搭載することが期待される。

 コンシューマー機器は通常より少ない数のインタフェースを装備し、より制約されたシステム内で稼働する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.